あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

ギターストラップの付け方、調整方法を種類別で解説

ギターヘッドにストラップを取り付けたときの写真

ぎたすけ

ギターストラップって種類別で付け方違うの?

たけしゃん

長さ調節の仕方が違うね

あと、ギターによって付け方違うから、その点も解説していくね

飛ばし読みガイド

ギターストラップの付け方

立ちでのアコースティックギターの持ち方

ギターストラップは主に立ってギターを弾くためのアイテムです。

といっても、座った状態でも落下防止のためにストラップを付けてる人もいます。

どちらにしろ、人前でギターを弾くには欠かせないアイテムです。

 

そんな、必要不可欠なアイテムなんですけど意外と付け方がわかりづらいんですよね。

ぎたすけ

そうそう!テレビでみたミュージシャンと同じように付けられないんだよ

たけしゃん

僕も中学生のころ、付け方わからなかったよ。覚えると簡単なんだけどね

まず、最初に理解すべきことはギターによってギターストラップを付ける位置が異なることです。

アコースティックギターは、下図の2パターンに分かれます。

ギターストラップの取り付け位置

ボディ下のエンドピンにストラップを取り付ける流れはどちらも一緒です。

アコースティックギターのエンドピン

エンドピンはどのアコースティックギターにもついています。

 

問題はギター上部の取り付け位置です。

ギターストラップの取り付け位置

パターン①はボディとネックの付け根にストラップピンが必要です。

ネックヒールのストラップピン

基本的にはアコギにストラップピンはついていません。

別途、ストラップピンの取り付け工事をする必要があります。

補足
最近は標準でストラップピンを付けるギターメーカーが増えてはいる

ストラップピンがない場合はパターン②(ネックに紐で縛りつける)となります。

自身のギターに合わせた取り付け方法を選択してください。

ストラップピンがあるアコギ

ストラップピンがあるアコギへのストラップの付け方

まずはストラップピンがあるアコギでの取り付け方です。

ギターストラップをストラップピンとボディの一番下についているエンドピンに取り付けます。

基本の流れとしてはこんな感じです。

手順1
ストラップピンに取付
ロゴマークがあるフック部分をストラップピンに取付

ストラップピンにストラップを取り付け

手順2
エンドピンに取付
ロゴマークがないフック部分をエンドピンに取付

エンドピンにギターストラップを取り付け

手順3
完成!
 

立ちでのアコースティックギターの持ち方

特に難しいところはありません。

ストラップのフック部分は2か所ありますが、片方にメーカーロゴが刻印されています。

ロゴが入っているフック部分がストラップピン側になります。

ギターストラップの取り付け場所の区別はロゴマークで行う

ロゴマークの位置が奥にあるパターン

ロゴマークの位置でギターストラップの取り付け場所を判断する

なお、新品のストラップだと穴の部分が広がっておらず、ピンに取付するのに力がいります。

何度も取り付けしていれば、形が適してくるので簡単に取り付けできますので安心してください。

ストラップピンがないアコギ

ストラップピンのないアコギへのストラップの付け方

ストラップピンがないアコギはギターヘッド部分に紐で縛って固定します。

流れは以下の通り。

手順1
ギターヘッドに取付
ロゴマークがあるフック部分とギターヘッドを紐で結んで固定

ギターストラップをギターヘッドをひもで結ぶ

手順2
エンドピンに取付
ロゴマークがないフック部分をエンドピンに取付

エンドピンにギターストラップを取り付け

手順3
完成!
 

