Gibson(ギブソン) J-45とはどんなギターなのか?年代別でJ-45の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

J-45 解説

ぎたすけ

プロはみんな使っているくらいの勢いで使用者が多いよな

たけしゃん

J-45はギター弾かない人もでも知っているくらいだからね。でも、どんなギターなのか?って知っている人は意外と少ないんだよね
この記事でわかること
  • Gibson(ギブソン)J-45の特徴
  • 年代別のGibson(ギブソン)J-45の特徴
  • Gibson(ギブソン)J-45の主な使用アーティスト

Gibson(ギブソン)J-45

Gibson J-45 2019

1942年にGibsonから発売されたJ-45

今日ではMartin D-28と並ぶアコースティックギターの代名詞的な存在になっています。

 

Gibson J-45はマイナーチェンジを続けており、最近だと1年ごとに少しだけ仕様が変わっています。

なので、型番も「Gibson J-45 2019」といった風に西暦が入ってます。

 

なお、ここ数年で変更された仕様はピックアップであったり、ディテールのほんのわずかな変化のみで根本的に変わったところはありません。

まずは2019年版のJ-45の仕様を基にギター解説を進めていきます。

Gibson(ギブソン)J-45 ボディの形状

Gibson J-45 2019

  • 全長 40.5インチ
  • スケール長 24.75インチ
  • ボディ幅 16インチ
  • ボディ長 20.25インチ
  • ナット幅 43.8mm

(参考)ギターの寸法用語

ギターの寸法用語

Gibson伝統のラウンドショルダー型を採用しています。

Gibson hummingbird(ハミングバード)を代表するスクウェアショルダー型とはボディ上部(肩)の形状が異なります。

ラウンドショルダー型はなで肩、スクウェアショルダー型はいかり肩となっています。

Gisbonギターボディ

Martinで有名なドレッドノート型とほぼ同じ形状ですが、ラウンドショルダー型のほうがスケールはやや短く、ギター全長やボディ幅は若干大きいです。

つまりは標準的なギターサイズということです。

 

ストロークでかき鳴らすと、良い感じに箱鳴りして音量も大きいです。

アルペジオで弾いてもレスポンスも上々でギター弾き語りやバンドのボーカルギターに最適なギターサイズです。

Gibson(ギブソン)J-45 木材

Gibson J-45 2019

  • トップ材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー
  • フィンガーボード:ローズウッド
  • フィニッシュ:ニトロセルロース(ラッカー塗装)

Gibsonギター王道のトップ:スプルース、サイド&バック:マホガニーという組み合わせですね。

音のレスポンスが良く、ジャラーンと鳴らすと良い感じに箱鳴りします。

 

高音(サスティーン)の伸びはローズウッドには敵いませんが、ジャキっとしたバランス良いサウンドは歌モノと相性がよいです。

【参考記事】ギターは木材で音が変わるのか?ギターに使われる木材の特徴と木材別の代表機種を演奏動画付きで解説

ピックアップ

L.R.Baggs Element VTC

Gibson J-45 2019はピックアップ搭載モデルとなっており、L.R.Baggs Element VTCが搭載されています。

ピエゾタイプのピックアップでGibsonギターは割と昔から、L.R.Baggsを採用していますね。

 

L.R.Baggs Element VTCにはホール横にボリュームとトーンコントローラーがついており、調節できます。

弾き語りだと音質の調節幅が狭いので、別でプリアンプを用意すると良いでしょう。

【参考記事】アコギ用ピックアップ L.R.Baggs Elementをレビューする

Gibson(ギブソン) J-45 年代別の変化

時計とノート

たけしゃん

J-45を楽しむなら、各年代ごとの仕様変化は理解すべき!復刻版も多く発売されているので、ギター選びを色々楽しめますよ

1942年から仕様変化を繰り返して、現在にいたるJ-45。

その仕様変化によって、音質や弾き心地が大きく変わってきます。

 

ギターマニアになると何年代のJ-45なのか?というのは重要なポイント。

また、Gibsonからは当時の仕様を再現した復刻版のJ-45も多く販売されています。

ヴィンテージギターはちょっと…という人も新品の復刻版を選べば、昔の仕様を選択できるのも楽しめるポイントですね。

MEMO
復刻版は仕様を当時に寄せてますが、木材は調達が難しく変更されているものもあります

本章ではヴィンテージギターや復刻版が多数存在する1940年代~1960年代を中心に解説していきます。

1940年代前半

Gibson / 1942 J-45

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅45mm)
  • アジャスタブル・トラスロッドが内蔵されていない

