Morris(モーリス)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

morris ギター解説

ぎたすけ

Morrisって初心者用の安いギターが販売しているメーカーだっけ?

たけしゃん

初心者用もあるけど、プロユースの高級ギターもあるよ。地味だけど品質も値段も良い優良メーカーなんだよね
この記事でわかること
  • Morris(モーリス)について
  • Morris(モーリス)ギターのプロ使用者
  • Morris(モーリス)ギターの種類と特徴

Morris(モーリス)について

モーリス ロゴ

  • 1961年設立
  • 本社は長野県松本市
  • 1970年代の日本フォークブームを支えたギターメーカー

昔からある国内ギターメーカーの老舗、Morris。

ギターに加えて弦、ピック、カポタストなどギターアクセサリー製品を製造・販売しています。

 

フォークブームを支えた国内メーカー…というイメージが強いメーカーでした。

昨今では毎年、Morris フィンガーピッキングデイと呼ばれるソロギターの祭典を開催しており、ソロギターというイメージが定着してきました。

 

「新生Morris~大量生産から、半手工品へ~」というキャッチフレーズを掲げて品質へのこだわりを強く出しているギターメーカーでもあります。

Morrisギターのプロ使用者

Morrisの使用者

  • 荒井 岳史(the band apart)
  • 打田 十紀夫
  • エバラ健太
  • 大木 伸夫(ACIDMAN)
  • 岡崎 倫典
  • 川崎 恒一(the band apart)
  • 岸部 眞明
  • 谷村 新司
  • TOSHI-LOW(BRAHMAN)
  • 中川 イサト
  • 堀内 孝雄
  • 丸山 ももたろう
  • 三浦 拓也(DEPAPEPE)
  • 南澤 大介
  • メガテラ・ゼロ
  • 横山健

フォークシンガー、ソロギタリスト、バンドマンが中心ですね。

確かにバンドマンで使っている人が結構多いイメージなんですよね。

 

かき鳴らしたときのアタック感と荒い中でもバランス取れた音質が魅力なんでしょうね。

Morris(モーリス)のギター

Morris F-351 NAT

ギターの製造ラインは中国工場と長野県松本市にある工場の2つ。

安価モデルは中国工場、中堅以上は松本工場という区分けのようです。

 

中国工場で作られたギターも松本工場でシーズニング、検品して必要があれば手直ししているそうで、品質管理に関する意識の高さがうかがえます。

シーズニング
海外製造ギターを国内で一定期間保管して、国内気候になじませること

カタログを見ても、かなりの種類のギターが販売されています。

本章ではポイントを絞って、Morrisギターの特徴を解説していきます。

Morrisギターのシリーズ

  • LUTHIER MADE PREMIUM…マスタールシアーが全行程に携わった高級ギター
  • HAND MADE PREMIUM…松本工場で職人によって製造されるギター
  • PERFORMERS EDITION…中国工場で製造される安価なギター

Morrisには上記の3つのシリーズがあります。

オーダーメイドギターは一般には受け付けていないようですが、LUTHIER MADE PREMIUMはセミオーダーに近いです。

LUTHIER MADE PREMIUM

SJS-131TKG

マスタールシアー(森中さん)が全行程に携わる、本格ギターがLUTHIER MADE PREMIUM。

最高級な素材と巧みの技術を用いて作られるアコースティックギターです。

 

基本は受注生産で依頼時に素材や仕様(ナット幅、カラー)を変更することができます。

よって、基本はセミオーダータイプです。

LUTHIER MADE PREMIUMを買うなら時間がかかっても自身の好みに合わせてセミオーダーにするのが良いでしょう。

HAND MADE PREMIUM

MG-101 III RBS

国内の松本工場で10名程度の職人によって、製造されるギターがHAND MADE PREMIUM。

楽器屋など店頭に並んでいる10~20万円台のギターはほぼ、HAND MADE PREMIUMです。

 

LUTHIER MADE PREMIUMがあるため、グレード的には低めと感じてしまいがちですが他メーカーのフラッグシップモデルとそん色ありません。

一般販売されるギターとしては十分、高級ギターの属するレベルです。

 

レギュラーモデル、シグネイチャーモデルと豊富なラインナップでエレアコもたくさんあります。

Morrisの即戦力ギターを欲しい方はHAND MADE PREMIUMの中から探すのがオーソドックスですね。

PERFORMERS EDITION

Morris F-351 NAT

中国工場で製造されている、安価で買い求めやすいモデルがPERFORMERS EDITION。

2万円半ばくらいから販売されており、YAMAHAと並んで安心品質の初心者向けギターです。

 

国内工場で検品もしっかりされているため、品質的なムラもなく何を買ったらよいかわからない人にも薦めやすいです。

ボディの大きさ

型番の頭文字がボディの大きさを示しています。

型番頭文字とボディサイズ

  • J…ジャンボタイプ
  • M…ドレッドノート
  • R…カッタウェイのオーディトリアム(Martin 000くらい)
  • F…やや小ぶり(Martin 00くらい)
  • SA…やや大きめのミニギター
  • LA…ミニギター

M、R、Fあたりがオーソドックスでバリエーションも豊富です。

ちなみにFはフォークスタイルという意味です。

 

また、最近は頭文字Sの型番が増えてきました。

頭文字Sのギターはフィンガーピッキング向けギターです。

ボディサイズは「グランド・オーディトリアム」「クラシカル・オーディトリアム」「セミ・ジャンボ」のどれか。

全てドレッドノートより小さめです。

ピックアップ

Morris製のエレアコに採用されているピックアップ・プリアンプは下記の3種類です。

  • B-Band Ust-25R(プリアンプはA1.2M)
  • L.R.Baggs Element Active
  • 型番不明ピエゾ(プリアンプはMorris MP3)

