Fm7-5の押さえ方。コードフォームのバリエーションと効率的な覚え方を解説

Fm7-5のコードフォーム 2種類

ぎたすけ

コードの解説か。Fm7-5って名前からして難しそうなコードだな

たけしゃん

m7-5自体はポップス曲には欠かせない定番コードだからすぐ慣れるよ。ただ、Fm7-5はアコギだとあんまり使わないね

本記事はFm7-5単体の解説記事です。

m7-5(ハーフディミニッシュ)全体の活用事例や音楽理論については下記の記事を参照ください。

ギターコード 一覧表に戻る

Fm7-5コードの押さえ方

Fm7-5の構成音とギターコードフォーム

複雑でちょっと不気味な響きがするコード Fm7-5。

単独で使うと取っ付きづらいコードですが、コード進行の中では非常に良い仕事をしてくれます。

基本フォームの押さえ方は指4本で4箇所を押さえます。

ギターでFm7-5を押さえているところ

スペースが狭いので、しっかり指を立てて押さえるようにしましょう。

もしくは1弦〜3弦を薬指などでまとめて押さえてしまってもOKです。

5弦、6弦は鳴らさないので、4弦以下だけを狙ってストロークするように意識しましょう。

次章ではフォームのバリエーションとm7-5の効率的な覚え方について解説していきます。

 

Fm7-5のコードフォームと効率的な覚え方

Fm7-5のコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

Fm7-5で主に使うコードフォームは上記の2種類。

この2つを押さえておけば、困ることは基本ないはずです。

そもそもの話ですが、アコギだとFm7-5は演奏キー的にほとんど出てこないです。

Fm7-5を使う演奏キーはバレーコードだらけなので、カポタストで回避してしまうんですよね。

とはいえ、カポを使わないケースや転調などで出てくることはあるのでフォームは押さえておきたいところ。

そんな使うことはあまりないけど、フォームは押さえておきたいときに役立つ覚え方が「法則で覚える」という方法です。

m7-5共通のコードフォームとフレットごとの音程を把握することで、m7-5を一気に覚えられます。

具体的に覚え方を見てみましょう。

m7-5共通のコードフォームを覚える
m7-5共通のコードフォーム 3種類
各弦のフレットごとの音程を覚える
ギター4弦の各フレットの音
ギター5弦の各フレットの音
ギター6弦の各フレットの音
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで色んなm7-5が作れる。Fm7-5の場合は下記のようになる

Fm7-5のコードフォーム 3種類

この覚え方は全コード共通で使えるものです。

特に使用頻度が低いコードは丸暗記だと絶対忘れるので、このような法則で覚える方法が有効です。

最初はパッとコードが出てこないですが、毎回フレットの音を思い出して割り出す癖をつけると次第にパッと出てくるようになります。

5弦、6弦の各フレットの音がパッと出てくるようになれば、ギターの対応力は飛躍的に向上するので少しずつチャレンジしてみましょう。

 

Fm7-5 まとめ

BETA58Aでレコーディングしているところ
  • Fm7-5はファ・ラ♭・シ・ミ♭で構成されたコード
  • アコギだと演奏キー的に使うことはあまりない
  • 登場頻度が低いので、丸暗記よりはm7-5の法則で覚えるようにしよう

ぎたすけ

フレットごとの音程を覚えるって、たくさんあって難しいな…

たけしゃん

最初はパッと出てこないよね。何十回も考えて割り出してるうちにパッと出てくるようになるよ

Fm7-5の解説でした。

アコギではあまり登場しないコードなので、丸暗記より法則で覚えることが重要です。

法則で覚えるやり方は一度マスターしてしまえば、ほぼ全部のコードで使うようになるので少しずつ慣れるようにしていきましょう。

Fルートのコード解説記事一覧
F F7 Fmaj7 Fm
Fm7 FmM7 Fm7-5 Fdim
Fsus4 Fadd9 Faug  
m7-5コードの解説記事一覧
Cm7-5 C#m7-5 Dm7-5 D#m7-5
Em7-5 Fm7-5 F#m7-5 Gm7-5
G#m7-5 Am7-5 A#m7-5 Bm7-5