あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー。11万円で3Wayピックアップ搭載のすごいエレアコ

YAMAHAギターを担ぐ人

評価:5

ぎたすけ

11万円で3Wayピックアップってすごいことなの?安いってこと?

たけしゃん

他のメーカーの同価格帯エレアコより、2ランクは上のピックアップだね。10万円近辺のエレアコはYAMAHAがほんとに強いね

飛ばし読みガイド

YAMAHA(ヤマハ) FSX3

2019年5月に発売された、YAMAHA FG / FS Red Labelの下位モデル YAMAHA FSX3

通称、赤ラベルという名前で昔から親しまれてきた、YAMAHA FG180などの系譜を受け継ぐモデルです。

 

ルックスは昔ながらですが、ブレイシングやピックアップなどは最新技術を盛り込んでいます。

もともと、10万円近辺のエレアコではYAMAHA AC3Mがプロアーティスト使用者も多く、強かったのですが更に強いのが出てきちゃったなと。

 

とにかく、このすごいやつをスペックから細かく解説していきます。

FSX3

FGX3

YAMAHA FG / FS Red Label

YAMAHA FG Red Lebel

YAMAHA FG/FS Red Lebelは5と3の2種類のグレードにボディサイズ(FG・FS)が2パターンの計4種類。

更に4種類それぞれにエレアコモデルがあるため、全部で8本存在します。

YAMAHA FG Red Lebel

どの製品も定価から-1万円前後が実売価格となっています。

今回、レビューするYAMAHA FSX3は実売価格で11万ジャストくらいで取り扱いされています。

ピックアップなしのYAMAHA FS3は実売価格8.2万円程度ですね。

 

上位モデルである「5シリーズ」との違いはこちら。

5シリーズ
  • 国内生産
  • ハードケース付属
  • 上駒・下駒枕が牛骨
3シリーズ
  • 中国生産
  • ライトケース付属
  • 上駒・下駒枕がユリア

トップ・サイド&バックの木材は一緒です。

なので、大きな違いは生産場所が日本か中国かくらいなものです。

 

やはり、音の質は「5シリーズ」のほうが上ですね。

「3シリーズ」は10~20万円くらいの海外メーカーのエントリーモデルと近しい音質です。

ボディのサイズ

ボディサイズの違い

YAMAHA FG/FS Red LebelはボディサイズはこれまでのFGシリーズと同様に2種類です。

 

YAMAHA FSX3はスモールサイズであるフォークタイプ。

大きなくびれが作られており、シュッとしたルックスです。

 

スモールボディですが音量はしっかりと出ており、低音はスッキリしてます。

音のレスポンスも良いため、フィンガースタイルや細かく刻むストロークなどのギタープレイと相性が良いです。

 

また、女性はフォークタイプのほうが抱えたときのサイズ感が合うため、昔からフォークタイプのほうが人気です。

YAMAHA AシリーズもスリムボディのAC3Mが人気だったので、同様に3シリーズではFSX3が一番人気になりそうです。

 

もう片方のFGはジャンボサイズ。ボディが大きいので低音が豊かで音量もしっかり出ます。

ジャカジャカと鳴らすと、聴き心地の良い響きが生まれて弾き語りにはピッタリのボディサイズです。

アルペジオでも、低音がドッシリと出て安定感あるプレイができます。

 

どちらを選んでも使いやすくて優良なギターなので、ルックス・音質の好みのギターを選ぶと良いでしょう。

木材

  • トップ:シトカ・スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー

YAMAHA FSX3はシトカ・スプルースとマホガニーを用いたオール単板ギターです。

11万円のエレアコでマホガニーを使ったオール単板はコスパが良いですね。

 

他メーカーの同価格帯だとマホガニーの代替材であるサペリのオール単板もしくはサイド&バックは合板のギターが中心です。

さすが、価格が安い上に品質が良いYAMAHAです。

 

…といっても音質や鳴り方は同価格帯のギターと大差ありません。

ですが、供給が減っているマホガニー単板なので、長年弾き込んだときの木の成長や価値の上昇など将来性は期待大です。

 

トップ材のシトカ・スプルースにはYAMAHA お得意のA.R.E.加工が施されています。

A.R.E.
YAMAHA独自の木材改質技術。長年弾き込まれたような豊かな鳴りを作り出す

ボディ内部のスキャロップドブレイシングも最新の音響解析シミュレーション技術を駆使して検討された造りになっています。

 

