アコギ 各部の名称をパーツ毎の役割と合わせて解説

アコースティックギターの各部

ぎたすけ

よーし、ギターを買ったし、早速練習するぞー!

たけしゃん

いいね。その前にギターの各パーツの名称を覚えようよ。

解説でもパーツの名称は良く出てくるから大事だよ

まずは良く出てくるアコースティックギターのパーツを写真で一覧化してみました。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

ギターヘッド ペグ ネック フレット サウンドホール ピックガード サドル ブリッジ ボディ エンドピン

頭から読むもよし、必要なパーツだけ確認するもよし。

本記事をブックマークして忘れたら確認しましょう。

ギターヘッド

アコギのヘッド部分のパーツ名称

ギターの先端部分をヘッド(ギターヘッド)と呼びます。

ギターヘッドにはギターメーカーのロゴが刻まれるのが一般的。

 

ギターヘッドの中にもパーツが組み込まれており、その各パーツを解説していきます。

項目タップで解説に飛びます

ペグ

各弦のギターペグ

ギターの弦を巻きつける道具です。

ペグを回して弦の張力を上げ下げすることでチューニングを行います。

 

弦の数だけペグの数が用意されるため、例えばギターであれば6弦なので6つ存在します。

ベースであれば、4弦なの4つ存在するわけですね。

 

アコースティックギターでは左右に3つずつ並ぶ、3連ペグが一般的です。

ギターヘッド

対して、エレキギターでは左側に6つのペグが並ぶ、6連ペグが一般的になっています。

Fenderのギターヘッド

トラスロッドカバー

トラスロッドカバー

トラスロッドとはギターのネックに組み込まれている鉄の棒のことです。

トラスロッドにはナットがついていて、ナットの絞め具合でネックの反りを修正する機能があります。

 

そして、そのトラスロッドナットにアクセスするための場所がトラスロッドカバーです。

トラスロッドカバー

なお、ギターヘッドにトラスロッドカバーがついていないメーカーもあります。

その場合はサウンドホール側にトラスロッドナットを回す部分があります。

Martinのトラスロッドの位置

下手にナットをいじるとネックに悪影響が出るので、大事なギターなら専門家に任せましょう。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

ネック

ギターネックのパーツ名称

ネックはギターの細く長い部分のこと。

ネックの表部分は指で弦を押さえるパーツであることから、指板やフィンガーボードとも呼ばれます。

指板の説明

ネック部分にも様々なパーツがあるので、1つずつ掘り下げて解説していきましょう。

項目タップで解説に飛びます

ナット

ギターのナット

ナットはヘッドとネックのつなぎ目にある、弦を支えているパーツ。

弦を押さえるための溝が作られており、パーツの材質や溝の深さは音質や演奏面に大きく影響します。

ポジションマーク

アコギのポジションマーク

指板の特定フレットに入っているマークをポジションマークと呼びます。

よくあるパターンは3・5・7・9・12フレットにマークがあるタイプです。

 

高価なギターだとポジションマークがおしゃれなものもあります。

Taylor 814ceのネック

※Taylor 814ceのネック

また、安価なギターだと指板上にはポジションマークがないものが多いです。

Martin DX1のネック

※Martin DX1のネック

ただ、どのギターでもネックのサイドにはポジションマークがあります。

ギターのネック側面

ネック側面のポジションマークも3・5・7・9・12フレットが一般的で側面にポジションマークがあれば、演奏で困ることはないですね。

 

ちなみにスタジオやライブハウスのギターを借りると使い倒されていて、ポジションマークが消えてることが多いです。

初心者、初中級者くらいのうちは借りるよりは自分のギター持ってくのが安定ですよ。

フレット

アコギのフレット部分

指板に打ち込まれた金属の棒をフレットと呼びます。

ナット側から1フレット、2フレット…と呼ばれて、押さえるフレットの数字が1つあがるごとに音程が半音上がります。

 

また、ギターボディとの付け根部分をジョイントと呼びます。

現代のアコギで一般的なのは14フレット目がジョイント部分となる14フレットジョイントです。

アコギのジョイント部分

昔のMartinギターは12フレットジョイントが一般的だったので、今でも12フレットジョイント仕様のアコギも結構あります。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

