あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

マランツプロ MPM-1000をレビュー。6,000円程度で十分に使えるコンデンサーマイク

MPM-1000 正面

ぎたすけ

前にも激安コンデンサーマイク買って外れだったってレビューなかったっけ?

たけしゃん

いやそれが、MPM-1000は普通に使えるレベルなのよ。

付属品も充実してて激安マイクの決定版と言ってもいいね

飛ばし読みガイド

マランツプロ MPM-1000

MPM-1000 正面

  • 6,000円程度で買える激安コンデンサーマイク
  • 通常のXLRタイプの他にUSBタイプもある
  • 音質も良好でデモ製作やYouTube動画、ライブ配信で使える

1万円を切る激安コンデンサーマイクの中でも人気の高い、マランツプロ MPM-1000。

しっかりした音質、充実の付属品で実売価格が6,000円程度と人気なのも納得な商品です。

 

本記事では実際にYouTube用の弾き語り動画を録ってみた所感を基にレビューしていきます。

それでは、まずはMPM-1000の仕様や付属品を解説していきます。

商品仕様は良いのでレビューから読みたいという方は<MPM-1000 レビュー>の章を参照ください。

商品仕様の目次(タップで飛びます)

MPM-1000の基本性能

  • 単一指向性
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • S/N比:77dB
  • 最大入力音圧レベル 136dB
  • 重量 約300g

まあ、コンデンサーマイクでは良くある感じの性能ですね。

特に言うこともないレベルです。

 

指向性は単一指向性のみに対応しています。

正面からの音だけを拾うタイプですね。

MPM-1000の指向性

音楽用途では単一指向性しかほとんど使わないので、特に問題ないですね。

大きさ・重量

MPM-1000とAT2020を並べてみた

※audio technica  AT2020と並べてみた

MPM-1000の大きさ・重量

  • 長さ:165mm、直径:48mm
  • 重量:300g

大きさ、重量的にはコンデンサーマイクの中では平均的。

程々の大きさで重量は軽いので、自宅利用で使いやすいサイズ感になっています。

 

僕の自宅にあるマイクスタンドで使用テストをした結果はどれでもOKでした。

ただ、付属のマイクスタンドは音楽用途で使うには役不足なので別売りのものを買ったほうがいいです。

詳しくはこの後の<MPM-1000 付属品>を参照ください。

MPM-1000 付属品

MPM-1000 本体と付属品を上から摂った画像

  • ショックマウント
  • ポップガード
  • マイクスタンド
  • マイクケーブル

ただでさえ、激安商品なのですが付属品が充実しています。

どれも、レコーディングするのに必要なアイテムなので付属しているのは嬉しいですね。

 

ただ、重要なのは使えるかどうかなわけです。

音楽用途では厳しいものもあるので一品ずつを簡単に解説していきます。

ショックマウント

MPM-1000 ショックマウント

マイクスタンドと接続してマイクを支えるアイテムです。

主にスタンドマウントとショックマウントの2種類が存在しますが、ショックマウントはマイクを吊り下げるタイプ。

MPM-1000 正面

床からの振動がマイクに伝わりにくく、ノイズの発生を防止してくれます。

低価格のマイクだと大抵がスタンドマウントなのですが、ショックマウントが付いているのは嬉しいですね。

マイクスタンドとスタンドマウント

※スタンドマウント

プラスチック製で安い感じは出てますが、機能はちゃんと果たしてくれるのでまずまずです。

ただ、落とすと割と簡単に歪みます。取り扱いは丁寧に行いましょう…。

ポップガード

MPM-1000 ポップガード

マイクに被せて使うタイプのものが付属しています。

マイクに被せるとこんな感じ。

MPM-1000 ポップガード装着

肝心の効果は、まあ…ギリギリ許容範囲かなというレベルです。

 

普通のポップガードに比べて、効果は明らかに薄いです。

※普通のポップガード

ただ、フカレをそこそこ防いでくれます。

フカレ
風や息の音でボッというノイズが入ってしまうこと

歌録りで使ってみた感じは大人しめの楽曲はいけます。

ロック調な楽曲でアタック感を強く出す人は付属品じゃ無理なので、普通のポップガードを買いましょう。

 

結局マイクスタンドも別で買ったほうがいいので、歌ってみたをやる人はマイクアームとポップガードセット売りの商品を買っちゃうのが安定です。

ポップガード(単品)

マイクアームとセット

マイクスタンド

MPM-1000 付属マイクスタンド

卓上型で自立するマイクスタンドが付属されています。

 

ショックマウントと組み合わせてマイクを接続すると、こんな感じ。

MPM-1000を付属マイクスタンドに取り付けた

ただ、マイクスタンドはほんとにオマケ程度の物です。

マイクの重さをギリギリ支えてる感じで自立するにも不安定。

 

また、マイクの角度の調整幅もほとんどないので歌録りやアコギ録りで使うのは相当厳しいです。

 

