あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

アコギ おすすめランキング ベスト10を解説。初心者向けからプロ志向まで対応

アコースティックギター

ぎたすけ

アコギってすごい数多いから、10本に絞るの大変そうだな

たけしゃん

いや、そうなんだよね。万人に勧められるアコギって基準で色んな価格帯から選出してみたよ
この記事でわかること
  • 各メーカーのアコギの特徴
  • 価格帯によるアコギの違い
  • おすすめのアコギランキング ベスト10

飛ばし読みガイド

関連記事

エレアコ おすすめランキング ベスト10。メーカー別・価格帯別の特色やポイントを解説

エレアコを弾く男性エレアコ おすすめランキング ベスト10。メーカー別・価格帯別の特色やポイントを解説

アコースティックギター(アコギ)

Martin DX1 全体

アコースティックギターとはギター本体の音を演奏に活用する楽器のことです。

弦を弾くと音が本体に共鳴して、大きな音が鳴ります。

 

エフェクターなどで音を作り込むエレキギターとは異なり、木が生み出す自然な音を活かした演奏をする楽器です。

 

アコギ本体だけあれば、演奏が成立するため手軽かつ身近に音楽を感じるには最適な楽器でもあります。

まずはアコギを買うのに知っておいた方が良い知識を解説していきます。

アコギのボディサイズ

アコギのボディサイズ

  • ミニギター…軽量で音が軽い小型ボディ
  • スモールギター…ミニギターより一回り大きく、音も普通のギターに近い
  • 000(トリプルオー)…Martin伝統のやや小型の音のレスポンスが良いボディ
  • ドレッドノート…アコギの標準サイズ。音量が大きくパワーがある

アコギのボディ形状は多種多様で、色んな名前が付いています。

その中でもメインとなるのが上記の4つのボディサイズです。

 

基本的にはボディサイズが大きいほど音量が大きく、低音や響きが豊かになっていきます。

逆にボディサイズが小さいほど、低音が薄く音は軽めになり、音のレスポンスが良くなります。

 

最も万能なボディサイズはドレッドノートです。

音量豊かでジャンルや演奏スタイル問わずに使用できます。

 

また、フィンガーピッカーやブルースギターでは音量が豊かですが、音のレスポンスが良好な000(トリプルオー)が人気です。

 

そして、最近ではエド・シーランがミニギターの音の軽さを上手く活用した演奏スタイルを見せたり…と様々なボディサイズのアコギが活躍しています。

アコギとエレアコ

エレアコとはアンプなどの音響機器に接続することができる、ピックアップという機器をギター内部に取付けしたアコギのことを言います。

ライブハウスなどで演奏するときに便利です。

 

ギターを買うときにアコギにするか、エレアコにするか…というのは迷うポイント。

切り分けとしてはこんな感じがおすすめです。

  • 人前で演奏する予定…エレアコ
  • 自宅で演奏するだけ…アコギ

また、アコギにピックアップを後付けしてエレアコに改造することも可能です。

特に高級ギターを買う場合は生音が良いがピックアップ未搭載という機種は多いため、後付けも検討するとより選択肢が増えます。

おすすめのアコギランキング ベスト10

Martin DX1 トップ

それでは、おすすめのアコギをランキング形式で解説していきます。

なお、本記事ではピックアップが搭載されていない純粋なアコギに絞って解説をしていきます。

補足
ピックアップ有無のバリエーションがあるモデルは両方解説しています

なお、エレアコを探している方は下記の記事で解説しているので、参考にしてください。

10位 Martin LX1

Martin LX1

  • 通称リトルマーチン
  • 携帯性に優れたミニギター
  • ピックアップ FISHMAN Sonitone内蔵
  • 実売価格 5万円程度(ピックアップ有は6万円)

リトルマーチンという名称で人気のミニギター Martin LX1です。

携帯性に優れた小さいボディながらも、しっかりとMartinの音を奏でてくれる優れものです。

 

通常のギターとサイズ感を比べてみると、かなり小さいことがわかりますね。

リトルマーチンとドレッドノート

※左はMartin LXM(LX1Eと同サイズ)、右はMartin DX1

ボディが小さいので低音が薄めのシャカシャカした音質になっています。

ドッシリした音が欲しい人には不向きですが、軽い音質を活かしたリズミカルのストロークは味があります。

 