ギターヘッドにストラップを取り付けたときの写真

ストラップの向きはロゴがあるフックがギターヘッド、ロゴ無しがエンドピン側です。

ギターストラップのロゴ位置で取り付け場所を判断する

紐の結び方は特に決まりはありません。

ちょうちょ結びが一般的ですが、固く結びづらく位置がグラグラしがち。

かといって、固結びは取れなくなるので微妙なので、僕は本結びを採用しました。

参考 「かた結び」とちょっとだけ違う!つなげるロープワーク「本結び」の基本BE-PAL

また、紐はストラップとセットになっているものもありますが、別売りなことが多いです。

 

ただ、紐で結ぶよりはストラップとギターヘッドをワンタッチで取り付けできるアイテムを使いましょう。

ライブ活動している人を見ても、紐で結んでる人はあんまりいないです。

大半の方が、上記のワンタッチ取り付けできるアイテムを使ってます。

 

最近のプロアーティストだと、あいみょんがストラップピンなしのギターを使ってますが、やはり紐でなくワンタッチのアイテム挟んでます。

価格的にも700円程度なので、紐よりはワンタッチアイテムの使用を推奨します。

ストラップを固定するアイテム

ストラップピン、エンドピンからギターストラップが外れないように固定するアイテムが販売されています。

 

ライブで動きが激しいなど、落下が心配の人が使うアイテムですね。

僕はエレキギターは使っていて、アコギは使ってないです。

アコギは本体が軽いのもあって、ストラップが外れたことないんですよね。

 

とはいえ、本番中のトラブル回避という意味合いで、付けておくに越したことはないでしょう。

なお、エレアコの接続ジャックには付けられません。エンドピンとストラップピン用です。

ギターストラップの長さ調節

立って弾くときのアコギの持ち方

ギターを立って弾く際のポジションとしてはサウンドホールの高さがおへそ位置くらいが標準です。

なので、ギターストラップの長さを調節して高さを合わせましょう。

補足
低く持つのも高く持つのも自由なので、お好みの高さで大丈夫です

 

ギターストラップの長さ調節は主に下記の2パターンに分かれます。

鞄などと同じタイプ

ギターストラップの長さ調節

一般的な鞄などと同じタイプで黒いプラスチックの留め具を移動させて長さ調節させるタイプ。

穴の位置で長さ調節するタイプ

穴の位置で長さ調節するタイプのストラップ

穴の位置で長さ調節するタイプのストラップ

長さ調節については、どちらのタイプもいたってシンプルな構造です。

なので、自身で色んな長さを試してみましょう。

 

弾きやすさだけでいくと、高いポジションの方が楽です。

ただ、持った時のビジュアルは結構大事なので鏡で見てしっくりくる位置に合わせると良いでしょう。

シンガーソングライターはサウンドホールがおへそ位置にくるあたりの人が多いです。

 

おすすめのギターストラップ

安くて丈夫で使いやすいストラップ、Live Line LS1800CBKです。

デザインも黒で無難なので、誰にでも合う万能さがあります。

 

とりあえず、安くて使えるストラップが欲しいという方にはうってつけの1本です。

 

ストラップのデザイン性にこだわりたい人は、アパレルブランドのボヘミアンズが作っているストラップがおすすめです。

他にもたくさんありますが、すごくおしゃれでプロアーティストの使用者も多いです。

関連記事

抜群におしゃれでかわいい ギターストラップを作るボヘミアンズを特集。一味違ったアイテムを見つけよう

ボヘミアンズのギターストラップ抜群におしゃれでかわいい ギターストラップを作るボヘミアンズを特集。一味違ったアイテムを見つけよう  

ギターストラップの付け方 まとめ

立ちでのアコースティックギターの持ち方

  • アコギはストラップピン有無で付け方が変わる
  • ギターヘッドに結んで固定するタイプはワンタッチアイテム買った方が良い
  • 長さはサウンドホールがおへそ位置にくるのが標準

ぎたすけ

なるほど。ストラップ付けるのって意外と面倒なんだな

たけしゃん

アコギはストラップピン有無で変わるのが面倒なんだよね

覚えちゃえば簡単だよ

ギターストラップの付け方でした。

 

ちなみにライブでガンガン使うギターならストラップピンを増設しちゃうのもありです。

工賃は発生しますけど、やっぱりストラップピンがあると楽ですしね。

 

また、ギターストラップは長さ調節が重要です。

色んな長さを試した上で、長さを固定して練習するようにしましょう。

 

ライブ本番で持ちづらさとか感じだすと、ずっと意識がストラップにいってミスが増えます。

日ごろからいかに同じ環境で練習するかが大事なので、ストラップの使い方は早めに覚えましょう。