10万円以内 アコギ(エレアコ) おすすめランキング ベスト10を解説

アコギを弾く男性

ぎたすけ

予算10万円っていうと、それなりに良いけどプロレベルじゃないって感じかな?

たけしゃん

いや、最近は10万円以内で買えるアコギを使っているプロアーティストは多いよ。実際の使用者とセットで紹介していくね
この記事でわかること
  • 10万円のアコギ(エレアコ)とは
  • 予算10万円のおすすめアコギ(エレアコ) ランキング ベスト10

10万円のアコギ(エレアコ)とは

ギター弾く人

10万円程度のアコギ(エレアコ)というと、高級ギターではないですが質はそれなりに良い…という印象です。

以前ではアマチュアの方で最も使用率の高い価格帯でした。

 

最近では10万円程度のアコギ(エレアコ)をメインに使っているプロアーティストが増えており、各メーカー注力しはじめた価格帯でもあります。

 

よって、初心者の方はもちろん、プロを目指している方も検討すべき価格帯になります。

ランキングに行く前に10万円のアコギ(エレアコ)というのはどういった位置付けなのかをもう少し解説していきます。

10万円のアコギ(エレアコ)の位置づけ

メーカー別 価格帯

補足
この表は各メーカーの通常サイズのギターのみを対象にしています

アコギの主要 5メーカーについて、各モデルの価格帯と代表製品をまとめた表です。

この表からもわかる通りで、10万円のアコギ(エレアコ)の位置づけは

  • 海外メーカー…エントリーモデル
  • 国内メーカー…ミドルモデル

…となっています。

日本に入ってくる海外メーカーは世界的に有名なブランドばかりで安価なモデルは製造していないという事情もあります。

海外メーカーだと、10万円以内で買えるギターは非常に少ないです。

 

よって、予算10万円以内でアコギ(エレアコ)を探す方は国内ギターメーカーを積極的に検討したほうが選択肢は豊富になります。

予算10万円の中古ギター

中古ギターも選択肢に入れると、海外メーカーのエントリーモデルが10万円以内になってくるので選択肢が増えます。

ただし、中古ギターはパーツが消耗していたり、本体に傷がついていたりします。

 

自身で消耗パーツの状態を判断できる人は中古も検討の余地ありです。

ただ、10万円近辺のアコギだと中古でも大きく価格は落ちないので、よほど欲しい製品がない限りは新品を買っておくのが無難です。

10万円のエレアコのピックアップ

メーカー別のピックアップ

最近は需要からもピックアップ付きのエレアコモデルが多いです。

といっても、10万円なので比較的安価で出力も高いピエゾが採用されています。

 

安価で出力が高い代わりにピエゾ独特のジャリッとした音質なので、生っぽさはやや足りません。

この動画ではMartin D-28にFISHMANのピエゾピックアップ搭載のエレアコが使われています。

こんな感じで、少しジャリッとした音になっています。

まあ、悪くはないんですがマイクで拾ったアコギらしい音には勝てません。

 

各メーカーピエゾを使っている中でも、比較的音質が良いのはTaylorとYAMAHAです。

両メーカーともにピエゾっぽさをなくすための工夫を施しています。

エレアコを探している人はTaylorとYAMAHAはチェックしておきましょう。

予算10万円のおすすめアコギ(エレアコ) ランキング ベスト10

ライブしているミュージシャン

それでは、予算10万円でおすすめしたいアコギ(エレアコ)ランキング ベスト10を解説していきます。

プロアーティスト使用者がいる製品については併せて使用者も紹介していきます。

10位 Martin DX1AE

Martin DX1AE

  • サイド&バックにHPLという環境に優しい圧縮木材を使用
  • ドレッドノートサイズ
  • ピックアップ FISHMAN Sonitone内蔵
  • 実売価格 9.6万円程度

Martinのエントリーモデルにあたるドレッドノートギター Martin DX1AE

トップ材:シトカスプルース、サイド&バックにHPLを使用しています。

HPL
ハイプレッシャーラミネート。木材を組み合わせた圧縮合板材のこと

 

