Fmaj7コードの押さえ方。Fとの使い分けやフォームバリエーションなどを解説

Fmaj7コードのよく使うコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Fmaj7ってFとの違いがよくわからなくて一緒にしちゃってるな

たけしゃん

響きが結構違うから、Fとはちゃんと使い分けた方がいいよ。そのへんも解説していくね

ギターコード 一覧表に戻る

Fmaj7コードの押さえ方

Fmaj7の構成音とコードフォーム

大人っぽくて複雑な音がするコード Fmaj7。

Fコードに比べて押さえるのが簡単なので、Fより先にFmaj7を覚えた人も多かったりします。

押さえ方は指3本で3箇所を押さえるシンプルなフォームです。

ギターでFmaj7を押さえている画像

キレイに鳴らすコツは指を立てて押さえることです。

特に人差し指が寝ていると1弦に触れてしまって音が鳴らないので、しっかり立てて押さえることが重要です。

また、Fmaj7の肝は1弦の開放弦であるミの音です。1弦がしっかり鳴っているかは常に気をつけておきましょう。

FとFmaj7の違い

FとFmaj7の構成音とコードフォームを比較した図

F

Fmaj7

Fは3つの音で構成される3和音です。

対して、Fmaj7はFにミの音が加わった4和音です。

4和音になると、大分複雑な音になっていることが分かりますよね。

ザックリした使い分けでいくと、次のような考え方で大丈夫です。

  • 大人っぽい楽曲ならFmaj7
  • 王道ポップスやロック曲ならF

基本的にはFのほうが相性良くハマることが多いです。

Fmaj7はハマりそうな曲や場面に合わせて狙って使う感じですね。

◯m7と比べると、◯maj7は音の複雑さが濃く出るため、使いどころは考える必要がありますね。

まずはFを選択してみて、もう少しビターな雰囲気を出したいな…と思ったらFmaj7を選択すると良いでしょう。

また、Fmaj7はFにミの音が加わったコードなので、1弦をミュートすればミがなくなってFになります。

Fコードの簡単な押さえ方

Fコードの代用として使う場合は1弦をミュートしてミの音を消しましょう。

アコギ伴奏において、何の音を鳴らして何の音は鳴らさないのかは重要な要素です。初心者のうちからシビアに考えたほうが良いです。

 

Fmaj7のコードフォームバリエーション

Fmaj7コードのよく使うコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Fmaj7でよく使われるコードフォームは上記3種類。

パターン①が基本形でよく使います。僕は6弦1Fも押さえていることが多いですね。

Fmaj7の6弦1Fも押さえたコードフォーム

前後のコードが6弦ルートであることが多いので、ルートのオクターブは合わせたいんですよね。

ルート

そのコードの最低音のこと

6弦ルートから急に4弦ルートになると音が高すぎて流れが微妙に感じることが多いです。

また、パターン②とパターン③はFmaj7としては出番は多くないですが、maj7の共通フォームになるのでセットで覚えましょう。

Fmaj7のコードフォーム 3種類

パターン②とパターン③のフォームはフレット位置を変えれば他のmaj7コードになります。

下図の5弦、6弦のフレット毎の音程と連携させると自由自在にmaj7コードを使いこなせるようになりますよ。

5弦と6弦のフレット毎の音程

パターン②であれば、6弦ルートなので6弦1Fで押さえるとFmaj7。3FならGmaj7になります。

パターン③は5弦ルートなので、8FがFmaj7。5FならDmaj7になるという感じですね。

maj7コードはパターン②とパターン③のフォームを活用することが非常に多いです。

Fmaj7のコードフォーム 3種類

パターン①のフォームだけを覚えている人が多いですが、②と③を使いまわせると演奏の自由度が格段に上がるので、中級者以上の人はぜひ覚えましょう。

 

Fmaj7 まとめ

ギターでFmaj7を押さえている画像
  • Fmaj7はファ・ラ・ド・ミで構成されたコード
  • FとFmaj7は音の響きがかなり違うので、ちゃんと使い分けよう
  • 大人っぽい曲はFmaj7、ポップやロックな曲はFというイメージ

ぎたすけ

FとFmaj7を一緒にしてたけど、確かに聞き比べると結構違うんだな

たけしゃん

そうなんだよ。この音の違いって無頓着だと伴奏が洗練されなくなっちゃうから、普段から敏感になったほうがいいよ

Fmaj7の解説でした。

フォームが簡単なので、比較的早い段階で覚えるもののFコードとの使い分けがわからないままになっちゃうんですよね。

シンプルに伝えたいならFコード。

洗練されたアダルトな雰囲気を出したいならFmaj7というくらいザックリで良いので、使い分けを意識すると違ってきますよ。

Fルートのコード解説記事一覧
F F7 Fmaj7 Fm
Fm7 FmM7 Fm7-5 Fdim
Fsus4 Fadd9 Faug  
maj7コードの解説記事一覧
Cmaj7 D♭maj7 Dmaj7 E♭maj7
Emaj7 Fmaj7 G♭maj7 Gmaj7
A♭maj7 Amaj7 B♭maj7 Bmaj7