AKG D7をレビュー。老舗マイクメーカーのスーパーカーディオイドのダイナミックマイク

AKG D7

評価:4

ぎたすけ

マイクのレビューか。スーパーカーディオイドって音を拾う範囲が狭いんだっけ?

たけしゃん

そうだね。音の周りこみを防止するからハウリングとかに強いんだよ
補足
レビューするために正規代理店のヒビノ様にデモ機をお借りしました

飛ばし読みガイド

AKG D7

AKG D7

プロユースのレコーディング用マイクで有名なAKGのダイナミックマイク D7。

実売価格で1.8万円程度で買えるスーパーカーディオイド(超単一指向性)マイクです。

AKGは価格も割と安くて、品質もすごく良いので昔から人気が高いマイクメーカーです。

そのAKGの製品なので、やはり期待通りで音も良くて使いやすいマイクでした。

それでは、早速AKG D7の製品仕様から解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを見たい方は<AKG D7をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

D7とD7 Sの違い

AKG D7

AKG D7にはD7とD7 Sの2種類が存在します。

違いはON/OFFスイッチの有無でD7 SにはON/OFFスイッチがついています。

※D7 S

音楽の現場で使用する場合は基本的にON/OFFスイッチはないものを使用しますが、使用状況的にスイッチがあったほう良い方はD7 Sを選択しましょう。

スーパーカーディオイド

AKG D7の指向性

ヒビノ製品ページより引用

AKG D7は正面からの音のみを拾うスーパーカーディオイドマイクです。

通常のカーディオイドに比べて、拾う範囲を狭くして音の周りこみを防止しています。

音の拾う範囲を狭くしているため、他楽器との音被りが少なくハウリングにも強いです。

一方でマイキングは指向性に合わせて、しっかりしないと音量が下がるので気をつけましょう。

周波数特性

AKG D7の周波数特性

AKG D7の周波数特性は70Hz~20kHz。

ダイナミックマイクにしては上が広くてコンデンサーマイク並に広範囲カバーしてますね。

普通のダイナミックマイクだと15〜16kHzくらいまでが多いです。

また、中高音域がグッと上がってます。

ボーカルやアコギ録りで使う場合は中高音域が上がってるものの方が相性良い場合が多いので、弾き語りの人には使いやすそうですね。

大きさ・重量

AKG D7
  • 大きさ(φ×H):51mm × 186mm
  • 重量:320g

AKG D7はハンドマイクの中では標準的なサイズ・重量です。

自宅のマイクスタンドの対応状況は以下の通り。

どのマイクスタンドでも問題ありませんでした。

自宅で使う分にはマイクアームにつけて使うのが便利ですね。

付属品

AKG D7 開封
AKG D7のマイクケース
AKG C5のマイクホルダー
AKG D7のウィンドスクリーン

AKG D7の付属品はマイクホルダー、マイクポーチ、交換用内部ウインドスクリーンの3点です。

マイクホルダーには3/8変換ネジも付属しています。

3/8変換ネジ
マイクスタンドによって5/8インチと3/8インチのネジがあるため、両対応するための変換ネジ

マイクホルダーは柔軟性もあって、使いやすくて良い感じです。

ホルダーのネジの締め具合を調整するにはプラスドライバーが必要なタイプです。

マイクポーチはマイク本体しか入りませんが、簡易なクッションも入っていて衝撃にはそこそこ強そうなので、携帯するには良いですね。

マイクケーブル

【PR】nanaで音楽を楽しもう!

nanaはスマホで楽しめる無料の音楽コラボアプリです!

投稿されたサウンドに歌や楽器を重ねることができ、音楽を通じたコミュニケーションが楽しめます。

ユーザー900万人以上の音楽SNSなので、音楽友達を作りたい人にも最適なアプリです。

僕も歌や伴奏を投稿して、nanaで知り合った友達も増えました。

まだやってない人はやってみましょう!