ストロークで鳴らした時の音はジャキっとしており、低音もほどほどに軽めなサウンドです。

高音の伸びは控えめで、音のレスポンスは良好。

 

僕はDX1AEの先代であるDX1をサブギターで持っていますが、性質は基本一緒で演奏した動画はこれ。

こういった、カッティング的なフレーズは良い感じです。

逆にゆったりしたアルペジオでは伸びがイマイチ足りません。

ストロークを中心に使う人に最適なギターですね。

 

ピックアップはFISHMAN Sonitoneが採用されています。

コントローラーはVolumeとToneの2系統ついており、出力が高いのでバンドボーカルのギターとしても最適です。

関連記事

Martin DX1(DX1AE)をレビュー。Martinギターのエントリーモデルの実力とは

Martin DX1(DX1AE)をレビュー。Martinギターのエントリーモデルの実力とは

9位 Martin LX1E

Martin LX1

  • 通称リトルマーチン
  • 携帯性に優れたミニギター
  • ピックアップ FISHMAN Sonitone内蔵
  • 実売価格 6万円程度

ミニギターで不動の人気を誇るリトルマーチンこと、Martin LX1E

Martin LX1にFISHMAN Sonitoneをプラスしたエレアコです。

 

通常のドレッドノートと比べると一回り以上小さいサイズ感です。

リトルマーチンとドレッドノート

※左はMartin LXM(LX1Eと同サイズ)、右はMartin DX1

ボディが小さいので低音が薄めのシャカシャカした音質になっています。

ドッシリした音が欲しい人には不向きですが、軽い音質を活かしたリズミカルのストロークは味があります。

 

Martin LX1Eはエド・シーランがメインギターとして使っていることで有名になったギターでもあります。

サイズ感が小さいので、携帯性も良くYouTubeなどの動画撮影でも画角に入れやすいため使いやすいギターです。

 

メインギターとしても使えますし、サブギターとして買っても活用幅が広い便利なギターです。

LX1(アコギ)

LX1E(エレアコ)

関連記事

使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

リトルマーチンリトルマーチンを解説。Martin LX1とLXMの違いや使用感をレビューする

8位 K.Yairi YT-1 VS

K.YAIRI YT-1 VS

  • シダートップのやや珍しいアコギ
  • ドレッドノートとミニギターの中間サイズ
  • 実売価格 8.5万円程度

手工製作にこだわる国内ギターメーカー K.Yairiのエントリーモデル K.Yairi YT-1 VS

トップ:シダー単板、サイド&バック:マホガニー合板という組み合わせです。

 

シダートップのギターはクラシックギターに多く、アコギでは珍しいです。

しかし、最近ではあいみょんをはじめシダートップのアコギを使う人も増えてきています。

 

サイズ感はミニギターを一回り大きくした程度で小さめ。

ですが、鳴りは結構大きくてドレッドノート寄りです。

レスポンスも良く、フィンガースタイルのプレイヤーには好まれそうなギターです。

 

ピックアップは搭載されていないため、エレアコにしたい方は後付けでピックアップを付けましょう。

7位 Takamine PTU121C

PTU121C

  • 国内メーカーTakamineのエントリーモデル
  • やや小ぶりでカッタウェイがついたモデル
  • Takamine製ピックアップ CT-4BⅡ搭載のエレアコ
  • 実売価格 8.3万円程度

エレアコに強い、Takamineのエントリーモデル Takamine PTU121C

Takamineは低価格のギターは作っておらず、8万円台のPTU121Cが安い部類のエントリーモデルに属しています。

 

PTU121Cはドレッドノートよりボディのくびれを強調させており、やや小ぶりなギターとなっています。

高フレットも使用できるようにカッタウェイになっているのも特徴ですね。

 

音質はジャキっとしており、鳴りは控えめ。

音の粒立ちが良いので、ライブでの使い勝手は良さそうなギターです。

 

