ZOOM AMS-22をレビュー。手のひらサイズで多機能なオーディオインターフェイス

ZOOM AMS-22

評価:3.5

ぎたすけ

AMS-22って実物を見てみると本当に小さいな。これで多機能って驚きだぞ

たけしゃん

ほんとだよね。こういった製品コンセプトがZOOMらしくて良いよね
補足

製品レビューのためにメーカー様よりデモ機をお借りしました

AMS-22の評価
音質
 (3)
機能性
 (4)
コスパ(11,900円程度)
 (4)
総合評価
 (3.5)
メリット
デメリット
  • 超コンパクトで携帯性抜群
  • 録音の音質はなかなか良い
  • ループバックが本体スイッチで使用可能
  • ステレオ入力のLINE INが使える
  • コンボジャックとLINE INが同一トラックに出力される
  • イヤホン端子は微かにホワイトノイズが載る
  • 本体が軽すぎてケーブルの重さに負ける
やさしい痛み / 山根万理奈 【アコースティックCover】
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

ZOOM AMS-22

ZOOM AMS-22
入力端子コンボジャック×1
ステレオ 3.5mm入力×1
出力端子1/4 “ライン出力×2
ステレオ 3.5mm出力 ×1
サンプルレート96kHz / 24bit
接続端子USB-C
対応OSWin,Mac,iOS,Android
公式HP

2022年6月に発売された超コンパクトなオーディオインターフェイス ZOOM AMSシリーズ。

そのAMSシリーズの下位モデルがAMS-22です。

AMSシリーズ比較

製品ZOOM AMS-22
AMS-22
ZOOM AMS-24
AMS-24
ZOOM AMS-44
AMS-44
入力端子コンボジャック×1
ステレオ3.5mm×1
コンボジャック×2コンボジャック×4
出力端子1/4 ライン×2
ステレオ3.5mm×1
1/4 ライン×2
ステレオ3.5mm×2
1/4 ライン×2
ステレオ3.5mm×2
ループバック
ステレオリンク×
電池駆動×
実売価格約11,900円約14,900円約19,900円

AMS-22は最もコンパクトでスマートフォンよりもはるかに小さいです。

ZOOM AMS-22とiPhone 13 Pro

それでいて、コンデンサーマイクも使用でき、ループバック機能も備えています。

以前から人気の高いZOOM U-22と比べても、AMS-22は今どきの用途に合わせて改良されていますね。

Zoom U-22を上から撮った写真

まずはAMS-22の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<ZOOM AMS-22をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

