あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

ギターのチューニング方法を基礎から解説【わかりやすい図解・音声付き】

クリップチューナー

ぎたすけ

どの弦がどの音なのか…とか中々覚えられないんだよなぁ

たけしゃん

そのへん慣れだよ。手順を説明するから何回か一緒にやってみよう

ギターのチューニング方法

gibsonのヘッド

ギター演奏には欠かせない作業であるチューニング。

気持ちよく演奏するためにも、耳を良くするためにも、日頃から正しい音程で練習したいものです。

 

チューニングはギターヘッドについているペグを回すことで音程を変化させて調整を行います。

ギターのペグ

ギターのペグは各弦ごとについており、ギターは全6弦なのでペグも6個ついてます。

各弦のギターペグ

そして、最初は混乱してしまうのがペグを回す方向です。

 

左側の4弦~6弦のギターペグは時計回りで音程が下がり、反時計回りで音程が上がります。

4弦~6弦のギターペグを回す方向と変化する音程

対して、右側の1弦~3弦は逆になります。

1弦~3弦は時計回りで音程が上がり、反時計回りで音程が下がります。

1弦~3弦のギターペグを回す方向と変化する音

ペグを回すと音程が上がる場合はしめる感覚で、音程が下がる場合はゆるめる感覚があるので覚えなくても回してみればわかります。

弦を張り変える時に逆方向に調整しないように気を付けましょう。

各弦の音程

フレットをどこも抑えずに弦を鳴らすことを開放弦と呼びます。

開放弦の鳴らし方

チューニングは主に開放弦を用いて合わせていきます。

 

レギュラーチューニングで、各弦の開放弦の鳴る音は以下の通り。

レギュラーチューニングの各弦の音

  • 6弦…E(ミ)
  • 5弦…A(ラ)
  • 4弦…D(レ)
  • 3弦…G(ソ)
  • 2弦…B(シ)
  • 1弦…E(ミ)

そして、ギター用のクリップチューナーをつけて音を鳴らすとディスプレイに音程に合った英字が表示されます。

YAMAHA-YCT5 緑表示

※6弦の開放弦を鳴らすとEが鳴っている

なので、各弦の開放弦を鳴らした時に、チューナーのディスプレイに下記の英字が表示されるよう調整していきます。

レギュラーチューニングの各弦の音

参考までにピッタリ合った時の各弦の音をサンプルで聞いてみましょう。

6弦(E)

5弦(A)

4弦(D)

3弦(G)

2弦(B)

1弦(E)

弦交換してすぐのチューニングでは1オクターブ異なる音程で合わせることがないように気を付けましょう。

 

各弦をチューニングしてみよう

手順1
文字を合わせる
音を鳴らした時にチューナー画面が各弦に対応する文字になるようペグを回して音程を合わせる

チューナーディスプレイを見て、各弦に対応する文字に音程を合わせる

手順2
縦線が中央になるよう調整
ディスプレイの縦線が中央にくるようにペグを回して音程を合わせる

チューナーディスプレイの縦線が中央にくるように音程を合わせる

音程に合わせて、ペグを回す方向は下記の通りでしたね。

4弦~6弦のギターペグを回す方向と変化する音程

1弦~3弦のギターペグを回す方向と変化する音

各弦の音程を合わせたら、最終チェックでもう一度全弦の音程を確認します。

1つの弦のチューニングが変わると他の弦のチューニング状態にも影響するためです。

 

なお、チューニングの順番は6弦から順番に行い、最後に1弦をチューニングしましょう。

低音弦のほうが他の弦のチューニングへ大きく影響するため、初めにチューニングしてしまったほうが効率がよいためです。

 

カポタストを付けた場合のチューニング

カポタストをつけると開放弦の音程が変化するため、各弦に対応する文字も変わってきます。

チューニングの方法としては2パターンあります。

  1. チューニングしたあとにカポタストをつける
  2. カポタストをつけて対応する音程でチューニングする

①でもOKですが、理想を言うと②です。

カポタストをつけるとチューニングが若干狂うからです。

 

そして、カポタストの位置別の開放弦を一覧化した表がこちら。

カポタスト チューニング早見表

 

基本的なチューニングについての解説は以上です。

慣れてきたら、チューナーがなくてもチューニングできる方法も勉強しましょう。

チューナーなしでギターをチューニングする方法を分かりやすく図解で解説