ピックアップ&プリアンプにはTakamine製ピックアップ CT-4BⅡが採用されています。

3バンドEQとチューナーが内蔵されており、ある程度の音作りはできる仕様です。

 

ピックアップ&プリアンプがしっかりしているため、現場を選ばずに活躍できるモデルです。

路上やライブハウスなどで積極的にライブ活動をしていきたい方は検討いただきたいエレアコです。

6位 YAMAHA CSF3M

CSF3M VN

  • 6万円台でオール単板という驚異のコスパ
  • ミニサイズを一回り大きくしたサイズ感
  • YAMAHA製のパッシブピックアップ搭載のエレアコ
  • 実売価格 6.5万円程度

YAMAHAの隠れたコスパ最強ギター YAMAHA CSF3M

オール単板となると8万円~といったイメージですが、CSF3Mは6.5万円でオール単板&ピックアップ付きという驚異の価格設定です。

材はトップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニーという高級ギター同様の組み合わせ。

 

サイズ感はミニギターとドレッドノートの中間ですが、ミニギターよりです。

ギターのサイズ

縦幅はミニギターより一回り大きいですが、横幅(ボディ幅)はシュッとしており小さいです。

 

音は軽めですが、ブレイシングなどで工夫されておりサイズの割に音量は結構出ます。

そして、低音薄めで音のレスポンスが非常に良いため、音がすごく軽快な印象を受けます。

 

フィンガースタイルと最もマッチしそうですが、最近のポップスは軽めなアコギの音と相性が良いので比較的万能に使えます。

 

ピックアップはYAMAHAのパッシブタイプが搭載されています。

パッシブタイプは電池不要ですが、音量があまり出ません。

小さいライブハウスで弾き語りくらいなら問題ないですが、バンドに入ると音量が足りないのでプリアンプを別途用意したほうが良いです。

関連記事

YAMAHA CSF3Mをレビュー。6万円台で買えるコンパクトなエレアコ

YAMAHA CSFシリーズYAMAHA CSF3Mをレビュー。6万円台で買えるコンパクトなエレアコ

5位 MORRIS M-80 II

M-80Ⅱ

  • 数少ない10万円で買えるオール単板&ドレッドノート
  • 音量&低音が力強いドレッドノートサイズ
  • 実売価格 10万円程度

ソロギタリストやバンドマンに信頼が厚い国内ギターメーカー Morrisがハンドメイドで作っている MORRIS M-80 II

ドレッドノートサイズでトップ:イングルスマン・スプルース、サイド&バック:マホガニーのオール単板。

ペグなどのパーツも良質なものが使われており、10万円以内で、このスペックの高さは他にないですね。

 

音質もドッシリと力強さがあり、音の伸びや鳴りも良好です。

ストローク・アルペジオ共に良い音で鳴ってくれるので、ジャンル問わずに万能で使えるギターです。

10万円とは思えないレベルの高さですね。

 

ピックアップは搭載されていません。

エレアコとして使いたい人は後付けでピックアップを搭載する必要があるので、予算が10万円を超えてしまう…という点を考慮して5位にしました。

アコギだけの質で考えれば、MORRIS M-80 IIが1位でしたね。

4位 Martin Dreadnought Junior

Martin Dreadnought Junior AC

  • 音のバランスが良好な万能ギター
  • ドレッドノートとミニギターの中間サイズ
  • 実売価格 ピックアップ無しが7.5万円、有が9.5万円程度

Martinのドレッドノートを15/16サイズにした、Martin Dreadnought Junior

ミニギターのMartin LX1Eがドレットノートの2/3(10/15)程度のサイズ感なので、一回り大きくしたサイズになっています。

 

トップ材:スプルース単板、サイド&バック材:サペリ単板という組み合わせ。

海外メーカーの10万円未満でオール単板のギターはほぼないので、Dreadnought JuniorはMartinもかなり頑張ってますね。

 

