Takamine(タカミネ) PTU121Cをレビュー。8万円台で買える安定したエレアコ

ライブ

ぎたすけ

Takamineってエレアコに強いギターメーカーだよな

たけしゃん

そうだよ。PTU121CはTakamineの中でも一番安いエレアコだね
この記事でわかること
  • Takamine(タカミネ) PTU121C
  • Takamine(タカミネ) PTU121Cのレビュー
  • 同価格帯ギターとの比較

Takamine(タカミネ) PTU121C

PTU121C

  • Takamineのエントリーモデル
  • EQ・チューナー付きのプリアンプ内蔵
  • 実売価格 8.3万円程度

エレアコに定評がある国内ギターメーカーTakamineのエントリーモデル、PTU121C

カッタウェイが入った、いかにもエレアコらしいルックスが特徴です。

 

最近では低価格で使えるエレアコも増えてきましたが、エレアコを買いたい…と考えるとTakamineの選択肢は欲しいもの。

10万円をきる価格帯で買える貴重なTakamineのエレアコです。

カラーバリエーション

PTU121C

※PTU121C GBB

PTU121Cには4種類のカラーバリエーションがあります。

トップにメイプルの杢目が出ていることもあり、ナチュラルカラーのVNよりは暗めのPTU121C GBBのほうが個人的には好きですね。

 

明るめから暗めまで一通りの色が揃っているため、選びやすいですね。

ボディの形状

Takamine 100シリーズ

  • ボディ長:485mm
  • ボディ幅:380mm
  • スケール長:630mm
  • ナット幅:42mm

通常のドレッドノートサイズと比べると、一回り小さいギターです。

スケール長もやや短く、ナット幅もやや狭めで弦を押さえやすい造りにしています。

 

もともと、箱鳴りはあんまりしないこともあり、生音の音量は控えめです。

音のレスポンスはよく、弾くと即座に音が跳ね返ってきます。

木材

  • トップ:メイプル
  • サイド&バック:ナトー
  • ネック:マホガニー

トップ・サイド&バック共に合板の木材を使用しているオール合板ギターです。

サイド&バックに使われているナトーは安価なギターに良く使われている木材です。

 

正直なところ、8万円台のギターにしては木材のランクは低いです。

ピックアップ側に原価を割いていることも要因でしょうね。

 

ギターの作り自体も生鳴りよりもアンプを繋いだときにトラブルなく、綺麗な音を出力できることに重きを置いている感じがします。

ピックアップ

CT4B2

Takamine製のCT4-BⅡ(PTU)が内蔵されています。

ボディ上部にプリアンプコントローラーが埋め込まれています。

 

チューナーと3バンドEQが組み込まれているため、チューニングや音質調節が可能です。

 

EQについては±5dbの調節幅となっているため、やや狭めです。

補足
プリアンプ内蔵EQは±12dbの調節幅が多い

…といっても積極的に音を変える時以外は±5dbあれば、事足ります。

会場の響きなどに合わせた微調整には普通に使えます。

ギグバッグ付き

PTU121C 付属ケース

付属にはギグバッグが付いています。

普通のよくあるタイプなので、便利ですね。

 

正直なところ、ハードケースとか部屋に置いておくにもかさばりますし、持ち運びも不便。

使いやすいギグバッグ付けてくれた方がありがたいです。

Takamine(タカミネ) PTU121C レビュー

本を読んで勉強する人

それでは、Takamine PTU121Cをレビューしていきます。

はじめに総評すると「生音はかなりしょぼいけど、エレアコとしてはかなり良い」です。

 

Takamineらしいっちゃらしい、エレアコ専用機って感じのギターです。

アンプに繋がずに弾くと、3万円くらいのギターの音に感じますがアンプに繋ぐと普通に良い音でビックリします。

生音はペラい

エレアコ向けに作られているようで箱鳴りはほとんどしませんし、音量も弱めです。

特に指弾きでアルペジオすると、音が弱くてしんどいです。

 

もちろん、生音でも弾き語りできはしますがエレアコとして使うのが基本と考えましょう。

エレアコとしては良い音

アンプに繋いで出力すると生音のときの響きのなさが嘘のようにちゃんと良い音で鳴ります。

ややピエゾっぽい音ですが、出力もしっかりしてハウリングにも強いので安心です。

 

指弾きのアルペジオもアンプに繋げば、しっかりと音が出るので弾きやすいです。

EQの効きも悪くないので、外付けプリアンプを別で用意しなくても大抵の状況は乗り切れそうなので良いですね。

弦のテンションが弱め

たぶん、ショートスケールだからと思いますが弦のテンションが弱く感じます。

弦が柔らかく、ストローク弾いた時の反応も緩いです。

 

弾きやすくて良いんですけど、弾いたときの反応が好みじゃない人もいそうです。

指は痛くなりづらいので手が小さい人には良さそうです。

同価格帯ギターとの比較

アコースティックギター

Takamine PTU121Cは実売価格8.3万円程度なので、同ランクのギターで考えると競合はこのあたり。

予算が許すなら、YAMAHA AC3Mが安定。

ネックが握りやすいものを…という人はTaylor Academy12eあたりがおすすめですね。

 

逆にTakamine PTU121Cを推す理由は価格面で8万円台前半で買えるという点です。

 

また、エレアコ利用がメインならTakamine PTU121Cでも性能は十分なので9万円未満のエレアコを…という人の有効な選択肢にはなります。

アマチュアミュージシャンはどこにどれだけお金をかけるか?はかなり重要ですからね。

Takamine PTU121Cを選択肢の一つとして知っておくのは有効です。

Takamine(タカミネ) PTU121C まとめ

PCとキーボード

  • 生音はペラいエレアコメインのギター
  • エレアコの音は良好でチューナー・EQ内蔵
  • 8万円台のエレアコは意外と少ないので貴重

ぎたすけ

Takamineってやっぱりエレアコが良いメーカーなんだな

たけしゃん

上位機種になれば生音も良いけどね。エントリーモデルだと潔くエレアコに特化させてる感じだったね

Takamine PTU121Cの解説でした。

あらためてカラーバリエーションを紹介すると…

僕のおすすめカラーはPTU121C GBB(グレーバースト)です。

 

10万円未満でエレアコを探している方には選択肢の1つとして持っておいて欲しいギターですね。

音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。