マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説

コンデンサーマイクとケーブル

ぎたすけ

マイクケーブルって音に影響がありそうな気はするけど、そんなに気を使ったことないな

たけしゃん

そうだねぇ。マイクケーブルは音に影響するから、こだわる人はプラグまでこだわるよ
この記事でわかること
  • マイクに使うケーブルの種類・長さ
  • おすすめのマイクケーブル ランキング ベスト5
  • 用途が特殊なマイクケーブル

マイクに使うケーブル

ダイナミックマイク

マイクの接続に用いるのはXLRケーブル(オスーメス)です。

ライブハウスやリハーサルスタジオでは通称、キャノンケーブルと呼ばれることが多いです。

MEMO
米キャノン社(カメラメーカーとは別)が開発したことから、キャノンケーブルと呼ばれている

バランス接続と呼ばれる、ノイズに強い方式を取っており、オーディオ関連機器には良く使用されます。

 

また、ミキサー、オーディオインターフェースなどからマイクに電源供給(ファンタム電源)することが可能なケーブルです。

XLRケーブル(キャノン)のオスとメス

ATL458A

XLRケーブル(キャノン)にはオスとメスがあります。

上記画像では手前の3つ穴が空いているタイプがメス、奥がオスです。

 

マイクの接続に使うのは両端がオスとメスで分かれるオスーメスタイプです。

オスーメスタイプ以外のものも販売されていますが、オーディオ機器の接続など用途が異なりますので注意しましょう。

マイクケーブルの長さ

各メーカーによって、違いはありますが多いのはこのパターン。

  • 1.5m…短い距離の機器接続に使う
  • 3m…マイクケーブルにちょうど良い、使いやすい長さ
  • 5m…やや長いが接続機器が離れていても対応できて万能
  • 7m以上…長くて個人ではあまり使わない

個人でマイクケーブルとして所有するなら、おすすめは3m。

5mはリハーサルスタジオなどで接続機器が離れていても届くので万能ですが、自宅で利用するには長くて邪魔です。

逆に1.5mはかなり短いため、3m以外を選ぶ人は使用環境が明確で限られた人だけです。

 

ちなみにスピーカーなどオーディオ機器の接続にステレオで2本使う時は長さを揃えましょう。

同じケーブルを使っても、長さが違うと出力が変わるので音量を揃えるのが面倒です(経験談)。

マイマイクケーブルの使用場面

マイマイクケーブルを使用する場面は主に宅録や自宅でのライブ配信です。

 

ライブハウスではステージ裏から遠い距離伸びてきている場合が多く、自身のマイクケーブルを使い辛い環境なことが大半です。

また、リハーサルスタジオでもミキサーまでの距離が遠く長めのケーブルが必要になることは多いです。

 

かといって、ライブハウスやスタジオで使うレベルの長さを買うと、自宅では長すぎて邪魔です。

よって、ライブハウスやスタジオではお店のケーブルを使用し、マイマイクケーブルは自宅用と割り切ったほうが効率良いです。

製造メーカーと販売メーカーが違うことがある

マイクケーブルで混乱してしまいがちなのが製造メーカーと販売メーカーの違いです。

例えば、BELDENのマイクケーブルをよくわからないメーカーが販売していることが多々あります。

これは偽物などではありません。

 

BELDEN自体は自社のケーブルをメーター単位で切り売りしています。

…で切り売りされているケーブルを各社が購入し、プラグを半田付けして再販しているだけです。

 

プラグによって、接続部分の安定度や音質が違ったりするため、こだわる人も多いです。

また、自身の希望する組み合わせがない人は切り売りケーブルとプラグを単体購入して自作する人もいるほど。

再販や自作のケーブルではNEUTRIK(ノイトリック)のプラグが使われていることが多いです。

おすすめのマイクケーブル ランキング ベスト5

マイクとケーブル

たけしゃん

マイクケーブルは頻繁に買い替えるものでもないので、少し高くても良いものを買って、長い期間使うスタンスがおすすめです

それでは、おすすめのマイクケーブルランキングをご紹介していきます。

選定基準は自宅での宅録(DTM)、音楽系のライブ配信で使用することを想定したケーブルです。

 

マイクケーブルは基本的に定番メーカーが強く、コスパ、品質、音質とどの点もレベルが高い定番品が揃っています。

やたらと安いケーブルにさえ手を出さなければ、どれを選んでも失敗することはほぼありません。

 

また、自宅使用であればスタジオやライブハウスと比べて消耗が少ないため、長年使えることが多いです。

少し高めでも、音質が良いケーブルを買って長い期間使うのが有効です。

 

