audio technica ATH-M70xをレビュー。超高解像度再生の高級モニターヘッドホン

audio technica ATH-M70x

評価:4.5

ぎたすけ

超高解像度再生ってなんかすごいな。ATH-M70xってオーテクヘッドホンの上位モデルだよな

たけしゃん

フラッグシップモデルだね。ほんとに音の解像度すごくて、細かい音もしっかり聴きとれるよ
補足

レビューのためにメーカー様よりデモ機をお借りしました

ATH-M70xの評価
音質
 (5)
付け心地
 (5)
コスパ(32,000円程度)
 (4)
総合評価
 (5)
メリット
デメリット
  • フラットで音の解像度が非常に高い
  • 軽量で付け心地が非常に良い
  • 付属品の質が高い
  • とくになし
用途 項目

普段使い
音質・機能ともに
使いやすい
マイクを設置しているスタジオ
DTM
フラットな特性で
使いやすい
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
フラットな特性で
使いやすい
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica ATH-M70x

audio technica ATH-M70x
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ45mm
CCAWボイスコイル
プラグ3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス35Ω
重量280g
公式サイト

audio tecnica Mシリーズの上位モデルATH-M70x

プロミュージシャン、エンジニア向けに開発されたフラッグシップモデルです。

audio technicaのモニターヘッドホン

製品audio technica ATH-M20x
ATH-M20x
audio technica ATH-M30x
ATH-M30x
audio technica ATH-M40x
ATH-M40x
audio technica ATH-M50x
ATH-M50x
audio technica ATH-M60x
ATH-M60x
audio technica ATH-M70x
ATH-M70x
audio technica ATH-R70x
ATH-R70x
タイプ密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型オープンバック
ダイナミック型
ドライバー径φ40mmφ40mmφ40mmφ45mmφ45mmφ45mmφ45mm
インピーダンス47Ω47Ω35Ω38Ω38Ω35Ω470Ω
重量190g220g240g285g220g280g210g
実売価格約5,800円 約8,800円 約11,500円 約19,000円約23,000円約32,000円約35,000円

バランスの取れたフラットで解像度の高い音質。快適な装着感と素晴らしいヘッドホンです。

audio technica ATH-M70x 下から撮った

実売価格で32,000円程度と値は張りますが、それだけの価値がある製品ですね。

まずはATH-M70xの製品仕様から解説していきます。

使用を飛ばして、レビューを読みたい方は<ATH-M70xをレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

φ45mmCCAWボイスコイル

audio technica ATH-M70x 斜め下から撮った

ATH-M70xはドライバー径 φ45mmのCCAWボイスコイルを採用しています。

audio technica Mシリーズの上位モデルで採用されているドライバーです。

深みのある低音と透き通った高音がバランスよく再現されています。

定位も正確で音の広がりもあるので、非常に聴きやすいですね。

密閉ダイナミック型

audio technica ATH-M70x 正面から撮った

ATH-M70xは遮音性の高い密閉ダイナミック型のヘッドホンです。

大きな楕円形のイヤーカップを採用しており、遮音性はかなり高くなってます。

側圧はaudio technica Mシリーズの中では優しめです。

イヤーパッドも大きく、耳への負荷は少なく良好です。

イヤーパッドは反転回転はできませんが、前方向に回転できます。

audio technica ATH-M70xのイヤーパッドは回転する

アーム、スライダー部分には不要な振動を抑制するアルミニウムが採用されています。

メカニカル感があって、カッコいいです。

付属品

ATH-M70x付属のカールケーブル
カールコード 1.2m
audio technica ATH-M70x付属の3mストレートケーブル
ストレートコード 3m
audio technica ATH-M70x付属の1mストレートケーブル
ストレートコード 1.2m

ATH-M70xには3種類のケーブルが付属しており、自由に付け替えられます。

ケーブルを収納するための専用ポーチも付いています。

また、ヘッドホン本体と付属品を収納できるケースも付いています。

audio technica ATH-M70x 付属のケース
audio technica ATH-M70x ケースに収納した

フラッグシップモデルにふさわしい、質の高い付属品ですね。

 

audio technica ATH-M70xをレビュー

audio technica ATH-M70x 正面から撮った
ATH-M70xの評価
音質
 (5)
付け心地
 (5)
コスパ(32,000円程度)
 (4)
総合評価
 (5)

それでは、ATH-M70xを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • フラットで音の解像度が非常に高い
  • 軽量で付け心地が非常に良い
  • 付属品の質が高い
  • とくになし