1940年代前半はJ-45が販売され始めた初期の時代。

木材を見ても、既によくあるJ-45スタイルではあります。

ただ、この時代は仕様も定まっておらずオールマホガニー仕様のJ-45があったり、1942年限定モデルがあったりします。

 

1940年代前半のJ-45、最大の特徴はアジャスタブル・トラスロッドが内蔵されていないことです。

アジャスタブル・トラスロッド
ネックの反りを防ぐためにネック内部に埋め込むスティール製の補強材

今では、ほとんどのギターに採用されているアジャスタブル・トラスロッド。

1940年代の当時は戦争により、金属が圧倒的に不足している時代であったことが要因だそうです。

 

アジャスタブル・トラスロッドが内蔵されていないと、ネックの状態を保つのが大変です。

その一方でネックが木だけで構成されるため、豊かな鳴りが得られるという説や数が少ないプレミア度の高さなどから、珍重されています。

1940年代前半のJ-45 使用者

  • 奥田民生(1945年製)
Gibson / 1942 J-45 Legend Vintage Sunburst Thin Finish ギブソン アコースティックギター
GIBSON

1940年代後半

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:色々
  • ネック:マホガニー(ナット幅45mm)
  • 様々な仕様のギターが存在する

1940年代後半は戦争の混乱で木材の供給が安定していない時期でした。

その影響で、サイド&バックがマホガニー、メイプル、ウォルナットと多種類になり、複数の木を組み合わせる3ピース、5ピースといったギターも存在します。

 

この時代のギターは市場で見ることも珍しく、復刻版もみかけません。

たまにサイド&バックがメイプルの1940年代製 J-45が数百万円で市場に出ています。プレミアギターって感じですね。

1950年代前半

Gibson J-45 1952

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅43mm)
  • 仕様が安定してきた時期のJ-45

1940年代後半の混乱期を過ぎて、仕様が安定してきた時期が1950年代前半。

古風なJ-45スタイルがこの時代に作られます。

1950年代前半の特徴的なルックス

  • 3層のサウンドホールリング
  • べっ甲柄のティアドロップ・ピックガード
  • アッパーベリーブリッジ
  • ロング・スロッテッドサドル

J-45 1952年代仕様

音質も古風なJ-45…という感じで1960年代と比べるとジャキジャキ感は薄くマイルドな音質です。

1950年代前半の仕様をベースに様々なオプションや細かい仕様変更がなされたJ-45が生まれていきます。

1950年代後半

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅43mm)
  • ノンスキャロップド・ブレーシング仕様となる

1950年代後半に入ると細かいながらも、ルックスや音質が変わる仕様変更が施されていきます。

1950年代後半の仕様変更

  • 1954年…ショートスロットブリッジになる
  • 1955年…ブレイシングがノンスキャロップドに変わる
  • 1955年…ピックガードがラージ・ポインテッド型になる
  • 1956年…オプションでアジャスタブルサドルが選択できるようになる

1955年からブレーシングがスキャロップドからノンスキャロップドに変わります。

スキャロップド・ブレイシング
ボディ内部の木材を波状に切り取り軽量化・響きやすくしたもの。ノンスキャロップドは通常の真っ直ぐなブレイシング

よく言われるのはスキャロップドは最初から鳴りがよく、ノンスキャロップドは弾き込むうちに鳴りが良く鳴る…という説。

ヴィンテージギターだと、どちらでも弾いていて差は感じないですね。

 

そして、1956年からヴィンテージギブソンの特徴であるアジャスタブル・サドル仕様のJ-45が登場します。

この時代はアジャスタブル・サドルはオプション扱いなので、通常サドルのJ-45がメインです。

アジャスタブルサドル
1960年代のギブソンギターに採用された高さを調節できるサドル。特徴的なジャキっとした音質になる

【参考記事】ギブソン(Gibson)のアコギにあるアジャスタブルサドルとは何かを解説

1950年代後半のJ-45 使用者

  • 奥田民生(1958年製)
  • 桜井和寿(1958年製)
  • 山崎まさよし(1957年製)

1960年代前半

Gibson J-45 1962

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー (ナット幅43mm)
  • アジャスタブルサドル仕様

ヴィンテージ J-45で最も人気がある1960年代に入りました。

1960年代を象徴するのは何といっても、アジャスタブルサドル。

J-45 アジャスタブルサドル

白くて太めのサドルがアジャスタブルサドルです。

1950年代後半ではオプションでしたが、1960年代はアジャスタブルサドルが標準で通常サドルがオプションに変わります。

 

アジャスタブルサドルは高さが調節できるサドルですが、どちらかというと調節機能よりジャキっとした音質が重宝されています。

1960年代のGibsonといえば、アジャスタブルサドルによるジャキジャキした音質の印象が強いです。

 

その一方でアジャスタブルサドルだとインブリッジピエゾタイプのピックアップが取付けできません。

そのため、秦基博さんはL.R.Baggs Anthemを付けるために通常のサドルに換装しています。

【参考記事】GibsonビンテージギターはピエゾPU装着不可。最適な選択肢は何か?

