Gibson(ギブソン) Dove(ダヴ)とはどんなギターなのか?-有名アコギ解説シリーズー

Gibson Doveを解説

ぎたすけ

同じGibsonのハミングバードとの違いがよくわかんないんだよな

たけしゃん

ハミングバードの上位機種がDoveなんだよ。プロアーティスト使用者も多いギターだよ
この記事でわかること
  • Gibson Dove(ダヴ)の特徴
  • 年代別のGibson Dove(ダヴ)の特徴
  • Gibson Dove(ダヴ)の主な使用アーティスト

Gibson(ギブソン) Dove(ダヴ)

Gibson hummingbird(ハミングバード)の上位モデルとして1962年に発売されたのがDove(ダヴ)

スクウェアショルダー型でハチドリと花が描かれた特徴的なピックガードはhummingbird(ハミングバード)と同じ仕様となっています。

 

ただ、Dove(ダヴ)は上位モデルのためインレイやサドルなどの基本仕様がGibson(ギブソン)アコギの最上位であるJ-200に準じています。

MEMO
hummingbird(ハミングバード)J-45の上位モデルにあたるサザンジャンボと同じ仕様となっている

中でもhummingbird(ハミングバード)との決定的な違いはサイド&バックの木材にメイプルを用いていることです。

サイド&バックにはマホガニーを用いることが多い、Gibson(ギブソン)でメイプルを用いているのはDove(ダヴ)J-200くらいです。

 

そんなスクウェアショルダー型のフラッグシップモデルであるDove(ダヴ)

細かい仕様を2019年3月時点でのGibson(ギブソン)公式ページの情報で見ていきましょう。

Gibson(ギブソン) Dove(ダヴ) ボディの形状

Gibson Dcve

  • 全長 40.25インチ
  • スケール長 25.5インチ
  • ボディ幅 16.25インチ
  • ボディ長 20.25インチ
  • ナット幅 43.8mm

(参考)ギターの寸法用語

ギターの寸法用語

Dove(ダヴ)はボディ上部(肩)がいかり肩になっているスクウェアショルダーボディ。

Gisbonギターボディ

スクウェアショルダーは箱鳴りが強く、低音もしっかり出るので歌モノの伴奏に適したギターサイズです。

 

また、Dove(ダヴ)の特徴はスケール長が25.5インチとロングスケール仕様であることです。

MEMO
Gibson(ギブソン)ギターのスケール長は24.75インチが多い

3ピースメイプルでロングスケール仕様のネックはパワーがあり、ストロークで強みが出ます。

 

スクウェアショルダー&ロングスケールから、かき鳴らすフォークシンガー、ロック寄りのシンガーに特に好まれるギターです。

Gibson(ギブソン) Dove(ダヴ) 木材

Gibson Dove

  • トップ材:シトカスプルース
  • サイド&バック:フレイム・メイプル
  • ネック:3ピースメイプル
  • フィンガーボード:ローズウッド
  • フィニッシュ:ニトロセルロース

特徴的なのは何といっても、サイド&バックで使用されているフレイム・メイプル。

Gibson(ギブソン)ギターの王道はマホガニーですが、最上位モデルはメイプルが採用されています。

 

メイプルはジャキっとした音質ですが、材質が硬いです。

そのため、音のレスポンスがよく、輪郭がクッキリした明るい音質になっています。

 

フィンガーピッキングもいけますが、Dove(ダヴ)の真髄はストロークでのパワフルかつ歯切れの良いサウンドですね。

ピックアップ

L.R.Baggs Element VTC

2019年仕様のDove(ダヴ)はピックアップ搭載モデルとなっており、L.R.Baggs Element VTCが搭載されています。

ピエゾタイプのピックアップでGibsonギターは割と昔から、L.R.Baggsを採用していますね。

 

L.R.Baggs Element VTCにはホール横にボリュームとトーンコントローラーがついており、調節できます。

ですが、弾き語りで使うには音質の調節幅が狭いです。

特にスクウェアショルダー型だと低音が強いため、会場によっては低音を切ったほうが良いです。

別で細かくコントロールできる、プリアンプを用意すると良いでしょう。

【参考記事】アコギ用ピックアップ L.R.Baggs Elementをレビューする

Gibson(ギブソン) Dove(ダヴ) 年代別の変化

時計

たけしゃん

Dove(ダヴ)のヴィンテージは個性の強いルックスに経年変化した色落ちや傷が映えて、カッコいいんですよねぇ

1962年から製造されているDove(ダヴ)について、年代別の変化をみていきましょう。

そこまでの変化はなく、年代による大きな変化はサドルとネックの太さくらいです。

1960年代前半

Gibson Dove 1965

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • ネック:1ピースマホガニー(ナット幅42mm)
  • チューン・オー・マティックブリッジ仕様

1962年から製造されているものの、1962年は17本しか造られていません。

よって、市場でお目に書かれるのは主に1963~1965年ものです。

この時代はネックに1ピースマホガニーを用いており、チューニング用のペグもクルーソンが採用されています。

 