50年以上前に製造開始された伝統の赤ラベルではありますが、ギターを作る技術においては最新の技術を駆使していますね。

ピックアップ Atmosfeel™ (アトモスフィール)

FGX5のピックアップ

YAMAHA FG/FS Red Lebelの目玉が新しく開発された、「SYSTEM74(ハイブリッド3WAYシステム)Atmosfeel™」です。

アコギの生音を3つのシステムが拾う仕組みになっています。

3Wayピックアップ

  1. ピエゾセンサー(アンダーサドル)
  2. コンタクトセンサー
  3. マイク

この3つの方法で拾った音はプリアンプでミックスされて出力されます。

ボディ側面に3つのプリアンプコントローラーがあります。

Atmosfeelプリアンプ

あれ?この新しい3Wayピックアップシステム…ピックアップがとにかくすごいと評判のColeなんちゃらさんの3Wayピックアップシステムとそっくり…。

 

実際の使い勝手や音質もColeなんちゃらさんと同等で全ギターメーカーでトップレベルの素晴らしい音質です。

  1. 弾き語りではマイクの比率を上げてナチュラルな音質
  2. バンドではセンサーの比率を上げてハウリング防止&埋もれない音を作る

こういった場面別の最適な音作りが可能です。

 

そして、何がすごいって実売価格11万円のエレアコにこれだけのピックアップシステムが搭載されていることですよ。

10万円近辺のエレアコピックアップ

同価格帯の他メーカーのエレアコは大半がインブリッジピエゾ。

Coleなんちゃらさんのエレアコも最も安いモデルで17万円。

 

11万円で3Wayピックアップ搭載モデルが登場したのは革命と言えるくらいのインパクトです。

FSX3

FGX3

YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー

ギターを弾く男女

それでは、YAMAHA FSX3をレビューしていきます。

はじめに総評すると「10万円近辺のエレアコではイチオシ!抜群に使いやすいエレアコ」です。

 

同価格帯では生音も平均以上で優秀。ピックアップを通した音は間違いなく最高レベル。

これで、11万円だと文句のつけようがありません。

FSX3

FGX3

生音はバランス良くて使いやすい

サイド&バックにマホガニーを使ったオール単板ということで10万円近辺ではかなり高めのスペック。

なので、生音も同価格帯の中では優秀です。

 

箱鳴りは控えめですが、各帯域のバランスが良くストロークで鳴らすとジャキっとまとまった音が出ます。

ストロークでジャカジャカ鳴らすと心地よいです。

 

MartinやTaylorの10~20万円くらいのモデルと似たような音質です。

マホガニー単板なので、往年の赤ラベルと一緒で長年弾き込むことで音も成熟していきそうなのも魅力の1つですね。

ピックアップは最高

FGX5のピックアップ

新開発の3Wayピックアップは抜群に良いです。

マイクとセンサー(ピエゾ&コンタクト)との音量比率でマイクに全振りすると非常にナチュラルな音が出ます。

アコギらしい響きで弾き語りライブで使うにはもってこいです。

 

ただ、低音が膨らむ傾向があるのでBass EQでカットしましょう。

YAMAHA FGX5を試した時もマイクに全振りすると低音が膨らんでいたのでピックアップの性質なのかと思います。

 

そして、センサーに全振りしてもコンタクトセンサーのおかげかピエゾ臭が薄くて使いやすい音です。

Taylorのピックアップに近い感じでバランス良くまとまった音が出力されます。

バンドではセンサー比率高めにして使うと、ハウリング対策にもなり、音も埋もれにくくなるので有効です。

 

これまでのYAMAHA Aシリーズに採用されていたSRT2(ピエゾ&マイクシミュレーション)のシステムと比べると…

  • SRT2…マイクシミュレーション機能でピエゾ臭を薄めた音を出力可能
  • Atmosfeel™…マイクの自然な鳴り、ピエゾ臭薄めの音の2つを細かくブレンドして音作り可能

…と言った感じ。

SRT2も優秀ですが、Atmosfeel™はマイクが内蔵されているのでナチュラルな音作りではかないません。

バンドメインで使う分にはどちらでも良いかなと思いますが、弾き語りでも使うならAtmosfeel™のほうが断然良いと感じました。

渋いルックス

形状、色合い、インレイ、ギターヘッドと昔ながらの渋いルックスです。

派手さやおしゃれ感はないですが、逆にそこが魅力でもあります。

 