逆に安いケーブルは音質的には割と良いものの、プラグの大きさや方向が若干変で接続がし辛いものが多いです。

プラグが変なものを長年使うとマイクやオーディオインターフェース側の接続部分も変形する危険があるため、長い目で見るとケチらないほうがいいです。

本記事では定番メーカーを中心に安心、安定の製品に絞ってランキングを作っています。

5位 OYAIDE(オヤイデ) PA-02

OYAIDE PA-02

PA-02の評価
音質
(5.0)
使いやすさ
(2.5)
丈夫さ
(5.0)
総合評価
(3.0)

高級オーディオケーブルでは定評のあるオヤイデのPA-02です。

僕の家で長いこと、メインで使っているマイクケーブルです。

メーカーには記載がないですが、僕の家の製品だとスイッチクラフト製プラグがついています。

 

音質は文句ないです。

ノイズは全く感じない、クリアかつ太い音で出力されます。

他のオーディオ機器用に持っているCANAREのケーブルと付け替えると、音の違いがわかるレベルです。

 

ただ、ケーブル自体の性質はかなり硬めで柔軟性がありません。

ケーブルに癖がつかないのは良いですが、硬くて部屋の中を這わせるのは厳しいです。

その分、造りは頑丈。僕は10年以上使ってますが未だにバッチリ現役です。

 

また、質はすごく良いですが他のケーブルと比べて価格が倍以上(3mで8,000円程度)します。

僕のように10年以上使えば、結果的には安かった~なんて言えますが、音質へのこだわりと覚悟がないと厳しいですね。

正直なところ、2~3万円のマイクやオーディオインターフェースなら、ケーブルでここまで頑張る必要もない気がします。

4位 MOGAMI 2534

MOGAMI 2534

2534の評価
音質
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
丈夫さ
(4.0)
総合評価
(3.5)

マイクケーブルの定番メーカー、MOGAMIの2534

MOGAMIのケーブルにNEUTRIK(ノイトリック)のプラグが使われています。

 

音質は可もなく不可もなく、癖のない音で出力されます。

リハーサルスタジオやライブハウスでよく使用されるケーブルなので柔軟性が高く、丈夫な造りです。

 

最近ではリハーサルスタジオやライブハウスといった現場ではCANAREやaudio-technicaをよく見る気がしますが、MOGAMIも品質的には全く負けていません。

MOGAMIを選ぶべし!というほど推すポイントもないですが、標準的で間違いないケーブルではあります。

3位 CANARE EC03

EC03-B

EC03の評価
音質
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
丈夫さ
(5.0)
総合評価
(4.0)

音楽用のケーブルでは定番メーカーであるCANARE EC03です。

CANARE製のケーブルにNEUTRIK(ノイトリック)のプラグが使われています。

 

リハーサルスタジオやライブハウスなどで、良く使われる定番ケーブルです。

音質は癖なく原音に忠実に出力されます。

 

ケーブル自体は曲がり癖が付きにくくなっていますが、柔らかく柔軟性は高いです。

造りも丈夫でしっかりしています。

僕も自宅でミキサーとスピーカーの接続に使っていますが、10年以上使っていて交換したのは1本だけです。

 

コスパが良く、万能で使いやすいものを求めている方にはおすすめのケーブルです。

2位 audio-technica  ATL458A

ATL458A

ATL458Aの評価
音質
(3.5)
使いやすさ
(4.5)
丈夫さ
(4.5)
総合評価
(4.5)

リハーサルスタジオやライブハウスなどで、見る機会が多い audio-technica  ATL458Aです。

ギターシールドだとCANAREのほうがシェア率は高そうですが、XLRケーブルだとaudio-technicaのほうが高いかもしれません。

それくらい、色んな現場で使われているXLRケーブルです。

 

色んなところで使われているだけあり、音質も良好で癖なく、綺麗に出力されます。

ケーブルの質も柔らかく、プラグ部分もしっかりしているのでマイクやオーディオ機器との接続も良好です。

もちろん、丈夫で故障しにくいケーブルです。

 

マイクケーブルで何を買おうか迷ったら、とりあえずaudio-technica  ATL458Aを買っておけば間違いないです。

初心者から上級者の誰にでも勧められる、万能かつコスパの良いマイクケーブルです。

1位 BELDEN EC-1192A

EC-1192A

EC-1192Aの評価
音質
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
丈夫さ
(4.0)
総合評価
(5.0)

高音質なケーブルで定番のBELDENからマイクケーブル用のEC-1192Aです。

♯1192のケーブルにNEUTRIK(ノイトリック)のプラグが使われています。

 

中音域が強く、太くてパワーがある♯8412と比べるとクリアで癖のない音が特徴です。

マイクケーブルとして使うなら、癖があまりないけどクリアでしっかりと出力してくれるケーブルが良いのでEC-1192Aは最適なケーブルです。

 

