AKG D5-Y3をレビュー。1万円未満で買える本格的なマイク

AKG D5-Y3

ぎたすけ

マイクのレビューか。1万円未満ってマイクの中では安いの?

たけしゃん

定番のダイナミックマイクは1万円前半くらいが多いから安いね

D5-Y3は質もいいし、3年保証だからすごくいいよ

補足
レビューするために正規代理店のヒビノ様にデモ機をお借りしました

飛ばし読みガイド

AKG D5-Y3

AKG D5-Y3

プロユースのマイクを数多く販売するオーストリアの老舗メーカーAKG。

そのAKGの中でも低価格に買えるダイナミックマイクがD5-Y3です。

ボーカルマイクの中でも、1万円未満と安めの価格帯に設定されています。

D5-Y3は国内正規代理店のヒビノが独自の3年保証モデルとして、2021年1月に新たに発売したマイクです。

なお、マイクの仕様自体は元々あるD5から変わっていません。

補足
AKG D5は2年保証です。ただし、サウンドハウスは独自の3年保証をつけてます

まずはD5-Y3の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<AKG D5-Y3をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

D5シリーズのバリエーション

AKG D5-Y3
型番 概要
D5 スーパーカーディオイドマイク
D5 S D5にON/OFFスイッチを付けたモデル
D5-Y3 D5をヒビノ3年保証にしたモデル
D5 C カーディオイドマイク
D5 CS D5 CにON/OFFスイッチを付けたモデル

AKG D5は関連製品が4つあります。

型番の後ろにCがつくものはカーディオイド(単一指向性)マイクとなっており、通常のD5よりは音を拾う範囲がやや広めになってます。

また、型番後ろにSがつくものはON/OFFスイッチがついているモデルです。

※D5 S ロゴマーク下にスイッチがある

音楽用途だとON/OFFスイッチないのが普通ですが、カラオケ利用などはスイッチあったほうが便利ですよね。

最後はD5とD5-Y3の違いですが、輸入代理店と保証期間が異なります。

AKGのメーカー保証は2年ですが、D5-Y3は国内正規代理店のヒビノが3年保証するモデルとなっています。

なお、ヒビノ取り扱いのD5は在庫限りでなくなり、D5-Y3に統一されます。

ただし、もう一つの国内正規代理店であるサウンドハウス取り扱いのD5は変わらず今後も存在します。保証期間はこちらもサウンドハウス独自で3年保証がついてます。

補足

サウンドハウス購入分以外のD5は2年保証なので気を付けてください

どちらを選ぶかはサポートへの期待度によりますね。

ヒビノはプロユースの音響機器輸入代理店として有名で2008年からAKGを扱ってるので、サポート体制も強いメーカーです。

補足
サウンドハウスは2019年から国内正規代理店になった

ヒビノ取り扱いのY3製品は保証期間も長いですし、ダイアフラムの洗浄やパーツの交換など修理パーツも豊富で経験豊富な技術スタッフさんが多いので安心です。

スーパーカーディオイド

AKG D5-Y3の指向性

ヒビノ商品ページより引用

AKG D5は正面の音のみを拾うスーパーカーディオイドマイク(超単一指向性)です。

通常のカーディオイド(単一指向性)よりも更に音を拾う範囲を狭めて周囲の音の回り込みを抑制します。

音の回り込みを抑制するので、ハウリングに強いのがメリットです。

その代わり、音を拾う範囲が狭いのでマイキングは気を付けないと音量がガクっと下がります。

なお、AKG D5 Cが通常の単一指向性なので、一般的な指向性のダイナミックマイクが欲しい人はD5 Cを選択すると良いでしょう。

ただし、D5 Cはちょっと高くて実売価格で1.1万円程度です。

周波数特性

AKG D5-Y3の周波数特性

ヒビノ商品ページより引用

AKG D5-Y3の周波数特性は70Hz~20kHz。

ダイナミックマイクにしては高音域が広めになっています。

補足
ダイナミックマイクは16kHz程度までが多い

特性としては中高音域がちょっと持ち上がっているので、ボーカル・スピーチ用マイクでよくあるパターンです。

大きさ・重量

AKG D5-Y3
  • 大きさ(φ×H):51mm × 186mm
  • 重量:330g

AKG D5-Y3はハンドマイクの中では標準的なサイズ・重量です。

自宅のマイクスタンドの対応状況は以下の通り。

どのマイクスタンドでも、問題ありません。

自宅で使うなら、机につけて使えるマイクアームが省スペースで設置できるのでおすすめです。

付属品

AKG D5-Y3付属品

AKG D5-Y3の付属品はマイクホルダーとマイクポーチです。

マイクホルダーは3/8変換ネジが付属しています。

3/8変換ネジ
マイクスタンドによって5/8インチと3/8インチのネジがあるため、両対応するための変換ネジ

必要なものは付属品で揃ってますね。

ヒビノ

サウンドハウス

 

