ギターのストロークパターンを練習しよう。弾き語りでよく使う譜例 10パターンで解説

ギターのストロークパターン

ぎたすけ

ストロークパターンって、感情の赴くままにジャカジャカやっちゃダメなの?

たけしゃん

ギター弾き語りだとストロークパターンの引き出しの多さは超重要だからね

この記事では良く使うパターンを解説していくよ

本記事では、弾き語りで良く使うストロークパターンを解説していきます。

ストロークパターンを練習するときに重要なことは変な癖をつけないことです。

 

初心者時代に変なストローク癖で覚えてしまい、中級者になってもリズムが不安定な人は割といます。

中級者になってから矯正するのは非常に大変なので、初心者の今こそ基本に忠実にやりましょう。

飛ばし読みガイド

ストロークで守るべきこと

リトルマーチンでYouTube動画のレコーディングしているところ

ストロークは無意識で規則正しく一定のリズムにできることが重要です。

そのため、規則性は重視するべきで根性でリズムに合わせるのはよろしくないです。

 

そして、その規則性を持つために大事なことが下記の3点。

  • 譜面のアップストローク・ダウンストロークの指定は守る
  • 空ピッキングはちゃんとやる
  • メトロノームに合わせて練習する

これだけなのですが、結構守らずに覚えちゃう人がいるものなんですよね。

 

特に2つ目の空ピッキングをしない人は割といて、中級者になってレコーディングをするときにリズムが合わなくて苦しみます。

空ピッキング
音を出さない時も弦に触れないよう右手を動かすことで、右手のリズムをキープすること

このストロークしている映像も弾いてるようで一部は空ピッキングです。

ギターストロークの右手を柔らかく使う

空ピッキングをちゃんとやることで、無意識でリズムキープできます。

慣れるまでは面倒ですが、後で後悔することのないようにキッチリやりましょう。

 

また、メトロノームに合わせて練習する癖をつけるのも重要です。

メトロノームはスマホアプリで使えるため、ダウンロードしていつでも使えるようにしておきましょう。

メトロノーム - ビート, テンポ と リズム

メトロノーム – ビート, テンポ と リズム

Gismart無料posted withアプリーチ

 

 

最初はゆっくりのテンポで丁寧に丁寧に練習するのがコツです。

慣れてきたら、ちょっとずつBPMを上げて早いスピードでも演奏できるようにしていきましょう。

 

8ビートのストロークパターン

8ビートの説明資料

8ビートとは4分の4拍子において、リズムの基本単位が8分音符であるビートのことです。

ギターで言うと、右手のアップ・ダウンの切り替わる単位が8分音符になります。

 

実際の8ビートの楽曲では、4分音符と8分音符が混在して使われることが大半です。

4分音符が入る8ビート譜例

上記の譜例でも4分音符では空ピッキングを入れて、右手は8ビートのリズムをキープしています。

これはリズムの基本単位が8分音符だからです。

 

それでは、よくある8ビートのストロークパターンを5つほどやってみましょう。

ちなみに秦基博さんの楽曲で登場するストロークパターンから選出しました。

なので、基本形ですがちゃんと実戦的な内容になってます。

8ビート ストロークパターン①

8ビートのギターストロークパターン 基本形

実演例

補足
実演音源のBPMは80です

8ビートのストロークで最も基本的なパターンです。

簡単ですが、メトロノームに合わせて弾くと意外とリズムキープできません。

 

この基本形でリズムキープできないと、何やってもリズムがズレてしまいます。

まずはBPM=80くらいからはじめて、徐々にリズムを速めてもキープできるように練習しましょう。

8ビート ストロークパターン②

8ビート ギターストロークパターン 四分音符入り

実演例

補足
実演音源のBPMは80です

小節の頭に4分音符が入ったストロークパターンです。

ポイントは4分音符を弾くときに右手は空ピッキングでリズムキープし続けることです。

 

最初は空ピッキングでリズムキープが難しく感じてしまい、右手を一瞬止めてリズムを合わせようとしてしまいがち。

 

しかし、右手を止めてリズムを合わせると思った以上にリズムとカッチリ合いません。

中級者になって、レコーディングなどをするようになると空ピッキングの重要性を痛感します。

 

最初は難しくても、後々のことを考えて空ピッキングは練習を重ねてモノにしましょう。

8ビート ストロークパターン③

8ビートのギターストロークパターン シンコペーション入り

実演例

補足
実演音源のBPMは80です

パターン③はシンコペーションが入っているストロークパターンです。

シンコペーション
強拍と弱拍を入れ替えて、リズムに変化をつけること

ギターのシンコペーションを説明した資料

ギターストロークにはシンコペーションによるアクセント付けは欠かせません。

 

ギターの場合は基本的にシンコペーションのアクセント付けするポイントはアップストロークにきます。

強く弾くように意識して、リズムにアクセントを付けしましょう。

シンコペーションの部分は強く弾いてアクセントを付ける

8ビート ストロークパターン④

8ビートのギターストロークパターン 小節の変わり目にシンコペーション

実演例

補足
実演音源のBPMは80です

パターン④は定番中の定番、小節の変わり目にシンコペーションを入れるストロークパターンです。

 

リズムキープとシンコペーションでの程よいアクセントができるように練習を重ねましょう。

弾き語りでは、ほんとに良く使うので体に覚えさせるまで繰り返しましょう。

8ビート ストロークパターン⑤

8ビートのギターストロークパターン 複数のシンコペーション

実演例

補足
実演音源のBPMは80です

8ビートのギターストロークパターン、最後はパターン③とパターン④の複合です。

パターン⑤のストロークパターンも非常によく登場します。

 

シンコペーションを絡めても、しっかりリズムキープできるようになりましょう。

特に弾き語ると、シンコペーションを無意識でやれるところまでいかないとリズムキープできません。

繰り返して体に覚えさせましょう。

 

16ビートのストロークパターン

16ビートのギターストロークの説明資料

16ビートとは4分の4拍子において、リズムの基本単位が16分音符であるビートのことです。

ギターで言うと、右手のアップ・ダウンの切り替わる単位が16分音符になります。

 

実際の16ビートの楽曲では、4分音符・8分音符・16分音符が混在します。

16ビートで4分音符・8分音符・16分音符が混在するストロークパターン

ぎたすけ

うぇ!空ピッキングがたくさんあって、わけわからん!