ケーブルも柔軟性がそこそこあり、自宅での使いまわしも良好です。

ケーブルもプラグも、しっかりした造りで丈夫かつ接続も安定しています。

 

値段もBELDEN製にしては安くて、audio-technicaやCANAREと大差ありません。

音質はEC-1192Aのほうが明瞭なので、スタジオなどに比べて消耗が少ない自宅用のマイクケーブルならEC-1192Aはベストな選択肢になる方は多いです。

用途が特殊なマイクケーブル

コンデンサーマイク

ボーカルマイクの需要は年々広がっており、XLRケーブルの接続プラグも併せて多様化しています。

本章では一般的に使われる、XLRケーブル(オス-メス)タイプ以外のケーブルについても触れていきます。

XLRメス & USBケーブル

USBマイクロフォンケーブル ケーブル

XLRケーブルのメス(マイク接続側)とUSB(PCやゲーム機接続側)の組み合わせとなっているケーブルです。

主にPS4などゲーム機に接続する用途が想定されています。

 

口コミを見てもノイズもそこまでなく使用できているようですが、電力供給が不安定です。

ダイナミックマイクでは正常に使えている事例が多く、コンデンサーマイクはさすがに厳しいようです。

 

マイクを販売しているメーカーやゲーム機製造メーカーは、こういった使用用途を想定していないため自己責任で使用するものです。

なので、あまりおすすめはしません。

 

最近ではUSB接続に対応したコンデンサーマイクである、audio-technica AT2020 USB+などが発売されています。

極力、XLR-USBの変換ケーブルを使わずにメーカーの仕様でUSB対応しているマイクを使用するようにしましょう。

XLR-USBケーブル

AT2020 USB+

XLRオス & ライン

ATL407A

片方がXLRオス、片方がギターなどに使うライン接続となっているケーブルです。

ライン出力しかないオーディオインターフェースとモニタースピーカーを接続するときに使用されるケーブルです。

エントリーモデルのオーディオインターフェースだとライン出力しかない場合は多いので、使用する機会はそこそこあります。

 

他にはミキサーやアウトボードがXLR入力しかなく、楽器側にはライン出力しかない場合に使用するパターンですね。

ただ、大半はアウトボード側のライン入力は豊富にあるのでライン同士で接続されます。

 

なお、マイクは基本的にはXLR出力(XLRメスと接続)しかないため、XLRオス & ラインタイプを使用することはできません。

カラオケ用に間違って買う人がたまにいますが、カラオケで使えるのは次に解説するXLRメス & ラインタイプです。

XLRメス & ライン

ATL409A

片方がXLRメス、片方がギターなどに使うライン接続となっているケーブルです。

主な使用用途はこちら。

  • マイマイクとカラオケ機器を接続する
  • ミキサーなどアウトボードとパワードスピーカーを接続

マイマイクやミキサーなどでXLR出力しかない機器とライン接続しかない機器を繋ぐために使います。

最もよくある使用事例はカラオケにマイマイクを持ち込むときですね。

テレビなどのカラオケ大会に参加されている人は結構、マイマイクを持参されている印象があります。

ファンタム電源が必要なコンデンサーマイクには使えないので気を付けましょう。

おすすめのマイクケーブル まとめ

内容をまとめたノート

  • マイクにはXLRケーブル(キャノン)を用いる
  • 長さは自宅使用であれば、3mがおすすめ
  • 自宅使用だと、あまり交換することはないので良いものを長く使うべし

ぎたすけ

マイクケーブルって意外と安くて良い商品が多いんだな

たけしゃん

定番メーカーの製品でも2,000円くらいだからね。1,000円切るのは危ないのが多いから、定番メーカーを買っといたほうが良いよ

マイクケーブルの解説でした!

あらためてランキングを振り返りましょう。

こうでしたね。

…で要望別で僕のおすすめは

  • できるだけ安くて安定したもの…CANARE EC03
  • 少し高くても質が良くて長く使えるもの…BELDEN EC-1192A

こうですね。

価格差も1,000円もしないのでBELDEN EC-1192Aがおすすめです。

 

ちなみに僕が長年使っているオヤイデ PA-02は品質は素晴らしいですが、やっぱり高いです。

僕の場合は楽器店で10万円くらいの買い物した時に値引き交渉したら、断られた代わりにオマケで付けてくれたんですよね。

オマケがなかったら、BELDEN EC-1192Aを買ってたと思います(笑)。

 

大事なボーカルの音を録るためのケーブルですから、質が良くて安定して使えるものを選びましょう!

Amazonでマイクケーブルを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。