なお、エド・シーランはLX1にピックアップ FISHMAN SonitoneがついたエレアコのMartin LX1Eを使用しています。

画角に入りやすい小型のボディと軽めの音はYouTube動画やライブ配信とも相性が良いです。

自宅の練習用ギターとして購入して、腕が上がってきたらライブ配信にチャレンジする…というステップアップはおすすめですね。

LX1(アコギ)

LX1E(エレアコ)

関連記事

使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

リトルマーチンリトルマーチンをレビュー。Martin LX1とLXMの違いや使用感を解説する

9位 Taylor GS-MINI

GS-MINI 正面

  • スモールギターでは定番の人気モデル
  • ドレッドノートとミニギターの中間サイズ
  • 実売価格 ピックアップ無モデルが8万円、ピックアップ有が9.6万円

通常サイズのギターより小さく、ミニギターよりは大きいという絶妙なサイズ感で人気のTaylor GS-MINI

初心者・中級者のメインギター、上級者のサブギターと幅広い層の需要を満たしているアコギです。

 

サイズ感はミニギターとドレッドノートの中間サイズ。

サイズ比較

グランドシンフォニーシェイプをダウンサイジングしたものなので、ボディのくびれが大きめです。

このボディ形状が良い感じで、サイズの割に音量は出ます。

 

GS-MINIシリーズは異なる木材で4種類のバリエーションがあります。

GS-MINIシリーズ表

この中でも音質のバランスが良く、鳴りも良好なのが通常のGS-MINIです。

低音は控えめで、どの音域もバランスが取れた使いやすい音です。

ポップスでもジャズでもブルースでも何でも万能にこなせそうで人気なのも頷けます。

 

サイズ感・音質共にちょうどよい塩梅です。

「ミニギターの軽い音はちょっと…でも、大きいギターも場所を取るからちょっと…」

という方にはGS-MINIがドンピシャです。

 

また、エレアコモデルが欲しい方はGS-MINI-e Walnutがバランスの良い鳴り音でGS-MINIに最も近いのでおすすめです。

GS-MINI(アコギ)

GS-MINI-e Walnut(エレアコ)

関連記事

Taylor GS-MINIをレビュー。小さいけど音は本格的なパーラーギター

アコギと靴下Taylor(テイラー)GS-MINIをレビュー。小さいけど音は本格的なパーラーギター

8位 Taylor Academy12

Taylor / Academy 12e

  • 音は本格的だが、ビギナー向けに配慮されたギター
  • くびれを作ってレスポンスと音量を両立したグランドコンサートシェイプ
  • 実売価格 8万円程度(ピックアップ有は9万円程度)

「ビギナーの方が途中でギターをやめてしまわないように」というコンセプトを基に作られた Taylor Academy12

プロアーティストも使う本格的な品質を持ちつつ、ビギナー向けに2点の配慮が施されています。

ビギナー向けの配慮

  • 握りやすい細めのナット幅を採用したネック
  • 腕が疲れないようボディにアームレスト部分が作られている

握りやすいネックは細めかつ薄いので、かなり握りやすく作られています。

コードを押さえることに慣れていない人にはありがたい配慮ですね。

左手親指を使った押弦もやりやすいので、手が小さい人にもおすすめです。

 

また、ボディにアームレスト部分はデザイン的にも面白いんですよね。

Academy アームレスト

そして、座って抱えて弾いてみると予想以上に楽です。

長時間ギターを抱えていても、疲れないので自宅でギターを抱えての作曲作業などは捗りそうなギターです。

 

音質はシャカシャカと軽いサウンドです。

ドンシャリなシャカシャカな音でオープンコードのストロークを鳴らすと爽快感が音に出ます。

海岸線をドライブするときに聴くような楽曲にはもってこいですね。

 

初心者向けとしても、本格的な音楽活動向けとしても優秀なアコギです。

…がTaylorのピックアップは優秀なので、やっぱりエレアコ仕様のAcademy12eのほうがおすすめですね。

 

なお、プロアーティストでは関取花さんがエレアコ仕様の Academy12eを使用されています。

初心者が最初に買うギターとしてもおすすめですが、プロアーティストを目指す人にも十分適応する汎用性が高いギターです。

Academy 12(アコギ)

Academy 12e(エレアコ)

