【終了】Amazonブラックフライデー2023 おすすめのマイク、ヘッドホン、イヤホンなどをまとめて紹介!

Amazonの箱を運ぶ鳥

ミュージシャンからすると聞きなれたセールであるブラックフライデー。

11/24(金)0:00~12/1(木)23:59の期間でAmazonでもブラックフライデーセールが開催されます。

補足

11/22(水)0:00からプレセールが始まっています

Amazonのセールでは楽器や音楽機材で安くなるのはいつも決まっていて、このあたりの製品です。

  • 各社のUSBマイク
  • マランツプロのマイク、ヘッドホン
  • オーディオテクニカのマイク、ヘッドホン、イヤホン
  • SHUREのマイク、イヤホン

この製品を買う人にはもちろんお得ですが、そうではない場合は生活用品、Amazon、Apple系の製品とセットでギター弦などの消耗品をまとめ買いしてポイント還元を受けるのが有効です。

本記事では楽器や音響機器を中心にセール対象品をまとめていきます。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

Amazonブラックフライデー2023 おすすめのマイク

MPM-1000 本体

AmazonのセールではUSBマイクを中心に安くなります。

セール当初から安くなるものもありますが、後半になって安くなるものもあるので要チェックです。

補足

セール中に随時情報更新していきます。

マランツプロ MPM-1000

MPM-1000 正面
項目内容
タイプXLRコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約300g
価格6,000円→5,100円
(15%OFF)

低価格コンデンサーマイクで人気のマランツプロ MPM-1000。

XLR端子でオーディオインターフェイスに接続するタイプのオーソドックスなコンデンサーマイクです。

MPM-1000とYAMAHA AG03の組み合わせで録った演奏動画がこちら。

さよならミッドナイト / 大柴広己 ギター弾き語りCover

この価格帯で普通に使える音してます。

しかも、簡易なマイクスタンド、ショックマウント、マイクケーブル、ポップスクリーンが付属品でついてます。

MPM-1000と付属品

ブラックフライデーで15%OFFとなっています。

配信用や歌ってみた用のマイクを探してる方はぜひチェックしてください。

マランツプロ MPM1000U

MPM1000U 正面
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20Hz〜18kHz
本体重量約370g
価格6,355円→5650円
(11%OFF)

高音質・低価格で人気のUSBマイクのMPM1000Uです。

低価格ながらも音質は良く、シンプルな構造のUSBマイクになっています。

音楽制作だと、やっぱりMPM-1000のほうが有利です。

ミュートスイッチなどがないため、やや使い勝手は悪いですが、シンプルに使う人には良いマイクです。

マランツプロ(Marantz Professional)
¥6,290 (2024/05/29 06:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

LEWITT LCT 240 PRO ValuePack

LEWITT LCT240 PRO
項目内容
タイプXLRコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約310g
価格18,920円13,855円

サンプルボーカル

オーストリアのオーディオメーカーLEWITTのエントリーモデル LCT 240 PRO ValuePack

1万円台ながら、明るく抜けの良い音質が魅力的なコンデンサーマイクです。

ValuePackの名前の通り、付属品が充実しており、ショックマウントやウィンドスクリーンが付属しています。

LEWITT LCT240 PRO ValuePackのパッケージ
ValuePackの同梱品
LEWITT LCT240 PRO ValuePack付属のマイクポーチ
付属のマイクポーチ

マイク本体も付属品も質が良く、1万円台とは思えないクオリティです。

LEWITT LCT240 PRO 付属のウィンドスクリーンとショックマウントを取付て右斜め上から撮影

LCT 240 PRO ValuePackはブラックフライデーの対象品ではないものの、かなり安くなっています。

LCT 240 PROは人気があり、よく売れているマイクなので、安くなる機会も少ないです。この機会にぜひ検討してみてください。

audio technica AT2020GM

項目内容
タイプXLRコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約345g
価格12,980円10%OFFクーポン

