あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

アコギをはじめるのに必要なもの

アコースティックギター

ぎたすけ

あれ?ギターだけあってもダメなの?

たけしゃん

弦とかピックとかは必要だよね。

本記事では必ず必要なものと、あったら便利なものにわけて解説していくよ

飛ばし読みガイド

アコギをはじめるのに必要なもの

項目タップで解説に飛びます

ぎたすけ

え、意外と色々必要なんだな

たけしゃん

まあ、頻繁に買うのは弦くらいだから一度買っちゃえば当面は困らないよ

アコースティックギター

まずはアコースティックギター本体です。

初心者向けのアコギの相場は3万円。

大手メーカーの初心者用ギターが多数出ている価格帯です。

 

1万円のアコギなども多く出てますが、耐久性や品質で安心できるのはやはり大手メーカーの製品です。

特にYAMAHAは昔から初心者用ギターのメーカーとして信頼度も高いです。

 

僕のおすすめはYAMAHA FG830。

3.5万円程度で質もよく、癖もないので最初に買うギターとして最適な製品です。

関連記事

初心者が最初に買うアコギに最適!YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビューする

YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビュー。初心者が最初に買うアコギに最適!

アコギ弦

ギターに必ず必要な消耗品、アコギ弦。

初心者のうちはピッキングの加減ができず、弦を切ってしまいがちなので予備も含めて3パック程度は常備しておきましょう。

 

太さについてはLIGHTが一般的で使用者も圧倒的に多いです。

ただ、ギターを始めたては弦を押さえてると指が痛くなりがち。

なので細めのExtra Lightを買って、慣れてきたらLIGHTにしてみるのが安定ですね。

Extra Light

LIGHT

ピック

ギターを弾く際に大事になってくるのがピック。

アコースティックギターでは、おにぎり型のトライアングルという形のピックがよく用いられます。

 

また、ピッキングの強さが不安定な初心者には摩擦が少ないポリアセタールが扱いやすいです。

ピックはすぐに紛失してしまいがちなので、ピックケースも買っておくとよいでしょう。

ピック

ピックケース

チューナー

ギターのチューニングを合わせるのに必須な道具がチューナー。

アコギでは主にギターヘッドに取付けして使える、クリップチューナーを使います。

 

初心者にはシンプルで直感的に操作できるKORG Pitchiclip2がおすすめです。

カポタスト

キーを移調するための道具でアコギ弾きには欠かせないアイテムです。

ネットのコードサイトでもカポタストの位置が指定されていることは多いため、何か曲を弾こうとすると高確率で必要になります。

 

おすすめは着脱が簡単で見た目もスタイリッシュな定番製品 SHUBB C-1。

取付けがワンタッチで力も要らないので楽です。

スクリュータイプのカポタストの付け方

ギタークロス

ギター本体を拭くのに使用するギタークロス。

普通の布巾を使用すると、ギター本体に傷がつくことがあります。

 

そのため、目が細かくソフトなギタークロスを使って拭くようにしましょう。

ポリッシュをつけて拭く用と乾拭き用で2枚持っておくと良いです。

ポリッシュ
頑固な汚れなどを落とすワックスのようなもの。ギターの塗装に影響がないギター用製品を使おう

ギタークロス

ポリッシュ

工具(弦交換で使う)

  • ニッパー(弦を切る)
  • ピンプラー

 

ピンプラーはアコギのピンを抜くための物です。

弦の張力が強すぎて素手で抜くのは相当厳しい上にピンが傷つくので、ピンプラーは必須です。

 

おすすめはワインダー、ニッパー、ピンプラーが一体化されている工具Pro-Winder DP0002です。

なお、ワインダーはペグを楽に回せる道具です。

僕は中学生の頃、ピンプラーを使わずに弦交換を繰り返してたらピンが爪跡でボロボロになって交換したことがあります(苦笑)。

無理せずに買っといたほうが良いです。

 

アコギをはじめるのにあったら便利なもの

項目タップで解説に飛びます

ギターケース

アコギを買うと、基本的には付属でギターケースがついています。

ただ、安価なギターについているソフトケースは衝撃からギターを守るクッションがほとんど入ってません。

 

そのため、外部に持ち歩く場合はクッション入りのギターケースを別で買ったほうが良いです。

たけしゃん

僕も付属のギターケースで自転車移動していたら、転んでギターに穴が空いた経験が…

ギタースタンド

ギターをかけておくためのスタンド。

必須ではないですが、ギターを気軽に弾ける環境を作るには欠かせないアイテムです。

 

毎回、出し入れが必要だと自然とギターに触る回数が減ってしまうもの。

かといってスタンドなく置いてくおくと倒れたりして危険なので、できるだけスタンドは購入することをおすすめします。

譜面台

ギターの練習をするために譜面や教則本を置いておくための台です。

今ならスマホやタブレットを置いて使うことが多いですね。

 

自立するタイプの譜面台の他に、卓上で使うための小型の譜面台もあります。

折り畳みも楽だし、小さいので部屋に置きやすいので卓上型がおすすめですね。

僕も自宅ではもっぱら卓上型の譜面台を使ってます。

 

譜面台にはページがめくれないよう固定できる某が付いていたりと思った以上に便利です。

練習も捗るので、卓上型は1台持っておくと良いですね。

卓上型譜面台

普通の譜面台

ワインダー

弦交換する際にペグを高速に回せる道具。

僕も高校生くらいまでは手動でペグ回してましたが、ワインダーを使うと弦交換の時間をグッと短縮できて便利です。

 

弦交換に必要なピンプラーやニッパーなどと一体化している、Pro-Winder DP0002がおすすめです。

既にピンプラー、ニッパーはあるという人は単独でワインダーだけ買いましょう。

ワインダー

Pro-Winder DP0002

ギター初心者セットという選択肢もある

ギター初心者セットとはアコギ本体に加えて、必要となるアイテムを一通りまとめたセット商品のこと。

 

大手であるイシバシ楽器が販売している初心者セットを例に出すと下記のアイテムが入っています。

  • アコギ本体(YAMAHA FG800)
  • ソフトケース(YAMAHA FG800の付属)
  • ストラップ
  • クリップチューナー
  • ピック 3枚
  • ピックケース
  • アコギ弦 1セット
  • ギタークロス
  • ワインダー
  • ギタースタンド
  • カポタスト
  • 教則DVD
  • ギターコード表

初心者セットのメリットは単品で買うより、安く購入できることです。

逆にデメリットは単品で買うよりは商品の質がやや劣ることですね。

 

また、必要ないアイテムが付いていたりもします。

教則本を本サイトでまかなって省略すれば、単品買いしても値段は大差ありません。

 

とはいえ、まとめて買えるのは楽なので選択肢の1つに入れるのもよいでしょう。

詳しく知りたい人は初心者セットと単品買いを比較した記事を参照ください。

アコギに使うアイテムアコギ初心者セットはほんとにお得なのか? 単品で買った場合と比較検証してみた