Gibson(ギブソン) L-00とはどんなギターなのか?-有名アコギ解説シリーズー

スモールボディのギター

ぎたすけ

L-00って小さくて、くびれが大きいギター?ブルースマンってイメージだよな

たけしゃん

ロバート・ジョンソンのイメージが強いギターだね。プロアーティストでも所有者が多いギターだよ
この記事でわかること
  • Gibson(ギブソン) L-00の特徴
  • 年代別のGibson(ギブソン) L-00の特徴
  • Gibson(ギブソン) L-00の主な使用アーティスト

Gibson(ギブソン) L-00

Gibson L-00 Standard

1932年にスモールボディギターとして発売されたのが、Gibson(ギブソン)L-00

Lシリーズは色々と歴史があり、色んな機種が生まれ、機種名変更もありました。

Lシリーズの歴史

  • 1902年…アーチトップ型のL-1が販売開始
  • 1926年…フラットトップ型のL-0が販売開始
  • 1932年…フレットジョイント位置が12から14に変更となり、同時にL-00が販売開始
  • 1937年…L-0、L-1の製造が終了
  • 1942年…L-00がLG-2、LG-3に名称変更
  • 1943年…LG-1が販売開始
  • 1958年…L-0が販売開始
  • 1962年…LG-2、LG-3の名称がB-25に変更

1932年に生まれたL-00ですが、1942年にはモデルチェンジされ、名称もLG-2、LG-3に変更されます。

MEMO
LG-3とLG-2のナチュラルカラー版

その後、さらにマイナーチェンジがあり、1962年にはB-25に名称変更されます。

 

つまり、L-00B-25の祖先みたいなものなのです。

マイナーチェンジが何回か入っている関係で、見た目からして全然違いますが…(笑)。

 

そして、2019年3月現在もレギュラーラインナップに入っており、様々な仕様で製造されているL-00

まずは2019年版のL-00でギターの仕様を細かく見ていきましょう。

Gibson(ギブソン) L-00 ボディの形状

Gibson L-00 2019

  • スケール長 24.75インチ
  • ボディ幅 14.25インチ
  • ナット幅 43.8mm

(参考)ギターの寸法用語

ギターの寸法用語

Gibson(ギブソン)スモールボディギターの中でも、最も小さい部類に入るのがL-00

スケール長はGibson(ギブソン)では一般的な24.75インチですが、ボディ幅は14.25インチと小さめ。

Gisbonギターボディ

ボディがひょうたんのように大きなくびれを作っているため、かなり小ぶりなサイズ感になっています。

スモールボディギターは音のレスポンスが良く、低音軽めで音量もやや抑え気味でザクザクした音質が魅力。

 

ブレイス材が軽量なことで、激しく弾くと弾いていて振動が感じられるほど共鳴します。

その一方で繊細に弾くと優しい音が反応よく返ってくるので、演奏のダイナミクスをリアルタイムでプレイヤーに返してくれるところが面白いです。

Gibson(ギブソン) L-00 木材

Gibson L-00 2019

  • トップ材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー
  • フィンガーボード:ローズウッド
  • フィニッシュ:ニトロセルロース(ラッカー塗装)

Gibson(ギブソン)のアコースティックギターで定番の組み合わせです。

トップ:スプルース、サイド&バック:マホガニーは音のレスポンスが良く、ジャラーンと鳴らすと良い感じに箱鳴りするのが特徴。

 

スモールボディなので、より一層レスポンスはよく箱鳴りしますが、低音薄めでシャカシャカとした音です。

細かいフレーズなどテクニカルなプレイが活きるギターですね。

ピックアップ

L.R.Baggs Element VTC

Gibson J-45 2019はピックアップ搭載モデルとなっており、L.R.Baggs Element VTCが搭載されています。

ピエゾタイプのピックアップでGibsonギターは割と昔から、L.R.Baggsを採用していますね。

 