塗装の仕上げもセミグロス仕上げとなっており、ヴィンテージギターっぽい風合いです。

Taylorのような垢ぬけた感じのエレアコが好みの人には合いませんが、この渋さが好きな人はたくさんいそう。

 

ちなみに5シリーズと比べるとパーツがやや荒いです。

…といっても5シリーズが丁寧なだけで他メーカーと比較すれば、3シリーズが普通レベルのクオリティです。

FSX5との比較

※YAMAHA FSX5

比較してみると…

FSX5
  • 国内生産
  • ハードケース付属
  • 上駒・下駒枕が牛骨
  • 18万円程度
FSX3
  • 中国生産
  • ライトケース付属
  • 上駒・下駒枕がユリア
  • 11万円程度

見た目は全然変わっていません。使っている材もほとんど一緒ですしね。

ただ、音質は結構違っていてYAMAHA FSX5のほうが箱鳴りや音の膨らみはしっかりとしています。

 

「5シリーズ」は生音でも海外メーカーの有名ギターとも戦える音質になっています。

対して、「3シリーズ」の生音は海外メーカーのエントリーモデルと同じような音です。

 

予算が許すようならYAMAHA FSX5まで頑張ったほうが良いです。

価格が7万円上がりますが、それ以上の価値はあると感じました。

 

ただ、YAMAHA FSX3自体も本格的な音楽活動でも十分に活躍できるエレアコです。

なので、予算的に厳しい場合は無理する必要はありません。

FSX5

FGX5

同価格帯ギターとの比較

同価格帯で競合となりそうなのは…

このあたりでしょうか。

純粋に性能や使い勝手だけ考えると、文句なくYAMAHA FSX3と感じます。

やっぱり、ピックアップの出来が良いです。

 

その一方でルックスやネックを握った時の感覚など、人それぞれの好みはあるかなと。

Taylor 114ceは音質や性能では劣っている感はありますが、ルックスはカッコいいし、カッタウェイもありますしね。

※Taylor 114ce

音質や使い勝手で考えるとYAMAHA FSX3ですが、昔ながらの渋いルックスなどで好みが分かれるところがあります。

どの部分にウェイトを置くかを考えた上で検討すると良いでしょう。

 

ただ、同価格帯ギターと比べて生音、ピックアップの音質や使い勝手ではYAMAHA FSX3は本当に強いと感じます。

弾いていて、凄いエレアコが出てきたな…と驚きました。

FSX3

FGX3

YAMAHA(ヤマハ) FSX3 まとめ

コップと本

  • 長いときを経て発売された YAMAHA赤ラベルの新作ギター
  • 3Wayピックアップシステムが素晴らしいエレアコ
  • 10万円近辺のエレアコでここまで素晴らしいピックアップ搭載のギターは他にない

ぎたすけ

11万円だとプロを目指す学生さんとかに人気出そうだな

たけしゃん

そうだね。AC3Mが正にその立ち位置で人気だったから、FSX3もかなり人気が出る気はするよ

YAMAHA FSX3の解説でした。

プロアーティストを目指す、高校生・大学生にもってこいのエレアコという感じがします。

もちろん、赤ラベルの渋いルックスなので年配の方にもばっちりのギターです。

 

YAMAHA AC3Mを使っているプロアーティストの方もアマチュア時代から使ってた人が大半ですしね。

YAMAHA FSX3も同じように夢を追いかける人を支えるギターになりそうですねぇ。

 

2019年5月に発売されたばかりなので、これからどんどん使用者が増えていくことでしょう。

10万円くらいでギターを探している方はチェックしたほうが良いですよ!

FSX3

FGX3

ヤマハ(YAMAHA)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する ヤマハ(YAMAHA) アコギ・エレアコ おすすめランキングベスト10【初心者向けを中心に解説】 アコースティックギターアコギ おすすめランキング ベスト10を解説。初心者向けからプロ志向まで対応 エレアコを弾く男性エレアコ おすすめランキング ベスト10。メーカー別・価格帯別の特色やポイントを解説 アコギを弾く男性10万円以下 アコギ(エレアコ) おすすめランキング ベスト10を解説 アコースティックギターアコースティックギター解説記事 一覧