Dreadnought Juniorは中高音がちゃんと出て、低音も出すぎない程度に出てくるので音がまとまってバランス良い響きになっています。

低音を強く鳴らしてかき鳴らすプレイはパワーが足りなくて向いてませんが、逆に細かく刻むとザクザクと鳴って心地良いカッティングになり、オープンコードでは爽快感ある音が出ます。

歌モノの伴奏ギターには最適です。

 

ピックアップは有と無のモデルがあり、有の場合はFISHMAN Sonitoneが内蔵されています。

バンドでも弾き語りでも活用できる、正に万能なギターです。

ピックアップ無し

ピックアップ有り

関連記事

Martin Dreadnought Junior(マーチン ドレッドノートジュニア)をレビュー。10万円で買える手ごろなアコギ

ギターを弾く左手Martin Dreadnought Junior(マーチン ドレッドノートジュニア)をレビュー。10万円で買える手ごろなアコギ

3位 Taylor GS-MINI

GS-MINI 正面

  • スモールギターでは定番の人気モデル
  • ドレッドノートとミニギターの中間サイズ
  • 木材別で4つのバリエーションが用意されている
  • 実売価格 ピックアップ無モデルが8万円、有が9.6万円程度

通常サイズのギターより小さく、ミニギターよりは大きいという絶妙なサイズ感で人気のTaylor GS-MINI

初心者・中級者のメインギター、上級者のサブギターと幅広い層の需要を満たしているアコギです。

 

GS-MINIシリーズは木材別で4つのバリエーションが用意されています。

GS-MINIシリーズ表

人気があるのは各音域のバランスが良い鳴りのGS-MINIと同じくバランスの良い鳴りでピックアップ搭載のGS-MINI-e Walnut

どちらも低音は控えめで、どの音域もバランスが取れた使いやすい音です。

ポップスでもジャズでもブルースでも何でも万能にこなせそうで人気なのも頷けます。

 

サイズ感はミニギターとドレッドノートの中間サイズ。

サイズ比較

グランドシンフォニーシェイプをダウンサイジングしたものなので、ボディのくびれが大きめです。

このボディ形状が良い感じで、サイズの割に音量は出ます。

 

また、GS-MINIシリーズの強みがTaylor独自のピックアップ ES-Bです。

Taylor ES-B

GS-MINI-e WalnutGS-MINI-e Koaの2機種に搭載されています。

ピエゾですが、3つのピエゾセンサーを内蔵させて音を調節しています。

 

ピエゾ臭さがあまりなく、同価格帯のエレアコに搭載されているピックアップと比べてワンランク上です。

10万円以内でライブでもナチュラルなアコギの音が欲しい人にはGS-MINI-e Walnutは強い味方になります。

GS-MINI(アコギ)

GS-MINI-e Walnut(エレアコ)

関連記事

Taylor GS-MINIをレビュー。小さいけど音は本格的なパーラーギター

アコギと靴下Taylor GS-MINIをレビュー。小さいけど音は本格的なパーラーギター

2位 Taylor Academy12e

Taylor / Academy 12e

  • 音は本格的だが、ビギナー向けに配慮されたギター
  • くびれを作ってレスポンスと音量を両立したグランドコンサートシェイプ
  • Taylor製ピックアップ ES-B搭載のエレアコ
  • 実売価格 9万円程度(ピックアップ無モデルは8万円程度)

「ビギナーの方が途中でギターをやめてしまわないように」というコンセプトを基に作られた Taylor Academy12e

プロアーティストも使う本格的な品質を持ちつつ、ビギナー向けに2点の配慮が施されています。

ビギナー向けの配慮

  • 握りやすい細めのナット幅を採用したネック
  • 腕が疲れないようボディにアームレスト部分が作られている

握りやすいネックは細めかつ薄いので、かなり握りやすく作られています。

コードを押さえることに慣れていない人にはありがたい配慮ですね。

左手親指を使った押弦もやりやすいので、手が小さい人にもおすすめです。

 

