Am7-5コードの押さえ方。基本的な押さえ方とよく使うコードフォームを解説

Am7-5の良く使うコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Am7-5って名前からして難しそうな感じがする

たけしゃん

m7-5はポップスでは印象的なメロディーラインで登場する重要なコードだよ
Am7-5自体は登場頻度高くないけど、他のm7-5とセットで覚えるといいよ

本記事はAm7-5単体の解説記事です。

m7-5(ハーフディミニッシュ)全体の活用事例や音楽理論については下記の記事を参照ください。

ギターコード 一覧表に戻る

Am7-5コードの押さえ方

Am7-5コードの基本フォームと構成和音

複雑で不気味な音がするコード Am7-5。

m7-5は泣きのメロディーやアクセントとして重要な役割を果たすコードです。

譜面上ではAm7-5、Am7(♭5)のどちらかで記載されます。

押さえ方は人差し指と中指で2か所押さえるだけですが、1弦を鳴らさないようにミュートしないといけません。

ギターでAm7-5を押さえているところ

1弦は小指で軽く触れてミュートしましょう。

そして、人差し指・中指は下の弦に触れないよう、しっかり立てましょう。

押さえること自体は簡単ですが、小指のミュート含めてとっさにコードチェンジするのが難しいです。

使用頻度が少ないコードではありますが、少しずつ練習して指に覚えさせましょう。

実際のコード進行上では、前後のコードから下記のフォームの方が使いやすいです。

Am7-5の6弦5Fをルートにしたコードフォーム

ポジションが5Fなので、初心者向けではないですが色んなコードを使い始めると、こっちのほうが断然便利です。

 

Am7-5の色んなコードフォーム

Am7-5の良く使うコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Am7-5の良く使うコードフォームは上記の3種類。

簡単なのはパターン①ですが、汎用性が高いのはパターン②とパターン③です。

Am7-5のコードフォーム 3種類

パターン②とパターン③はフォームをそのまま、平行移動させることで他のコードになるからです。

コードフォームを平行移動で使いまわすときに知っておくべきことが、4弦・5弦の各フレットの音です。

ギターの4弦・6弦の各フレットが何の音かを一覧にした図
Am7-5のコードフォーム 3種類

パターン③を4弦7Fで押さえるとAm7-5。5Fで押さえるとGm7-5になります。

また、パターン②のフォームを6弦5Fで押さえるとAm7-5。7Fに移動するとBm7-5になります。

このようにフォームを覚えて、フレット位置で何のコードになるかを覚えましょう。

特に6弦ルートのフォームであるパターン②はF#m7-5、G#m7-5などで活躍することが多いです。

Am7-5とセットで覚えるようにしましょう。

 

Am7-5コード まとめ

Am7-5コードを押さえている写真
  • Am7-5はラ・ド・ミ♭・ソで構成されたコード
  • アコギだとキー的にあまり出番は多くない
  • 6弦ルート、4弦ルートのフォームを覚えて平行移動して色んなコードにしよう

ぎたすけ

なるほど。出番が少ないから他のコードフォームと関連させて覚えるんだな

たけしゃん

そうだね。平行移動させて色んなコードに変化させる覚え方は色んなコードフォームで活用するよ

Am7-5コードの解説でした。

アコギではカポタストで弾きやすい演奏キーに変える関係で、あまり出番が少ないコードです。

とはいえ、全く使わないわけではないのでフォームと押さえるフレット位置を覚えるようにしましょう。

他のm7-5と合わせてセットで覚えるのがおすすめです!

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug  
m7-5コードの解説記事一覧
Cm7-5 C#m7-5 Dm7-5 D#m7-5
Em7-5 Fm7-5 F#m7-5 Gm7-5
G#m7-5 Am7-5 A#m7-5 Bm7-5
C#m7-5の色んなコードフォームC#m7-5コードの押さえ方。ギターで使うコードフォームと使用パターンを解説 ハーフディミニッシュ(m7-5)の使い方。活用例やディミニッシュコードの違いを解説 エレキギターを演奏する人パッシングディミニッシュの使い方を実例をもとに解説。dimコードを深く知ろう CとCaugの比較オーギュメント(aug)コードの使い方を実例と共に解説