L.R.Baggs Element VTCにはホール横にボリュームとトーンコントローラーがついており、調節できます。

弾き語りだと音質の調節幅が狭いので、別でプリアンプを用意すると良いでしょう。

Gibson(ギブソン) L-00 年代別の変化

駅の時計

たけしゃん

L-00はヴィンテージギター市場では年代が古くても、比較的安めな価格で手に入るギターです

1932年から販売されている、Gibson(ギブソン)L-00ですが1942年にはLG-2、LG-3に変わってしまいます。

しかし、L-00の製造自体は1943年まで続いたそうで11年ほどの期間で作られています。

…といっても、製造完了後もブルースギターとして限定モデルや復刻版が出ていたりはします。

 

本章では1932~1943年の11年間に焦点を当てて、使用の変化を解説していきます。

1930年代

  • トップ材:アディロンダック・スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅44mm)

1930年代からレクタンギュラーブリッジ、ファイアーストライプピックガードという特徴は変わっていません。

レクタンギュラーブリッジ
Gibsonスモールギターに採用されている長方形型のブリッジのこと

ギターヘッドのGibsonロゴが昔のタイプですね。

 

音質に変化があるところではトップの木材がシトカスプルースではなく、アディロンダック・スプルースになっています。

シトカよりパワフルで芯がある音質で、1930年代のMartinギターにも採用されています。

 

他にもネックが▽タイプでやや太めになっているのが特徴で握ってみると、現行モデルより厚く感じます。

1940年代

MEMO
画像は1940年代のL-0 エボニーブラック。仕様はL-00と一緒ですが、エボニーブラックはL-0に分類されます
  • トップ材:アディロンダック・スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅43~44mm)
  • アジャスタブル・トラスロッドが内蔵されていない
[/list]

1940年代に入ると大戦中となり、金属や木材が圧倒的に不足する時代になります。

基本的な仕様の変更は少ないですが、この時代のギターは金属不足でアジャスタブル・トラスロッドが入っていないことが特徴となっています。

アジャスタブル・トラスロッド
ネックの反りを防ぐためにネック内部に埋め込むスティール製の補強材

アジャスタブル・トラスロッドが内蔵されていないと、ネックの状態を保つのに一層、気を使います

その一方でネックが木だけで構成されるため、豊かな鳴りが得られるという説や数が少ないプレミア度の高さなどから、珍重されています。

 

1940年代に入るとLG-2、LG-3がメインでL-00は製造本数が少ないです。

ヴィンテージ市場にあるL-00も1930年代ものが多く、1940年代になると数が減りますね。

Gibson 《ギブソン》 L-0 EB 40’s 【ヴィンテージ】【中古】

Gibson(ギブソン) L-00を使用している主なアーティスト

Gibson L-00 Standard

L-00の使用者

  • おおはた雄一(L-00)
  • 斉藤和義(L-00)
  • 佐藤克彦(L-00)
  • 秦基博(L-00)

L-00に使用者を絞ると、4名。

山崎まさよしさんのイメージがありましたが、山崎まさよしさんはL-0を使っています。

 

参考動画のおおはた雄一さんはスリーフィンガーのアルペジオを弾いていますが、こういったプレイとは相性が良いですね。

また、ブルースギター…というイメージ通りでブルースやファンクといったジャンルとも相性が良いギターです。

Gibson(ギブソン)L-00を解説して

ノートPCとノート

ぎたすけ

形が特徴的でヴィンテージのボロボロな感じと合わさるとカッコいいな

たけしゃん

そうなんだよね。L-00ってルックスが良いよね。抱えた時のサイズ感もちょうどよいし

Gibson(ギブソン)L-00の解説でした!

ザックリと年代別の金額間を書くと…。

年代別L-00の金額

…とこんなところですね。

ボディが小さいこともあり、ヴィンテージも新品も他の機種よりは安めです。

 

Gibson(ギブソン)ギターの中でも歴史が古い、L-00

使っている人は、ギター通に見える渋いギターです。

ぜひ、ギター通が好む魅力を手に取って感じてみてください。

Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。