あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

Ka-Na(植村花菜)の使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

ぎたすけ

トイレの神様!

たけしゃん

ほんとにトイレの神様ってイメージが強いよね。けど、他にも良い曲たくさんあるんだよ

飛ばし読みガイド

Ka-Na(植村花菜)

  • 1983年生まれ
  • 2005年5月にメジャーデビュー
  • クリアスカイコーポレーション所属

何気ない日常を切り取って、歌うシンガーソングライター。

デビュー当初からギター弾き語りをメインに活動をされています。

2016年からアーティスト名を植村花菜さんからKa-Naに変更されました。

 

最初はボーカルを目指して、音楽専門学校のボーカル科に入ったものの、雰囲気が合わずシンガーソングライターコースに編入したそうです。

編入後はギターを持って作詞作曲をするように。

 

デビューのきっかけは19歳の時に出場した企画型オーディションでグランプリを受賞したこと…と思いきや、グランプリは辞退したそうです。

…が説得されて、1か月後にグランプリを受賞したものの時間が空いたせいかCDデビューもなくなり…。

その後、普通に1人で音楽活動していたところにレコード会社の目に留まりデビューに至りました。

 

デビュー後もトイレの神様が出る2010年までは知る人ぞ知る実力派アーティスト…という感じの印象でした。

影響を受けたアーティスト

  • カーペンターズ
  • 矢野顕子
  • ORIGINAL LOVE
  • Bonnie Pink
  • ジョン・メイヤー

ジョン・メイヤー以外は何となくわかる感じしますね。

カーペンターズとかは曲調に現れています。

 

ジョン・メイヤーはギターの魅力を気づかせてくれた人だそうで、ジョン・メイヤーを見てギターの練習をしていたそうです。

確かにジョン・メイヤーのギターはすごいですからねぇ。

 

また、ギターをはじめた頃はウルフルズの「バンザイ」やSPITZの「運命の人」などをコピーしていたそうです。

代表的な楽曲

代表曲はトイレの神様。

祖母との思いでを綴った楽曲で演奏時間が10分を超える曲です。

普段曲を作る時は聴き手が共感を得られるように考えるそうですが、この楽曲は祖母との思い出をそのまま書いただけ。

この曲を聴いて、誰かが感動するとは思ってなかったそうです。

 

トイレの神様発売前のシングルはゲーム「テイルズシリーズ」の曲に採用されることが多く、力強さと儚さを備えた楽曲が多いです。

3rdシングル キセキは『テイルズ オブ コモンズ』の主題歌でした。

 

2016年リリースのミニアルバム「愛のかたち」はアコースティックサウンドで構成された楽曲中心。

軽快なギターサウンドの楽曲とピアノ・ストリングスの重厚バラードが交互しており、端的に植村花菜さんらしさが出ているミニアルバムです。

Ka-Na(植村花菜)の使用ギター、使用アイテム

ギターヘッドとカポタスト

たけしゃん

植村花菜さんのアイテムはプレイヤビリティにこだわったチョイスが多いです!

使用ギター

Martin 000-28EC

  • Martin 000-28EC(2007年製)
  • Gibson B-25(1965年製)
  • GUILD F-30(1966年製)
  • YAMAHA CPX-15WA

メインで使用されているのはMartin 000-28EC

000-28のエリック・クラプトンシグネイチャーモデルです。

シグネイチャーモデルですが、Martinギターの中でも人気の高い名機です。

 

ピックアップにはマグネットタイプのL.R.Baggs M-1を使用。

Martin 000-28ECはスモールボディでレスポンスが良いのでL.R.Baggs M-1とは相性が良いです。

 

トイレの神様などのMVで登場するのはGibson B-25

こちらもスモールボディのギター。ピックアップはピエゾタイプが内蔵されています。

 

他にはアルフィーの坂崎さんから借りて気に入って購入した、GUILD F-30。

植村花菜さんが初めて購入したエレアコとして、YAMAHA CPX-15WAを所有されています。

Martinの代表的なフォスファー・ブロンズ弦、MSP4100を使用されています。

値段もお手頃。弾きやすさ、音質も良好。普段使いの最適な一品。

 

斉藤和義さんも使っており、弾き語りに適したアコギ弦です。

関連記事

Martin(マーチン)のアコースティックギター弦について種類とおすすめポイントを解説

マーチン弦の種類と特徴を解説【プロアーティスト使用者も紹介】

ピック

Fender ピック

Fender トライアングル型 ミディアムのピックを使用されています。

選んだ理由は覚えてなく、たぶん色々試して弾きやすかったからだと思う…とのことでした。

 

