11/27から12/1までビックセール開催中!

SENNHEISER e835をレビュー。1万円未満で買えるボーカル用ダイナミックマイク

ゼンハイザーe835

評価:4

補足
e800/900シリーズはマイク本体の印字デザインが変更になってます。本記事の写真は旧デザイン仕様です

ぎたすけ

1万円未満で買えるのは安いってこと?

たけしゃん

安いよ。大手メーカーの定番モデルだと1万円切ってるものって少ないからね
補足
レビューするためにゼンハイザーさんから商品をお借りしました

飛ばし読みガイド

SENNHEISER e835

ゼンハイザーe835

世界的に有名なオーディオメーカーSENNHEISERのダイナミックマイク e835。

ボーカル向けにチューニングされたカーディオイド(単一指向性)マイクです。

 

音質・品質が高いe835ですが、実売価格は9,000円程度で売られてることが多くコスパが良いマイクなんですよね。

補足
時期によっては11,000円くらいのときもある

入門マイマイクとして非常に良い選択肢です。

 

まずはe835の商品仕様から細かく解説していきます。

飛ばして、レビューを読みたい方は<e835をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

カーディオイド(単一指向性)

e835の周波数特性

※公式の仕様書より引用

楽器用マイクでは標準的なカーディオイドマイクです。

正面からの音だけ拾うので、周りの余計な音を拾わずハウリングに強いです。

 

なお、拾う範囲を更に狭く絞ったスーパーカーディオイドのe845もあります。

SENNHEISER e845

e835の周波数特性

※公式の仕様書より引用

e845は指向性を大分絞ってるので、顔がマイクから外れると音量がガクっと下がります。

その分、e835より更に周りの音も拾いにくく、ハウリングに強くなってます。

 

スタンダードなのはe835ですが、マイクにしっかり近づいて、音量を引き上げて歌いたい人はe845のほうが良いです。

周波数特性

e835の周波数特性

※公式の仕様書より引用

e835の周波数特性は40 – 16000 Hz。

仕様書を見ると、5KHz~10KHzあたりが持ち上がってます。

 

SHURE SM58に比べると、高音域をグッと広げたチューニングですね。

ボーカル用マイクは中高音域を広げるものが多いですが、e835はその中でも高音域よりに広げてます。

大きさ・重量

ゼンハイザー e835

  • 高さ×横 180mm × 48mm
  • 重量:330g

ダイナミックマイクの中では標準的~やや大きいくらいのサイズ感です。

 

自宅にあるマイクスタンドで試した結果は下記の通り。

何でもOKでした。

ライブハウスで使うにも、自宅で使うにも便利なサイズ感です。

付属品

マイクホルダー

e845のマイクホルダー

マイクポーチ

e845のマイクポーチ

マイクホルダー内には取り外し可能な変換ネジが入っています。

マイクスタンドによってネジサイズが異なるので、その対応用ネジです。

 

付属品の質はどちらも良好です。

特にゼンハイザーはマイクホルダーが固くなくて使いやすいですね。

 

なお、マイクとマイクホルダーをセットでマイクポーチに入れて携帯できます。

 

SENNHEISER e835をレビュー

ゼンハイザー e835をマイクスタンドにセットしたところ

それではe835をレビューしていきます。

最初に箇条書きでまとめると、下記の通り。

  • 音質はクッキリ良好。高音の抜けは普通
  • クセもなく、使いやすい
  • SM58より2,000円くらい安くてコスパは良い

音の抜けは普通ですが、SM58のようにこもる感じはありません。

価格帯も9,000円程度とSM58より、少し安いのでコスパも良いですね。

 

一方で上位モデルのe935と使い比べると、e935のほうが高音が明らかに良い感じ。

価格差は7,000円あるので、e935まで頑張るかが悩みどころです。

目次のレビュー

音質は良好で高音の抜けはまあまあ

e835で演奏しているところ

e835で色々と演奏音を録ってみました。

ボーカルの録り音は普通に良い感じです。

 

音もクッキリしてるし、ノイズも少なくキレイに録れてます。

ボーカルとアコギを別々にe835で録った動画がこちら。

1万円未満で買えるマイクですが、変なクセもなくて素直な良い音です。

上記の動画ではアコギの音もe835で録ってますが、良い感じなので普通にアコギ録りでも使えますね。

 

僕の歌声で価格帯が近いSM58と上位モデルに当たるe935の音を比べてみましょう。

e835

SM58

e935

録り比べてみると、e935が高音の抜けがよくてミックスボイスがドーンときてくれるんですよね。

 

e835も高音はしっかり出るんですけど、e935に比べると引っ込んだ感覚を受けます。

そして、SM58はe835よりも更に高音は弱めで中音域がグッと出てる感じです。

 

僕の声質だとe935が一番しっくりくるんですけど、価格的に17,000円くらいします。

コスパを考えると9,000円程度でこれだけの音質を出すe835は優秀ですね。

 

僕も演奏動画録ったり、サンプル音源録ったりしましたがe835で十分良い音源作れます。

特に声が高めの男性ボーカルや女性ボーカルに相性がよさそうです。

クセがなくて取り扱いやすい

ゼンハイザーe835

e835は音質的にクセもないし、指向性も一般的なカーディオイド。

初めてのマイマイクとして買うにはちょうどいいスペックです。

 

価格帯的にも手を出しやすいですし、入門マイクとしてちょうどいいです。

 

ボーカル録り、楽器録り以外にも雑談配信やテレワークで使っても良い感じ。

まあ、音楽で使用されるXLR端子なのでオーディオインターフェイスとかは必要ですが、万能に使いまわせるマイクですね。

ゼンハイザーe835

ハンドリングも滑りにくくてノイズも少ないので、その点も扱いやすくできてますね。

コスパが良い

ゼンハイザー e835

e835はゼンハイザーという大手メーカーの定番モデルで1万円以下で買えるコスパが良いマイクです。

 

大手メーカーの定番モデルは品質も耐久性も良いし、付属品も良好です。

ただ、やっぱり1.1万円くらいが相場なんですよね。

ちなみに上位モデルは1万円後半くらいが相場。

 

e835は2,000円くらい安くて、それで音質や品質は互角なので中々に優れたマイクです。

予算がもう少し出せれば上位モデルのe935を推したいですが、予算1万円以内で考えるならe835は非常におすすめなマイクです。

e835

e935

SENNHEISER e835 まとめ

白い紙とペン

  • 1万円未満で買えて音質・品質良好なダイナミックマイク
  • 音はクセなく、扱いやすいので入門マイマイクとして最適
  • 音の抜けは上位モデルのe935のほうが良い

ぎたすけ

へー良さげだな。たしかにe935とどっちがいいか迷うな

たけしゃん

僕的には予算出せるなら、e935がおすすめかな

けど、予算1万円ならe835はかなり良いマイクだよ

SENNHEISER e835のレビューでした。

僕の周りだとevolution 900シリーズ使ってる人が多くて、800シリーズって正直あんまり知りませんでした。

 

今回レビューでお借りして、こんなに安くて良いマイクあったんだなーと感心しました。

初めてのマイマイクで2万円近く出すのって、結構大変だと思うのでe835から入ってみるのはすごく良いと思いました。

e835

e935

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2020年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

アコギ向けマイク おすすめランキングベスト10を解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説