エントリーモデルのコンデンサーマイク AT2020のAmazon限定カラーAT2020GMです。

毎年セールで安くなっています。

1万円程度の価格帯ですが、音質はクリアで良好です。

レオ / 優里 【アコースティックCover】
ボーカル・ギターをそれぞれ、AT2020で録っています

ライブ配信から歌ってみたまで、様々な用途で使いやすい仕様となっています。

スタンドマウントとマイクポーチが付属しており、どちらも質は良いです。

audio technica AT2020付属のマイクスタンド用アダプタ
マイクケース

なお、XLRコンデンサーマイクなので使用するにはオーディオインターフェイスが必要です。

AT2020が10~20%OFFになることは年数回しかないため、検討していた方はこのタイミングで買いましょう。

audio technica AT2020USB+

AT2020USB+の写真
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約386g
価格16,500円→7,900円
(52%OFF)

サンプルボイス

サンプルボーカル

USBマイクの人気モデルAT2020USB+です。

人気のコンデンサーマイクAT2020を基にUSBマイク化した製品ですね。

AT2020USB+とAT2020
左がAT2020USB+、右がAT2020

PCなどの端末にUSBで直接接続して使えるため、配信やテレワークなどで便利です。

イヤホン端子もついており、Volumeノブとミックスコントロールノブがついています。

AT2020USB+ イヤホンを挿すところ
AT2020USB+の写真
ミックスコントロール

イヤホンに流れるマイクの入力音量と端末(PCなど)の再生音の音量バランスを調整できる機能

2022年にAT2020USB+をブラッシュアップしたAT2020USB-Xが発売されましたが、AT2020USB+も現役機種です。

製品AT2020USB+の写真
AT2020USB+
audio technica AT2020USB-X
AT2020USB-X
指向性カーディオイドカーディオイド
ミュート×
レート48kHz / 16bit96kHz / 24bit
接続端子USB-Type BUSB-Type C
通常価格約16,500円約19,580円

AT2020USB-Xはミュートスイッチ、専用スタンドの安定性など細かいところがブラッシュアップされています。

audio technica AT2020USB-XとAT2020USB+
左がAT2020USB+、右がAT2020USB-X

最近のセールではAT2020USB+もセール対象となっており、かなり安くなります。

低予算で高音質なUSBマイクが欲しい人におすすめです。

audio technica AT2020USB-X

audio technica AT2020USB-X
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約373g
価格19,580円→13,700円
(30%OFF)

サンプルボイス

サンプルボーカル

2022年発売のUSBコンデンサーマイク AT2020USB-Xです。

人気のAT2020USB+にミュートスイッチがつき、付属のマイクスタンドも安定性が高いものに変わっています。

audio technica AT2020USB-X 通常時
通常時
audio technica AT2020USB-X ミュート時
ミュートON

搭載されたヘッドホンアンプも高出力のものに変わっており、プロユースのヘッドホンもキレイに鳴らせます。

audio technica AT2020USB-Xのイヤホン

そのため、リスニング用途でAT2020USB-Xを挟むのも良いですね。

なお、配信や会議などでキーボードを打ちながら使う方は別売りのショックマウントAT8455を買いましょう。

audio technica AT8455
audio technica AT2020USB-XをAT8455で専用スタンドに取付

AT8455なし

AT8455あり

AT2020USB-XはUSBマイクの中ではトップレベルに音が良いです。

高音質なUSBマイクを探している方はぜひチェックしてください。

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥17,200 (2024/05/29 15:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

audio technica AT2040USB

audio technica AT2040USB  斜め上から撮った
項目内容
タイプUSBダイナミックマイク
指向性ハイパーカーディオイド
周波数特性20~20,000Hz
本体重量約373g
価格21,780円→15,700円
(28%OFF)

サンプルボイス

サンプルボーカル

不要なルームノイズを抑えつつ、声を収音できるダイナミックマイク AT2040USBです。

人気のXLRダイナミックマイクAT2040をUSBマイクにした製品ですね。

audio technica AT2040USB  とAT2040側面アップ
左がAT2040USB、右がAT2040

通常のカーディオイドより、指向性を狭めたハイパーカーディオイドを採用しているため、狙った音だけを収音できます。

マイクの指向性 カーディオイド・スーパーカーディオイド・ハイパーカーディオイドを説明した図解

車の走行音をそれなりの音量で流した状態で録った音声も聞いてみましょう。

AT2040USB

audio technica AT2040USB  斜め上から撮った

AT2020USB-X

audio technica AT2020USB-X

音質はAT2020USB-Xのほうが上ですが、周辺ノイズの抑制はAT2040USBのほうができていますね。

周辺音が気になる環境ではAT2040USBのほうがキレイに録れます。

また、AT2040USBはミュートスイッチやローカットフィルターなどの機能がついています。

audio technica AT2040USB 通常状態
通常時は青点灯
audio technica AT2040USB ミュート状態
ミュート時は赤点灯
audio technica AT2040USB  コントロールパネル
底面にローカットスイッチがある