なので、音楽用途で使用するならマイクスタンドは別で買いましょう。

机を使ってる人はマイクアームが使いやすくておすすめです。

机を使ってない人はライブハウスなどでよく見るブームスタンドを買いましょう。

マイクアーム(ポップガードセット)

マイクアーム(単品)

ブームスタンド

マイクケーブル

MPM-1000 付属マイクケーブル

MPM-1000はXLR オス-メス端子のマイク用ケーブルが1本付属します。

普通に使えて、音質も特に可もなく不可もなし。

 

長さは記載されていませんが、ザックリ測ったところ2mでした。

自宅利用であれば、2mあれば十分なので普通にこのまま利用できますね。

USBタイプのMPM1000Uもある

MPM-1000U 正面

MPM-1000は音楽用途で一般的なXLR端子で接続するマイク。

対して、同じようなスペックでUSB接続が可能なMPM1000Uも販売されています。

 

USBタイプとXLRタイプのどちらを買うか迷っている人はこんな感じの切り分けがおすすめ。

  • 歌ってみた動画など音楽制作がメイン…MPM-1000(XLR)
  • ゲーム実況やライブ配信のみ…MPM1000U(USB)

XLRタイプの場合はオーディオインターフェイスが必要となりますが、音楽メインの方は迷わず「MPM-1000(XLR)+ オーディオインターフェイス」にすべきです。

 

音楽用途だとオケを流しながら歌ったり、リアルタイムでエフェクトをかけたりとオーディオインターフェイスがないと厳しい場面が多いです。

 

対して、ゲーム実況や雑談だと対した処理は必要ない上にゲーム機と直接接続できるUSBタイプの方が便利ですね。

自身の使用用途に合わせて商品を選択しましょう。

MPM1000U(USB)

MPM1000(XLR)

マランツプロ MPM-1000をレビュー

MPM-1000 本体

それでは、MPM-1000をレビューしていきます。

はじめに総評すると「歌ってみた、ライブ配信はこれで十分」です。

 

1万円未満でこの音質はすげぇな…と素直に驚きました。

仕事で使う人はさすがにもっと上の機種を買うべきですが、趣味でやってる人は必要十分ですね。

レビューの目次(タップで飛びます)

音質はフラットで使いやすい

MPM-1000 斜めから撮った画像

6,000円程度ですが、音質は十分使えるレベルです。

実際にボーカルとアコギをMPM-1000で録った動画がこちら。

MEMO
ボーカル・アコギをそれぞれMPM-1000で録ってます

録り音はフラットで特に耳につく音域もありませんでした。

繊細な声の表現が重要になる楽曲ですが、問題なく聴けるレベルで録れてます。

 

中音域はもっと欲しいなぁと思ったりもしますが、6,000円であることを考えるとすげぇ…としか思わなくなります(笑)。

 

まあ、YouTubeやライブ配信でここまでの音質を出せてれば、確実に平均以上。

後は実力やキャラクターの戦いって感じはしますね。

 

コンデンサーマイクの最初の1本としては価格や品質的に文句ない製品です。

造りがやや安っぽい

MPM-1000を付属マイクスタンドに取り付けた

安いので仕方ないですが、部品とかの造りがややチャチな感じを受けます。

見栄えはそれなりに良いですがネジとか接続部分のプラスチックとか安っぽさが出てます。

 

付属品も同様にやっぱり安っぽいです。まあ、安いので当然なんですけど。

耐久性に難あり…とまでは言えないですが、頑丈ではなさそうです。取り扱いは丁寧に行いましょう。

マイクケースは付属しない

付属品にマイクケースはありません。

日頃の保管や持ち歩きにはジップロックに乾燥剤を入れて使うのが良いでしょう。

ジップロックに入れたMPM-1000

※ジップロックに入れたMPM-1000

マイクスタンドとか良いからマイクケースを付属にしてほしかったですねぇ…。

 

ジップロックと乾燥剤で保管する環境は問題ないですが、ジップロックはケースと違って衝撃には無力なので取り扱いは気を付けましょう。

ジップロック

乾燥剤

自宅での使いまわしは楽

MPM-1000と付属品

マイク本体のサイズ感・重量が使いやすいです。

マイクスタンドはほとんどの商品で問題ないですし、大きさ的にも邪魔になりません。

 

付属品は使い辛いものもあるものの、ショックマウント・マイクケーブルは普通に使えます。

 

エントリーモデルの他の商品と比べて、初心者が買うにはちょうどいい使いやすさになってるところはポイントが高いです。

 

角度を付けてもマイクアームで問題なく支えられる重量なので、マイキングも楽です。

特にアコギを録る時はマイクの位置や角度が重要なのでマイク本体が軽いのはかなり重要なんですよね。

 

僕はマイクアームを使って調節して録ってます。

付属のスタンドだとマイキングが苦しいので、マイクアームかブームスタンドのどちらかは買っといたほうが良いです。

マイクアーム(ポップガードセット)

マイクアーム(単品)