さすが、フラッグシップモデルですね。

音も付け心地もすごく良くて、不満を感じるところがありません。

なお、音質は完全にモニターヘッドホンなので、味付けなど一切ないです。

レビューの目次

フラットで高解像度でモニターに最適

audio technica ATH-M70x

ATH-M70xで色んなサウンドを聴き比べてみました。

非常に高解像度でフラットな音です。いかにもモニターヘッドホンという印象ですね。

タイトな音ですが、低音の深みと高音域の明瞭さが良いバランスで聴こえてきます。

audio technica ATH-M70x 下から撮った

高音域はやや強いかもしれません。

ウィンドチャイムの音で、他のヘッドホンだと気にならないものがATH-M70xだと耳に刺さることがありました。

ただ、全体的にはフラットで高音域が飛び出ている感はありません。

また、鳴っている位置が近めで、音に広がりがあります。

そのため、音の分離が良く、各楽器の音を個別に捉えやすいですね。

レコーディングのモニターとして理想的な聴こえ方をしているなと感じました。

ボーカルやアコギの音が耳の近くで鳴ってくれるので、ニュアンスをつけやすいです。

装着感良好で遮音性も高い

audio technica ATH-M70xのイヤーパッドは回転する

ATH-M70xは装着したときの付け心地も非常に良いです。

イヤーパッドが耳を覆うので、非常に遮音性が高く、音に集中できます。

側圧はほどほどですが、AKGと比べると強めです。

audio technica ATH-M70x 正面から撮った

僕は長時間使っていても問題ないですが、側圧弱めのものが良い人はAKG製品も検討したほうが良いかもしれないですね。

しかし、ATH-M70xは遮音性が素晴らしいですね。

ほんとに周りの音が全然聴こえないです。没頭して作業するには最適なヘッドホンです。

競合製品との比較

製品audio technica ATH-M70x
ATH-M70x
AKG K553 MKII-Y3
K553 MKII-Y3
SONY MDR-CD900ST
MDR-CD900ST
メーカーaudio technicaAKGSONY
ドライバ径φ45mmφ50mmφ40mm
インピーダンス35Ω32Ω63Ω
特性フラットフラット音にややクセがある
実売価格約32,000円約22,700円約15,000円
ECサイト公式ストア
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

ATH-M70xの競合製品として、AKG K553 MKII-Y3SONY MDR-CD900STと比較しました。

まず、SONY MDR-CD900STは高音域中心にクセがあります。

SONY MDR-CD900ST

レコーディングでのモニター用途では非常に良いですが、1台で全部こなすには少し不向きですね。

ATH-M70xとK553 MKII-Y3が万能に対応できるタイプなので、少し色合いが違う製品です。

K553 MKII-Y3との比較ですが、正直どっちもすごく良いヘッドホンで甲乙つけがたいです。

AKG K553 MKII-Y3

どちらもフラットで音の解像度が高いので、モニターヘッドホンとしては申し分ないですね。

細かく比べるとK553 MKII-Y3はオープン型のような音場の広さと開放感があります。

ATH-M70xは音の鳴っている位置が近く、中高音の1つ1つに輪郭があって明瞭です。

ATH-M70xのほうが全体的に音がタイトですね。

audio technica ATH-M70x

僕は歌のレコーディングでは、音が近いほうが好みなので、ATH-M70xの聴こえ方はすごく歌いやすかったです。

 

audio technica ATH-M70x まとめ

audio technica ATH-M70x ケースに収納した
  • audio technicaモニターヘッドホンのフラッグシップモデル
  • 音の解像度、聴こえかた、付け心地とどの点も素晴らしい

ぎたすけ

フラッグシップモデルだけあって、良い感じのヘッドホンなんだな

たけしゃん

レコーディングでもミックスや編集作業でも大活躍するヘッドホンだね

audio technica ATH-M70xのレビューでした。

音質、装着感のどちらも非常に良いヘッドホンでしたね。

3万円台の製品ですが、レコーディングからミックスや編集作業でガッツリ使う人は十分もとを取れるヘッドホンです。

関連記事

AKG K872-Y3AKG K872-Y3をレビュー。最高峰の性能を誇る密閉型モニターヘッドホン AKG K371-BT-Y3AKG K371-BT-Y3をレビュー。Bluetooth、有線両対応で優れた音質のモニターヘッドホン audio technica ATH-R70xaudio technica ATH-R70xをレビュー。オーディオテクニカ初のオープン型プロフェッショナルヘッドホン AKG K361-BT-Y3AKG K361-BT-Y3をレビュー。1万円台で買える優秀なBluetooth対応モニターヘッドホン ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン