あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

Planet Waves by D’Addario NS CAPO(PW-CP-02)をレビュー。細かいネジ調節が可能なカポ

NSカポ

評価:3.5

ぎたすけ

あんまり、見ないカポタストだな。有名なの?

たけしゃん

中川イサトさんが使っているからソロギタリストの中では有名みたいだけどね。シンガーソングライターだと使っている人は少ないね
この記事でわかること
  • NSカポの特徴
  • NSカポのレビュー

NSカポ(PW-CP-02)

NSカポ

Planet Waves by D’Addarioが販売するNS Capo PW-CP-02。通称、NSカポです。

著名なデザイナーであるNED STEINBERGERがデザインしたスタイリッシュな見ため。

小さくて軽量で持ち運びの便利なボディが特徴です。

 

割と昔から存在するカポタストで中川イサトさんやおおはた唯一さんが使用されています。

PW-CP-02の使用者

  • 中川イサト
  • おおはた雄一
  • 石川鷹彦
  • 住出勝則

NSカポの種類

結構色んな種類が発売されていますね。

 

Liteが付くものはカポタストの素材を高品質アルミニウムからABS樹脂素材に変更することで軽量化したモデルになります。

ただ、通常モデルの時点で23gとカポタストの中でも最も軽い部類なので大して違いはありません。

高品質アルミニウムのほうが頑丈で持ちが良いので通常版が堅い選択肢です。

 

ドロップチューニングは1~5弦に付けられるサイズ感になっており、2フレットにつけるとドロップチューニングとなる特殊カポタストです。

 

この先は最もオーソドックスで使用者が多い、アコースティックギター用のカポタストに絞って解説を進めていきます。

NSカポ(PW-CP-02)のカラー

アコースティックギター用のNS Capo PW-CP-02のみカラーが4種類用意されています。

使いやすいのは何といっても、シルバーですね。

光沢感も自然で程よい存在感です。

NSカポ(PW-CP-02)の使い方

NSカポ 前面

使い方はいたってシンプル。

ギターのネック部分に取付けします。

後方部分に絞め具合を調節するネジがあるので、ネックにピタッとはまるまでネジを締めるだけです。

NSカポ 後方

ワンタッチタイプではないため、毎回ネジを締める手間が発生します。

その分、ネックには優しく絞め具合を毎度調節するため、自分の好みに合わせられるというメリットはあります。

 

ネジの絞め具合はかなり細かく調節できるため、ソロギタリストの方が好むのもわかりますね。

NSカポ(PW-CP-02)をレビューする

NSカポ

たけしゃん

音も良く、ネジ調節をちゃんとすればチューニングの狂いも少ない優秀なカポです。ただ、取付はやや手間ですね

それでは、NS Capo PW-CP-02をレビューしていきます。

総評すると「毎度のネジ締めが面倒だが、ルックス、軽さ、音質どれも良好。」です。

 

ネジ締めが毎回あるのが面倒ですね。

それ以外は非の打ち所がないカポタストです。

取付け時のルックスは◎

NSカポ 前面

サイズ感が小さいので綺麗にギターネックに収まります。

出っ張って目立つところもなく、良い感じです。

 

SHUBB C-1以上にギターネックにスッポリとハマるので、トップレベルに好きなルックスですね。

高音の伸びは良好

ネジの絞め具合にもよりますが、チューニングに影響が少ないレベルの絞め具合でも音の響きは良好です。

特に高音の伸びはカポタストを付けても失われずに自然な鳴り方をしてくれます。

 

カポタストによる音質変化が気になる方はNS Capo PW-CP-02G7TH PERFORMANCE 2 CAPOを試してみると良いでしょう。

取付けは面倒だが握力不要

NSカポ 後方

毎回ネジをそこそこ締めないといけないのが面倒ですが、取付・取り外しに力はいりません。

握力が弱い女性やお子さんでも扱いが非常に楽です。

 

絞め具合も調節可能なので、弦のテンションをどのくらいにするか選べます。

逆に言うと毎回ネジを締めるので、弦のテンションが一定になりません。

 

好みが細かい職人肌の方には合いますが、ザックリやる人にはあまり向かないカポタストです。

チューニング変化

機種名123456
G7th-1-2
C-1+1-2-1+1+1
KG6+1+1-2-2+1+2
PC-6+1+1+1
Nash+2+1+2+2+1+1
CP10+1+2
トリガー+1+1+1+1+2+1
TypeR+2+1
NS+1+2
ビクター+1+1

テスト環境

ネジの絞め具合によって変わるので、3回テストしましたが結果は一緒でした。

チューニング変化の少なさはトップタイで狂いは非常に少ないです。

前評判通りでしたね。

 

高音の伸びも良好なので、音に関する点においてはトップレベルの品質と言えます。

曲中でのカポ移動は無理

ネジを締めて、緩めて…という着脱方法なので曲中でのカポ移動は無理です。

他の楽器もいて、しばらく休み…と言う状況ならもちろんいけますが、1小節やそこらでは厳しいので現実的ではありません。

 

なので、曲中のカポ移動が必要な方はクリップタイプのカポタストを使うか、カポ移動曲専用としてグライダーカポを用意しましょう。

関連記事

一瞬でキーチェンジ!グライダーカポの使い方を解説しつつ、レビューする

グライダーカポをレビュー。瞬時にフレットを移動できるローリングカポタスト

ギターヘッドにはつけられるがネジ締めが面倒

ギターヘッドとカポタスト

カポタスト不使用時はギターヘッドに付けられます。

しかし、ギターヘッドは細いのでネジ締めがガッツリ必要で面倒です。

 

ライブ中はとてもやってられないので、マイクスタンドにひっかけるか、ポケットにしまうのが安全です。

まあ、小さいのでギターヘッドに付けられなくても取り扱いで困ることは少ないです。

NSカポ(PW-CP-02) まとめ

NSカポ

  • デザイン性に優れていて、軽くて小さいカポタスト
  • 取付・取り外しに毎回ネジ締めと緩める作業が発生するのが手間
  • 音の伸びやチューニングへの影響は非常に少ない

ぎたすけ

ネジ締め作業が苦じゃなければ、すごくいいカポタストってことだな

たけしゃん

そうだね。僕は面倒だからメインにはしないかなぁ。SHUBBとかに慣れちゃうと毎回ネジ締めてるのはわずらわしく感じちゃうな

NS Capo PW-CP-02のレビューでした。

ネジ締めが面倒なものの、ソロギタリストに愛される理由が良くわかる高品質なカポタストでしたね。

 

改めて、カラーバリエーションをまとめます。

NSカポのカラーバリエーション

デザインの良さが際立つのはやっぱり、シルバーですね。

ネジの絞め具合にはこだわりたい…という職人の肌のプレイヤーにはおすすめのカポタストです!

関連記事

おすすめのギター用カポタスト ベスト10をランキング形式で解説【プロアーティスト使用カポも紹介】

カポタスト解説カポタスト おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティスト使用カポも紹介】