2イン2アウト

ZOOM AMS-22 稼働中

AMS-22はコンパクトなボディに2イン2アウトの入出力端子を持っています。

ただ、入力端子側は少し特殊な仕様になってます。

まずはメインの入力端子は前面のコンボジャックです。

ZOOM AMS-22

XLRとTRSのどちらも接続でき、XLR接続ならファンタム電源も使用可能です。

ZOOM AMS-22の右側面
側面にファンタム電源のスイッチがある

そして、中央にステレオ 3.5mm入力のLINE INが付いています。

ZOOM AMS-22のLINE IN

LINE INにスマホやオーディオプレイヤーを接続することで、BGMなどを配信に流せます。

ちなみにU-22はコンボジャックとLINE INが排他になってましたが、AMS-22は同時利用できます。

排他

片方使うと、もう片方の機能が使えなくなる仕様のこと

そのため、スマホをLINE INに繋いでオケを流して、コンボジャックに繋いだマイクで歌うことが可能です。

ただし、USBオーディオではコンボジャックとLINE INの音はミックスされて流れます。

ZOOM AMS-22をOBSで使った
OBSの画面

上記の画面もマイクからの歌声とiPhoneからの音源の両方がINPUT1に入力されています。

それぞれの音を別トラックに分けて調整することはできませんでした。

補足

DAWではIN1とIN2を選択できますが、どちらでもコンボジャックとLINE INのミックスされた音が出ます

トラック分けれたら、歌配信で非常に便利だったんですけどね。惜しいですね。

また、本体上部のGAINでコンボジャックの音量を調整できます。

左上のつまみがGAIN

LINE INは音量固定です。LINE INに繋いだ端末側で音量調整しましょう。

出力端子は背面のTRS×2ですね。

ZOOM AMS-22の背面

この価格帯だとRCAが多いですが、AMS-22はTRSが採用されています。

ZOOM U-22
ZOOM U-22はRCAだった

TRSだとモニタースピーカーに直接繋げられるので助かりますね。

前面にはイヤホン端子もついています。

ZOOM AMS-22

音量は上面のOUTPUTで調整できます。

なお、OUTPUTはTRSとイヤホン端子共用になっています。

ループバック機能

ループバック機能の説明図解

AMS-22はループバック機能が搭載されています。

ループバックの切替は本体側面のスイッチで行います。

ZOOM AMS-22の左側面

なお、隣にはダイレクトモニターのON/OFFスイッチもついています。

ダイレクトモニタリングのルーティング図
PCなどを介さずにモニターできる機能

ループバックの切替スイッチがついている製品は珍しいですね。

ソフト操作不要でループバックをON/OFFできるのは、ワンオペ配信だと結構便利なんですよね。

なお、ループバックONの状態では自分の声はダイレクトモニターでモニタリングしましょう。

アプリ側のモニター機能をONにするとハウリングします。

iOSとAndroidにも対応

ZOOM AMS-22

AMS-22はWindows、Macだけでなく、iOSとAndroidにも対応しています。

注意

Androidの方は必ず公式の動作確認済み端末リストを確認しましょう。

iPhoneとの接続にはUSB 3カメラアダプタが必要です。

また、スマホと接続する場合はコンセントなどの外部電源の接続も必要です。

ZOOM AMS-22 スマホとの接続方法

別売りの専用ACアダプタもしくは市販のモバイルバッテリーを使いましょう。

ZOOM AD-17A
ZOOM AD-17A

また、付属品とは別にUSB-Cケーブルが1本必要です。

付属品

ZOOM AMS-22と付属のUSBケーブル

AMS-22の付属品はUSB-C to Aケーブル1本です。

PCで使う分には、付属のUSBケーブルだけで問題ないです。

スマホで使う場合は前述の通り、ACアダプタやUSB-Cケーブルを追加で購入しましょう。

AMSシリーズはCubase LEなどのDAWは付属しないようです。

音楽制作で使いたい人は無料で使えるDAWのStudio One Primeなどを利用すると良いでしょう。

 

ZOOM AMS-22をレビュー

ZOOM AMS-22
AMS-22の評価
音質
 (3)
機能性
 (4)
コスパ(11,900円程度)
 (4)
総合評価
 (3.5)

それでは、AMS-22を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットをまとめたものがこちら。

メリット
デメリット
  • 超コンパクトで携帯性抜群
  • 録音の音質はなかなか良い
  • ループバックが本体スイッチで使用可能
  • ステレオ入力のLINE INが使える
  • コンボジャックとLINE INが同一トラックに出力される
  • イヤホン端子は微かにホワイトノイズが載る
  • 本体が軽すぎてケーブルの重さに負ける

非常にコンパクトなので、色んな用途で使える手軽さが良いですね。

また、スマホでの配信を考慮されている点も多く、スマホユーザーにはかなり良いです。

一方で音質はやや弱いですね。

AMS-24だと音質面の問題も解消されるので、AMS-24まで頑張ったほうが良いかなと思いました。

製品レビューの目次

録音の音質は良い。再生音は微妙

ZOOM AMS-22

AMS-22でボーカル、アコギを録音してみました。

録音に関しては価格相応の音質レベルで及第点は超えています。

ボーカル、アコギをAMS-22で録った動画がこちら。

やさしい痛み / 山根万理奈 【アコースティックCover】

カバー動画の制作、配信、動画のナレーション録音などに十分使えるレベルです。

マイクプリのゲインが低いので、ダイナミックマイクよりコンデンサーマイクの利用をおすすめします。

補足

上位のAMS-24とAMS-44ならMAXゲインが4dB高いので、ダイナミックマイクでも概ね問題ありません

再生音については、正直あまりよくないです。

音自体は結構良いですが、イヤホン端子にわずかですがサーというホワイトノイズが載ります。

なお、AMS-24とAMS-44ならホワイトノイズは発生しませんでした。

ZOOM AMS-24
AMS-24

自宅で普通にオーディオインターフェイスとして使うなら、AMS-24にしたほうが良いかなと思いました。

価格差も+3,000円程度です。

本体はコンパクトで非常に軽い

ZOOM AMS-22 掌に載せた

AMS-22は非常にコンパクトで本体重量もわずか85gです。

ポケットにスポッと入るレベルで、これほど手軽に持ち運んで使える製品は他にありません。

それでいて、入出力や機能面も比較的充実しています。

スマホでのライトな配信環境、制作環境を作るにはうってつけの製品です。

ZOOM AMS-22

一方で本体が軽すぎて、机の端に設置するとマイクケーブルの重みに負けてしまいます。

ZOOM AMS-22 本体が軽くてマイクケーブルに持ってかれる
マイクケーブルに引っ張られて傾く

なので、机の端ではなく、奥に置くなどの工夫は必要です。

スマホでのライブ配信で使いやすい

ZOOM AMS-22とiPhone 13 Pro

AMS-22はスマホで使ってみると、細かい配慮がされています。

まずはステレオのアプリでもモノラル音声がLR両方に出るようになっています。

補足

iPhoneはアプリによって入力がモノラル・ステレオで分かれている

普通のオーディオインターフェイスを使うと、ステレオのアプリでは片耳からしか音が出ません。

アプリ仕様
17Liveモノラル
nanaモノラル・ステレオ切替可能
nanaパーティーステレオ
Poco-chaステレオ
インスタライブモノラル
LINEライブモノラル
※1chしか認識しない
ツイキャスステレオ
YouTube Liveステレオ
TikTokモノラル
※1chしか認識しない
GarageBandモノラル・ステレオ切替可能
iOSのビデオステレオ
2021/2に調査したものです