なお、マイクスタンドは付属しないため、別売りのAT8703もしくはマイクアームを購入しましょう。

マイクロホンスタンドのaudio technica AT8703 側面
AT8703
audio technica AT2040USBとマイクロホンスタンドのAT8703を組み合わせて横から撮影

また、ウィンドスクリーンとショックマウントはマイクに内蔵しているため、なくても大丈夫です。

補足

AT8703でキーボードを打ちながら使う方は別売りショックマウントAT8458aもあったほうがベターです

周辺がやや騒がしい住宅環境などでも活躍できるUSBマイクです。

HyperX SoloCast

HyperX SoloCast
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
周波数特性20Hz~20kHz
本体重量マイク:261g
スタンド:125g
価格7,981円→6,700円
(16%OFF)

コンパクトで高音質なUSBマイクとして、人気の高いHyperX SoloCastです。

携帯性抜群でノートPCなどと持ち歩くのに最適なサイズ感ですね。

HyperX SoloCastとMacbookを並べた

本体上部のボタンがミュートボタンになっており、とっさにミュートできます。

HyperX SoloCast 上部のミュートスイッチ

音質も1万円未満ではトップクラスです。

サンプル音

ライブ配信、テレワーク向けに高音質かつコンパクトなマイクが欲しい人に適した製品ですね。

HyperX DuoCast

HyperX DuoCast LEDブルー
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
無指向性
サンプリングレート96kHz / 24bit
対応OSWindows、Mac OS
PS4、PS5
価格15,378円→11,880円
(23%OFF)

ボイス

ボーカル

ゲーミングデバイス中心に人気のHyperXが販売するUSBマイク DuoCast

SoloCastと比較すると、以下の点が改良されています。

  • 無指向性を選択可能
  • 本体にイヤホン端子搭載
  • 本体にゲインノブ搭載
  • LEDライティング搭載
  • ショックマウント付属

大分機能追加されていますね。

特にショックマウント付属となったため、振動ノイズに大分強くなっています。

HyperX DuoCast ショックマウント

また、LEDライティングは色を変えられるので、

HyperX DuoCast LEDイエロー
HyperX DuoCast LEDパープル

デスクに合わせたカラーリングができます。

ブラックフライデーセールで1万円前半で買えるため、おしゃれで音の良いUSBマイクが欲しい方にはおすすめです。

ハイパーエックス(HyperX)
¥12,582 (2024/05/29 00:31:50時点 Amazon調べ-詳細)

HyperX QuadCast S

HyperX QuadCast LEDむらさき
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
双指向性
無指向性
ステレオ
サンプリングレート48kHz / 16bit
対応OSWindows、Mac OS
PS4、PS5
価格23,430円→17,980円
(23%OFF)

ゲーム配信や芸能人のライブ配信でも良くみる人気のUSBマイク HyperX OuadCast Sです。

音質が良いだけでなく、デザイン性にも優れた製品ですね。

OuadCast Sはカーディオイドを含めた、4つの指向性から選択することができます。

指向性特徴
単一指向性の図解
カーディオイド
正面の音のみを拾う
1人で使う場合に最適
双指向性の図解
双指向性
前後の音を拾う
対談などで便利
無指向性の図解
無指向性
360度の音を拾う
会議室などで便利
ステレオ正面・左右の音を拾う
ワイドな収録などで使う

また、専用ソフトウェアを介して、LEDライティングの色を細かく調整できます。

HyperX QuadCastの専用ソフト2

単色だけでなく、グラデーションや時間で色を変化させることなどもできます。

ライブ配信ではOuadCast Sを置いておくだけで絵になります。

HyperX QuadCastをマイクアームに取り付けた2

サイズはちょっと大きいですが、配信用の見栄えのいいマイクを探している方にはとても良い製品です。

ハイパーエックス(HyperX)
¥19,170 (2024/05/29 15:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

