Steinberg UR242を解説。充実した機能を兼ね備えたオーディオインターフェイス

オーディオ機器

ぎたすけ

見た感じは一つ下のUR22mkⅡと大して変わらないけど

たけしゃん

出力数は増えてるし、内蔵エフェクトが搭載されたところが一番の違いかな
この記事でわかること
  • Steinberg URシリーズの種類
  • Steinberg UR242のレビュー
  • 競合機種との比較

Steinberg UR242

UR242

  • 4IN 2OUTの充実した入出力
  • 配信で使えるループバック機能付き
  • 内蔵エフェクト搭載
  • Cubase AIが付属

2万円ジャストの価格帯で充実した機能を兼ね備えたオーディオインターフェイス Steinberg UR242

 

歌ってみた、弾いてみた、ライブ配信、DTMと幅広く対応可能。

そして、1万円台のエントリーモデルと比較して入出力やエフェクト機能などが充実しているため、一歩踏み込んだ使い方ができます。

 

まずはSteinberg UR242の特徴を見ていきましょう。

Steinberg URシリーズの中間

URシリーズ一覧

UR242は人気のSteinberg URシリーズでちょうど真ん中のクラスにあたります。

それぞれの特徴を簡単に書くと…

  • UR12…最低限の入出力端子に絞ったエントリーモデル
  • UR22mkⅡ…マイク接続やMIDI入出力が増えたDTMer向けのベーシックモデル
  • UR242…入力数4つに増やしてエフェクト機能と搭載したモデル
  • UR28M…出力数・モニターコントロール機能を強化したモデル
  • UR44…入出力数を増やして機能性を高めたモデル
  • UR824…プロユースにも応えられるモデル

…とこんな感じでUR22mkⅡとの違いは入出力数と内蔵エフェクトの有無です。

特にライブ配信に使える内蔵エフェクトが欲しいという人は多いでしょうから、需要はありそうな機種です。

4IN 2OUT

UR242 前面パネル

  1. ファンタム電源対応のコンボジャック2つ
  2. LINE入力端子2つ(裏面)
  3. LINE出力端子2つ(裏面)
  4. MIDI入出力

入力端子はまず、前面にXLR・LINE両対応のコンボジャックが2つあります。

ファンタム電源対応でそれぞれの端子にPADスイッチが付いています。

PADスイッチ
入力信号の音量を一定量下げることができるスイッチのこと

エレキギターなどとの接続に使うHi-Z機能を備えているのは左側 INPUT1のみです。

 

続いて裏面にはLINE入出力とMIDI入出力があります。

UR242 裏面

中央がMIDI入出力で右側がLINE入出力端子(上段が入力、下段が出力)ですね。

 

弾き語りシンガーソングライターだと2IN 2OUTで足りる人が多いですが、多人数で一発録りするときには助かりますね。

内蔵エフェクト

DSP内蔵エフェクトに対応しており、オーディオインターフェイスでエフェクトをかけられます。

UR242を選ぶ理由として一番大きいのが内蔵エフェクトです。

 

ライブ配信でオーディオインターフェイスのみでエフェクトをかけられるため、配信ツールを使う必要がなくなるためです。

 

エフェクトのコントロール自体は本体でなく、PC経由でdspMixFxというソフトウェアを介して行います。

内蔵されているエフェクトは以下の通り。

  • Sweet Spot Morphing Channel Strip(EQ・コンプレッサー)
  • REV-X(リバーブ)
  • Guitar Amp Classics(アンプシミュレーター)

どれも結構良い感じです。

ただし!REV-X(リバーブ)はかけ録りできないため、普通にやるとライブ配信でリアルタイムにかけることはできません。

この点に関しては、気になる人も多いと思うので次章のレビューで詳しく書きます。

ループバック機能

ループバック機能

ライブ配信で使う機能でステミキと呼ばれるものです。

PC内で流しているBGMとマイクからの入力音をオーディオインターフェイスを介して配信で流すことが可能です。

 

喋っている時に効果音を出したり、BGMを流したり…と活用範囲は広いです。

配信をしたいと考えているなら、ループバック機能は必須と言ってもいいくらいの機能になりつつありますね。

iPad / iPhone 接続可能

UR242はiPhone、iPadに接続して使用することが可能です。

接続には別途、Apple iPad Camera Connection KitもしくはLightning – USB カメラアダプタが必要です。

Steinberg UR242をレビューする

PCを入力している人

はじめに総評すると「多人数で一発録りする人には最適な製品」です。

 

UR22mkⅡでなくUR242を買おうか悩んでいる人は悩んでいる理由によっておすすめかどうか変わります。

 

まず、DTMでも活用しつつライブ配信で手軽にエフェクトをかけれる機種を探している…という人にはイマイチです。

リバーブを活用するのに一手間いりますからね。

 

