C#m7-5コードの押さえ方。ギターで使うコードフォームと使用パターンを解説

C#m7-5を押さえているところ

ぎたすけ

ギターコードの解説か。C#m7-5って玄人のコードってイメージなんだよな

たけしゃん

最近のポップス曲だと、かなりの頻度で使うよ

それにアコギだとカポタストとかの関係でC#m7-5は特に出てくる頻度が高いよ

本記事ではC#m7-5という特定のコードについて掘り下げて解説をしていきます。

作曲や音楽理論におけるm7-5コード全般(ハーフディミニッシュ)の解説については下記記事を参照してください。

 

飛ばし読みガイド

C#m7-5コードの押さえ方

C#m7-5コードの解説

C#m7-5の音

不安定かつ複雑な響きを奏でる C#m7-5。

譜面での表記ではC#m7-5だったり、C#m7(♭5)だったりします。

 

最近のポップス曲ではm7-5コードが登場する頻度は多いですが、アコギ弾きだとC#m7-5は使用頻度が高いm7-5コードになります。

 

実際にコードを抑えたときの画像がこちら。

C#m7-5を押さえているところ

4本の指を使って押さえますが、中指を外して人差し指でセーハしてもOKです。

C#m7-5コード 人差し指セーハで押さえるパターン

僕は4本の指で押さえてます。このへんは好みで大丈夫です。

 

C#m7-5をキレイに鳴らすコツを指をしっかり立てて押さえることです。

C#m7-5コードは指を立てて押さえるようにしよう

特に薬指と中指は指を立てて押さえないと、下の弦に触れてしまって音が鳴りません。

C#m7-5に限らず、指を立てて弦を押さえるのはコードを弾く上で基本になります。

 

また、1弦・6弦は開放弦が鳴らないようにミュートします。

1弦は小指を少し寝かせて弦に触れておき、6弦は親指で少し触れておくと良いでしょう。

C#m7-5では1弦を小指、6弦を親指でミュート

親指が届かない人は人差し指で6弦を軽く触れてミュートするでも大丈夫です。

 

また、C#m7-5を弾くときはジャカジャカ鳴らすというよりはアクセントとしてジャラーンと鳴らすことが多いです。

なので、左手ミュートもしつつ、右手のピッキングで1弦と6弦を外して弾く意識をするのも大事ですね。

 

C#m7-5をキレイに鳴らすこと自体はそこまで難しくありませんが、瞬時に押さえることが難しいです。

 

そのため、実際の楽曲中にC#m7-5をキレイに鳴らすには反復練習につきます。

C#m7-5が使われるポイントは泣きのメロディだったりするので、瞬時に押さえてキレイに鳴らせるように練習を繰り返しましょう。

 

C#m7-5の実用的な話

C#m7-5の色んなコードフォーム

C#m7-5をコードフォームを3種類ほど載せましたが、アコギ弾き語りではほぼパターン①です。

前後のコードの流れからも、C#m7-5のあとはF#7になることが多いので、パターン①が楽なんですよね。

 

パターン②と③はあまり使いませんが、フレットを平行移動して他のコードとして使うので、覚えておいて損はありません。

C#m7-5のコード進行例

C#m7-5を使ったコード進行例

このコード進行を使った曲はほんとにたくさんあります。

カポタストなどでキーを変えますが、Official髭男dismとかKing Gnuの楽曲で同じ流れの進行が良く出てきます。

 

また、キーが違うものの同じコード進行の有名曲だとTEEさんの「ベイビー・アイラブユー」などにも使われています。

 

C#m7-5は僕もよく使ってますが、やはりF#7に繋ぐパターンが一番多い印象はありますね。

メロディーラインの印象を強めるのに効果的なんですよね。

 

2つめのパターンがこれ。

C#m7-5を使ったコード進行例

このコード進行も定番ですね。ベースラインが下降していくパターンです。

ただ、C#m7-5が登場するGメジャーキーだと、そこまで使わない気もしますね。

 

逆にベースラインをキレイに下降させやすい、CメジャーキーやDメジャーキーでは頻繁に出てきます。

Cメジャーキーの場合はこうなる

Cメジャーキーのときのm7-5を使ったコード進行例

Dメジャーキーの場合こうなる

Dメジャーキーのときのm7-5を使ったコード進行例

まあ、このへんは作曲とかギターアレンジの手癖の影響も出てきそうです。

使うキーはさておき、このベースライン下降パターンも、バラードなどを中心に凄く使える進行なので、覚えておきましょう。

dimコードと混合しないようにすること

C#dimとC#m7-5

無料のコードサイトでよくある間違いが、C#dimとC#m7-5のつけ間違いです。

音的にはC#dim(ド#・ミ・ソ・シ♭)、C#m7-5(ド#・ミ・ソ・シ)なのでシ♭かシの違いだけです。

 

ですが、印象は大分違います。

C#dim

C#m7-5

間違ってることが多いのは、C#m7-5で弾くべきところをC#dimと記載されてるパターンですね。

基本的にはdimコードの後はmコード系がきて、m7-5コードのあとはメジャーコードがくるので、後ろのコードで判断はできます。

 

ただ、一番良いのはメロディーとコードの響きで合ってないな…と感じられることです。

そのため、色んな楽曲を通してC#m7-5を使ってみるのが一番ですね。

 

音楽理論的な話は下記の記事で解説しているので、参考にしてください。

 

C#m7-5 まとめ

ノートPCで作業しているところ

  • ド#・ミ・ソ・シで構成される4和音コード
  • m7-5コードの中でもC#m7-5は登場シーンが多い
  • C#dimと混同しないように注意しよう

ぎたすけ

ふーん、確かにメロディーと良い感じに混ざって玄人感出るな

たけしゃん

そうなんだよね。作曲でも使ってみると、なんかプロっぽさみたいなのが出る美味しいコードなんだよね

C#m7-5の解説でした。

色んな楽曲をカバーしていると、よく出てくるなーと勝手に覚えてしまうコードでもあります。

 

こういった、ちょっと複雑なコードを使いこなせると作曲もギターアレンジもグッとパワーアップできます。

まずはプロアーティスト楽曲をコピーする中で、どんな感じで使われてるかを勉強してみましょう。

C#dimを押さえているところC#dimの押さえ方。ギター弾き語りでよく使うコードフォームやパターンを解説