SHURE MV7

SHURE MV7
項目内容
タイプXLR・USB兼用
ダイナミックマイク
指向性カーディオイド
周波数特性50 to 16,000 Hz
本体重量約550g
価格32,400円→25,562円
(21%OFF)

サンプルボイス

サンプルボーカル

かの有名なSHURE SM7Bを基に配信やテレワークなどにより最適化させたSHURE MV7です。

昨今の状況に合わせて、USBとXLRの両対応になっています。

SHURE MV7のXLR端子とUSB端子

そのため、配信や会議ではUSB接続、DTMではXLR接続と使い分けることが可能です。

また、USB接続時は専用アプリを使用することができ、AUTO LEVELやEQ・コンプレッサーを使うことができます。

SHURE PLUS MOTIVのautoモード
SHURE PLUS MOTIVのマニュアル画面

AUTO LEVELをONにすると、マイク距離に合わせて音量を自動調整してくれます。

音量調整が苦手な方にはとてもありがたい機能ですね。

MV7はSM7Bと同様に低ノイズでクリアな音です。

中高音がやや強めで、トークや歌に最適化されている印象を受けました。

SHURE MV7

マイクの感度もやや高めに設定されており、アプリもあるため、SM7Bよりは初心者の方でも扱いやすいマイクです。

SHURE SM7B

SHURE SM7B 斜め下から撮った
項目内容
タイプXLRダイナミックマイク
指向性カーディオイド
周波数特性50 to 20,000 Hz
本体重量約765.4g
価格48,600円→42,768円
(12%OFF)

サンプルボイス

サンプルボーカル

放送局やスタジオなどでよく使われるSHURE SM7B。

周辺ノイズや呼吸音をカットし、収録したい音だけを収音できることで人気のマイクです。

ウィンドスクリーンとショックマウント内蔵となっており、マイクスタンドにそのままつけて使えます。

SHURE SM7B 斜め下から撮った

本体底面には周波数特性を調整できるスイッチが付いています。

SHURE SM7B 底面
スイッチを変えるにはペンなどが必要

スタジオはもちろん、自宅での利用にも適しているため、YouTuberや配信者で使ってる人も多いですね。

なお、XLRダイナミックマイクなので、PCと接続するにはオーディオインターフェイスが必要です。

AUDIENT iD4mkII 斜めから撮影

マイクの感度が-59.0 dB (1.12 mV)とかなり低めなので、低価格帯のオーディオインターフェイスだと音量が不足しがちです。

音量が足りない場合はゲインを稼げるインラインブーストアンプを併用しましょう。

インラインブーストアンプ DM1 DYNAMITE

audio technica AT-UMX3のバナー(PC)PR

Amazonブラックフライデーでおすすめのヘッドホン

audio technica ATH-M50xBT2 左斜め

続いてはイヤホン・ヘッドホンです。

音楽制作やゲームなどモニター用途のものだと、下記のメーカーがセールになっています。

  • audio technica
  • OneOdio

制作用途の製品はセールにかかることが少ないため、購入検討中の方はチェックしておきましょう。

audio technica ATH-M20x/1.6

audio technica ATH-M20x

写真は通常のATH-M20xです
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mmデュアル
CCAWボイスコイル
ヘッドホンジャック3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス47Ω
重量190g
価格6,939円→5,150円
(19%OFF)

モニターヘッドホンのエントリーモデル ATH-M20xのAmazon限定版 ATH-M20x/1.6です。

通常のATH-M20xはケーブルが3mですが、ATH-M20x/1.6は1.6mになっています。

audio technica ATH-M20xの3.5mm端子

自宅利用だと3mは長すぎることも多いため、1.6mが程よい長さかもしれませんね。

ATH-M20xは低価格ながら、フラットな特性になっています。

この価格帯だとモニターヘッドホンと書いてあっても、フラットなものは少ないので貴重な製品です。

audio technica ATH-M20x

密閉ダイナミック型なので遮音性は高く、レコーディングなどでも十分使えます。

レコーディングやmix用途で使用するのにちょうど良いヘッドホンです。

audio technica ATH-M20xBT

audio technica ATH-M20xBT 左側面
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mmデュアル
CCAWボイスコイル
BluetoothVer.5.0準拠
使用可能時間約60時間(音楽再生時)
充電:約4時間
インピーダンス36Ω
重量約216g
価格9,900円→6,900円
(30%OFF)

