tab譜(タブ譜)の読み方を覚えよう。ギターの写真と譜面を照らし合わせて解説

アルペジオのtab譜

ぎたすけ

tab譜って五線譜とは違うの?

たけしゃん

tab譜はギター用の譜面だね

ギタースコアは基本的にtab譜だから、読み方を解説していくね

飛ばし読みガイド

tab譜(タブ譜)の読み方

TAB譜

tab譜(タブ譜)とはギター用に作られている譜面のことです。

 

6本線が引かれており、それぞれがギターの弦を表します。

譜面の上から1弦…一番下は6弦という配置です。tab譜とギターの指板と見比べた画像がこちら。

tab譜とギターの写真を並べて解説

上下の向きさえ、覚えてしまえば視覚的にわかりやすい譜面ですよね。

 

よく、コードサイトなどで用いられるのはコードダイアグラムですが、仕組みはtab譜と一緒です。

tab譜とコードダイアグラム

上から1弦…下が6弦と覚えてしまえば、どちらも同じ感覚で利用できます。

 

また、市販のギタースコアでは五線譜とtab譜が並んで記載されていることが多いです。

五線譜とtab譜で表記方法が異なるだけで、同じ内容が記載されています。

ギタースコアで一般的な五線譜とtab譜を並べた譜面

 

tab譜(タブ譜)の記号

tab譜のハンマリング表記

tab譜では奏法を記号表記を用いて表します。

本章ではアコースティックギターで良く使う、記号表記を抜粋していくつか紹介します。

項目タップで解説に飛びます

ハンマリング・オン

tab譜のハンマリング表記

左指で弦を叩いて音を出す奏法がハンマリング。

tab譜ではHと表記されます。

ハンマリングしているところ

プリング・オフ

tab譜のプリングオフ表記

押さえた弦を引っ掛けるようにはじいて鳴らす奏法がプリング。

tab譜でPと表記されます。

プリングしているところ

スライド

tab譜のスライド 表記

弦を弾いて、フレットを滑らせて移動する奏法がスライド。

tab譜にはSと表記されます。

スライドをしているところ

ブラッシング(ミュート)

tab譜のブラッシング 表記

ブラッシングは音が鳴らないように指で弦を押さえた状態でストロークすることです。

tab譜では×で表記されます。

ブラッシングの音

ナチュラルハーモニクス

tab譜のナチュラルハーモニクス表記

ナチュラルハーモニクスは左手で弦を軽く押さえて、ポーンという音を出す奏法。

tab譜では数字がひし形で囲まれた表記になります。

ナチュラルハーモニクス

 

スラッシュ表記

スラッシュ表記の譜面

tab譜と混合で使われるのが、スラッシュ表記です。

指のポジションは記載されずにコードとスラッシュ形状の音符だけが記載されます。

 

ストローク演奏時に使われるもので、ギタースコアだとストロークはスラッシュ表記されるのが一般的です。

逆にアルペジオの場合は細かく指のポジションが記載されたtab譜が用いられます。

アルペジオのtab譜

ストロークとアルペジオが混合する楽曲ではスラッシュ譜とtab譜が混在します。

なので、スラッシュ譜も含めてtab譜と認識されることが多いです。

 

tab譜(タブ譜)まとめ

楽譜

  • tab譜はギターの指板に見立てて作られる譜面
  • tab譜上ではアルファベットや記号で奏法が表現される
  • tab譜上ではストロークはスラッシュ表記されることが一般的

ぎたすけ

意外とシンプルだな。慣れればわかりやすそう

たけしゃん

どっちが1弦か間違えなければ、すぐに慣れるよ

市販のギタースコアで接することも多いから、少しずつ覚えよう

tab譜の解説でした。

アコギを弾いていると、接する機会はほんとに多いです。

 

最初は慣れなくても、何曲かやってるうちにあっという間に慣れるので大丈夫です。

以降の解説記事でもtab譜(スラッシュ表記含む)は良く出てくるので、わからなくなったら本記事を読み返しましょう。

関連記事

ピアノと楽譜コード譜、TAB譜(タブ譜)、五線譜…楽譜の種類と使用事例、書き方のポイントを解説