Fenderのピックって誰もが一度は手にするので、何となく持っていても不思議ではないですね。

カポタスト

G7TH PERFORMANCE 2 CAPOを使用されています。

チューニングのズレが少なく、音質も良好。着脱も簡単と非常に優秀なカポタストです。

 

植村花菜さんは握力が弱いので、握力不要なG7TH PERFORMANCE 2 CAPOは助かっているとのことでした。

関連記事

ギター用カポタスト G7TH PERFORMANCE CAPO2をレビューする

G7thカポ3をギターヘッドに付けたG7TH PERFORMANCE 3 ART CAPOをレビュー。ワンタッチ着脱可能で音が良い便利なカポタスト

チューナー

クリップチューナーはKORG AW-2G(ブラック)を使用されています。

2010年頃は誰しもが使っていた、ベストセラーチューナーです。

 

現在は生産完了品で売っておらず、現行品はKORG AW-4Gになります。

操作性は今一つですが、多機能で精度良く価格も安めの人気製品です。

AW-4Gの詳細記事

ギター用クリップチューナー KORG AW-4Gをレビューする

KORG(コルグ)AW-4G-BK PitchCrow-Gをレビュー。定番の多機能ギター用クリップチューナー

Ka-Na(植村花菜)の弾き語り

マイク

たけしゃん

本格派!という感じでギターもボーカルも素晴らしいです
弾き語り難易度
ギター
(3.5)
(4.0)
総合評価
(3.5)

難易度は普通~やや難しめ。

色んな楽曲をギター弾き語りで演奏されているので、引き出しを増やすことができます。

 

コードの選択も面白いものもあったり、同じ流れのギター弾き語りばかりでマンネリ化してきた方はチャレンジしてほしいですね。

ギターのポイント

ボーカルが素晴らしいのでギターはボーカルを支える、オーソドックスな伴奏が基本ですが、細かい工夫が多いです。

使い慣れないコードがたまに出てきたり、良くあるコードをあえて違うポジションで演奏していたりしますので、出来れば完コピしたいところです。

 

また、ギターでリズムをしっかり出さないとキマらない曲もあります。

代表的な曲はミルクティーです。

キメやアクセントはしっかりと意識しないと迫力が出ないので気を付けましょう。

 

基本的にはどの曲もギターはボーカルについていって一緒に展開作りをする形です。

ちゃんと、ボーカルがどこでボリュームの上げ下げをするのかを確認して合わせるようにしましょう。

 

ストロークパターンやコードポジションなど細かい工夫が多いので、ちゃんと完コピできるとかなり力が付きます。

ご本人のライブ映像を何度も見て、譜面と付け合わせて再現させましょう。

ボーカルのポイント

最高音はHi Dあたりが多いです。

キー的には普通くらいです。

 

力強く伸びの良いロングトーンが魅力で、演奏でも多用されてます。

ギターを弾きながら、ブレずに安定させるにはボーカルとしての基礎体力が必要です。

 

また、曲中のメリハリをつけているのが力強さに加えたヴィブラートと細かいフェイクです。

バラードのAメロでは音量は抑えつつのヴィブラートとフェイクで余韻を作り…。

サビではヴィブラートとフェイクに力強さをのっけて、ギター1本でも見事に場面毎の温度差を作り出しています。

再現するには基礎体力に加えて、ボーカルのスキルもかなり必要で中々に難しいです。

 

ただ、本格バラードをギター1本で歌い上げているのでボーカリストとしてやりがいがあります。

ギター同様に完コピを目指して何度も、ご本人の演奏を繰り返し聴いて練習すると力がつくでしょう。

おすすめのギタースコア

植村花菜 ギタースコア

おすすめのギタースコアは「ギター弾き語り 植村花菜 Songbook」です。

トイレの神様やミルクティなど、2010年までの代表的な16曲が掲載されています。

 

コードフォームやアクセントなど細かいところはご本人のライブ映像と合わせて、完コピを目指しましょう。

アルバム

ギタースコア

Ka-Na(植村花菜)さんを解説して

まとめ

ぎたすけ

声がすごく伸びて、聴いていて気持ちいいな

たけしゃん

ギター1本で、ここまで聴かせられるのはすごいよね

Ka-Na(植村花菜)さんの解説でした!

最近は海外での活動がメインなんですね。主にニューヨークで活動されています。

 

素晴らしいシンガーソングライターなので、国内でもライブみたいですけどねぇ。

年に2~3回は演奏で日本に帰られるようなので、その時にぜひライブを見に行きたいです。

 

ギター・ボーカル共に素晴らしいので、ぜひ積極的にコピーすると良いですね。

特にギター弾き語りがマンネリ化してきたら、一度チャレンジしてみましょう。

違う扉が開けることでしょう。