YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビュー。初心者が最初に買うアコギに最適!

ぎたすけ

YAMAHAって初心者向けギターが多いイメージがあるな

たけしゃん

YAMAHA FG830は3万円台とは思えない、ちゃんとしたギターだよ
この記事でわかること
  • YAMAHA(ヤマハ)FG830について
  • YAMAHA(ヤマハ)FG830のレビュー

YAMAHA(ヤマハ)FG830

YAMAHA FG830

  • ドレッドノートを日本人体型に合わせたトラッドウェスタンボディ
  • トップ材:スプルース、サイド&バック:ローズウッド合板
  • 実売価格で35,000円前後

YAMAHAギターでも初心者向けのFGシリーズ。

そのFGシリーズの中でも完成度の高いギターがFG830

 

木材はトップ:スプルース単板、サイド&バック:ローズウッド合板で構成されています。

メーカーの紹介ページでは「芯のある明快なサウンドに長めのサスティンが加わり、音の深みが増しました」と記述があります。

 

ちなみにFG800はサイド&バックがナトー。FG820はサイド&バックがマホガニー合板です。

価格差5,000円ほどなので、頑張ってFG830に手を出したいところです。

FS830

FG830

カラー

カラーは3種類。

どれも使いやすい色なので、好みに合わせて選びましょう。

FG830とFS830の違い

FG830とFS830

FG830と木材の構成が全く同じでサイズ感だけ異なるFS830があります。

FG830のほうがボディが大きい分、低音・中低音に力があり音量が出ます。

逆にFS830は小型で低音薄めのスッキリした音質になります。

 

どちらを選んでも大きな差はありません。

木材や構成は一緒なので、使用するに十分な品質です。

あまり、考えすぎずに見た目の好みで選択するくらいのノリのほうが良いでしょう。

FS830

FG830

エレアコが欲しい人はL6シリーズを

FS830FG830はエレアコではありません。

エレアコとして使用したい場合は別途、ピックアップを取付けする必要があります。

 

エレアコが欲しい方はFGシリーズのギターを改造するより、同じYAMAHAのL6シリーズを購入しましょう。

トップ材がイングルマン・スプルースに変わりますが、音質自体はFS830FG830とほぼ一緒です。

 

また、L6シリーズはLS6LL6がありますが、FS、FGと同じでボディサイズの違いです。

似たボディサイズの組合せ

なお、Lシリーズにはパッシブと呼ばれる大音量が出にくいタイプのピックアップがついています。

学園祭などで小型アンプを通して弾き語りするくらいなら問題ないですが、バンドで演奏する際などは音量不足を補うプリアンプを別途用意したほうがよいでしょう。

【参考記事】ギター用ピックアップのアクティブとパッシブの違いを解説する

LS6 ARE

LL6 ARE

YAMAHA(ヤマハ)FG830のレビュー

アコースティックギター

たけしゃん

安いけど、しっかりしています。音もそれなりに鳴るので初心者が使うには十分です!

それでは、YAMAHA FG830をレビューしていきます。

総評は「初心者用ギターにはもってこい」です。

 

造りはちゃんとしており、しっかりとギターらしい音が鳴ります。

FG830と明確に違いが出るレベルのギターを求めると、10万円以上になってくるので中級者になってからの2本目で良いでしょう。

アコースティックギターを知るための最初のギターとしては値段・品質的に素晴らしいギターです。

 

ちなみにレビュー内容はほぼFS830にも当てはまります。

FS830

FG830

ちゃんとしたギターの音がする

FG830はちゃんとギターの音がします。

1万円そこらのギターにありがちな、おもちゃとギターの中間的な音ではありません。

ストロークでジャラーンと鳴らすと、まとまりのあるアコースティックな音質が得られます。

 

その一方でボディが鳴っている感じはなく、音のレスポンスも良くはありません。

このあたりは低価格ギターなので致し方ないところです。

ボディの鳴りや音のレスポンスで良好と感じるギターだと、AC3Mなど10万円クラスのギターまでランクが上がってしまいます。

 

初心者の方はまずはFG830を買って、弾き倒していくなかで見つけた不満点を2本目のギターで解決するのがおすすめです。

【参考記事】脱初心者!2本目に良いギターを買う際のポイントとおすすめギターを解説

弾き語り配信などには十分使える

ギターらしい音量や音質が出るため、弾き語りするには十分使えるギターです。

「弾き語りでライブ配信をしたい」「YouTubeに弾き語り動画を上げたい」といった用途なら十分使えます。

 

逆にライブハウスでライブをしたい…となるとピックアップもなく若干厳しいです。

ライブ活動を積極的にやる段階まできたら、もっと良いギターに乗り換えましょう。

練習するにはベストな標準的なセッティング

ナット幅(ネックの太さ)が43mm、弦高も程よい高さでセッティングは至って標準的。

最初のギターは極端なセッティングより標準的なものを選択するべきなので、ちょうど良いです。

 

FG830でギターを練習して弾けるようになれば、他のギターでも違和感なく演奏できるようになります。

最初の1本目に最適なアコギ

FG830は初めて買うギターに適しています。

適している理由は下記の通り。

最初に買うギターとして推す理由

  • 程よい価格と品質で手が出しやすい
  • 成長したら次のギター…と段階を踏むのにちょうど良い
  • FG830を弾き倒して、次のギターを買うと失敗しにくい

特に最後の次のギターを買う時のお話が大事です。

高いギターを何もわかってない状態で友人の勧めなどで買うと、後で後悔することって多いんですよね。

何故なら、自分の欲しい音や欲しい機能が分かってない状態で買うからです。

 

FG830は良くも悪くも安いなりに品質が良いというレベルのギターです。

弾き倒せば、それなりに不満点が出てきて、次のギターへの要望が見えてきます。

自分なりの要望を持っていることが良いギターを買うためのコツです。

 

段階を踏むためのギターとしてFG830はおすすめの1本目のギターです。

ぜひ、弾き倒していただきたいですね。

FS830

FG830

YAMAHA(ヤマハ)FG830のまとめ

まとめ

  • FG830はYAMAHAの初心者向けギター
  • 価格の割に品質が高く、使いやすい
  • 初めて買うギターにはベストチョイスになり得る安定の1本

ぎたすけ

初めて買うギターってYAMAHAってイメージがあるよな

たけしゃん

僕も中学生のころに買ってもらったギターはYAMAHAだったね。品質的にも安定しているしね

YAMAHA FG830を解説でした!

YAMAHAって良いブランドだなぁと思ったのがFG830を試す時に全カラー弾いたんですけど、品質にブレを感じなかったことですね。

当たり外れがあまりないので、通販でも安心して買えるのはYAMAHAの強みですね。

 

最初の1本目で変なギターを買うと、余計なところでつまづいて辞めちゃうので無難なものがおすすめです。

3万円以上しますが、YAMAHA FG830は安心してギターを始められます。

ギターにチャレンジしたいと強い思いがあるなら、ぜひおすすめしたいギターです。

FS830

FG830

音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。