また、1960年代前半はギターヘッドのインレイがやや上部…という特徴があります。

Gibson Dove 1965

1960年代前半はギターヘッドのインレイが5弦、2弦ペグの上部に入っており、1960年代後半になると5弦、2弦ペグの中心に下がります。

 

そして、ヴィンテージのDove(ダヴ)の最大の特徴はブリッジとサドルです。

Gisbon Dove 1965

羽が付いたDove専用のローズウッド製ブリッジ。

そして、エレキギターに用いられる、アジャスタブルのチューン・オー・マティックブリッジがついています。

音質はアジャスタブルサドルに負けず劣らずのジャキジャキした音質です。

1960年代後半

Gibson Dove 1968

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • ネック:1ピースマホガニー(ナット幅39~40mm)
  • チューン・オー・マティックサドル仕様

1960年代後半も基本的な仕様は1960年代前半と変わりません。

1960年代後半になって、変わるのはナット幅で39~40mmのナローネック仕様になっています。

 

また、Gibson(ギブソン)アコギあるあるですが、1969年だけは仕様が変わります。

1969年の仕様変更

  • サドルがアジャスタブルサドルに変更
  • ブリッジがローズウッドからエボニーに変更
  • ネックが1ピースマホガニーから3ピースマホガニーに変更
  • ペグがクルーソンからGibsonロゴ入りシャーラーM6に変更

結構、大きな変更点ですが1970年代になると更に仕様が変わるので、1969年だけの特別仕様と言えます。

ただ、ヴィンテージ市場だと1969年ものはプレミアがつくかと思いきや価格が下がることが多いんですよね。

Gibson(ギブソン)の一般的な1960年代後半もの…というと1966~1968年を指すことが多いですね。

 

1966年~1968年ものについてはナローネック仕様になり、ギターヘッドのインレイ位置がやや下がったくらいで基本は1960年代前半と同じ仕様です。

細いネックが好みの方は1960年代後半のDove(ダヴ)を探しましょう。

1970年代

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • ネック:3ピースマホガニー(ナット幅43mm)
  • エボニーブリッジ、通常サドル仕様

1970年代の仕様変更

  • サドルが通常の固定式に変更
  • ブリッジがローズウッドからエボニーに変更
  • ネックが1ピースマホガニーから3ピースマホガニーに変更
  • ペグがクローヴァーに変更

1970年代に入ると、ブリッジがローズウッドからエボニーに変わり、サドルも通常の固定式に変わります。

その他、ルックスや仕様の細かいところが変化していきます。

 

音質も1960年代特有のジャキジャキ感は薄れて、落ち着いた渋めの音質です。

好き嫌いは分かれるものの、これはこれで良いですけどね。

 

ナチュラル・チェリーサンバーストが多かった1960年代に比べて、1970年代に入るとブラック、ワインレッド、ダークサンバーストなど色んなカラーのDove(ダヴ)があります。

 

1970年代はヴィンテージ市場だと値段がやや下がるので、手が出しやすいです。

…がDove(ダヴ)に関しては1970年代ものがあまりないようですね(2019年3月現在)。

Gibson(ギブソン)Dove(ダヴ)の主な使用アーティスト

Doveの使用者

  • エルヴィス・プレスリー
  • 桑田佳祐
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • 高橋優
  • CHAGE
  • 秦基博
  • 浜田省吾
  • 馬場俊英
  • 見田村千春
  • 森山直太朗

MEMO
演奏は1:13から

最近のDove(ダヴ)使用者というと高橋優さんのイメージが強いですね。

力強くかき鳴らすタイプのシンガーソングライターなので、Dove(ダヴ)は非常に相性が良いです。

 

Dove(ダヴ)を使用しているアーティストを見るとヴィンテージものを使っている方より、新品や1990年代以降の物を使用されている方が多いですね。

Gibson(ギブソン)Dove(ダヴ)を解説して

ノート

ぎたすけ

ハミングバードとはサイド&バックの木材が違うんだな

たけしゃん

そうだね、あとはサドルとブリッジで区別する感じかな。ヴィンテージだとギターヘッドにDOVEって書いてあるから区別しやすいね

Gibson Dove(ダヴ)の解説でした!

Gibson(ギブソン)ギターの上位モデルということで値段もやや高めです。

ザックリと年代ごとの値段をまとめると…。

年代別Doveの金額

こんな感じですね。

下位モデルのhummingbird(ハミングバード)とは価格的にはあまり変わらないです。

まあ、差はインレイやブリッジの装飾くらいで音質や演奏性はキャラクターが違うだけで、優劣はないですしね。

 

Dove(ダヴ)はシンガーソングライターに特に好まれるアコースティックギターです。

Gibson(ギブソン)ギターを検討しているシンガーソングライターの方は一度、触ってみると良いでしょう。

Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。