また、ボディにアームレスト部分はデザイン的にも面白いんですよね。

Academy アームレスト

そして、座って抱えて弾いてみると予想以上に楽です。

長時間ギターを抱えていても、疲れないので自宅でギターを抱えての作曲作業などは捗りそうなギターです。

 

音質はシャカシャカと軽いサウンドです。

ドンシャリなシャカシャカな音でオープンコードのストロークを鳴らすと爽快感が音に出ます。

海岸線をドライブするときに聴くような楽曲にはもってこいですね。

 

ピックアップは有と無で選べますが、搭載されているES-Bはこの価格帯では優秀なピックアップなので有りを選んだほうが良いでしょう。

 

プロアーティストでは関取花さんが Academy12eを使用されています。

初心者が最初に買うギターとしてもおすすめですが、プロアーティストを目指す人にも十分適応する汎用性が高いギターです。

Academy 12(アコギ)

Academy 12e(エレアコ)

関連記事

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

1位 YAMAHA AC3M

  • プロアーティスト使用者も多いエレアコ
  • 中音域が出やすいスリムなカッタウェイボディ
  • YAMAHA製ピックアップ SRT2搭載のエレアコ
  • 実売価格 9万円程度

プロアーティスト使用者が多い、優秀なエレアコ YAMAHA AC3Mです。

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニーでオール単板で優秀なピックアップ搭載。

コスパ・品質・実用性、どの点で見ても優秀なエレアコです。

 

ジャカジャカ弾いた時のパワーはドレッドノートと比べてやや不足しています。

その分、音のレスポンスが良く細かいニュアンスや軽快なストロークは良い音で鳴ってくれます。

昨今のシンガーソングライターのスタイルには相性が良い音質です。

 

また、ピックアップのSRT2が非常に優秀。

ピエゾピックアップで音を拾い、予めレコーディングスタジオで収音されたコンデンサーマイクのギター音とブレンドして出力するデュアルピックアップになっています。

  • A: Volume Control
  • B: Treble Control
  • C: Bass Control/AFR (Auto Feedback Reduction) [PUSH]
  • D: Blend Control/Mic Type Switch [PUSH]

このブレンド機能が弾き語りだと非常に有効です。

マイクの生鳴り感がブレンドされて、自然で心地よい音質になります。

 

出力もしっかり出るので、バンドの中にはいっても全然問題ありません。

AC3Mの使用者

  • 中島みゆき
  • MADOKA(たんこぶちん)
  • 山崎あおい
  • 弓木英梨乃(KIRINJI)

ライブハウスや自宅からの配信など、いろんな場面で使える安定の1本です。

予算10万円のアコギ(エレアコ)選び まとめ

ノートとペン

  • 海外メーカーでは10万円以内のアコギ(エレアコ)は少ない
  • 10万円以内のエレアコならTaylor、YAMAHAのピックアップが優秀
  • 最近は10万円程度のアコギ(エレアコ)を使うプロアーティストが増えている

ぎたすけ

確かに10万円のエレアコでも全然いけそうな感じするな!

たけしゃん

今は10万円くらいのギターの需要が高いから、各メーカーさんも力を入れている感じがするね

予算10万円のアコギ(エレアコ)おすすめランキングでした。

改めて、ランキングを振り返ってみましょう。

こうみると、やっぱり各メーカー力を入れてる感じがありますね。

特にMartinなんて、少し前までは20万円近く出さないと買えるギターがありませんでしたからねぇ。

 

僕のおすすめは

…と言った感じですね。

初心者の方で最初に10万円出すのは厳しいかもしれませんが、本気で音楽活動するつもりなら逆にこの価格帯を買っちゃったほうが楽です。

 

プロアーティストで10万円のギターを使っている人もデビュー時に買ったというより、アマチュア時代から使い続けてる…って人が多いですからね。

10万円出せれば、長い付き合いができるギター手に入ります。

ぜひ、本記事を参考に検討してみてください。

音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。