B-Band Ust-25R

あまり、聞かないブランドですがデュアルピエゾ式のピックアップです。

プリアンプには同メーカーのA1.2Mが採用されていますが、ボリュームコントローラーがついているだけのタイプです。

B-Band A1.2M

 B-Bandのピエゾピックアップは振動を無駄なく、信号に変換してナチュラルなサウンドを得られます。

Morrisギターではフィンガーピッキング向けギターを中心にメインピックアップとして採用されています。

L.R.Baggs Element Active

L.R.baggs element

定番のアコギ用ピックアップ、L.R.Baggs Element Activeです。

Morris R-14などの一部ギターで採用されています。

 

いかにもピエゾっぽい音がします。

出力も強いため、バンドサウンドには向いています。

 

L.R.Baggs Element Activeもボリュームコントロールのみついています。

弾き語りで使うなら音の癖もあるため、プリアンプを別途用意したほうが良いです。

関連記事

アコギ用ピックアップ L.R.Baggs Elementをレビューする

アコギ用ピックアップ L.R.Baggs Elementをレビューする

型番不明ピエゾ(プリアンプはMorris MP3)

エントリーモデルのエレアコ Morris R-401R-601に採用されているピックアップです。

型番はカタログに記載なく、プリアンプはMorris MP3と記載があります。

Morris MP3

ボリューム、4バンドEQ、Phaseスイッチ、チューナーと充実しています。

エントリーモデルについているものなので、ピエゾの品質はイマイチよくありません。出力もやや弱め。

Morris(モーリス)のおすすめギター

アコースティックギター

たけしゃん

Morrisは初心者向けから本格ギターまで、良いギターが揃っています

それでは、Morris(モーリス)のおすすめギターを解説していきます。

Morris(モーリス)は中々に万能なギターメーカーで低価格、中価格、高価格と全価格帯で良いギターがあります。

 

本章では弾き語りで使用する想定で、それぞれの価格帯から 1本ずつピックアップして解説してきます。

SA-401

Morris SA-401

小ぶりなギターとミニギターの中間くらいの大きさであるミニギターSA-401

小さいので低音が薄めのカラっとした音で、ミニギターらしい弾き心地です。

 

サイズ感的に1人暮らしの部屋でも、置きやすく自宅での練習やライブ配信に使いやすいギターです。

 

本格的な音楽活動をするには物足りないレベルですが、最初のギターとして買うには値段・品質的に程よいですね。

また、自宅作業用のミニギターとして買うにも適しています。

R-14

Morris R-14

国内で生産されるHAND MADE PREMIUMから使いやすいカッタウェイタイプのエレアコ、R-14です。

トップ:ソリッドスプルース、サイド&バック:ウォルナットという木材の組み合わせ。

 

音のレスポンスが良く、フィンガースタイル向けです。

ストローク自体もまとまったバランスの良い鳴りなので、弾き語りとは相性が良いギターです。

 

ピックアップはL.R.Baggs Element Activeが内蔵されています。

実売価格12~13万円くらいなので、中堅エレアコで候補がたくさんある価格帯です。

 

日本製のハンドメイドギターというところが強みですが、YAMAHAやTakamineの同価格帯エレアコも優秀なものが揃ってます。

他のメーカーと弾き比べて、弾き心地やルックスでピンときたものを選ぶのが良いでしょう。

MG-101 III

MG-101 III RBS

国内で生産されるHAND MADE PREMIUMからオーソドックスな形状にルックス・品質共に優れたMG-101 IIIです。

 

トップ:ソリッドスプルース、サイド&バック:ソリッドローズウッドの木材で構成されています。

シルクフラット塗装と豪華のインレイでルックスも風格があり、海外ブランドの高級ギターにも引けを取りません。

 

ドレッドノート型ボディに箱鳴りしやすいスキャロップドXブレーシングが採用されているため、ストロークで鳴らした時のパワーと響きが良好です。

スキャロップドXブレーシング
ボディトップ裏の補強板を波上に削り取るブレーシング。ボディの響きが豊かになる

ピックアップ・プリアンプはB-Bandのピエゾが採用されており、通常のピエゾよりナチュラルな音質です。

 

弾き語りでもバンドでも活躍できる、シンガーソングライターに適したエレアコです。

Morris(モーリス)のギターを解説して

スマホとノート

ぎたすけ

Morrisってシンガーソングライターで使っている人少ないけど、良いギターメーカーなんだな

たけしゃん

良いギター多いよね。僕も色々弾いていたら、1本欲しくなっちゃったよ

Morris(モーリス)の解説でした!

おすすめのギターを改めてまとめます。

Morrisのおすすめギター

  • SA-401…安くて手ごろなミニギター
  • R-14…12~13万円で買える日本製のエレアコ
  • MG-101 III…海外ブランドにも負けない作り込まれた日本製エレアコ

今回は紹介しませんでしたが、フィンガーピッキング向けのSシリーズも良いギターが多かったです。

ソロギター向け…というイメージがありますが、落ち着いたサウンドの弾き語りにも適しています。

 

フィンガーピッキングデイなど独自のギタリスト向けイベントも開催されているMorris。

これからもギターの製造やギターイベントなど国内を盛り上げていってほしいですね。

Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。