 

ちなみに1960年代前半は迷走していたのかサドルがころころ変わった時期があり、通常サドルのものも割と存在します。

1960年代後半になると、ほぼアジャスタブルサドル仕様になります。

1960年代後半

Gibson J-45 1967

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー (ナット幅39mm)
  • アジャスタブルサドル仕様

1960年代後半のJ-45は「ダブルサウンドホーリング」「アジャスタブルサドル」「ナローネック」の3点が特徴。

ダブルサウンドホーリングはサウンドホールの装飾リングが二重になっただけです。

 

なので、演奏に関する1960年代後半の特徴は「アジャスタブルサドル」「ナローネック」の2つです。

特にナローネック仕様は人気があり、ナット幅39mmは普通のギターと比べて大分細く感じます。

1960年代後半のJ-45 使用者

  • 斉藤和義(1968年製)
  • 秦基博(1966年製)
  • 細野晴臣(1966年製)

1970年代

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(ナット幅42mm)
  • スクウェアショルダー

1970年代になると、ボディがいかり肩のスクウェアショルダー型に変わります。

Gisbonギターボディ

Martin Dシリーズの人気に対抗して、発売されたスクウェアショルダー。

生音の音量を求める声も多く、1970年代にはラウンドショルダーのほとんどのギターがスクウェアショルダーに変わります。

 

その他にサドルがアジャスタブルではなく、通常サドルに変わり、ブリッジも上向きでなく下向きのボトムベリーブリッジになります。

1960年代のジャキっとした音質ではなくなりますが、バランスの良い音質ではあります。

ヴィンテージ市場では1970年代のJ-45は人気が低く、安く値付けされる傾向にありますね。

その他

年代の話から逸れますが、サイド&バックがローズウッド仕様のGibson J-45 RoseWoodが存在します。

J-45といえば、サイド&バック:マホガニーがお決まりなのですが例外的な存在です。

 

マホガニーと比べると音のレスポンスは下がるものの、高音の伸びが良く単音弾きも使える万能なギターです。

プロアーティストではmiwaさんがGibson J-45 RoseWoodを愛用しています。

Gibson(ギブソン)J-45の主な使用アーティスト

Gibson J-45 2019

J-45の使用者

  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 奥田民生
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 清水依与吏(back number)
  • 野田洋次郎(RAD WIMPS)
  • 秦基博
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 藤原 基央(BUMP OF CHICKEN)
  • 堀込高樹(KIRINJI)
  • Nakajin(SEKAI NO OWARI)
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 宮田和弥
  • miwa
  • 山崎まさよし
  • 吉田拓郎

ほんとにたくさんの方が使用されていますね。

人それぞれにJ-45といえば…この人!ってアーティストがいそうですよね。

 

僕的には秦基博さんが好きなので、J-45というと秦さんが思い出されますねぇ。

デビュー前に買った1966年製のJ-45。40万円ちょっとしたそうです。

色が落ちたチェリーサンバースト、ナット・フレット・ペグは交換されているものの風貌は正に1960年代後半のJ-45です。

 

アジャスタブルサドルはシャリシャリした音質が合わなかったそうで、通常のスロット・サドルに換装されています。

音も良いし、ルックスも良いので惹かれますねぇ。

Gibson(ギブソン)J-45の解説をして

まとめ

ぎたすけ

え~、J-45ってこんなに色んな種類があるんだな!

たけしゃん

しかも、特別仕様のJ-45とかもあったりするから実はまだまだ種類たくさんあるんだよね。ほんとに奥が深いよ

Gibson J-45の解説でした!

憧れのJ-45…といっても、実は色んな種類があるんですよねぇ。

 

しかも、金額も差が激しいです。

個体差もありますが、よくみる金額間をザックリ書くと…。

J-45の年代別 ザックリな金額間

こんな感じですね。

古いギターほど数も少なく、プレミアになっている感はあります。

 

アマチュアには憧れのギターでもあるJ-45。

歴史や年代ごとの違いを勉強すると、更に面白く愛着がわきます。

ぜひ、色んなJ-45を触ってみましょう!

Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。