モニターヘッドホン ATH-M20xのBluetooth対応版 ATH-M20xBTです。

有線とBluetoothの両対応なので、レコーディングは有線、作業は無線といった使い分けができます。

audio technica ATH-M20xBT コントロールスイッチ

フル充電で約60時間の音楽再生ができるため、外に持ち歩くにも便利です。

Bluetooth対応ながらも210gと軽いので、使い心地も良好ですね。

audio technica ATH-M20xBT 右斜め上

1万円未満でちゃんとフラットな特性になっているBluetoothヘッドホンは少ないので貴重です。

制作用途以外に普段使いもする方はBluetooth対応のATH-M20xBTが便利で良いですね。

なお、通常のブラックカラーの他にホワイトカラーもセール対象となることが多いです。

audio technica ATH-M30x

audio technica ATH-M30x
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mmデュアル
CCAWボイスコイル
ヘッドホンジャック3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス47Ω
重量220g
価格9,800円→10%OFFクーポン

audio technica Mシリーズの下から2番目にあたるATH-M30x

1万円以内で買える、質の良いモニターヘッドホンです。

音はクリアで解像度も高く、やや低音が強めのチューニングに感じます。

audio technica ATH-M30x 側面

側圧もやや強い程度で付け心地も良好です。

予算1万円でモニターヘッドホンを探している方にはちょうど良いモデルですね。

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥9,736 (2024/05/29 15:51:32時点 Amazon調べ-詳細)

audio technica ATH-M40x

audio technica ATH-M40x
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mmデュアル
CCAWボイスコイル
ヘッドホンジャック3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス35Ω
重量240g
価格13,000円→10%OFFクーポン

audio technica Mシリーズの中堅モデルATH-M40x

1万円前半で買える、良質なモニターヘッドホンです。

ATH-M30xと比べて、本体のパーツに高級感があり、イヤーカップなどの可動域も広くなっています。

audio technica ATH-M40x付属のイヤーパッド
ATH-M40xのイヤーパッドを横回転させた

また、ATH-M40xからケーブル着脱できる仕様に変わります。

audio technica ATH-M40xの側面

ATH-M30xとの価格差は3,000円程度ですが、大分差は感じますね。

予算的に問題ないのであれば、ATH-M40xまで頑張ると良いですね。

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥13,000 (2024/05/29 06:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

audio technica ATH-M50xGM

型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ45mm
CCAWボイスコイル
プラグ3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス38Ω
重量285g
価格19,879円→16,000円
(20%OFF)

世界的に有名なモニターヘッドホン ATH-M50xのAmazon限定カラーATH-M50xGMです。

通常品はブラックカラーですが、ガンメタリックグレーが採用されています。

ATH-M50xはフラットな特性で、低音から高音まで高い解像度で音が出力されます。

audio technica ATH-M50x
通常カラー

遮音性も高く、音に没頭できるため、モニター用途以外でもリスニングや映画鑑賞で使う人も多いですね。

サイズ感はそこそこ大きいですが、折り畳めるので持ち運びも楽です。

audio technica ATH-M50xを折りたたんだ
audio technica ATH-M50x付属のポーチ
付属のポーチ

音楽制作をやる人なら持っていて損はないヘッドホンなので、セールのうちに購入しましょう。

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥17,200 (2024/05/29 06:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

audio technica ATH-M50xBT2

audio technica ATH-M50xBT2 左斜め
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ45mm
BluetoothVer.5.0準拠
インピーダンス38Ω
使用可能時間約50時間(音楽再生時)
充電:約3.5時間
重量307g
価格23,980円→16,800円
(30%OFF)

