あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

ポケット版 ギター コードブックをレビュー。ミニサイズでギターケースに入れやすい

ポケット版ギターコードブック

ぎたすけ

ギターコードブック持ち歩くもんなの?

たけしゃん

うーん、持ち歩いているときはあったけど使うことはあんまりないかも
この記事でわかること
  • ポケット版 ギター コードブックの概要
  • ポケット版 ギター コードブックのレビュー

ポケット版 ギター コードブック

ポケット版ギターコードブック 表紙

  • ポケットサイズでスマホレベルの大きさ
  • コードフォームは全部で1704パターンと小さい割に情報量豊富
  • ギュッと詰まってる分、字や図はかなり小さめ

YAMAHAが出したポケットサイズのギターコードブック、ポケット版 ギター コードブックです。

すごい小さいですが、全1704パターンのコードフォームが掲載されているので情報量はかなりのものです。

 

ギターケースや鞄に入れて持ち歩きやすいのが強みですね。

ポケットサイズでとにかく小さい

iPadと大きさ比較

※iPad 9.7インチとの大きさを比較

ポケット版 ギター コードブックはスマホ並みの大きさです。

服のポケットにも余裕で入ります。

 

携帯性でいうと、ポケット版 ギター コードブックは最強でしょうね。

コード掲載パターン

ポケット版ギターコードブックのサンプル

※Amazon 商品紹介ページより

1キーあたり、28コード。

1コードあたり、4フォーム(たまに3フォーム)。

情報量自体はかなり多めです。

ポケット版 ギター コードブック レビュー

ポケット版 ギター コードブック 表紙

始めに総評すると「携帯用にはいいけど、全体的に中途半端」です。

ポケットサイズにかなりの情報量を詰め込んだせいもあり、かなり小さくて見づらいです。

 

…で詰め込んだ情報量も本自体が小さいので、情報量をウリにしている大きめの本と比べるともちろん少ないです。

情報量を減らして表記サイズを大きくすればよかったのになぁ…と感じました。

 

…といっても、携帯性高く、情報量もある程度は欲しい…という要望の方にはマッチするコードブックです。

文字や図が小さい

本のサイズ自体が小さいので、掲載されている文字や図もかなり小さいです。

口コミを見ても図が小さすぎて、目が悪い人には辛い…という意見が書かれています。

 

小さい文字が苦手な方は大きく見やすい! ギターコードブックにしておきましょう。

タイトルの割にサイズは小さめですが、情報量を減らして文字や図を大きくしたコードブックです。

コードの情報量は多め

定番のコードから複雑なテンションコードまで一通り網羅されています。

コードフォームは3~4パターン掲載されています。

 

中級者まではポケット版 ギター コードブックを1冊持っていれば、コードの情報が足りないということはないでしょう。

コードの基礎知識が掲載

コードに関する基礎知識が約20ページにわたり、掲載されています。

初心者向けの基本の基本レベルが載っている程度なので、音楽理論を学びたい人は別途、理論本を買いましょう。

 

おすすめはギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルールです。

音楽理論がポップに表現されていて、理解しやすいです。

オンコードも掲載されている

各キーごとに代表的なオンコードが12種類掲載されています。

オンコードって良く使う割には情報が少ないので、ありがたいですね。

 

ただ、ミドル~ハイポジションのフォームが多いです。

アコギで実用的なオンコードって、ローポジションが多いので使い辛いですね。

…といっても、ミドル・ハイポジションのオンコードを知っておいて損はありません。

ポケット版 ギター コードブック まとめ

本を読んで勉強する人

  • スマホ並みのサイズにギターコードがびっしり書かれた本
  • 小さいわりに情報は豊富
  • 字や図がかなり小さくて目が悪い人には辛い

ぎたすけ

目が良い人にはすごくおすすめって感じ?

たけしゃん

僕は目が良いけど、大きく見やすい! ギターコードブックのほうが使いやすいと感じるね。やっぱり持ち歩く人用だよ

ポケット版 ギター コードブックのレビューでした。

持ち歩く人用のギターコードブックって感じですね。

 

自宅で使うのがメインの人はもっと字や図が大きいものを買ったほうがストレスないです。

逆にギターケースに潜ませておく…などするには最適なコードブックです。

関連記事

ギターコードブック おすすめランキングベスト5を解説

たくさんの本ギターコード本(コードブック) おすすめランキングベスト5を解説