関連記事

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

7位 Martin D-18

  • D-28と並ぶ、超有名アコギ
  • 音量が大きく、低音がドッシリとしたドレッドノート
  • 実売価格 28万円程度

Martinが誇る、超有名アコギ Martin D-18

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニーのオール単板で作られている高級ギターです。

 

ボディシェイプはMartin伝統の大きいドレッドノートサイズです。

Martin ギターボディ

※D-28とD-18が同じドレッドノート

ドレッドノートの大きいボディシェイプからは豊かな音量と低音が得られます。

ボディ内の共鳴もしっかりしているので、聞いていてうるさくなく心地よい響きなのが魅力ですね。

 

D-18は箱鳴り感が強く、響きが豊かでレスポンスも良好。

ですが、Gibsonほどパワフルな音質ではなく綺麗にまとまっており優等生らしい音です。

使用されている方もテクニカルなプレイを好む人が多く、玄人が好むギターでもありますね。

 

ピックアップが搭載されていないため、ライブでの活用を考えている方は後付けでピックアップを付けましょう。

Martin標準のピックアップより、生鳴り感が出せるデュアルタイプのピックアップを付けたほうが良いです。

D-18の使用者

  • 岩沢厚治(ゆず)
  • エルヴィス・プレスリー
  • 斉藤ジョニー(Goose house)
  • チチ松村(ゴンチチ)
  • ポール・サイモン
  • 堀込泰行(キリンジ)
  • 森山直太朗
  • 吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)

6位 YAMAHA LS26 ARE

YAMAHA LS26

  • YAMAHAの高級ギター Lシリーズのミドルモデル
  • レスポンスが良く、プレイで小回りが利くスモールサイズ
  • 実売価格 23万円程度

プロアーティスト使用者が多い、YAMAHA Lシリーズのミドルモデル YAMAHA LS26 ARE

トップ:イングルマン・スプルース、サイド&バック:ローズウッドのオール単板で構成されています。

 

良質なローズウッド単板を使って、20万円台で抑えているのはやっぱり国内メーカーだけですね。

海外メーカーだと30万円は超えてくるので、このあたり国内メーカーのコスパの良さを感じます。

 

Lシリーズのボディシェイプは3種類あり、LSはスモールボディです。

YAMAHA Lシリーズ

※L6シリーズでボディシェイプを比較したもの

  • LS…サウンド・バランスに優れ、フィンガーピッキングを多用するギタリスト向け
  • LJ…レスポンスが良く、ストロークからリード・プレイまで幅広く対応
  • LL…豊かな音量、幅広いダイナミックレンジ、バランスに優れたトーンが魅力

LS26 AREは音のレスポンスが良く、高音の伸びも良好。

Martinの名ギター 000-28のように細かいフレーズでも艶があって、存在感のあるプレイができます。

 

ただ、Lシリーズはどのボディシェイプも良い感じです。

プロアーティスト使用者もLS・LJ・LLそれぞれにいますしね。

 

なお、ピックアップ未搭載ですがYAMAHA独自の3Wayピックアップシステムを搭載したLSX26C AREが存在します。

ピックアップの質は最上級ですが、価格が+20万円あがるので中々検討し辛いです。

 

LS26 AREに後付けでL.R.Baggs Anthemあたりを付けるのがコスパ・音質的にも優れた選択肢ですね。

L26シリーズの使用者

  • 井上苑子(LL26)
  • ななみ(LL26)
  • YUI(LS26)

LS26(アコギ)

LL26(アコギ)

5位 K.Yairi DY-18

  • Martin D-18をモデルに作られた国産ギター
  • スペックや性能は本家と互角で価格はワンランク安い
  • 実売価格 18万円程度

K.Yairiの有名ギターを基に作られたギター K.Yairi DY-18

Martin D-18を基に作られたモデルです。

 

トップ:スプルース、サイド&バック:マホガニーのオール単板。

ネックや指板などもMartin D-18と同じ木材で構成されています。

 

ボディシェイプもドレッドノートとなっており、低音豊かで音量も十分です。

弾いてみると驚くほどにD-18と同じ感覚で弾けます。

 

Martin D-18の実売価格が28万円で、ほぼ同等の品質でK.Yairi DY-18は18万円。

このコストで、これだけの品質は国内で少数精鋭の職人が作っているK.Yairiだからこそ実現できるんでしょうねぇ…。

普通、少数精鋭だと高くなりそうなもんですけど(笑)。

 

