Asus4 コードの押さえ方。基本フォームからよくある使用例を解説

Asus4のコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Asus4って結構よく使うコードだよな

たけしゃん

そうだね。色んな場面で使うコードだからバリエーションは理解しておくといいね

ギターコード 一覧表に戻る

Asus4の押さえ方

Asus4の構成音とコードフォーム

主にAの装飾音として、イントロ・Bメロ・サビなど色んな場面で使用されるコード Asus4。

押さえ方は指3本で3箇所押さえるだけのシンプルなフォームですが、小指を使うのがやや難しいです。

Asus4のコードフォーム

各指を立てて、他の弦に触れる事がないようにしましょう。

またAコードに繋げたり、Aコードと絡めたハンマリング&プリングを使うことが多いので、2弦3Fを小指で押さえつつ薬指で2弦2Fも押さえておくことが多いです。

Asus4の3弦3Fを小指で押さえつつ、2Fを薬指で押さえておく

その関係で2弦3Fは薬指ではなく、小指で押さえられるように練習しておきましょう。

練習するときもAsus4を単独で押さえられるようになったら、A→Asus4→A→Asus4と往復させて練習しましょう。

 

Asus4の色んなコードフォーム

Asus4のコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Asus4でよく使うコードフォームは上記3種類。

基本的にはパターン①だけで事足りますが、バリエーションとして他のパターンも覚えておくと使い分けができます。

こうした細かい使い分けがアコギ弾き語りでは大事だったりするので、音色を理解して使い分けできるようにしておきましょう。

また、Asus4はハンマリング・プリングが使いやすいコードです。

特に2弦の開放弦や2Fなどと連携させて、ちょっとしたフレーズを作るのは定番なのでハンマリング・プリングで色んなバリエーションを作っておきましょう。

A7sus4との使い分け

Asus4とA7sus4の構成音とコードフォーム

Asus4

A7sus4

Asus4と似たコードでよく使われるのがA7sus4です。

コードフォームも似ているので、一緒に覚えておくと良いでしょう。

構成音的にはソの音が入っているかどうかの違いですが、A7sus4だとブルースっぽい音になります。

また、A7sus4はA7が使える場面でしか使いません。

アコギでよく演奏する、AメジャーキーやDメジャーキーでは構成音的に使えないことが多いので割と出番は少ないです。

Asus4とA7sus4を一緒くたにすると、使えない場面でもA7sus4を使ってしまうので気をつけましょう。

 

Asus4 まとめ

AKG C5でレコーディングしているところ
  • Asus4はラ・レ・ミで構成されたコード
  • Asus4はAに繋げることが多い
  • よく使うので、フォームのバリエーションは持っておいた方がいい

ぎたすけ

基本パターンしか知らなかったけど、他のコードフォームで弾くと印象変わるな

たけしゃん

そうだよね。sus4とかadd9はよく使う一方でワンパターンになりやすいから、バリエーションは重要だよ

Asus4の解説でした。

曲をコピーしていると、よく出てくるコードなので使っている人も多いはず。

バリエーションを持っておくと、それだけでメロディーやコード進行を洗練させられるので重要ですね。

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug  
sus4のコード解説記事一覧
Csus4 D♭sus4 Dsus4 E♭sus4
Esus4 Fsus4 G♭sus4 Gsus4
A♭sus4 Asus4 B♭sus4 Bsus4