世界的に有名なモニターヘッドホン ATH-M50xのBluetooth対応版 ATH-M50xBT2です。

有線と無線の両対応なので、制作用途から普段使いまで幅広く対応できます。

ATH-M50xBT2の本体ボタン

マイクも内蔵しているため、通話にも対応できます。

audio technica ATH-M50xBT2 イヤーカップを回転

また、専用アプリ「Connect」に対応しており、アプリを通してEQの調整や機能のON/OFFが可能です。

audio technica Connectのトップ画面
audio technica ConnectのEQ調整画面

ATH-M50xBT2はBluetoothでも96kHz/24bitまで対応しており、ハイレゾ相当の音源も高い解像度で再生できます。

audio technica ATH-M50xBT2 左斜め上

また、動画やゲーム向けに低遅延モードが選択できるようになっています。

audio technica Connectの設定画面

モニター用途としてはもちろん、ゲームやリスニングなど普段使いでも、とても使いやすい1台です。

audio technica ATH-M50xSTS-USB

audio technica ATH-M50xSTS-USB 右斜めでマイクを立てた
項目内容
タイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
ドライバ径φ45mm
本体重量330g
価格29,700円→21,600円
(27%OFF)

サンプルボイス

ヘッドホンとマイクが一体化したヘッドセット ATH-M50xSTS-USB。

世界的に有名なモニターヘッドホン ATH-M50xとAT20シリーズの技術で作られたコンデンサーマイクを合体させた製品です。

audio technica ATH-M50xSTS-USB 両耳のイヤーカップを90度回転

発売早々に売り切れて、品薄状態が続いていましたが、現在は在庫もしっかりあります。

ヘッドホン部分は世界的に有名なATH-M50xとほぼ同じ仕様なので、クオリティは間違いありません。

audio technica ATH-M50xSTS-USB 右斜め上

加えて、AT20シリーズを基に作られたコンデンサーマイクはヘッドセットとは思えない音質です。

ゲーム実況などでは、非常に強力なアイテムですね。

なお、ATH-M50xSTS-USBはUSB接続で、直接PCなどに接続して使える製品です。

XLR接続のATH-M50xSTSもあるので、間違えないように気を付けましょう。

OneOdio Pro10

Oneodio Pro010の画像
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ50mm
入力端子左側ジャック:φ6.3mm標準
右側ジャック:φ3.5mmミニ
価格4,599円→3,184円
(31%OFF)

低価格ながら使えるヘッドホン、OneOdio Pro10。

接続端子が一般の3.5mmと音楽用途の6.3mmの両方がついてて両対応になってます。

しかも、スマホと楽器を同時接続して練習に使える仕様です。

OneOdioをスマホとギターアンプに接続している状態

音質も安いわりにはしっかりしてるし、音漏れもちゃんと防いでてレコーディングもできます。

格安の割には、大分しっかりしたモニターヘッドホンです。

OneOdio Pro50

OneOdio Pro050を斜めから撮った画像
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ50mm
最大入力1600mW
入力端子左側ジャック:φ6.3mm標準
右側ジャック:φ3.5mmミニ
価格5,999円→4,463円
(26%OFF)

OneOdio Pro10の上位モデルに当たる、モニターヘッドホンOneOdio Pro50。

高音域がPro10より豊かになり、イヤーパッドが豪華になったことで着け心地が大分良くなってます。

Pro10と同じく、通常の3.5mmと音楽用途の6.3mm端子がそれぞれついてます。

楽器とスマホを同時接続して、伴奏を聴きながら練習することも可能となっています。

OneOdio Pro050をスマホとギターアンプに接続している状態

音質面ではPro10と比べて、そこまで差はありません。

着け心地は明らかにPro50のほうが良いので、使い込む方はPro50をおすすめしたいですね。

OneOdio Monitor60

OneOdio monitor60
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ50mm
入力端子左側ジャック:φ6.3mm標準
右側ジャック:φ3.5mmミニ
重量320g
価格9,680円→6,943円
(28%OFF)

OneOdioのハイレゾ対応モニターヘッドホン Monitor60。

1万円未満で50mmドライバー搭載の高スペックヘッドホンです。

OneOdio monitor60

低音の迫力があり、音質はかなり聴きやすく調整されています。

また、イヤーパッドもふかふかで付け心地よく、長時間の作業でも快適です。

モニターヘッドホンとなっていますが、かなり聴きやすく調整されています。

そのため、ミックス作業よりはリスニング・動画編集作業などのほうが適していますね。

OneOdio
¥9,980 (2024/05/29 06:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

OneOdio A10

OneOdio A10 右斜め下
ドライバー40mm
周波数特性20~ 40,000 Hz
BluetoothV 5.0
インピーダンス32Ω ±15%
再生時間40時間(ANC+BT)
50時間(BTのみ)
62時間(ANCのみ)
重量295g
価格10,980円→8,235円
(25%OFF)