ピックアップは搭載されていませんが、デュアルタイプのピックアップを付けて、外付けプリアンプを用意してもD-18を買うより安く上がります。

いや、この価格と品質はほんとすごい。

4位 YAMAHA FG830

YAMAHA FG830

  • 初心者向けギターのベストセラー
  • ドレッドノートを日本人の体形に合わせて作り替えたオリジナルシェイプ
  • 実売価格 3.5万円程度

YAMAHA伝統のFシリーズから初心者向けギターのベストセラー YAMAHA FG830

初めてギターを買う人に「迷ったら、とりあえずFG830を買っておけば間違いないよ」と言えるくらいの安定した1本です。

 

FシリーズにはFGとFSがあり、ボディ形状が異なります。

FG830とFS830

FGはドレッドノートを日本人体型に合わせて作り替えた、YAMAHA独自のトラッドウェスタンシェイプ。

FSはFGを小ぶりにしたスモールボディになっています。

 

3万円台なので特段良い鳴りをするわけではないですが、ジャッキとまとまった音質で音量も大きいです。

初心者や趣味でギターを弾く人にとっては申し分ない音です。

 

YAMAHA FGシリーズは造りもしっかりしており、10年以上使っているユーザーも珍しくありません。

初めて買うアコギを探している方はYAMAHA FG830が安くて安定の鉄板アコギです。

3位 Martin D-28

  • 言わずと知れたアコースティックギターの代表格
  • Martin伝統のドレッドノート
  • 実売価格 34万円程度

アコースティックギターの代名詞的な存在、Martin D-28です。

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:イースト・インディアンローズウッドのオール単板で作られています。

 

弾き手も聴き手も心地良い豊かな鳴りと高音の響きがたまりません。

サイド&バックの上質なローズウッドが高音を伸びやかにして、低~高音までバランス取れた音質はソロギターでも弾き語りでも何でも相性良くこなします。

 

ドレッドノートサイズでパワーもあります。

弾き語りでのストロークはもちろん、バンドボーカルのギターとしても存在感をしっかり出してくれます。

 

ピックアップ未搭載ですが、ライブ使用する方は後付けで取付けましょう。

おすすめはミスチルの櫻井さんと同じ、デュアルピックアップのL.R.Baggs Anthemです。

 

数多くの有名アーティストが使用しており、D-28の音を聴いたことがない人はいないんじゃないか?というくらい浸透してギターです。

D-28の使用者

  • 押尾コータロー
  • 草野マサムネ(SPITZ)
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • ジェニ・ミッチェル
  • ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)
  • 清水 依与吏(back number)
  • 曾我部恵一
  • ニール・ヤング
  • 秦基博
  • ポール・マッカートニー
  • 山本彩
  • YUI
  • 和田昌(トライセラトップス)

2位 YAMAHA FG / FS Red Label

YAMAHA FGX5

※上位モデルのYAMAHA FGX5

  • 2019年5月発売のYAMAHA新作ギター
  • ジャンボサイズとスモールサイズの2パターン
  • エレアコモデルもあり
  • 実売価格 上位モデル:16万円、下位モデル:9万円

YAMAHA伝統の赤ラベルに最新技術を搭載して新発売されたYAMAHA FG / FS Red Labelシリーズ。

製品のパターンはこちら。

YAMAHA FG Red Lebel

上位モデルの「5シリーズ」と下位モデルの「3シリーズ」にそれぞれ、サイズ感が異なるジャンボサイズのFGとスモールサイズのFSがあります。

そして、全パターンにエレアコ搭載の「X」モデルがあるので合わせると全部で8本のバリエーションです。

YAMAHA FG Red Lebel

5シリーズと3シリーズの主な違いはこちら。

5シリーズ
  • 国内生産
  • ハードケース付属
  • 上駒・下駒枕が牛骨
3シリーズ
  • 中国生産
  • ライトケース付属
  • 上駒・下駒枕がユリア

一番の違いは国内生産か中国生産かという点ですね。

どちらのシリーズもシトカ・スプルース × マホガニーのオール単板ギターなので本格的な音楽活動にもバッチリです。

 

5シリーズも3シリーズもコスパが非常に良いんですよね。

5シリーズは国内生産のマホガニーを使ったオール単板ギターで実売価格 15万円。

3シリーズに至ってはマホガニーを使ったオール単板ギターで実売価格 8.3万円。

 

