F#m7の押さえ方。キレイに鳴らすためのコツや良く使うコードフォームを解説

F#m7を押さえている写真

ぎたすけ

F#m7って良く使うコードなの?Fとかのほうがメジャーな感じするけど

たけしゃん

初心者のうちはそこまで使わないかなぁ

ただ、中級者以上になるとほんとに良く使うコードだよ

飛ばし読みガイド

F#m7の押さえ方

F#m7の解説資料

F#m7の音

初心者向けアレンジの楽曲を卒業して、色んな曲を練習し始めると急に登場回数が増えるF#m7。

Dメジャーキー、Eメジャーキーの主要コードなので、アコースティックギターでもお世話になることは多いコードです。

 

人差し指と薬指しか使わないので、バレーコードの中では簡単そうに見えます。

F#m7を押さえている写真

しかし、実際は人差し指で押弦する場所が増えるのでキレイに鳴らすのが難しいんですよね…。

 

本章ではF#m7を押さえるコツや省略コードの活用について解説していきます。

項目タップで解説に飛びます

人差し指の横部分で押さえる

F#m7 人差し指の横部分でセーハするのがポイント

バレーコードを押さえるときの鉄則。人差し指は横部分で押弦するです。

 

正面で押さえると関節の溝が邪魔になります。

人差し指の溝が押弦の邪魔にならないようにしよう

特にF#m7は人差し指で押弦する弦が多いので、指の横腹部分で押さえたほうが複数弦に満遍なく力を込めやすいです。

 

慣れるまでは人差し指と薬指が互い引っ張り合って、力を入れづらいですが慣れの問題です。

手の柔軟性が高まれば、しっかり指を開いた状態でも力を入れられるようになります。

 

毎日少しずつ、バレーコードを押さえる練習をしましょう。

合わせて、指の開閉運動やフィンガートレーナーで鍛えるのも有効です。

フィンガートレーナーを使った指のトレーニング

項目タップで解説に飛びます

中指を添えて押弦を強める

F#m7 人差し指の上に中指を添えて押弦を強めている

F#m7のフォームだと中指が浮くので、人差し指の上に添えて押弦を強めることが可能です。

 

実際に僕もF#m7では中指を添えてることが多いです。

一方で押弦を強めすぎると、人差し指が弦圧で痛くなってしまいます。

 

指が痛いと、1曲通して演奏するのが難しくなるので程々の強さを見つけましょう。

指の柔軟性が高まれば、中指は軽く押すくらいで十分キレイに鳴ります。

項目タップで解説に飛びます

省略コードフォームも活用しよう

F#m7の簡単なコードフォーム

バレーコードを押さえるのが辛い場合に使いやすいのが、省略した簡単コードフォームです。

実際にF#m7の省略コードを押さえた写真がこちら。

F#m7を省略コードフォームで押さえた写真

このF#m7の省略コードフォームは初心者を脱出した後も、非常によく使います。

実際にプロアーティストでも使ってる人はめちゃくちゃ多いです。

 

なので、最初はバレーコードを回避するために使いますが、バレーコードが弾けるようになった後も必要に応じて使用しましょう。

 

なお、押さえる指の配置は人それぞれです。

例えば、秦基博さんは親指で6弦を押弦することが非常に多いです。

親指を使ったF#m7の省略コードフォーム

秦基博さんはナローネックのギターをメインに使っていて、他のコードも含めて全体的に親指で押弦することが多いのもあります。

ナローネック
ネック幅が細いギターのこと。標準は43mm程度だが、秦さんのメインギターは39mm

星野源さんや竹内アンナさんは中指・薬指で押さえていることが多いですね。

中指・薬指で押さえるF#m7の省略コードフォーム

薬指で3つの弦を押弦するのが、最初はしんどいので中級者向けの押さえ方ですね。

 

僕は人差し指を使ったスタンダードな押さえ方を多用してますが、自分がやりやすいものを選択すると良いでしょう。

項目タップで解説に戻ります

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説  

F#mとF#m7の違い

F#mとF#m7の違いを解説した資料

F#m7はF#mにミ(7th)の音を追加したコードです。

一緒くたにしてしまいがちですが、音は微妙に違うので区別することが重要です。

 

まずはF#mとF#m7を聴き比べてみましょう。

F#mの音

F#m7の音

ぶっちゃけ、ほとんどわからないですよね(苦笑)。

ギターだとF#m7の特徴であるミ(7th)がトップ音(1弦)でなく真ん中(4弦)に入っちゃうので、違いがわかり辛いんですよね。

 

試しにピアノで聴き比べてみましょう。

F#mの音(ピアノ)

F#m7の音(ピアノ)

ぎたすけ

あぁ、これは違うコードってハッキリわかるわ

たけしゃん

そうなんだよね。ギターだとほとんど一緒でも、ピアノで聞くと全然違う感覚になるコードって結構あるんだよ

これはギターあるあるですが、構成音の積み上げ方の関係で7thの有無がわかり辛くなるんですよね。

ピアノでちゃんと7thの音をトップ音にした和音で弾くと、7thの有無って結構違うものなんですよ。

 

そんなわけで、ギター弾き語りだとF#mとF#m7をごっちゃにしてしまいがち。

しかし、ユニットやバンドで他の楽器と一緒になったり、コーラスがいると7thの有無が大事になってきます。

 

特にボーカルやコーラスのメロディーラインによっては7thの音があるかどうかで音が取りづらくなったりします。

譜面で指定されている場合はちゃんと守りましょう。

 

また、自身で弾き語りするときも7thの音を入れたばあいと抜いた場合で歌いやすい方を選択すると良いでしょう。

 

色んなF#m7のコードフォームを覚えよう

F#m7の色んなコードフォーム

パターン①が基本形で良く使いますが、僕の場合はパターン②も同じくらい使っています。

前後のコードチェンジを考えると、バレーコードで押さえたくないことが多くてパターン②が重宝するんですよね。

 

アコギではパターン①とパターン②を前後のコードによって使い分けるくらいで、他の選択肢はあんまり使わないです。

F#m7のハイコード

F#m7のハイコード

F#m7のハイコードは9フレットと、かなり高音になるのでアコギではあまり使いません。

前後のコードが9フレット付近になっていることも少なく、コードチェンジも大変ですしね。

 

とはいえ、星野源さんは好んで使っている感がありますね。

星野源さんはパッシングディミニッシュで利用しているケースが多いですが、高フレットの音を利用してフレーズ組む場合に使うこともあります。

 

お好みで使用する…といった感じで良いかなと思います。

逆にエレキギターでは2フレットのフォームよりはハイコードやハイコードの形を変形させたものを良く使います。

 

F#m7 まとめ

机にノートとコーヒー

  • F#m7はファ#・ラ・ド#・ミを積み上げて構成されたコード
  • 人差し指の上に中指を添えて押弦を強めると押さえやすい
  • ギターだとF#mとの違いがわかりづらいが、他の楽器がいると結構違うので注意

ぎたすけ

F#mとF#m7って気分で毎回使う方変えてたけど、ダメなんだな

たけしゃん

弾き語りだとあんまり支障ないんだけどねぇ

他の楽器がいると使い分けないと違和感出たりするよ

F#m7の解説でした。

アコギで良く使う、DメジャーキーやEメジャーキーの重要コードなので使用頻度はかなり高いコードです。

 

通常のフォームや省略コードフォームなど、色んな押さえ方を覚えておくと臨機応変に対応できるようになります。

まずは基本形を押さえて、その後に色んなコードフォームを使い分けてみましょう。

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説