あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

ピックの持ち方 演奏スタイル毎のポイントを解説

ピックの持ち方 基本形

ぎたすけ

ピックの持ち方って演奏スタイルで変わるものなの?

たけしゃん

まあ、そう大きくは変わらないね

ただ、ジャカジャカやるのと細かく弾くのでは変えたほうがやりやすいよ

本記事では演奏スタイルごとにおすすめのピックの持ち方とおすすめのピックを紹介します。

 

初心者の方は変な癖がつかないように、まずはストロークも単音ピッキングも基本形で練習を行いましょう。

ピックの持ち方(基本形)

手順1
人差し指に置く
ピック中央~やや奥の部分を人差し指に置く

ピックの持ち方① ピックを人差し指に置く

手順2
親指を被せる
ピック中央に親指を上から被せるように沿える

ピックの持ち方② 親指をピックの中心部分に被せる

完成!
力を入れないで持つことがポイント

ピックの持ち方 基本形

ピックの持ち方は人それぞれですが、基本形はこの流れ。

人差し指の位置はやや奥の方が安定します。

 

一方で位置が奥すぎると、ストロークしているときに人差し指が弦に当たってしまいます。

試しながら、持ちやすい位置を模索しましょう。

 

ピックを持つときは握るというよりは沿えるくらいのイメージのほうが演奏しやすいです。

力が入っていると、ピッキングが硬くなって早い動きに対応できません。

 

また、力が入っている方がピックを落としやすいです。

力は入れずに軽く持って、しなやかにピッキングできるのが理想ですね。

初心者におすすめのピック

ピックケース

ピックの弾き方

ピックの弾き方。弦に並行に当てる

ピックは弦に大して平行に当てると引っかかりが少なく弾くことができます。

ピックが弦に引っかかる場合は下記の2点を気にしてみましょう。

  1. ピックを深く当てすぎてないか?
  2. ピックを持つ人差し指の位置が深すぎではないか?

②は人差し指の先端が親指の側面と同じか、少し出るくらいの位置が良いです。

 

とはいえ、最初はあまり考えすぎずにジャラーンと弾いてみましょう。

上から下にピックでギターを弾いてみよう

単音でピッキングするときはドレミファソラシドで練習すると良いです。

音階は下記の図を参考にしてください。

ギターの指板でドレミファソラシドを弾こう

弦に対してピックを平行に当てることを意識して、ドレミファソラシドを繰り返し練習しましょう。


次章からはストロークに適した持ち方と単音ピッキングに適した持ち方を解説していきます。

ただ…初心者のうちは基本形だけで大丈夫です。

基本形でピッキングの感覚を身に着けてから、持ち方の工夫をするようにしましょう。

この先の目次(タップで飛びます)

 

ストロークに適したピックの持ち方

ストロークに適したピックの持ち方

ストローク中心の場合はピックをやや浅めに持つのがポイントです。

ただ、初心者のうちは浅めを意識せずに中心部分を持ちましょう。

 

というのはストロークは全部浅めに持つのがいいわけでもないからです。

例えば、ダウンストロークが中心の曲だと浅く持つと逆に弾き辛かったするんですよね。

ダウンストローク

他にもピックが硬くてしなりがないタイプだと、浅く持つと弾き辛いです。

 

逆にアップストローク、ダウンストロークが多い、いわゆるジャカジャカやる曲はピックを浅めに持つと弾きやすいです。

 

基本的にはアコギでストロークというと、アップ・ダウンストローク交互のジャカジャカ系が多いんですよね。

更にピックもアコギ弾きはしなりがあるものを使う人が圧倒的に多いです。

※アコギ弾き語りで使用者が多いDunlopのしなるピック

そのため、ストロークはピックを浅めに持つのがよいと言われてるわけですね。

ストロークにおすすめのピック

読みたい項目をタップで飛びます

単音ピッキングに適した持ち方

単音ピッキング向けのピックの持ち方

やや深めに持つことで細かいピッキングがやりやすくなるため、単音ピッキングに有効です。

また、ピッキングの強弱も深めにもった方が付けやすいです。

 

弾き語りだとアルペジオとちょっとしたフレーズくらいしか単音ピッキングを使わないので、あまり出番はないかもしれません。

 

僕自身もピックを深めに持つのは、誰かの伴奏をやるときくらいです。

弾き語りだと基本形か浅めに持つことがほとんどです。

単音弾きでおすすめのピック

読みたい項目に戻ります

 

ピックの持ち方 まとめ

ピックの持ち方 基本形

  • ピックを人差し指に置いて、親指を中心部分に被せる
  • ストロークはやや浅め、単音ピッキングはやや深めに持つと良い
  • 初心者のうちは中心部分を持って、慣れてから持つ位置を調節すると良い

ぎたすけ

初心者のうちはあんまり深く考えずに基本形でやったほうがいいってことだな

たけしゃん

そうだね。持つ位置って好みが出るから、基本形が固まった後に考えたほうが良いよ

ピックの持ち方についての解説でした。

ピックの持ち方はプレイヤーの演奏スタイルや好みに左右されるので、これが正解!みたいなものはありません。

 

ただ、ピッキングはかなり奥が深いので、初心者のうちは変な癖がつかないよう基本形を意識したほうが良いです。

 

最初はピックが弦に引っかかりがちなので、摩擦が少ない材質 ポリアセタールを用いたMUSENT トライアングルピックが使いやすいです。

初心者におすすめのピック

また、ピックは相当な種類があります。

演奏にも慣れて、ピックの種類や選び方を勉強したくなったら、下記の記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事

アコギ用ピック おすすめランキング ベスト10を解説【プロアーティスト使用ピックも紹介】