OneOdioで人気のワイヤレスヘッドホン A10です。

アクティブノイズキャンセリングに対応し、約50時間連続再生できる高性能な製品になっています。

OneOdio A10 斜め上から撮った

価格の割に付属品の質も良く、持ち歩きやすい点も良いですね。

OneOdio A10 付属ケース
OneOdio A10 付属ケースを開けたところ

プライム感謝祭のセール対象となっており、10,000円を切っているのでお買い得です。

Amazonブラックフライデーでおすすめのイヤホン

AirPods pro

イヤホンは主にリスニング用の定番品がセールにかかります。

今回はaudio technica製品を中心に様々なイヤホンがセール対象となっています。

また、空気伝導型のOneOdio OpenRock Proもセール対象になっています。

audio technica ATH-E40

audio technica ATH-E40
型式ダイナミック型
再生周波数帯域20~20,000Hz
出力音圧レベル107dB/mW
インピーダンス12Ω
入力端子A2DCコネクタージャック
重量約12g
価格13,068円→8,900円
(32%OFF)

audio technicaのインイヤーモニターATH-E40

audio technica Eシリーズのエントリーモデルです。

1万円台前半ですが、音質はかなり良いですね。

中低音域に迫力があり、ボーカルの音が聴き取りやすいです。

audio technica ATH-E40

個人的には装着時のフィット感が少し浮く感じでやや好みではなかったです。

逆に耳の奥にフィットする感じが嫌な人には合うのではないかと思いました。

audio technica ATH-E50

audio technica ATH-E50
型式バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域20~18,000Hz
出力音圧レベル107dB/mW
インピーダンス44Ω
入力端子A2DCコネクタージャック
重量約5g
価格26,268円→16,800円
(36%OFF)

audio technica EシリーズのミドルクラスにあたるATH-E50

ステージパフォーマンス、DTMなどに適したインイヤーモニターです。

バランスド・アーマチュア型を採用しており、ダイナミック型のATH-E40と比べて、低音域は控えめになっています。

形式一般的な特徴
audio technica ATH-E40のドライバー部分
ダイナミック型
再生帯域が広い
低音域の厚みが出やすい
価格はピンキリ
audio technica ATH-E50
バランスド
アーマチュア型
再生帯域は若干狭い
小型で明瞭な音質
高級イヤホンに多い

逆に音の解像度が高く、分離も良いのでモニターとして使うには便利なイヤホンですね。

また、コンパクトで装着時のフィット感も良好です。

audio technica ATH-E50

全体的に優等生という印象のイヤホンです。

低音域に迫力が欲しい人にはやや不向きですが、分離感を重視する人には良いと思います。

audio technica ATH-E70

audio technica ATH-E70
型式バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域20~19,000Hz
出力音圧レベル109dB/mW
インピーダンス39Ω
入力端子A2DCコネクタージャック
重量約9g
価格52,668円→35,800円
(32%OFF)

audio technica インイヤモニターのフラッグシップモデル ATH-E70

低・中・高で3基のドライバーが搭載されたバランスド・アーマチュア型のイヤホンです。

audio technica ATH-E70のイヤホン

音の解像度が高く、一聴した段階で音質の良さに驚きます。

特に定位の再現が非常にリアルで、音の分離が良く、様々な音をキャッチしやすい点が良いです。

audio technica ATH-E70のカナル型イヤホン

イヤーピースはしっかりフィットし、装着感も快適です。

audio technica ATH-E70のイヤホンを外したところ

音楽ライブなどの用途はもちろん、ゲームのモニター用途としても人気の高いイヤホンです。

ATH-E70は昨年のプライムデーでも安くなっていましたが、初日で売り切れていたので検討している方は早めに購入しましょう。

SHURE SE215 Special Edition

SHURE SE215 Special Edition
型式シングルダイナミック型
MicroDriver
再生周波数帯域21~17,500Hz
感度107 dB SPL/mW
インピーダンス20Ω
接続端子MMCX
価格12,869円→10,600円
(16%OFF)

