Cコードの押さえ方。キレイに弾くポイントや良く使うコードフォームを解説

Cコードを押さえているところ

ぎたすけ

Cコードって一番簡単なコードだよな?

たけしゃん

そうだね。この記事では基本的な押さえ方から、実戦的な使い方までCを掘り下げて解説するよ

本記事はCコードについて、初歩的な部分の解説から掘り下げた実践的な解説までを網羅していきます。

読み飛ばしガイドを用意しているので、あなたが必要な部分を選んでください。

飛ばし読みガイド

Cコードの押さえ方

Cコードの説明資料

Cの音

ピアノでもギターでも、最も基礎的なコードとして最初に習うコードがCです。

比較的楽に押さえられるので、ギターでも最初はCコードから入るのが定番ですね。

 

実際にギターでCを押さえると、このようなフォームになります。

Cコードを押さえているところ

ポイントとしては指をしっかり立てて押さえることです。

 

指が寝ていると、関係のない弦にも触れて音が鳴らなくなってしまいます。

Cコードを弾くときは指を立てよう

よくあるのは中指が3弦に触れてしまうこと、または人差し指が1弦に触れてしまうことです。

5本の弦が綺麗になるように指を立てることを意識しましょう。

 

また、6弦は鳴らしません。

6弦が鳴ってしまうと最も低い音がミになってしまい、コードネームがC/Eに変わってしまいます。

 

ピッキングするときに6弦は鳴らさないようにしますが、ジャカジャカ弾くと鳴ってしまいます。

その場合は親指を軽く6弦に触れて音が鳴らないようにしましょう。

Cコードを弾くときは親指で6弦をミュートする

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

ぎたすけ

基本的なコードって言っても気を付けることが意外と多いな

たけしゃん

そうかもね。形を手に覚えさせることが重要だね

次章からは中級者向けにCを掘り下げていくよ

色んなCコードを知ろう

アコースティックギター

さて、本章ではCコードを掘り下げて実用的なコードフォームを解説していきます。

 

まず、よく使用するCのコードフォームは下記の3つです。

Cコードの良く用いるコードフォーム

演奏内容によって使い分けます。

小刻みなミュートを絡めたカッティングではバレーコードの方が便利なので、パターン②やパターン③を用います。

 

また、ベース音を強く出したい時は6弦がルートになっているパターン③が便利ですね。

 

演奏内容以外でも前後のコードからコードチェンジの負担を減らすためにパターン①②③を使い分けることも多いですね。

プロアーティストが良く使うコードフォーム

プロアーティストが良く使うCのコードフォーム

プロアーティストがローコードのCを弾くときは、1弦3Fのソを加えたコードフォームを選択していることが多いです。

補足
僕がプロアーティストのライブをたくさん見てきた所感です

一般的なCに比べると、高音のソが加わることで音の煌びやかさが増します。

実際に聞き比べてみましょう。

一般的なCコード

1弦3Fを加えたCコード

構成音は一緒で、最も高い音がミからソに変わっているだけです。

結構、印象変わりますよね。

また、1弦3Fはキープしてトップ音は変えずにコードを変えていく…といったパターンもよくある手法ので使い勝手良いのはありますね。

 

まあ、どっちが良いというわけでもないので前後のコードやメロディとの兼ね合いを意識して使い分けましょう。

 

Cコード まとめ

打ち合わせ

  • Cコードはド・ミ・ソを重ねた和音
  • 指をしっかり立てて押さえないと開放弦が鳴らないので気を付けよう
  • 奏法に合わせて、複数のコードフォームを使い分けよう

ぎたすけ

基本的なコードだけど、やっぱ上手い人は色んなコードフォームを使うんだな

たけしゃん

そうだね。コードチェンジや音色とかを考えて使い分けるだけで、グッと洗練された感じが出るからね

Cコードについての解説でした。

初心者が最初に覚えるコード No.1と言ってもいいほどの基本コードです。

 

そして、ギターの腕が上達してもお世話になることが本当に多いコードでもあります。

まずは基本形をしっかりモノにして、そこから発展形を活用していくようにしましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説