Csus4の押さえ方。基本フォームやよくある使用例を解説

Csus4のよく使うコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Csus4ってCの割にはそんな出てこない印象あるな

たけしゃん

いや、そんなこともないよ。割と色んな場面で使うコードだから、いくつかバリエーション持っておいた方がいいよ

Csus4コードの押さえ方

Csus4コードの構成音とコードフォーム

Cコードの派生系や装飾音として活用されるコード Csus4。

ド・ミ・ソで構成されるCから、ド・ファ・ソと真ん中の音が変わっています。

押さえ方は3本の指で3箇所を押さえる構成となっています。

Csus4コードの基本フォーム

Csus4の後はCに繋げることが非常に多いため、あらかじめ4弦2Fも押弦しておくと小指を離すだけでCになるので便利です。

Csus4→Cのコードチェンジ向けに中指で4弦2Fを押さえておくコードフォーム

Csus4のフォームになれたら「C→Csus4→C→Csus4」というコード進行を使って練習するといいでしょう。

最初は小指を使うのが難しいと思いますが、小指を使ったフォームの方が断然便利なので焦らずにじっくり練習しましょう。

また、指を立てないと他の弦に触れてしまうため、しっかり指を立てる意識も持ちましょう。

 

Csus4の色んなコードフォーム

Csus4のよく使うコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Csus4でよく使うコードフォームは上記3種類。

パターン①が基本形ですが、バレーコードが苦じゃなくなるとパターン②を使うことも割と多くなりますね。

また、Csus4はハンマリング・プリングを絡めて使うことが比較的多いです。

Csus4を使ったハンマリング

Csus4を使ったプリング

ハンマリングやプリングを絡めた基本のバリエーションを押さえておくと、アルペジオのバリエーションが増えます。

慣れるまでは小指が思ったように動きませんが、時間をかけて慣れさせていきましょう。

 

Csus4 まとめ

AT4040でレコーディングしているところ
  • Csus4はド・ファ・ソで構成されたコード
  • Csus4→Cの流れが多いので、C→Csus4→C→Csus4の流れを練習しておこう
  • ハンマリング・プリングを組み合わせて使うことも多い

ぎたすけ

なるほど。ハンマリング・プリングも簡単で組み込みやすくていいな!

たけしゃん

そうなんだよね。Csus4は簡単な割にバリエーション作れるから便利なコードなんだよ

Csus4の解説でした。

何気なく使ってる人も多いと思うので、色んなパターンを作っておきましょう。

Cルートのコード解説記事一覧
C C7 Cmaj7 Cm
Cm7 CmM7 Cm7-5 Cdim
Csus4 Cadd9 Caug