あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

Eコードの押さえ方。キレイに弾くポイントや良く使うコードフォームを解説

Eを押さえた時のコードフォーム

ぎたすけ

Eコードは割と押さえやすくて助かるよ

たけしゃん

そうかもね。指が窮屈だけど慣れると楽だよね

この記事ではEの基礎知識と実戦的な話の2点を解説していくよ

飛ばし読みガイド

Eコードの押さえ方

Eコードの解説資料

Eの音

全弦を力強く鳴らせる、気持ちの良いコード E。

初心者向けの課題曲だと、あまり出てこないコードですが徐々に登場シーンが多くなるコードでもあります。

 

Eコードは初心者でも比較的に楽に押さえられるコードではあります。

実際にコードを押さえたときの写真がこちら。

Eを押さえた時のコードフォーム

指を寝かせると窮屈になってしまうので、指を立てて押さえるのがポイントです。

特に薬指が寝ていると3弦に触れてしまって、音が鳴らなくなります。

 

逆に指を立てる以外で気を付けることはありません。

指の皮が固くなるまでは押さえるのが痛かったりしますが、慣れると痛みはなくなります。

 

ジャラーンと鳴らしたときに、ちゃんと全部の弦が鳴っているかを1本ずつ鳴らして確認しましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説  

Eコードの種類

Eコードの良く使うコードフォーム

Eコードで良く使用するコードフォームは上記の3パターンです。

基本形であるパターン①を使うことが圧倒的に多いです。

 

パターン②(ハイコード)とパターン③(パワーコード)をもう少し掘り下げて解説していきましょう。

Eのハイコード

Eのハイコード

Eのハイコードを使う場合は主に下記の2パターンです。

  1. 前後のコードへの移行がハイコードのほうが楽
  2. カッティングなど細かいミュートを活用する
補足
カッティングなど細かく刻む場合は左手で細かくミュートしたいのでバレーコードのほうが楽

正直、そこまで活用場面は多くないです。

 

一方で星野源さんはハイコードのEを使ってることが比較的多く、楽曲をコピーしていると良く登場します。

特にE→Fdim→F#m7という進行を色んな楽曲で使っていて、その場合はハイコードのEを使用しています。

結構、ニュアンス変わりますからね。

ローコードのE→Fdim→F#m7

ハイコードのE→Fdim→F#m7

このへんはこだわりや好みの領域ですね。

Eのパワーコード

Eのパワーコード

パターン③はいわゆるパワーコードと呼ばれるものです。

パワーコード
Rootの音と5rdの音だけを鳴らしてパワー感を出す奏法

Aメロとサビとの音量差をつけたいときやロックなテイストを出したい時に使用します。

ただ、あえて上記のような押さえ方には変えず、オーソドックスなEのコードフォームのまま6弦・5弦だけ弾いてることが多いですね。

 

ブリッジミュートなどと合わせて活用する場面は割と多いです。

ブリッジ
ギターのブリッジ部分に右手を添えてドッドッドッド…という音を出す奏法

Eのパワーコードで実演

パワーコード自体はエレキギターで良く使うのですが、アコギでも演奏の幅を広げるのに役立つので覚えておきましょう。

 

Eコード まとめ

  • Eはミ・ソ#・シを積み上げて構成されたコード
  • 指を立てて押さえることを意識すれば、割と簡単に弾ける
  • ハイコードやパワーコードなどでも活用することが多い

ぎたすけ

へぇ~、ハイコードになると一気に押さえづらくなるな

たけしゃん

まあ、ハイコード使うのは中級者になってからでいいよ

Eは上手くなるとお世話になること多かったりするんだよね

Eコードの解説でした。

6弦の開放弦を使うので、フレーズ組み立てやすかったりと何かと便利なコードでもあるんですよね。

 

まずは基本のEコードをしっかりと弾けるようになって、パワーコードも使ってみたり…というところから始めましょう。

 

Eはブルースなどにも良く活用されるので、上手くなるほどに色んな使い方をするようになるコードでもありますね。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説