しかし、AMS-22はステレオのアプリでもLRの両方から音が出る仕様になっています。

ステレオ仕様であるiOS純正のビデオアプリでも、手軽に高音質な動画撮影ができます。

また、AMS-22はコンボジャックとステレオ 3.5mm入力のLINE INが併用できるのも良いですね。

スマホのライブ配信でも、LINE INにPCやオーディオプレイヤーを繋いでBGMや効果音を流せます。

スマホだとループバックでBGMを流すのは厳しいので、LINE INの存在は大きいですね。

競合製品との比較

製品ZOOM AMS-22
ZOOM AMS-22
Steinberg UR12
Steinberg UR12
ZOOM AMS-24
ZOOM AMS-24
入力コンボジャック×1
ステレオ 3.5mm×1
コンボジャック×1
TRS×1
コンボジャック×2
ループバック
ステレオミックス×
DAWなしCubase AI
Cubasis LE
なし
実売価格約11,900円 約10,500円 約14,900円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

競合製品として、Steinberg UR12とZOOM AMS-24と比較してみましょう。

まずは、同価格帯のSteinberg UR12との比較です。

Steinberg UR12

UR12はCubase AIが付属し、音質も上々な製品です。

そのため、音楽制作においてはAMS-22よりUR12のほうが優れていますね。

一方でUR12だと、ループバックはPCからソフトウェア操作しないと変更できません。

UR12のループバック設定

また、iOSのステレオアプリではCH1は左、CH2は右からしか音が出ません。

UR12とiPhone7を接続した

なので、スマホ配信に関して言うとAMS-22のほうが優れています。

もちろん、携帯性の面でもコンパクトなAMS-22のほうが優れていますね。

ZOOM AMS-22とUR12
AMS-22とUR12
ZOOM AMS-22とUR22C、AG03MK2
AMS-22とUR22C、AG03

続いて、上位モデルのAMS-24との比較です。

ZOOM AMS-22とAMS-24

AMS-24はAMS-22から下記の点が変わります。

  • マイクプリの性能が少し上がる
  • イヤホン端子にホワイトノイズが載らない
  • LINE INがコンボジャックに変更
  • イヤホン端子が増えて2つになる
  • スマホ接続時に単三電池で駆動できる
  • MUSICモード、STREAMINGモードが選べる

大きい変化はコンボジャック×2になることですね。

同時に使えるマイクや楽器の数が変わります。

ZOOM AMS-24

AMS-24は2人での配信だったり、弾き語りといった用途でも使えます。

逆に1人で配信したり、ボーカル録りするだけならAMS-22で事足りますね。

また、イヤホン端子にホワイトノイズが載らなくなるのが大きいですね。

ZOOM AMS-24

オーディオインターフェイスとして普段使いするなら、AMS-24をおすすめします。

出先の録音・配信専用機として使うなら、AMS-22もありかなと思います。

 

ZOOM AMS-22 まとめ

ZOOM AMS-22の外箱
  • 2022年6月発売の超小型・軽量のオーディオインターフェイス
  • ループバック機能をはじめ、ライブ配信に適した機能を搭載
  • 録音の音質は良いが、再生の音質はいまいち

ぎたすけ

こんなに小さいのに色々と便利ですごいな

たけしゃん

昨今の配信事情に合った仕様になっている点も良いところだね

ZOOM AMS-22のレビューでした。

非常にコンパクトで手軽に使える上にスマホでのライブ配信でも便利な製品となっています。

これまではスマホ配信で使いやすいものというとAG03MK2とUR22Cくらいだったので、AMSシリーズの登場は大きいですね。

関連記事

YAMAHA AG03MK2 ブラックYAMAHA AG03MK2をレビュー。ライブ配信で最強のオーディオインターフェイス Steinberg UR22CSteinberg UR22Cをレビュー。1万円台で機能性抜群のオーディオインターフェイス PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】配信、歌ってみたに適した機種を徹底解説 MOTU M2をiPhoneで使っているところ【2022年】iPhone向け オーディオインターフェイスおすすめランキングベスト10。選び方や注意点をiPhoneで配信している筆者が徹底解説 M-Audio M-Track soloとM-Track Duo安いオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト5。高コスパで失敗しない選び方も解説 ライブ配信している部屋配信向けオーディオインターフェイス おすすめ10選。配信内容別の選び方や気を付けるポイントを解説