昔から1万円近辺のイヤホンでは有名なSHURE SE215 Special Edition。

シングルダイナミック型MicroDriverを搭載して、通常のSE215から低音を強化したモデルです。

SHURE SE215 Special Edition

ワイヤレスではないですが、音質は良好で外れにくいSHURE掛けできるため、ライブのイヤモニとして使ってる人も結構います。

SHURE SE215 Special Editionの付属品一式

最近は配信ライブが増えてきて、イヤモニの需要も上がってるので普段聞きとライブのイヤモニの兼用品として購入しておくと色々便利です。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 3 Graphite

型式完全ワイヤレス
BluetoothLDSアンテナ+ BT5.2 Class1
(10mW)
防水IPX4
連続再生最大7時間
充電ケース使用:最大28時間
価格39,930円→28,900円
(28%OFF)

ゼンハイザーで人気のワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless 3。

セール対象になるのはAmazon限定のGraphiteカラーです。

優秀なノイズキャンセリング、外音取り込み機能を搭載しており、普段使いに最適です。

低遅延やマルチポイントにも対応しており、様々な用途で活躍できる仕様になっています。

音質も歪み最低限に抑えたクリアな音質で、低音域から高音域まで忠実に再現してくれます。

OneOdio OpenRock Pro

OneOdio OpenRock Pro 右斜めから撮影
形式オープンイヤー
再生周波数帯域20Hz~20kHz
BluetoothV5.2
連続再生時間約19時間
充電ケース使用:約46時間
防水性能IPX5
対応コーデックaptX、AAC、SBC
価格18,480円→12,735円
(31%OFF)

空気伝導で音が伝わるオープンイヤー型イヤホン OneOdio OpenRock Pro

耳を塞ぐ必要がないため、耳に優しく、開放的な付け心地が特徴です。

OneOdio OpenRock Pro を耳に取付けた

オープンイヤー型にしては音質もかなり良く、開放感があるので音疲れしません。

ウォーキングやランニングに適していますね。

デュアルノイズキャンセリングマイクが搭載されているため、通話なども対応できます。

OneOdio OpenRock Pro イヤホンを裏から撮影

骨伝導ではなく、空気伝導なので振動で耳が痛くなることがないのも良いです。

日常的にランニングやウォーキングをする方におすすめのイヤホンです。

OpenRock
¥20,980 (2024/05/29 01:04:38時点 Amazon調べ-詳細)
公式ストアクーポン「ONE20%SP」で20%OFF

Amazonブラックフライデーでおすすめの周辺機器

RODE PSA1を右斜めからアップで撮影

最後はマイクスタンドなどの周辺機器で安くなっている製品を紹介していきます。

人気のマイクアーム audio technica AT8700Jが安くなっているため、狙い目です。

audio technica AT8700J

AT8700JでAT4040を支えている画像
長さ398 × 430mm
対応テーブル厚50mm
BluetoothV 5.0
最大荷重2kg
ケーブル収納ケーブルバンド
ねじサイズ5/8
価格10,890円→8,400円
(23%OFF)

ベストセラーのマイクアーム、audio technica AT8700Jです。

スタイリッシュなルックスと抜群の安定性で使い勝手の良い製品ですね。

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ

ねじを回す部分はなく、手で動かすだけで任意の位置に調整できるようになっています。

ただ、アーム部分はかなり固めになっており、動かす際は両手が必要です。

AT8700Jは可動部分にねじ回しがない

その分、耐荷重2kgとなっており、重たいマイクでも余裕で支えられます。

安価なマイクアームと比べると、アームの長さも長くなっており、長い机でも安心です。

ROYCELマイクアームとAT8700Jの並べた画像

マイクアームの中でもトップレベルの安定度なので、レコーディングやライブ配信で非常に使いやすい製品ですね。

GRANPRO

ポップガード Granpro
項目スペック
材質 メッシュ
外形縦8cm × 横7cm
取付マイク取付式
価格1,980円→1,386円
(30%OFF)

手軽に使えるメッシュ素材のポップガード、GRANPRO。

マイクに直接取付けて使うタイプの製品です。

ポップガード Granproをコンデンサーマイクに取付した

軽くて、手軽に使える割にちゃんとポップガードとしても機能してくれます。

特殊形状のマイクには付けられないものの、かなり多くのマイクで使えます。

マイク取付タイプのポップガードをGranpro4は特殊形状のマイクでも割といける

本体はさすがに安っぽくはありますが、安価でも使えるポップガードを探している方にはちょうど良い製品ですね。