Fmコードの押さえ方。キレイに鳴らすコツや使用するパターンを解説

Fmのコードフォーム 2種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。Fmってたまに出てくるけど押さえるの難しいんだよな

たけしゃん

そうかもね。キレイに鳴らすのが地味に難しいんだよね。ポイントを解説するね

ギターコード 一覧表に戻る

Fmコードの押さえ方

Fmコードの構成音とコードフォーム

Fコードの形から3弦2Fを外したコードフォームのFm。

マイナーコードらしい、少し暗い感じの音がします。

押さえ方は人差し指で全部の弦を押さえる、セーハという形ですね。

Fmコードを押さえている写真

4弦と5弦を押さえる指は薬指と小指ですが、中指・薬指の組み合わせでも大丈夫です。

Fコードを弾けるようになると、自然に弾けるようになるか?というと意外とそうでもないんですよね。

FmにはFmのコツが必要なのが難儀な点です。

人差し指の横部分で押さえる

Fmコードの人差し指は横部分でおさえる

バレーコードを押さえるときの人差し指は指の横部分を使うようにしましょう。

正面部分を使うと指の関節のくぼみが邪魔になって音がキレイに鳴りません。

人差し指の溝が押弦の邪魔にならないようにしよう

ただし、指を傾けすぎるとそれもキレイに鳴らなくなります。

気持ち傾けるくらいに人差し指を横にして押さえるようにしましょう。

また、4弦・5弦を薬指・小指で押さえている場合は中指が余るので人差し指の上に載せて押弦を強めることができます。

Fmコードを押さえている写真

中指も使って人差し指の押弦をサポートすると安定しやすいです。

一方で力を入れすぎると人差し指が痛くなってしまうので、力の入れ具合はほどほどにしましょう。

3弦が鳴ってるか確認しよう

Fmコードは3弦をキレイに鳴らすのが難しいです。

人差し指で押さえている部分ですが、どうしても弦に力が伝わりにくいためです。

3弦がキレイにならない時は押弦の力を強めるよりは指の角度や力の入れ具合を変えてみましょう。

3弦を意識して押弦するだけでも、しばらくやってると鳴るようになったりします。

ギターの押弦では鳴らす弦がどこかを意識することが重要です。

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説  

Fmのコードフォームと使用パターン

Fmのコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

Fmで主に使うコードフォームは上記の2種類。

アコギでFmを使うタイミングが割と決まっている関係もあって、大抵はパターン①ですね。

Fmが普通に出てくるキーは#や♭のキーでバレーコードが多いので、カポタストで演奏キーを変えることが多いです。

そのため、アコギ弾き語りにおいてはFmはサブドミナントマイナーとして登場することが大半ですね。

Fmとサブドミナントマイナー

Ⅳのサブドミナントマイナー

サブドミナントマイナーとはダイアトニックコードのサブドミナントをマイナーにしたコードです。

ポップスのヒット曲ではサブドミナントマイナーを使ったコード進行は定番になってます。

サブドミナントマイナーはいくつか種類がありますが、その中でもよく使うのがⅣmです。

そして、アコギでよく使うCメジャーキーのⅣmがFmにあたります。

そんなわけでアコギ弾き語りでFmが出てくるケースは大半がサブドミナントマイナーです。

実際によくあるコード進行を1つ聞いてみましょう。

Fmをサブドミナントマイナーとして使ったコード進行例

Bメロやサビで登場するようなコード進行です。

Ⅳ→Ⅳmという流れはサブドミナントマイナーの中でも定番なので、FmもF→Fmとなるパターンが多いですね。

最近の楽曲ではSaucy dogのsugarがCメジャーキーでFmのサブドミナントマイナーを多用した楽曲となっています。

Aメロ、Bメロ、サビの全てのパートでⅣ→Ⅳmが使われており、王道的なロックバラード曲になってますね。

sugar/Saucy dog(YouTube)

ダイアトニックコードの3和音、4和音、度数の一覧ダイアトニックコードとは。一覧表付きで仕組みや活用方法を解説  

Fmコード まとめ

Fmコードを押さえている写真
  • Fmはファ・ラ♭・ドで構成されたコード
  • 人差し指は少し傾けて横部分で押弦しよう
  • アコギ弾き語りでのFmはサブドミナントマイナーでの使用がほとんど

ぎたすけ

確かにサブドミナントマイナーの流れは聴きなれた感じがするな!

たけしゃん

使われてる曲多いからね。Fmの使われ方を意識して考えると自分で曲を作るときに役立つよ

Fmコードの解説でした。

アコギ弾き語りだとFmの登場頻度はそこまで高くないですが、Fmのフォーム自体はF#mやG#mなどでも使う頻出フォームです。

Fコードと同様に最初は苦戦しますが、マスターすると色んな曲が楽に弾けるようになるので時間をかけてじっくりと練習しましょう。

Fルートのコード解説記事一覧
F F7 Fmaj7 Fm
Fm7 FmM7 Fm7-5 Fdim
Fsus4 Fadd9 Faug  
mコード解説記事一覧
Cm C#m Dm D#m
Em Fm F#m Gm
G#m Am B♭m Bm