ARIA 101CEをレビュー。3万円未満でフィッシュマン搭載の有能なエレアコ

アコースティックギター

評価:3.5

ぎたすけ

Ariaって割と昔から聞くギターメーカーだよな

たけしゃん

Ariaは国内の老舗ギターメーカーだよ。楽器屋さんには昔から初心者向けギターとしてAriaが置いてあるよ
この記事でわかること
  • ARIA 101CEについて
  • ARIA 101CEのレビュー

ARIA 101CE

国内の老舗ギターメーカー Ariaのコスパが良いエレアコ ARIA 101CE

エントリーモデルであるAria 100シリーズに属するギターです。

 

実売価格2.8万円程度ですが、定評のあるFishman製のピックアップが搭載されているところがポイント高いですね。

学園祭や発表会などでアンプを通して使いたいときもバッチリのエレアコです。

ボディサイズ

  • スケール長:650mm
  • ナット幅:43mm
  • カッタウェイあり

細かい寸法は記載されていませんが、やや小ぶりなギターです。

ドレッドノートサイズを一回り小さくしたボディサイズになっています。

アコギのボディサイズ

上記の表で言うとボディサイズは000(トリプルオー)に近く、スケール長はドレッドノートサイズと一緒です。

なので、音量自体はドレッドノートより控えめでジャキっとまとまった音がします。

 

カッタウェイもついているため、高フレットまで使いやすい仕様となっています。

木材

  • トップ:スプルース合板
  • サイド&バック:サペリ合板
  • ネック:マホガニー

よくある木材の組み合わせで構成されたオール合板ギターです。

3万円未満でまともなピックアップを搭載しているため、オール合板はやむを得ないところでしょう。

 

サペリはマホガニーの代替材として良く用いられる木材です。

最近は安いギターだけでなく、高級ギターでもサペリを使った製品が増えてきました。

 

木材構成については可もなく不可もなし…といったところですね。

ピックアップ

Fishman製ピックアップ Fishman Isys+ preamp & pickupが搭載されています。

単体で5,000円(工賃別)くらいで売っているものですね。

 

チューナーに加えて、Bass(低音)・Treble(高音)とPhaseコントローラーがついています。

Phase
位相を逆にする機能。ハウリング対策や音質変化に使われる

3万円未満のエレアコについているものとしては十分でしょう。

アンプに繋いでみましたが、出力は十分出るし、音もそれなりで悪くありません。

 

ARIA 101CE レビュー

アコギと草原

それでは、ARIA 101CEをレビューしていきます。

はじめに総評すると「コスパが良いエレアコ。カッタウェイ・小型ボディが良い人はおすすめ」です。

 

値段も安くて、機能もよくまとまった良いエレアコです。

カッタウェイ & 小型ボディで3万未満の使えるエレアコはあまりないので、存在価値は十分ある商品です。

生音は普通の安いギター

オール合板の安いギターでよくある音です。

箱鳴りは薄くて、弦が鳴っている感じでまとまったジャキっとした音。

 

2万円くらいのアコギ(not エレアコ)はどれも大体、こんな音なので良くも悪くもありません。

ピックアップはちゃんとしている

Fishman製ピックアップだけあって、ちゃんと機能します。

音質や出力も特に問題ないので、ライブハウスやバンドで使用するにも問題ありません。

 

チューナーも精度も良く、普通に使えます。

エレアコとしての活用を予定している人には使いやすいギターです。

小型ボディとカッタウェイは割と少ない

3万円未満で小型ボディ&カッタウェイ&エレアコという組み合わせは意外とありません。

同価格帯で定番のエレアコである、Morris G-401Epiphone AJ-220SCEもボディサイズは大きいです。

 

小中学生や女性の方にはドレッドノートサイズより、やや小型のギターの方が抱えやすくて相性が良い場合も多いです。

 

ARIA 101CE自体にものすごく強いポイントがあるわけではないですが、予算3万円でエレアコを探すならしっておいて損はない1本です。

 

ARIA 101CE まとめ

ライティング

  • 2.8万円で買えるFishman搭載のエレアコ
  • やや小型ボディにカッタウェイがある
  • 特筆するポイントはないが、値段も安く使える安定ギター

ぎたすけ

3万円未満にしては良い感じに見えるギターだな

たけしゃん

実際良いと思うよ。安いけど、質も良いし、最初に買うエレアコとしては安定した1本だよ

ARIA 101CEのレビューでした。

ARIAは使っている人はそんなに多くないですが、老舗だけあって良いギターメーカーですね。

 

安くて使いやすくて、機能もしっかりまとまっているギターでした。

逆に書くことがあまりなかったです(苦笑)。

 

しかし、昔に比べるとほんとに3万円近辺のエレアコは充実していますね。

エレアコ買うなら5万円はないと…と言っていたのが懐かしい…。

趣味でギターを始めようと考えている方にはピッタリのエレアコです。

弾き語りすとLABOでは初心者の方向けにアコギ初心者講座(全18話)を用意しています。

ギターを購入して、弾き語りすとの第一歩を踏み出した方はぜひ初心者講座を活用してください。

図解や音源を使って、定番の教則本に負けない質と量になっています。

ギターを買ったら読もう

アコギ 初心者講座 全18話で初心者がやるべきことを徹底解説

アコギを弾いている男性アコギ 初心者講座 全18話で初心者がやるべきことを徹底解説

エレアコを弾く男性エレアコ おすすめランキング ベスト10。メーカー別・価格帯別の特色やポイントを解説 アコギと木3万円以下 安いアコギ(エレアコ) おすすめランキング ベスト10を解説 大量のアコースティックギター初心者におすすめのアコギ 7選と購入するギターの選び方をタイプ・予算別で解説