AKG D5-Y3をレビュー

AKG D5-Y3

それでは、AKG D5-Y3をレビューしていきます。

最初にレビュー内容を箇条書きすると以下の通り。

  • 音質はクリアで癖がない
  • 1万円未満のマイクの中では非常に良い
  • 低予算で歌ってみた、ライブ配信やる人にはちょうど良い

とまあ、こんな感じ。

音質的にもそれなりに優秀で、1万円未満のマイクの中ではトップレベルに音が良いと思いました。

AKG D5-Y3より、1つ下の価格帯になると色んな面で音質が微妙になったりするので、音楽用途で使うならこの辺が境目かなとも感じましたね。

レビューの目次

音質はクリアで癖がない

AKG D5-Y3で録っているところ

AKG D5-Y3で歌やアコギを色々録ってみました。

価格的には7,500円くらいですが、普通に良い音で録れてびっくりしました。

D5-Y3でボーカルとアコギを別々に録った動画がこちら。

普通に良い感じに録れてます。

1万円未満のマイクだと、音がクッキリしないのが多いですが、D5-Y3は1万円くらいのマイクと同じように録れますね。

同価格帯マイクと比較

AKG D5-Y3

同価格帯のマイクで、ボーカルをワンフレーズ録った音を比べてみましょう。

意外と7,000円くらいのマイクは少ないので、6,000円〜1.1万円のもので音源を用意しました。

AKG D5-Y3(7,500円前後)

AKG D5-Y3

SENNHEISER e835(9,000円前後)

ゼンハイザーe835

SHURE PGA58(6,000円前後)

SHURE PGA58

SHURE SM58(11,000円前後)

SM58の画像

AKG D5-Y3は7,500円程度ですが、e835やSM58と比べても全然負けてないですね。

SHURE PGA58は安いですが、音の抜けが悪くてややこもりがち。

価格差は1,000円ですが、僕が使ってる感覚では結構差がありました。

コスパで考えると、AKG D5-Y3はかなり強いですね。

5,000~6,000円くらいの製品だと音質や音の感度的にイマイチ。でも、1万円だと予算的にきつい…という人にはちょうどいい製品です。

指向性が狭い

AKG D5-Y3

AKG D5-Y3はスーパーカーディオイドなので指向性が狭いです。

僕も試しにオンライン会議で使ったんですが、顔が見えるようマイク位置を上に少し離すと音量が下がってしまい、相手から声が聞こえづらいと言われました。

たけしゃん

普段の会議ではカーディオイドマイクを角度をつけて顔正面より上に外して使ってます

スーパーカーディオイドだとその使い方は厳しそうでした

逆に周りの音を拾いにくいので、口を近づけてオンマイクで使う分にはD5-Y3は良いですね。

ちなみに同シリーズのAKG D5 Cがカーディオイドマイクなので、カーディオイドが良い人はD5 Cを選ぶとよいでしょう。

手ごろなマイマイクとして使いやすい

AKG D5-Y3

AKG D5-Y3は価格的にも7,500円程度と安めで、音質もなかなか良いです。

なので、手頃なマイマイクとして最適な製品です。

歌ってみた、カラオケ、ライブ配信やラジオ配信のトーク用など幅広い用途で使えます。

そこまでガッツリやるわけじゃないので、手頃な価格で…でも音質はちゃんとしているのが良い!という人にうってつけです。

5,000円くらいのマイクと比べると音質は一段上なので、AKG D5-Y3まで頑張っておくと長く使えるのではないかと感じました。

ヒビノ

サウンドハウス

 

AKG D5-Y3 まとめ

ペン
  • 実売価格7,500円程度で音質もなかなか良いダイナミックマイク 
  • D5-Y3は正規代理店のヒビノが保証期間3年にしたモデル
  • 手頃な価格でマイマイクが欲しい人におすすめの1本

ぎたすけ

へー、1万円未満でも音がしっかりしてるマイクっていいな

たけしゃん

7,500円くらいなのが良いよね。手頃なマイマイク欲しい人にはちょうどいい製品だよ

AKG D5-Y3のレビューでした。

1万円切る価格帯で音質はしっかりしていて、3年保証というのは強いですね。

老舗メーカーのAKGだけあって、安くて質感とか造りはしっかりしているのもいいところです。

手頃なマイマイクを探している方はぜひ、チェックしてみてください。

ヒビノ

サウンドハウス

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2021年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説