 

サウンドホール

アコギのサウンドホール

ボディ内部の振動音を外に出すための穴がサウンドホールです。

 

エレアコだとピックアップのコントロール装置(プリアンプ)がサウンドホールについていることも多いですね。

Anthem

※L.R.Baggs Anthemを付けたエレアコ

他にもサウンドホールに橋を架けるようにピックアップを取り付けるパターンもあります。

L.R.Baggs M-1を取付けたGibson ハミングバード

※L.R.Baggs M-1を付けたエレアコ

ボディ内部で作られる箱鳴りした音は心地よい響きになるので、サウンドホールはアコギの大きな特徴でもありますね。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

ピックガード

アコギのピックガード

サウンドホール横についているプラスチック製のものがピックガード。

ピックでギターを弾いたときに本体を傷つけないように取り付けられているものです。

 

長年、弾き込んでるとピックガードが大きく傷ついてきますので、ピックガードの役割は実は大きいんです。

 

また、ピックガードの形や色合いはギターのルックスに大きく影響します。

わざわざ好みのものに変える人もいるくらいです。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

 

ブリッジ

アコギのブリッジ

サウンドホール下にあって弦の終着点になるのがブリッジ。

弦の振動をボディに伝える大事なパーツであり、音の質にも大きく影響します。

 

また、ブリッジ部分にはいくつかのパーツがあって、やはり音質・演奏性に大きく影響します。

項目タップで解説に飛びます

サドル

アコギのサドル

ブリッジの中央に位置する細長い棒がサドルです。

ナットから伸びてきた弦を支える役割を担っています。

 

サドルの高さや溝の深さで弦の高さ(弦高)が変わるため、演奏性において重要なパーツです。

また、材質はプラスチック、牛骨、TASQ、セラミック、カーボン、象牙など色んなものが存在します。

有名ギターなどで一般的に用いられるのは牛骨です。

ブリッジピン

アコギのブリッジピン

弦を固定するためのパーツがブリッジピンです。

弦の数だけ用意されるので、アコギなら6つとなります。

 

弦交換をするときに取り外しする必要がありますが、素手で外すのは厳しいので専用の工具を使いましょう。

弦交換に必要な工具が一体化している、ダダリオのPro-Winder DP0002がおすすめです。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

ボディ

アコギのボディ

弦の音を増幅させる、アコースティックギターの心臓部分がボディです。

ギターのボディはトップ、サイド、バックの3部位に分かれます。

アコギのトップ(表板)

Gibson J-45

アコギのサイド(側板)

アコギのサイド

アコギのバック(裏板)

J-45 背面

サイドとバックは基本的に同じ木材が使用されるため、商品紹介ではトップとサイド&バックという表記で木材が紹介されます。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

ネックヒール

アコギのネックヒール

バック(裏板)でネックとボディが接続されている部分です。

 

ネックヒール部分にストラップピンが取付けされているギターもあります。

ネックヒールのストラップピン

ネックヒール部分のストラップピンは標準ではついていないアコギが多いです。

その場合は後から増設するか、ストラップ先端をナット上あたりに紐で縛って固定します。

 

2000年以降はネックヒールにストラップピンを付けるアーティストが圧倒的に多くなったので、最近発売されたアコギでは標準で付いているものも割とあります。

 

例えば、プロアマ問わずに人気のTaylorは標準でネックヒールにストラップピンが付いています。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

エンドピン

アコギのエンドピン

アコースティックギターの最下部についているピンがエンドピンです。

ストラップを取付けするためのパーツです。

 

なお、エレアコではエンドピンを取り外して、穴を開けた上でケーブルの接続ジャックに取り換えるパターンが多いです。

ピックアップとの接続口になるエンドピン

接続ジャックになっても、ストラップを取付けするパーツとして機能します。

名称タップで解説に飛びます

アコースティックギターの各部

前の記事

アコースティックギターアコギをはじめるのに必要なもの

次の記事

ギターの持ち方を覚えよう!アコギの構え方を画像で解説