逆に入出力数が足りないという理由でUR242を検討されている方はマッチします。

ここまで低価格で優れた4INの機種は他にありません。

音質は良好

UR242 前面パネル

入力端子であるコンボジャックには安定のYAMAHA Class A マイクプリアンプD-Preが採用されています。

YAMAHAのミキサーにも採用されている、定番のプリアンプです。

 

ライブハウスやリハーサルスタジオなどでも、D-Preが入っているYAMAHAのミキサーは多く使われていますからね。

安くて入力数が多いUR242ですが、綺麗でちゃんと太い音が出力されます。

多人数録音・配信に最適

4INは1人だと、そんなに活躍する機会はありません。

外部音源を別途つなぐには便利ですが、ソフトウェア全盛の今の時代だと利用している人も少ないですしね。

 

ですが、多人数で一発録りや配信するには非常に便利です。

例えば、スキマスイッチのようなアコギボーカル&キーボードやゆずのようなアコギデュオも同時録音可能です。

 

なので、ユニットを組んでる方や配信を複数人でやる方におすすめの機種です。

リバーブのかけ録りは工夫が必要

DSP内蔵エフェクトのうち、REX-V(リバーブ)だけ、かけ録り(リアルタイムエフェクト)できません。

メーカーの仕様書通りに書くと「 DSP 版 REV-X は録音チャンネルに対し、モニター専用として機能します(かけ録りはできません)」ということです。

 

試してみた感じだと、内部のルーティンがこんな感じになってます。

UR242 エフェクト

DSP内蔵エフェクトのうち、REX-V(リバーブ)だけ別の扱いとなっており、LINE OUTとモニターにしか出力できません。

そのため、リバーブをかけ録りしてPCに音を送ることができないわけです。

 

ただ、LINE OUTには出力されるのでかけ録りした音をPCに無理やり送れないことはありません。

例えば、LINE OUTとPC側のサウンドカード入力端子を接続すればかけ録りした音を送れます。

補足
音質がPC側のサウンドカードに依存してしまうので、推奨しません

また、LINE OUTをUR242の余ってる入力端子に繋いで、無理やりPCに送ることもできます。

補足
配信ソフト側の入力設定はLINE OUTと繋いだ入力端子を指定しましょう

なので、リバーブかけ録りができないわけでもないですが一工夫いります。

ちなみに本当に合ってるのか不安だったので、メーカーさんに聞いたところ仕様に対する認識は合ってるそうです。

 

また、メーカーさんからはLINE OUTからPCに送る方法については

「エフェクトはVSTプラグインとしても使えるので、配信ツールがVST対応していればプラグインをご使用ください」

と回答されました。

 

まあ、そんなわけでLINE OUTからPCへ無理やり送る手法は自己責任でやりましょう。

ちなみに色々調べていたらギター講師YouTuberの瀧澤さんが解説されていました(基本は上記解説と同じ内容です)。

内蔵エフェクトは良好

リバーブのかけ録りは一工夫必要ですが、エフェクト自体はどれも良好です。

EQ、コンプレッサー、リバーブどれも結構良い感じにかかります。

dspMixFx画面もDAWの画面と同じようなもので、直感的にコントロールしやすいです。

 

2万円ジャスト…という価格帯を考えると内蔵エフェクトや入出力数など機能性は素晴らしい機種ですね。

競合機種との比較

RUBIX24と競合機種

UR242と主に競合となりそうなのは3機種。

最も機能的に近いのはRoland RUBIX24ですね。

 

RUBIX24は本体操作のみで使えるコンプレッサー/リミッターが魅力。

機能面、コスパはUR242のほうが優れているため、本体操作のコンプが不要な方はUR242が良いでしょう。

 

…で悩ましいのは同じURシリーズであるSteinberg UR22mkIIとの比較です。

UR242のほうがLINE入力が2つ多く、内蔵エフェクトに対応しており、価格差は5,000円です。

 

内蔵エフェクトはなくても、OBS STUDIOAudio Input FXなどの配信ツールを使えば配信でエフェクトをかけることは可能です。

なので、多人数録音をするならUR242。しないならUR22mkIIというのがわかりやすい切り分けですね。

UR242

UR22mkⅡ

Steinberg UR242 まとめ

コップと本

  • 2万円で買える入出力・内蔵エフェクトが充実したオーディオインターフェイス
  • リバーブだけ、かけ録りするのに一工夫が必要
  • 1人で使うならUR22mkII、多人数録音をすることがあるならUR242という切り分けが良い

Steinberg UR242の解説でした。

リバーブの使い方に少し癖がありますが、機能面や音質は2万円にしては非常に充実しています。

ユニットを組んでる方などにはおすすめできる機種ですね。

 

DTMからライブ配信までいろんな場面で万能に使える機種なので、持っていると活動の幅が広がりますね。

Amazonで配信機材を安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

 

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。