Steinberg UR12を解説。安くて機能が充実したオーディオインターフェイス

音楽制作環境

ぎたすけ

オーディオインターフェイスってDTMやるときに使う機会だよな

たけしゃん

そうだよ。UR12は安くて機能面も十分だから弾き語りすとで使っている人が多いね
この記事でわかること
  • Steinberg URシリーズの種類
  • Steinberg UR12のレビュー
  • 競合機種との比較

Steinberg UR12

UR12

  • 1万円で買える高音質のオーディオインターフェイス
  • 配信で使えるループバック機能付き
  • Cubase AIが付属

1万円程度で買えるオーディオインターフェイスのエントリーモデル、UR12

小さいボディに配信やDTMをやるのに必要な機能を詰め込んだ人気モデルです。

 

付属にCubase AIが付いているので、PCを使っての楽曲制作を行うことができます。

Steinberg URシリーズのエントリーモデル

URシリーズ一覧

Steinberg URシリーズは全部で6機種。

それぞれの特徴を簡単に書くと…

  • UR12…最低限の入出力端子に絞ったエントリーモデル
  • UR22mkⅡ…マイク接続やMIDI入出力が増えたDTMer向けのベーシックモデル
  • UR242…入力数4つに増やしてエフェクト機能と搭載したモデル
  • UR28M…出力数・モニターコントロール機能を強化したモデル
  • UR44…入出力数を増やして機能性を高めたモデル
  • UR824…プロユースにも応えられるモデル

この中でUR12はマイク入力端子が1つ、LINE端子が1つの2IN 2OUTという最小構成のエントリーモデル。

ボーカルや弾き語りのシンガーソングライター向けの機種と言えます。

 

URシリーズは5,000円刻みでランクが上がっていき、主に入出力数が増えていきます。

自身の活動内容を考えて、機種を選ぶようにしましょう。

2IN 2OUT

UR12

入力端子

  1. ファンタム電源対応のXLR端子(マイク)
  2. LINE端子(ギターなど)

 

入力端子はマイクなどを接続できるXLR端子と楽器を接続できるLINE端子が1つずつ。

なので、「マイク × エレアコ」「マイク × キーボード」といった弾き語り向けのセッティングが可能です。

 

逆にマイク 2本は接続できないため、ボーカル・ギターそれぞれをマイク録音することはできません。

弾き語りでマイク 2本立てることがあるなら、1つ上のUR22mkⅡを買いましょう。

UR22mkⅡ

ループバック機能

ループバック機能

ライブ配信で使う機能でステミキと呼ばれるものです。

PC内で流しているBGMとマイクからの入力音をオーディオインターフェイスを介して配信で流すことが可能です。

 

喋っている時に効果音を出したり、BGMを流したり…と活用範囲は広いです。

配信をしたいと考えているなら、ループバック機能は必須と言ってもいいくらいの機能になりつつありますね。

iPad / iPhone 接続可能

UR12

UR12はiPhone、iPadに接続して使用することが可能です。

接続には別途、Apple iPad Camera Connection KitもしくはLightning – USB カメラアダプタが必要です。

 

最近はスマホやタブレットで音楽制作や配信する人が増えていますから、嬉しい対応ですね。

Steinberg UR12をレビュー

ノートPC

はじめに総評すると「マイク 1本ならこれで十分。長い目で考えるならUR22mkⅡにしたほうがよい」です。

 

コンデンサーマイク&エレアコ or キーボードでの弾き語りなどであれば、UR12で十分です。

1万円とは思えない音質なので、コスパも非常に良いです。

 

ただ、拡張性が低いのでDTMを深くやっていきたい人やコンデンサーマイク 2本を使った弾き語り録音をしたい人はUR22mkⅡにしておきましょう。

音質は十分

マイク接続端子にはYAMAHAのプリアンプD-Preが採用されています。

YAMAHAのミキサーなどに使われている定番のマイクプリです。

 

そんなわけで音質的には十分で綺麗でちゃんと太い音が出力されます。

1万円と安い機材ですが、配信やボーカル録りで使って心配はありません。

マイク端子 1つは微妙

ギター弾き語りを録るなら、コンデンサーマイク 2本が音質的には望ましいです。

なので、突き詰めていくとファンタム電源対応のマイク端子は2つ欲しいです。

 

ただ、突き詰めていくと…という話なので必須ではありません。

実際に弾き語り動画を撮っている人でも歌とギターを別撮りしている人は多そうですし、それならマイク 1本あれば可能ですしね。

 

なので、将来的にどこまでこだわるか?でUR12UR22mkⅡのどちらを選ぶかが変わります。

  • 当面マイク 1本で大丈夫⇒UR12
  • 将来的にコンデンサーマイク 2本使う⇒UR22mkⅡ

どちらか検討しましょう。

ちなみに僕の経験上はギター弾き語りをコンデンサーマイク 2本録りする以外はマイク端子 1つで足りてます。

MIDI入出力なし

MIDI入出力がありません。

最近はUSB接続がメインでMIDI入出力なくても困らない人が多そうですが…。

 

もし、自身のキーボードなどをMIDI端子で接続したい方はUR22mkⅡを選択しましょう。

リアルタイムエフェクトは配信ツールを利用

ループバック機能に対応しているので、リアルタイムエフェクト自体はDAWを介してかけることは可能。

…ただ、マイクの入力ルートとループバック後の入力ルートが同一なせいで、音がループしてハウリングを起こします。

 

なので、OBS STUDIOAudio Input FXなどの配信ツールを使ってエフェクトをかけましょう。

補足
Audio Input FXは試用版なら無料で使えます

 

また、オーディオインターフェイスだけで手軽にやりたい人はエフェクト内蔵型のYAMAHA AG03を選択しましょう。

安く高品質で歌ってみた動画を作るならUR12

AG03比較

UR12と競合となるのはここまででも登場した、YAMAHA AG03UR22mkⅡ

そして、AG03の上位機種であるAG06

 

この4機種は割とすみ分けができており、こんな感じです。

  • 費用を抑えたい…UR12
  • コンデンサーマイクを2本同時に使いたい…UR22mkII
  • ライブ配信で簡単にエフェクトを使いたい…AG03
  • ギター&ピアノユニットでライブ配信したい…AG06

UR12は機能面では他の機種に劣りますが、価格が安くて歌ってみた動画や実況自体は十分できるのが強みです。

 

自身のやりたいことがUR12だけで実現できる人は多いので、ほんとに上位機種の機能が必要か検討すると良いでしょう。

UR12 まとめ

たくさんのペン

  • 1万円で買える機能を絞った高品質のオーディオインターフェイス
  • 自分が使いたい機能があるかはちゃんと確認すべし
  • +5,000円出せればYAMAHA AG03UR22mkⅡも検討すべし

UR12の解説でした。

改めて、競合機種とのすみ分けをまとめると…

  • 費用を抑えたい…UR12
  • コンデンサーマイクを2本同時に使いたい…UR22mkII
  • ライブ配信で簡単にエフェクトを使いたい…AG03
  • ギター&ピアノユニットでライブ配信したい…AG06

こんな感じです。

UR12は最低限必要な機能だけに絞って、安くて品質が良い…というのがウリです。

 

本記事のレビュー内容を改めて確認していただき、自身のやりたいことが実現できるかを確認しましょう。

配信や動画を見ていても、割と実現できる人は多いです。

Amazonで配信機材を安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

 

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。