Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BMをレビュー。20万円以内では最高峰のエレアコ

ギターを弾く男性

ぎたすけ

Cole Clarkって最近使っている人がどんどん増えているよな

たけしゃん

エレアコとしての音質が素晴らしいからねぇ。しかも20万円以内で買えるのが大きいよね
この記事でわかること
  • Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BMについて
  • Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BMのレビュー
  • 同価格帯ギターとの比較

Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BM

Cole Clark / CCFL1EC-BM

最近、シンガーソングライターで使用者が増えているオーストラリアのギターメーカーCole Clarkのエントリーモデル Cole Clark CCFL1EC-BM

FLシリーズにはFL1~FL3まであってCCFL1EC-BMは最も下のランク。実売価格は17万円程度です。

 

アンプに繋いだときの音質がとにかく素晴らしいため、ライブギターとして活用される方が多いです。

昨年の弾き語りシンガーソングライターに特化したフェスであるSSW’18でも、Cole Clarkを使っているプロアーティストは数名いらっしゃいましたね。

Martin、Gibson、Taylorなどの名だたる有名ギターが並ぶ中で抜群の音質で実力を再確認させられました。

ボディの形状

コールクラークのボディサイズ

Cole Clark(コールクラーク)には2つのボディ形状がありますが、CCFL1EC-BMはFAT LADY(FC)です。

ドレッドノートに近い大きめなボディシェイプ。

音量もしっかりとあり、万能に使えるボディ形状ですね。

 

Cole Clarkは生音での箱鳴り感はいまひとつなので、迫力は欠けますが音のバランスは良いです。

木材

CCFL1EC-BM 背面

  • トップ:ブンヤ
  • サイド&バック:クィーンズランド・メイプル
  • ネック:クィーンズランド・メイプル

木材はオーストラリアで採れるブンヤとクィーンズランド・メイプルを使っています。

同じオーストラリアの老舗ギターメーカーMatonも活用している木材です。

 

…といっても、Matonはトップ材にシトカ・スプルースをメインに使っているのでブンヤといえばCole Clarkのイメージが強いですね。

 

そのブンヤの音質を定番のシトカ・スプルースと比べてみると…

  • 木が硬いため、音も硬め
  • 音質は明るい
  • 音のレスポンスは良い
  • 響きはシトカ・スプルースのほうが若干豊か

…という印象ですね。なかなか良い感じですよ。

 

続いて、ネックとサイド&バックに使われているクィーンズランド・メイプル。

メイプルという名前が付いていますが、一般的なメイプル(カエデ)とは植物学的に違う木です。

 

音質はマホガニーに近い性質を持っており、低中高と各帯域のバランスが取れた明るくて爽やかな音質です。

最近は人気があるそうですが、かなり使いやすい音で僕は好みでした。

ピックアップ

CCFL1EC-BM ボディ

※シールド接続口がボディ下側面になっている

何といっても、Cole Clark(コールクラーク)の魅力はピックアップです。

3つの方法で音を拾う、Cole Clark独自の3Wayピックアップを採用しています。

3Wayピックアップ

  1. サドル下のピエゾ
  2. ボディ内部のフェイスセンサー
  3. コンデンサーマイク

この3つの音を内蔵のプリアンプがミックスしてアンプに出力します。

 

プリアンプはボディ側面にコントローラーがついており、音を調節する機能があります。

3Wayピックアップのプリアンプ

プリアンプの調節機能

  • マスターボリューム
  • ピエゾ&フェイスセンサー専用ボリューム
  • コンデンサーマイク専用ボリューム
  • 3バンドEQ

3Wayピックアップは「ピエゾ&フェイスセンサー」と「コンデンサーマイク」でボリュームが分かれています。

 

ハウリングや音が埋もれるリスクがあるバンドサウンドでは「ピエゾ&フェイスセンサー」を強め。

弾き語りでは生音に近いコンデンサーマイクを強め…とすることで状況に応じて最適な音作りが可能です。

なお、EQとマスターボリュームは3Way共通のコントローラーです。

 

この3Wayピックアップ&プリアンプシステムが非常に優秀。

そして、20万円以内のギターでここまで優秀かつ実用的なシステムを入れているエレアコは他にありません。

 

Cole Clark(コールクラーク)自体も数年前まではFL1とAN1のエントリーモデルにはグレードダウンした2Wayピックアップシステムを使っていました。

ところが、ここ最近でFL1とAN1も上位モデルと同じ3Wayピックアップに統一されたんですよね。

 

そして、価格は据え置き。

このグレードアップにより、僕の中では予算20万円以内のエレアコNo.1になりました。

Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BM レビュー

手帳

それでは、Cole Clark CCFL1EC-BMをレビューしていきます。

総評すると「20万円以内のエレアコならイチオシ!」です。

 

