あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

Roland(ローランド)Rubix22をレビュー。オーソドックスな1万円台のオーディオインターフェイス

ピアノとPC

評価:3

ぎたすけ

Rubixも楽器屋でよく見るオーディオインターフェイスだよな

たけしゃん

そうだね。Steinberg URシリーズと並んで安いオーディオインターフェイスでは定番だからね

飛ばし読みガイド

Roland(ローランド)Rubix22

  • コンボジャック2つの使いやすいオーディオインターフェイス
  • PC、iPad、iPhoneのどれでも動作
  • Ableton Live Lite 付属

オーディオインターフェイスでは定番のメーカー Rolandのエントリーモデル RUBIX22

エントリーモデルですが、機能をそこまで切り詰めてはおらず。

DTMや配信で使うのに適した機能を搭載しています。

 

また、デザインもカッコよくLEDの位置でボリュームツマミがわかりやすくて良いです。

RUBIXシリーズのエントリーモデル

RUBIXシリーズ比較

RUBIXシリーズはUAシリーズの後継として生まれたシリーズです。

基本機能は継承しつつ、低ノイズで堅牢な設計に重きを置いています。

 

RUBIX22は下位のエントリーモデル。

…といっても、アナログ入出力は割と充実しています。

その分、エントリーモデルとしては他のメーカーよりやや値段が高めです。

2IN 2OUT

  • XLR・LINE両対応のコンボジャック ×2
  • MIDI入出力
  • LINE OUT ×2

XLR・LINE両対応であるファンタム電源対応のコンボジャックが2つ付いています。

エレキギターなど向けのHi-Zに対応しているのは左側のみ。

 

ボーカル、ギター、ソフトウェア音源といったオーソドックスなDTMなら困ることはないですね。

もちろん、ライブ配信もコンボジャックが2つあれば十分です。

ループバック機能はなし

配信で便利なループバック機能はついていません。

BGMやオケを流したい場合はOBS STUDIOAudio Input FXなどの配信ツールを使いましょう。

Roland Rubix22をレビュー

打ち合わせ

はじめに総評すると「安くて品質良いオーディオインターフェイスだが競合と比べていまひとつ」です。

実売価格で1.7万円にしては入力端子もコンボジャック ×2で音質も良い。

 

少し前ならこの安さでこの品質ってすごっ…となっている機種。

なんですが、競合機種が同じようなレベルで更に安いんですよね。

音質はフラットで低ノイズ

UAシリーズの時は低音が強いイメージがありましたが、RUBIXはフラットです。

ノイズも少ないし、綺麗に録れて使いやすい。

 

UAのときよりも音が良いと感じました。

DTMで使っても、配信で使っても満足いくレベルです。

 

更に良い音質を…と求めるなら5万円以上は覚悟したほうがいいので、1万円台なら文句ないです。

コンボジャック 2つは便利

XLRとLINEの両端子を兼ねるコンボジャック 2つは汎用性が高いです。

弾き語りでのレコーディングはもちろんのこと、インストのギターデュオなども対応できます。

 

ギター弾き語りでのレコーディングも音質にこだわっていくと、最終的にはコンデンサーマイク 2本に行きつきます。

歌とギターをバラで録るとしても、ギター録りでオンマイク・オフマイク 1本ずつとか立てたくなりますからね。

 

コンボジャック 2つあると自由度が全然違いますね。

ボーカリストやシンガーソングライターが使うに入力端子で困ることはないでしょう。

配信時のBGMやエフェクトは配信ツールを利用

配信するときにBGMを流したり、エフェクトを加える場合は配信ツールが必要です。

OBS STUDIOあたりで設定すれば良いでしょう。

 

配信ツールが使えない…といった状況であれば、YAMAHA AG03にしておきましょう。

ループバック機能と内蔵エフェクト機能があるので、オーディオインターフェイスだけで色々できます。

コスパはRUBIX24

※Roland Rubix24

5,000円ちょっとプラスすれば、上位機種であるRUBIX24も選択肢に入ります。

RUBIX22⇒24での変更点

  • 出力数が4OUTに増加
  • ループバック機能に対応
  • コンプレッサー/リミッターが内臓

ループバック機能とコンプレッサー/リミッター内臓になるのは大きいです。

5,000円差なので、予算が捻出できるなら頑張ってRUBIX24を買ったほうが将来的に役立ちます。

RUBIX22

RUBIX24

競合機種との比較

UR22mk2 比較表①

競合機種となりそうなのは3機種。

Steinberg UR12YAMAHA AG03はマイク端子が1つしかないので、RUBIX22とは若干違いがあります。

 

真っ向からの競合となるのはSteinberg UR22mkIIです。

…で正直なところ、分が悪いです。

Steinberg UR22mkIIはループバック機能が付いており、RUBIX22より実売価格で2,000円ほど安いです。

音質差も好みの問題といったレベルです。

 

RUBIX22を選ぶとすると、DAWソフトはAbleton Live Liteが良いという人くらいかなと。

ダンスなどクラブミュージック系はAbleton Liveが定番なので、リズムマシーンを活用する人は相性良いDAWです。

補足
UR22mkIIの付属DAWはCubase AIです

RUBIX22

UR22 mkⅡ

Rubix22におすすめのマイク

AT2020

RUBIX22とセットで買うマイクとして、おすすめな製品はズバリ audio technica AT2020です。

1万円ジャストで買える人気のコンデンサーマイクですね。

 

ライブ配信はもちろん、歌ってみた動画の製作などにも活用できるので非常に便利。

実際に録ってみた音はこんな感じ。

補足
ボーカル・ギターをそれぞれ、AT2020で録っています

音質はaudio technicaらしく、癖もなくフラットに調節されています。

癖がないので使いやすいエントリーモデルのマイクです。

 

RUBIX22audio technica AT2020をセットで買っておけば、音楽系の用途であれば大半のことはできるようになります。

AT2020

RUBIX22

Roland(ローランド)Rubix22 まとめ

PCとオーディオ機器

  • 1万円台後半で汎用性の高いコンボジャック2つを備えたオーディオインターフェイス
  • 音質や使い勝手は良好
  • 良い製品だが競合機種や上位機種と比較すると、やや物足りない

ぎたすけ

ふ~ん、値段や機能だけ聞いてると、すごく良い感じなのに競合と比べて弱いんだな

たけしゃん

それだけ、オーディオインターフェイス市場が発展していて各メーカー頑張っているってことなんだろうねぇ

RUBIX22の解説でした!

競合と比べて、やや弱い…という面は否めないですけど、それでも良い製品です。

1万円台のオーディオインターフェイスはほんとに選択肢が豊富ですね。

 

ルックスも良い感じで頑丈な機種です。

クラブミュージックやEDMなどを製作したい方はぜひチェックしてみてください。

オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2019】初心者向けに選び方やポイントを解説 コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2019年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク ランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルに限定して解説 マイク弾き語り配信に必要な機材と選び方・おすすめの製品を解説