Emコードの押さえ方。基本フォームから色んな使い方までを解説

Emコードのよく使うコードフォーム 3選

ぎたすけ

コードの解説か。Emってよく使うけど、色んな使い方とかなさそうだけどな

たけしゃん

まあ、Em7に比べるとそんなに使い方多くはないかな。まあでもよく使うからこそ、バリエーションは重要だよね

Emコードの押さえ方

Emコードの構成音とコードフォーム

色んな曲で使用されており、アコギでは出番が多いコード Em。

押さえ方もシンプルで初心者が最初に覚えるギターコードの1つです。

押さえ方もシンプルで人差し指と中指で2箇所を押さえるだけです。

Emのコードフォーム

押さえる指を立てて、中指が下の弦に触れないように気をつけましょう。

また、押さえる指の組み合わせは中指と薬指でも大丈夫です。

Em自体を押さえることは簡単だと思うので、練習はコード進行を使って行うといいでしょう。

練習用のコード進行を1つ紹介します。

Emを使ったコード進行

C-G-Am-Emのコードパターン

Emを絡めた定番のコード進行ですね。

Em単体で押さえることができたら、次はこのコード進行でコードチェンジも含めて練習しましょう。

コードチェンジが絡むと、なかなかスムーズに押さえられないはず。

焦らず日数をかけて練習するのが重要です。

EmとEm7の使い分け

EmとEm7の構成音とコードフォーム

Em

Em7

アコギ弾き語りだと一緒くたにしてしまいがちなEmとEm7。

構成音的には7th(レ)があるかないかの差で、アコギだとあんまり変わらないんですよね。

ただ、ピアノなどコード構成音の自由度が高い楽器だとEmとEm7は結構印象が違ってきます。

また、7th(レ)の音が入ってるかどうかでメロディーやコーラスが歌いにくくなったりします。

そのため、普段弾き語りするときもEmとEm7のどっちが歌いやすいかは意識するようにしましょう。

アコギ弾き語りだとどっちでも良くても、他のパートの方と合わせるときは実はどっちでも良くありません。

ちなみに使用頻度的にはEm7を使うことの方が断然多いです。

さて、ここまでは初心者向けにEmコードを解説してきましたが、次章からは中級者向けにEmを掘り下げて解説していきます。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

関連記事

【2021年】ギター初心者におすすめの練習曲 20選。弾き語りを上達させる演奏解説付き

アコギでベースラインを弾いて録っている【2021年】ギター初心者におすすめの練習曲 20選。弾き語りを上達させる演奏解説付き  

Emの色んなコードフォーム

Emコードのよく使うコードフォーム 3選

パターン①

パターン②

パターン③

Emでよく使うコードフォームは上記の3種類。

パターン①が基本ですが、パターン②とパターン③もよく使います。

この3種類のフォームを使い分けるときに意識するのはトップの音がどれがいいか?です。

Emのコードフォーム 3種類
  1. トップの音:ミ
  2. トップの音:ソ
  3. トップの音:シ

それぞれのフォームで最高音になるトップの音が違います。

前後のコードによって、印象も結構変わってくるのでコードフォームを使い分けると伴奏が洗練されます。

例えば、星野源さんはAメジャーキーの曲でEm(Ⅴm)→A7(Ⅰ7)のセカンダリードミナントのツーファイブをよく使ってますが、その際のEmではほぼパターン③ですね。

また、アルペジオにおいてはトップの音が1弦の2〜3Fを行き来しているパターンが割と多く、その際にパターン②のEmを使うとハマりがよかったりします。

Emのコードフォーム 3種類

基本形であるパターン①もよく使いますが、前後のコードの音の流れによって他のパターンもうまく組み合わせることで、心地よい音の流れを作り出せます。

 

Emコード まとめ

Emコードを押さえている写真
  • Emはミ・ソ・シで構成されたコード
  • Emはコード進行を通して練習しよう
  • Emのコードフォームはトップの音を意識して使い分けよう

ぎたすけ

えー、Emのコードフォームは基本形だけしか使ってなかったぞ

たけしゃん

最初は基本形だけでいいよ。慣れてきたら、色んなフォームを活用して前後のコードとの流れを意識すると伴奏がグッと良くなるよ

Emコードの解説でした。

アコギでは大活躍の定番コードだからこそ、バリエーションや使い方をちゃんと考えると演奏がグッとよくなります。

最初は基本パターンをしっかりマスターして、慣れてきたらバレーコードなどのバリエーションも増やしていきましょう。

Eルートのコード解説記事一覧
E E7 Emaj7 Em
Em7 EmM7 Em7-5 Edim
Esus4 Eadd9 Eaug  
mコード解説記事一覧
Cm C#m Dm D#m
Em Fm F#m Gm
G#m Am A#m Bm