たけしゃん

そうなんだよね。最初は遅いBPMでやったほうがいいよ

繰り返して無意識でやれるようになれば、なんてことはないから

16ビートはリズムの基本単位が16分音符なので、4分音符(16分音符4つ分の長さ)が登場すると空ピッキングを3回やってリズム調整することになります。

 

16ビートになると、なかなかに右手の動きが複雑になってきます。

BPM=40くらいで練習をはじめて、少しずつBPMをあげていくようにしましょう。

 

それでは、16ビートのギターストロークパターンも5つ紹介していきます。

8ビート同様に秦基博さんの楽曲に実際登場するストロークパターンから抜粋しました。

基本的なフレーズであり、実際の楽曲でも良く使われるものばかりです。

16ビート ストロークパターン①

16ビートのギターストロークパターン 基本形

実演例

補足
実演音源のBPMは60です

16ビートの基本パターンです。

ダウンストロークとアップストロークを交互に繰り返すだけです。

 

ポイントとしては2点。

  1. 頭の拍を強く弾いてメリハリをつける
  2. メトロノームに合わせて弾けるようにする

16ビートのギターストローク 頭の拍を強く弾こう

簡単なようで意外と難しいんですよね。

ストローク内で強弱をつける技術は非常に大事なので、少しずつ意識するようにしましょう。

 

最初は体に覚えさせるところから始めて、慣れてきたらBPM=60くらいでゆっくり丁寧に合わせ始めましょう。

16ビート ストロークパターン②

16ビートのストロークパターン 色んな長さの音符の混合

実演例

補足
実演音源のBPMは60です

ストロークパターン②は色んな音符の混合です。

4分音符は空ピッキングを3回、8分音符は空ピッキングを1回入れる必要があります。

 

この空ピッキングの使い分けが16ビートだと重要です。

空ピッキングせずにリズムを合わせたくなりますが、リズムの精度が高く保つためにも我慢して空ピッキングをしましょう。

 

最初は空ピッキングとピッキングするタイミングの確認を徹底しましょう。

ジャカジャカ弾くのは体がタイミングを覚えてからなので、最初は苦労する譜例です。

16ビート ストロークパターン③

16ビートのストロークパターン 8分音符と16分音符の混合

実演例

補足
実演音源のBPMは60です

パターン③は8分音符と16分音符の混合パターンで、かなり色んな楽曲で登場するストロークパターンです。

 

パターン②と同様に空ピッキングする場所の確認が重要です。

まずはBPMを落としてスローで、しっかりと体に覚えさせていきましょう。

16ビート ストロークパターン④

16ビートのストロークパターン シンコペーションあり

実演例

補足
実演音源のBPMは60です

パターン④はパターン③にシンコペーションを加えた定番のストロークパターンです。

シンコペーション
強拍と弱拍を入れ替えて、リズムに変化をつけること

ギターのシンコペーションを説明した資料

16ビートのストロークにおいても、シンコペーションは非常に重要なテクニックです。

 

特に16ビートのストロークは展開が早いので、シンコペーションのアクセントが活きやすいです。

一方でリズムが狂うとカッコ悪いので、最初は遅いBPMでしっかりタイミングや雰囲気を体に覚えさせるようにしましょう。

16ビート ストロークパターン⑤

16ビートのストロークパターン 色んな長さの音符とシンコペーションの混合

実演例

補足
実演音源のBPMは60です

最後のストロークパターンは、これまでやってきたパターンの組み合わせです。

実際に上記の譜例は秦基博さんの鱗で使われてるフレーズですが、空ピッキングが肝になっています。

 

鱗ってカバーしている人がめちゃくちゃたくさんいるんですけど、空ピッキングできてなくてリズムが怪しいことが割と多いんですよね。

 

印象的なフレーズほど、空ピッキングせずに感覚でやってしまいがちなので気を付けましょう。

他のパターン同様にBPMを落として、空ピッキングする場所の確認をキッチリ行うところから入っていきましょう。

 

ギターのストロークパターン まとめ

ノートとコーヒー

  • 空ピッキングはしっかりやること
  • 練習にはメトロノームを使うこと
  • はじめはBPMを下げて、ピッキングパターンを体に覚えさせること

ぎたすけ

ストロークって実は難しいんだな…。右手言うこときかないよ

たけしゃん

ストロークは体に覚え込ませるのがポイントだよ

最初は遅いスピードでやるのが、遠回りのようで一番早い習得方法だね

ギターのストロークパターンについての解説でした。

アコギは豊富なストロークパターンと正確なリズムを刻めるだけで、かなり上手く聴こえるようになります。

 

逆にストロークで基本的なところを無視すると、中級者になって伸び悩みます。

初心者のときこそ、苦労してでも基本に忠実にやるべきところです。

 

最初はゆっくりのBPMで体に正しい流れを覚え込ませるのがポイントですよ!焦らずにやりましょう。