ブームスタンド

MPM1000(XLR)

 

AT2020とMPM-1000の比較

MPM-1000とAT2020を並べてみた

MPM-1000の競合機種というと、やはり低価格マイクの定番であるaudio technica  AT2020

僕は両方持ってますが、結論から言うと下記の切り分けがおすすめ。

  • 数年後には良いマイクに買い替える…MPM-1000
  • 買替予定なく、長く使うつもり…AT2020

重要な音質面ですが、そこそこ差があるものの大した差ではないとも言えます。

試しにアコギを録った音を比べてみましょう。

MPM-1000

AT2020

AT2020のほうがスッキリしていて、音像も近い感じを受けます。

歌録りしてても、僕はAT2020の方がスッキリと近い感じの音になるので好きですね。

 

ただ、まあ微妙な差なんですよね。

本格的なレコーディングならともかく、YouTubeとかライブ配信だとこの程度の差は全然わかんなくなっちゃいますからね。

AT2020やMPM-1000だと用途的にYouTubeやライブ配信が主なので音質差は全然でないです。

 

対して、MPM-1000とAT2020で差が出てると感じるのは造りの部分です。

価格的にも4,000円くらいAT2020のほうが高い代わりに下記の2点が優れてます。

  1. 本体も付属品も造りが結構しっかりしてる
  2. 専用のマイクケースが付属

マイクケース

※AT2020のマイクケース

なので、長期的に使うならAT2020のほうが耐久性は期待できます。

 

続いて、スペック・価格を比較してみましょう。

  MPM-1000 AT2020
指向性 単一のみ 単一のみ
周波数 20Hz〜20kHz 20Hz〜20kHz
S/N比 77dB 71dB
最大入力レベル 136dB 144dB
重量 約300g 約345g
実売価格 約6,000円 約1万円

S/N比(高いほどノイズが少ない)がMPM-1000のほうがやや上で、最大入力レベルがAT2020のほうが上。

ただ、この2つについては歌録り、アコギ録りならどちらも問題ないレベルです。

 

なので、やはり価格重視ならMPM-1000、長い目で見るならAT2020という選択の分け方が適切です。

自身の活動が軌道に乗ってきたら良いマイクに買い替えようと思ってるなら、MPM-1000で十分ですね。

 

また、オーディオインターフェイスも必要なので予算を何にどれくらい回すかは悩みどころ。

オーディオインターフェイスのほうが商品選定でやれることが決まっちゃうので、マイクより優先的に予算を回したいところです。

 

よって、マイクはMPM-1000にしておいて、オーディオインターフェイスにその分予算を回すのも有効な選択です。

MPM1000(XLR)

AT2020

 

MPM-1000におすすめのオーディオインターフェイス

MPM-1000におすすめのオーディオインターフェイスはYAMAHA AG03です。

歌枠のライブ配信で役立つ、ループバック機能や内蔵エフェクトを備えた人気機種ですね。

 

ちなみに音質レビューで録った弾き語り動画はMPM-1000&AG03という組み合わせでした。

マイクとオーディオインターフェイス合わせて2万程度で、これだけ良い音で録れちゃうってすごいよね。

 

なお、歌ってみたや弾いてみたをやるだけなら、Steinberg UR12のほうが安く済みます。

AG03はUR12にライブ配信で役立つ機能をプラスした機種です。

 

なので、あなたの用途に合わせて下記のように選択を変えましょう。

  • 歌ってみた中心でライブ配信はあまりやらない…UR12
  • 歌ってみた・ライブ配信の両方をやる…AG03

昨今はライブ配信の重要性が年々増してるので、AG03を買っといたほうが将来的に役立つことは多いですね。

AG03

UR12

 

マランツプロ MPM-1000 まとめ

ノートとコーヒー

  • 6,000円程度で買える 実用的なコンデンサーマイク
  • 付属品は充実してるが、別売りで買ったほうがよいものもある
  • YouTubeやライブ配信にはもってこいの低価格マイク

ぎたすけ

おぉ、6,000円くらいなのに使えるって結論だったな

たけしゃん

そうだね。全然使えるね。

自宅での配信や演奏動画を制作するにはビッタリだよ

マランツプロ MPM-1000のレビューでした。

レビューで色んなコンデンサーマイクを試してますが、1万円未満でここまで良い出来なのは他にないですね。

 

自身の音楽を発信する環境が低予算で揃えられるようになってますが、いよいよ6,000円のマイクでここまで良い音が録れるか…と驚きです。

 

オーディオインターフェイスのYAMAHA AG03と合わせても約2万円で環境が整います。

スマホ直撮りの音質とはレベルが違うので、頑張って発信環境を整えたい人はMPM-1000とYAMAHA AG03のセット購入まで頑張ると良いですよ。

MPM1000(XLR)

マイクアーム(ポップガードセット)

AG03

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2020年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルを実演動画付きで解説 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2020】初心者向けに選び方やポイントを解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説