nana - 生演奏カラオケ・歌ってみた投稿アプリ

nana - 生演奏カラオケ・歌ってみた投稿アプリ

nana music Inc.無料posted withアプリーチ

nanaの使い方解説記事

nanananaの使い方・録音のコツ・コラボのやり方を詳しく解説。スマホだけで楽しめる音楽コラボアプリ

AKG D7をレビュー

AKG D7

それでは、AKG D7を具体的にレビューしていきます。

レビュー内容を箇条書きでまとめると以下の通り。

  • 各音域バランスよくて、良い意味で普通の音
  • ボーカルもアコギも万能にいけるので使い道は多そう
  • 見た目、色合いのルックスがカッコいい

とまあ、こんな感じ。

音の色付けもあんまりない感じで、万能に使えるマイクですね。

どの音域もしっかり拾ってくれるし、強調されてるとこもないので素直で聞きやすい音です。

レビューでは実際の演奏音で比較しながら解説していきます。

レビューの目次

各音域のバランスがよくて使いやすい

AKG D7でレコーディングしているところ

AKG D7で歌とアコギを色々と録ってみました。

周波数特性の表を見ると中高音域がグッと上がってますが、録ってる感じはどこの帯域もバランスよく出てる感じでした。

AKG D7で歌とアコギを別録りして作った動画がこちら。

レンジが広いからなのか、ダイナミックマイクというよりコンデンサーマイクっぽい質感の音がしますね。

レコーディングで普段、AKGのコンデンサーマイク使ってる人は違和感なくいけそうです。

AKG D7の実売価格は1.8万円くらいで、ダイナミックマイクの中では選択肢が多い価格帯なので、他メーカーの同価格帯マイクと比較してみましょう。

各マイクでボーカル録りした音源です。

AKG D7

AKG D7

SHURE BETA58

SHURE BETA58A
SHURE BETA58SHURE BETA58Aをレビュー。スーパーカーディオイドの定番ボーカル用マイク

Sennheiser e935

ゼンハイザー e935
ゼンハイザー e935SENNHEISER e935をレビュー。音の抜けがよく、使い勝手が良い人気のダイナミックマイク

高音の抜けが一番いいのはSennheise e935。高音がスーッと伸びていきますね。

SHURE BETA58は中音域の力強さがありますね。

そして、AKG D7は低~高音域まで音のバランスが良い感じですね。

AKG D7はオールマイティにどのタイプのボーカリストにも合いそうな万能さがあります。

アコギ録りの音もストロークの粒立ち良い音が録れてて、コンデンサーマイクっぽい感じで音の質感が良いです。

マイクケーブル

指向性が狭く、ノイズも少なめ

AKG D7

AKG D7はスーパーカーディオイドマイクなので、音を拾う範囲が狭いです。

そのため、周りの音もあまり拾わず音がクッキリします。

先ほどの動画も部屋が寒いからエアコンつけたまんま録ってて、しかもノイズ除去とか何もしてないですが、普通に問題ないレベルでした。

(再掲)AKG D7で撮った動画

ハンドマイクで使っても、ハンドリングノイズも少なくて良好でした。

指向性が狭いので、ささやく声を音量上げて録るにも良いマイクですね。

ルックスがおしゃれ

AKG D7

グリル部分のリングや本体の色合いがおしゃれでカッコいいマイクです。

どこにでも置いてあるSHUREのマイクと雰囲気が大分違うので、持ってるとマイマイク感出るのもいいですよね。

YouTubeの動画撮りしていても、先端しか映ってないものの存在感しっかりあってよかったです。

AKG D7でレコーディングしているところ

マイクってライブ映像には絶対映るものだから、ルックス大事ですからね。

AKG D7は存在感もあって、衣装問わずに合いそうなデザインです。

SHURE SM58など1万円近辺のマイクよりは音の質も良い感じ。

すごく良いマイクですが、SHUREやSennheiseに比べて使用者も少なめなので個性も出しやすいのもいいですね。

各音域のバランスが取れたマイマイクを探している方にはおすすめです。

マイクケーブル

 

AKG D7 まとめ

ノートとペン
  • コンデンサーマイクで有名なAKGのダイナミックマイク 
  • スーパーカーディオイドなのでハウリングにも強い
  • 各音域出すぎずにバランスよく聴きやすい音

ぎたすけ

ルックスが良い感じだよな!カッコいい

たけしゃん

カッコいいよね。音も使いやすいし、さすがAKGだなーって感じるマイクだったよ

AKG D7のレビューでした。

ルックスもよく、音質も良好。それでいて、使用者はそこまで多くないので被ることも少ないです。

昨今の情勢からマイクの使いまわしも避けたいところなので、マイマイクを検討されてる方も多いはず。

ぜひ、AKG D7をチェックしてみてください。

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2020年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説