他のメーカーよりワンランクからツーランクは安いですよ。

音質や品質についてもYAMAHAですから、抜かりはないですからね。

 

なお、YAMAHA FG / FS Red Labelシリーズはピックアップ付きのXシリーズが真骨頂。

2019年現在で最高レベルのピックアップである「SYSTEM74(ハイブリッド3WAYシステム)Atmosfeel™」が搭載されています。

FGX5のピックアップ

生音だけでも、安くて音質も良いので十分良いギターなのですが、このピックアップが本当にすごいです。

YAMAHA FG / FS Red Labelシリーズを検討される方はエレアコの購入もぜひ、検討いただきたいですね。

FS3

関連記事

YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー。11万円で3Wayピックアップ搭載のすごいエレアコ

YAMAHAギターを担ぐ人YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー。11万円で3Wayピックアップ搭載のすごいエレアコ

FG5

関連記事

YAMAHA(ヤマハ) FGX5をレビュー。18万円と思えない驚異のエレアコ現る

ギターを弾く女性YAMAHA(ヤマハ) FGX5をレビュー。18万円と思えない驚異のエレアコ現る

1位 YAMAHA LL36 ARE

  • プロアーティスト使用者の多いYAMAHA L36シリーズ
  • ドレッドノートサイズを日本人体型に合わせたボディ
  • 実売価格 31万円程度

YAMAHA Lシリーズの中でも名機として有名なYAMAHA LL36 ARE

1つ下位モデルの26と36の違いは主に装飾です。

LS26とLS36の違い

※LS26とLS36の比較ですが、LLも同じです

ギター装飾が全体的に豪華になり、ボディの塗装も胴全面ラッカー塗装になっています。

また、サイド&バックの木材に上質なインド・ローズウッドを使用しています。

 

ボディサイズもドレッドノートサイズに近く、音量やパワーはガッツリと出ます。

ストローク、アルペジオ、バンドでのギターと全ての状況でオールマイティに使えるアコギです。

 

また、同じ36シリーズでLS36 ARELJ36 AREも素晴らしいギターで、どちらもプロアーティスト使用者がいます。

使い分けとしては…

  • LS36 ARE…フィンガーピッキングや細かいギタープレイに有効
  • LJ36 ARE…万能なギターだが特にカッティングやリードプレイに有効
  • LL36 ARE…万能なギターだが特に歌モノのストロークに有効

…と言った感じです。

LS36 AREは大石昌良さんが愛用されているので、わかりやすいですね。

 

シンガーソングライターがPOPSをやるにあたってはLL36 AREが最も使いやすいですね。

実際にプロアーティストの使用者も非常に多いギターです。

LL36の使用者

  • ISEKI(元キマグレン)
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 加山雄三
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 寺中友将(KEYTALK)
  • 馬場俊英
  • 原田茂幸(Shiggy Jr.)
  • miwa

LL36(アコギ)

LLX36C(エレアコ)

おすすめのアコギランキング まとめ

PCを入力している人

ぎたすけ

YAMAHAが多かったな。Gibsonとかが多いと思ったけど

たけしゃん

いや、僕もギターをたくさん触るまで知らなかったけど、YAMAHAってすごいんだよ。プロ使用者もどんどん増えてるしね

おすすめアコギの解説でした!

ランキングを振り返ってみましょう。

  1. YAMAHA LL36 ARE
  2. YAMAHA FGX5YAMAHA FSX3もおすすめ)
  3. Martin D-28
  4. YAMAHA FG830
  5. K.Yairi DY-18
  6. YAMAHA LS26 ARE
  7. Martin D-18
  8. Taylor Academy12(エレアコモデル: Academy12e
  9. Taylor GS-MINI(エレアコモデル:GS-MINI-e Walnut
  10. Martin LX1(エレアコモデル:LX1E

初心者向けからプロレベルまで幅広いラインナップになりましたね。

僕のおすすめは…

全部、YAMAHAになっちゃいました(笑)。

まあでも、それだけYAMAHAのギターってすごいんですよねぇ。

GibsonやMartinといった海外ブランドへのこだわりがなければ、どのレベルの人にも安定のギターメーカーですよ。

 

もう少し、色んなギターを知りたい…という人は価格帯別での切り口で、おすすめアコギ(エレアコ)をまとめているので参考にしてください。