Adim コードの押さえ方。基本フォームと弾き語りでの活用について解説

Adimコードのフォーム 2種類

ぎたすけ

コードの解説か。Adimってすげー不安な音だな

たけしゃん

dimが不安な感じの音がするコードだからね。
Adimはあんまり出番はないから、他のdimと共通のフォームを覚えるといいね

本記事はAdim単体の解説記事です。

dim全体の活用事例や音楽理論については下記の記事を参照ください。

Adimの押さえ方

Adimコードのフォームと和音の構成

不安定で不気味な音を奏でるコード Adim。

単体ではクセの強い音ですが、前後のコードと組み合わせることで逆にクセになるコード進行になります。

押さえ方は人差し指で2弦、4弦を押さえて、中指・薬指で1弦・3弦を押さえます。

Adimコードの押さえ方

人差し指は少し傾けて、指の横腹部分で押さえるようにしましょう。

逆に中指・薬指はしっかりと指を立てて、他の弦に触れることがないようにします。

また、6弦は鳴らさずに5弦は鳴らします。

このdimコードのフォームは開放弦を鳴らすかどうかで、別のdimコードに変わってしまいます。

しっかりと6弦は鳴らさずに5弦を鳴らすことを意識しましょう。

ちなみに…dimコードはアコギだと良く使うものは決まっています。

アコギでよく使うdimコード

  • Cdim
  • C#dim
  • D#dim
  • G#dim
  • A#dim

アコギではカポタストを使って、演奏キーを変える関係で使うものがおおよそ決まってるんですよね。

Adimは出番が少ないので、単品で覚えるよりは同じフォームのD#dimとセットで覚えると良いでしょう。

D#dimのコードフォーム

※Adimのフォームで5弦をミュートするとD#dimになる

dimコードは単体で覚えるものではなく、基本のフォームを覚えて複数のdimコードをセットで覚えるものと考えておくと応用が利きます。

 

Adimで使用するコードフォーム

Adimコードのフォーム 2種類

パターン①

パターン②

Adimで主に使うコードフォームは上記2種類。

5弦ルートの12Fを使うフォームもあるものの、アコギだとハイフレットすぎてほぼ使いません。

簡単なのはパターン①ですが、パターン②はdimの共通コードフォームなのでパターン②を覚えるのがおすすめですね。

Adim 6弦ルートのコードフォーム

この押さえ方は6弦ルートのdim共通フォームで、このフォームを平行移動してフレット位置を変えれば色んなdimに変化することが可能です。

6弦のフレット別の音は下記の通り。

5弦と6弦のフレット毎の音程

先ほどのフォームを6弦5Fで押さえればAdimですし、3Fで押さえればGdimになるわけですね。

アコギのdimは出てくるものが決まってる分、ラストのサビの半音転調などで普段使わないdimが登場すると焦ったりします。

そんなときにこの平行移動パターンをマスターしておけば、スムーズに対応できるわけですね。

Adim自体は登場頻度は低いので、丸暗記だと忘れてしまいます。

平行移動パターンや共通コードフォームなどを利用して、セットで覚えるようにしましょう。

 

Adimコード まとめ

Adimコードを押さえているところ
  • Adimはラ・ド・ミ♭・ソ♭の4和音コード
  • 不安な響きがするコードだが、コード進行に組み込むと魅力的な音になる
  • アコギだと登場頻度が低いので、他のdimコードとセットで覚えるようにしよう

ぎたすけ

Adimってあんまり使わないなら、覚えるの面倒だな

たけしゃん

覚えても使わないと忘れちゃうからね。平行移動パターンを利用して仕組みで覚えちゃうのがおすすめだよ

Adimコードの解説でした。

アコギは良く使うコードとあんまり使わないコードにハッキリ分かれます。

そのため、丸暗記ではなく理屈で覚えるようにすることが大事ですね。

特にdimやm7-5などは登場頻度は低いですが、曲中の肝になるコードなので理屈で覚えておくとパッと出せて便利です。

Adimも単独で覚えるのではなく、平行移動パターンで他のdimと合わせて覚えましょう。

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug  
dimコードの解説記事一覧
Cdim C#dim Ddim D#dim
Edim Fdim F#dim Gdim
G#dim Adim A#dim Bdim
エレキギターを演奏する人パッシングディミニッシュの使い方を実例をもとに解説。dimコードを深く知ろう ハーフディミニッシュ(m7-5)の使い方。活用例やディミニッシュコードの違いを解説