あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

Bコードの押さえ方。キレイに鳴らすポイントを解説

ギターのBコードを押さえた時の写真

ぎたすけ

やってみると、BコードってFコードより難しくない?

たけしゃん

実はFコードと同じか、それ以上に難しいコードなんだよね

押さえ方のコツや省略コードを解説していくね

Bコードの押さえ方

Bコードの解説資料

Bの音

Fコードに隠れていますが、実はFコード以上に難関コードなのがB。

初心者向けにアレンジされた楽曲だと、登場することがあまりないので少し成長してから出会うことが多いコードです。

 

Bコードを押さえたときの手の形はこれです。

6弦は鳴らさないので、人差し指で軽く触れて鳴らないようにしています。

ギターのBコードを押さえた時の写真

Bは手が形に慣れるまで、指が開かない上に力が入り辛いんですよね。

指の柔軟性が足りずに、人差し指と中指・薬指が自然と寄ってしまって押さえられないものです。

 

手の柔軟性もすぐに育つわけでもないので、日数をかけて慣れさせていくしかありません。

ちなみにBコードは手が小さくて押さえられないと誤解しがちですが、大半は手の柔軟性が足りてないだけです。

 

次からはBコードを攻略するための3つのポイントを解説していきます。

項目タップで解説に飛びます

最初は省略コードからチャレンジ

Bコードの簡単なコードフォーム

B(簡単コード)の音

慣れるまでは1弦は鳴らさない、簡単なコードフォームで練習しましょう。

1弦は人差し指を軽く触れて音は鳴らさないようにして、5弦の音をキレイに鳴らすことに集中します。

 

この簡単にしたBコードでも、やはり人差し指と中指・薬指が開かずに苦戦はするはずです。

指をしっかり開くことに意識を持っていきましょう。

 

指を開くのは柔軟体操と同じなので、1日何時間もやったところであまり効果がありません。

それよりは毎日少しずつやることが大事なので、他の練習と並行して根気よくやりましょう。

Bコード攻略のポイント 一覧

人差し指の横部分で押さえる

Bコードは人差し指の横部分で押さえるのがコツ

バレーコード全般に言えることですが、人差し指は少し斜めにして横部分で押弦しましょう。

 

人差し指の正面で押さえると、関節の溝部分が邪魔して一部の弦がキレイになりません。

人差し指の溝が押弦の邪魔にならないようにしよう

指を少し斜めにして横部分で押弦すれば、関節の溝が邪魔になりません。

また、人差し指の力も横にしたほうが入れやすかったりもしますので、角度を色々と試してみましょう。

Bコード攻略のポイント 一覧

指の柔軟性を鍛える

左手の爪を短く切った状態

コードを繰り返し押さえていれば、次第に指の柔軟性は鍛えられます。

 

一方で指1本ずつが独立して、力を入れられるようになることも重要です。

指1本ずつを独立して、力が入れられると指の柔軟性も一気に良くなりますからね。

 

そのための練習として有効なのがフィンガートレーナーです。

フィンガートレーナーを使った指のトレーニング

指1本ずつを鍛えることができます。

負荷も指ごとに調整できて、値段も1000円未満で買える優れものです。

 

コードを押さえたり、指をお風呂で開いたりしても薬指と小指は思い通りに動くようにならないんですよねぇ。

フィンガートレーナーで少しずつ鍛えると、独立して動くようになります。

Bコード攻略のポイント 一覧

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

Bコードを平行移動させよう

Bコードを平行移動させた場合のコード変化

Bコードのコードフォームは平行移動させることで、色んなコードに変化します。

フレットが1つ上がるごとに半音上のコードになり、1つ下がると半音下のコードに変化します。

 

中でも、最も使うのはフレットを1つ下げたB♭(フラット)ですね。

B♭コードの解説資料

B♭の音

比較的、アコギで良く使うFメジャーキーに登場するコードなので、BよりもB♭を使う機会が多いです。

 

他にもBコードのコードフォームは3Fに平行移動してC、5Fに平行移動してDになるのでよく使用します。

Bコードを平行移動させた場合のコード変化

どこのフレットが、何のコードになるのかを覚えると曲さえ知っていれば、コード譜を見ただけで大抵弾けるようになります。

また、バレーコードからのコードチェンジが平行移動で済むのでプレイも楽になります。

 

初心者のうちは難しいですが、中級者以上になると平行移動によるコードチェンジは非常に良く使います。

コードを大量に覚える場合も、1つのコードフォームを平行移動させることで多数のコードを覚えるものです。

 

まずは基本のBコードを弾けるようになり、段階的に平行移動させたコードも覚えるようにしましょう。

 

Bコード まとめ

アコースティックギター

  • Bコードはシ・レ#・ファ#を積み上げて構成されたコード
  • 初心者向けアレンジにはあまり登場しないので、ある程度上達してから使うようになる
  • 押さえられると平行移動させて、色んなコードになるため便利

ぎたすけ

Fコードができれば、苦労はないと思ってたけど甘くないな

たけしゃん

まあね…。でも、指の柔軟性が高まれば大抵のコードで苦労しなくはなるよ

Bコードの解説でした。

Fコードを乗り越えて、初心者簡単アレンジ以外の曲にチャレンジしたときに登場するのがBとBmなんですよね。

 

ただ、指の柔軟性と1本ずつ独立して動かせるようになると、左手で困ることは一気に減りますから。

もう少しの辛抱と思って、頑張りましょう。

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説