アンプに繋いだ時の音が素晴らしいです。

そして、どの状況でも最適な音作りができる汎用性の高さも強い。文句ないです。

生音は普通

エレアコとして最適化されているので、生音の響きは大してよくありません。

箱鳴りは弱めで低中高と各帯域のバランスが取れた明るくて爽やかな音質です。

 

普通に使える音ではあるので、困ることはありませんが同価格帯のK.Yairiのアコギと比べると生音については見劣りします。

エレアコの音より生音を…!という人はK.Yairiをおすすめします。

 

ただ、アマチュアで音楽活動しているとエレアコとして使う頻度が圧倒的に多いので、Cole Clark CCFL1EC-BMのほうが使い勝手は間違いなく良いです。

ピックアップが素晴らしい!

3Wayピックアップシステムはとにかく素晴らしいです。

ギター本体もエレアコとしての鳴りを重視されているのでハウリングにも強いですし、ピックアップ通した響きも良好です。

 

「ピエゾ&フェイスセンサー」と「コンデンサーマイク」が単体でそれぞれ良いところも見逃せないですね。

デュアルピックアップってL.R.baggs Anthemにしろ、Fishman Ellipse Matrix Blendにしろ、ハウリング対策でピエゾの比率を上げるとどうしてもがっつりピエゾ感出るんですよ。

 

ですが、3Wayピックアップの「ピエゾ&フェイスセンサー」は音量比率グッと上げてもフェイスセンサーのおかげで、ピエゾ臭薄めなんですよね。

 

だから、例えば1番はアコギとボーカルのみで、2番からバンドがオンするアレンジとかで助かるんですよね。

こういったパターンですね。

補足
動画でJack Johnsonが使っているギターはおそらくCCFL3E-BMSを基にしたカスタムモデルです

曲中にセッティング変えてられないので、バンドがオンした状態に合わせて1番の弾き語りもピエゾの比率上げた音でやるしかないですからねぇ。

3Wayピックアップだと普通に「ピエゾ&フェイスセンサー」自体の音が良いんで、全然問題ないんですよね。

自然体のルックスが良い

Cole Clark / CCFL1EC-BM

Cole Clark(コールクラーク)のギターはナチュラルサテンフィニッシュで木の雰囲気をそのまんま出しています。

 

派手なギターが好きな人には好まれませんが、ナチュラルな服装にはバッチリです。

先ほどの参考動画ではJack JohnsonがTシャツ+ジーパンの自然体な格好にCole Clark(コールクラーク)のギターを持っており、非常にマッチしてます。

 

弾き語り系のシンガーソングライターは男女ともにナチュラルな服装が多いので、Cole Clark(コールクラーク)が合う人は多そうです。

予算20万円では最高峰

Cole Clark CCFL1EC-BMは実売価格 17万円程度。

競合となりそうなアコギ、エレアコをピックアップすると…

…とこのあたりですね。

K.Yairi DY-18(18万円)はMartin D-18をモデルにしたアコギです。

生音は素晴らしいので、エレアコよりアコギとしての活用がメインの方にはおすすめです。

…でエレアコメインの方にとって、迷いどころはTaylor 214ce(16万円)とGibson J-45 Studio 2019(19万円)ですね。

 

弾き比べると、生音はどれも大差ありません。好みの問題ですね。

ピックアップはCole Clark CCFL1EC-BMが一番良いです。

 

Taylor 214ceのピックアップも良いのですが、ピエゾセンサーのみです。

Cole Clark CCFL1EC-BMのように弾き語りで重宝するコンデンサーマイクメインでのナチュラルな音質を作れません。

 

やはり、予算20万円以内でエレアコでの使用がメインの方には僕はCole Clark CCFL1EC-BMを推しますね。

Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BM まとめ

カフェ

  • 実売価格17万円程度のエレアコ
  • オーストラリアの木材を使ったルックスとカラッとした音質
  • ピックアップが素晴らしく20万円以内のエレアコでは最高峰

ぎたすけ

エレアコの音が良いって便利だよなぁ。ライブで活躍できるし

たけしゃん

アマチュアだとライブでの使用がメインだからね。エレアコの音が良いギターはほんとに便利だよ

Cole Clark CCFL1EC-BMのレビューでした。

僕も1年くらい、知人から借りてCole ClarkのFL2シリーズのギターを使っていたんですよね。

当時はL.R.Baggs Element(ピエゾ)を後付けしたGUILDのギターを使っていたんですけど、Cole Clarkのピックアップがレベル違いすぎてビビったもんです。

 

弾き語りだと、歌とギターの音しかないのでライブでのギターの音は本当に大事。

予算20万円以内でライブのギターの音を重視する人にはおすすめしたいギターですね。

音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。