CM7(Cmaj7)コードの押さえ方。ギターで使う色んなコードフォームを解説

CM7を押さえているところ

ぎたすけ

CM7ってなんか大人っぽい響きするよな

たけしゃん

そうだね。洗練された雰囲気とか出すのにすごく役立つコードだよね

飛ばし読みガイド

CM7(Cmaj7)の押さえ方

Cmaj7の説明資料

CM7の音

初心者向けのアレンジ曲でも割とでてくる、大人っぽい響きのコードCM7。

コード譜によってCmaj7だったり、C△7と表記されたりもします。

 

実際にCM7を押さえると、こんな感じになります。

CM7を押さえているところ

押さえるのが非常に簡単で初心者の方もとっつきやすいコードですね。

 

指をしっかり立てて押さえることを意識しましょう。

コードを押さえるときは指をしっかり立てよう

人差し指が寝てると、3弦に触れてしまって音がキレイに鳴らなかったりします。

指を立てて押さえるというのはどのコードでも重要なので、簡単なコードこそきっちりやるようにしましょう。

 

また、CM7は6弦は鳴らさずにミュートします。

Cmaj7のコードフォーム

※6弦にミュートの×マークがついている

ピッキングする際に6弦を弾かないように意識しましょう。

 

ストロークでジャカジャカやるときはどうしても鳴ってしまうので、親指で6弦に軽く触れてミュートすると良いでしょう。

親指で6弦をミュートする

CM7の基本は以上です。

簡単に弾けるコードなので、積極的にチャレンジしていきましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

 

基本のコードフォームを鳴らすこと自体は簡単なCM7。

しかし、実は奥が深いコードでもあります。

 

次章では、中級者向けに様々なコードフォームと楽曲内での活用について解説を進めていきます。

 

色んなCM7コードのフォームを覚えよう

Cmaj7の色んなコードフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

CM7でよく使うコードフォームは上記の3パターン。

パターン①のローコードは簡単で良いですが、前後のコードによっては音色がハマらないことが割と多いです。

 

そこでよく使うのが、パターン②のコードフォームです。

バレーコードのCmaj7

このCM7であれば、様々な曲調や場面にマッチしやすいです。

僕もCM7で一番使ってるのはパターン②のコードフォームです。

 

特にセッションなどで、演奏したことがない曲を急にやるときは音色的に万能なパターン②をとりあえず選択してます。

 

パターン③はおしゃれなテンションコードでまとめる、シティポップとかループミュージック系の楽曲で僕は使ってます。

パターン③を使ったコード進行例

CM7のコード進行例

こんな感じの進行だとハイコードのCM7のほうがコードチェンジに便利なんですよね。

 

パターン③のCM7は6弦を親指で押弦するパターンと、人差指でセーハするパターンがありますが状況によって使い分けましょう。

CM7のハイコード

プロだと秦基博さんはこのフォームでは親指押弦が多くて、星野源さんは人差指セーハが多いイメージです。

 

パターン③はポップスにおいてはそんなに多用するフォームではないですが、僕はシティポップとかネオソウル系の楽曲が好きなので割と使う機会は多いです。

CM7(Cmaj7) まとめ

コーヒーとスマートフォン

  • ド・ミ・ソ・シを重ねた4和音コード
  • 大人っぽい響きでムードが出るコード
  • 音色の関係でローコードよりは3Fのバレーコードが使いやすい

ぎたすけ

CM7ってやっぱり大人な雰囲気だな。最後のコード進行例とかムーディって感じだもんな

たけしゃん

そうだね。大人っぽい楽曲とかおしゃれな楽曲には欠かせないコードな気がするね

CM7の解説でした。

最初はCコードを多用することが多いですが、色んな楽曲をやってくうちにCM7の使用頻度はどんどん上がってくるはず。

 

ローコードとハイコードの使い分け的なものも、CM7が一番意識しやすいかもしれないです。

ローコードの音色がハマらない曲とか割とありますからね。

 

基本フォームは簡単なものの、実は奥が深いCM7でした!

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説