Martin(マーチン)のアコギ弦について種類とおすすめポイントを解説

ぎたすけ

マーチンって高級ギターメーカーのマーチン?

たけしゃん

そうだよ。アコースティックギター用の弦も販売していて、定番中の定番弦だよ
この記事でわかること
  • Martin(マーチン)弦の種類
  • Martin(マーチン)弦のおすすめポイント、不満ポイント
  • Martin(マーチン)を使用しているプロアーティスト

Martin(マーチン)弦について

たけしゃん

マーチン弦は安くて質も良い、アコギ弾きなら必ず一度は使うであろう定番弦です
  • 安価で買い求めやすい
  • 種類が豊富
  • アコースティックギター弦の基準となっている

アコースティックギター弦では、昔から定番であるマーチン弦

ギター弦の基準と言える弦です。

初心者が弦を選ぶなら、まずはマーチン弦を使ってみるのが良いでしょう。

 

種類も豊富で色んなタイプの弦があります。

自身のプレイスタイルに合わせて、適切なものを選べるよう勉強していきましょう。

楽器別のMartin(マーチン)弦

エレキギター用の弦はありませんが、それ以外は一通り販売しています。

しかも、それぞれの楽器で色んな種類の弦が販売されています。

 

本記事ではこの中からアコースティックギターに絞って解説を行います。

Martin(マーチン)弦の材質

  1. 80/20 BRONZE…銅80%、スズ20%
  2. PHOSPHOR BRONZE…銅92%、スズ7%、リン1%
  3. ニッケル…ニッケル
  4. 加工弦…①、②を特殊加工した弦

大きくマーチンのアコースティック弦は上記の4種類が存在します。

「④ 加工弦」は「80/20 BRONZE」「PHOSPHOR BRONZE」を基に加工を施した弦です。

 

プロアーティストだとPHOSPHOR BRONZEの使用者が多いです

【参考記事】アコギに使うブロンズ弦の種類と違いを解説。プロ63名の使用率も紹介

Martin(マーチン)弦の太さ

  • EXTRA LIGHT (.010-.047)
  • CUSTOM LIGHT (.011-.052)
  • LIGHT (.012-.054)
  • MEDIUM (.013-.056)

マーチンのアコースティックギター弦は4種類の太さが用意されています。

マーチン弦が基準なので、大抵のメーカーがこの4種類になってます。

 

弦の太さについてもプロ・アマ問わず「LIGHT」を使っている方が圧倒的に多いですね。

【参考記事】ギターの弦の太さによる違いとは?プロ 77名の使用率を調べて解説

Martin(マーチン)のアコースティックギター弦の種類

たけしゃん

マーチン弦は種類がものすごく豊富なため、使用者が多いものを絞って解説していきます

マーチンはアコースティックギター用の弦だけでも相当な種類があります。

  • ACOUSTIC
  • SP ACOUSTIC
  • MARQUIS
  • RETRO
  • SP Flexible Core
  • SP Lifespan
  • SIGNATURE ARTIST

上記の各種類から、また細かく分岐しますので何十種類も弦が存在します。

それぞれの代表的な製品と合わせて説明します。

ACOUSTIC

  • アコースティックギター弦の標準
  • 音質は可もなく不可もなく
  • 安くて、どこでも売ってる

マーチン弦の基準となる弦がACOUSTICシリーズです。

代表的な製品はM140

 

マーチン弦を象徴する標準的な弦が、このM140

音質は可もなく不可もなく。アコースティックギターらしい鳴りをしてくれます。

 

価格も600~700円くらいで購入できるため、普段使いしやすいです。

ネットでまとめ買いしておくと非常に便利。

SP ACOUSTIC

  • 芯線をゴールドメッキした弦
  • 音が若干煌びやかになっている
  • 価格は普通

SP ACOUSTICシリーズです。

ACOUSTICシリーズを基調に芯線をゴールドメッキした弦になっています。

代表的な製品はMSP4100

 

音が若干煌びやかになっており、マーチン D-28などのサイド&バックの木材がローズウッドのギターにはSP ACOUSTICが適しています。

【参考記事】マーチン(マーティン)のギターを徹底解説しておすすめアコギを紹介する

 

音質が煌びやかで歌モノと相性がよくシンガーソングライターでも使用者が多い、マーチン弦です。

SP ACOUSTICの使用者

  • 斉藤和義
  • 植村花菜

MARQUIS

  • ボールエンド付近をシルクで包括処理
  • 音質は可もなく不可もなく
  • 価格はやや安め

ボールエンド付近をシルクで包括処理している弦がMARQUISシリーズです。

代表的な製品はM2100

 

ポールエンド付近が包括処理されているので、弦交換時にギターを傷つけるリスクが低くなっています。

音質的にはACOUSTICシリーズに近いです。

 

価格もACOUSTICとSP ACOUSTICの中間くらいです。

普段使いしている方はそこそこいる印象です。

MARQUISの使用者

  • Rei
  • 鬼怒無月

RETRO

  • ニッケル弦
  • 音質は軽め、エレキギターっぽい
  • 価格は高い

エレキギターで良く使われるニッケル弦を使ったアコースティックギター弦。

代表的な製品はMM12

 

音は若干軽いです。低音も弱め。

その分、弦も軽い感じで弾きやすいです。

低音を薄くしたい場合に使える弦ですね。

 

滅多に使っている人は見ませんが、マーチン 0シリーズのようにコンパクトなギターでテクニカルプレイするなら向いている弦です。

SP FLEXIBLE CORE

  • 芯線がブロンズドスチール
  • タッチがソフトで弾きやすい。音は軽め
  • 名ギタリスト トミー・エマニュエルが使っている

芯線にマーチン弦の中で最も細いブロンズドスチールを用いた弦。

代表的な製品はMFX740です。

 

音は軽めで、ソフトなタッチがフィンガーピッキングに最適です。

軽くて押弦しやすいので、コードが綺麗に鳴らない初心者にも向いています。

 

トミー・エマニュエルが使用していることもあって、ソロギタリストで使っている方が多いようです。

SP LIFESPAN

  • 特殊なトリートメント処理で弦の寿命が長い
  • コーティング弦にしては落ち着いた音
  • エリクサーの方が長持ち

マーチンのコーティング弦、SP LIFESPANです。

代表的な製品はMSP7100

 

通常の弦に特殊なトリートメント処理を施したことでサビに強く、2倍程度の期間もちます。

 

コーティング弦の代表格であるElixir(エリクサー)と比べると…。

寿命はElixir(エリクサー)のほうが上です。

メインギターで使うのであれば、2か月程度で弦交換するでしょうから大差ありません。

サブギターなどで、半年近く放置するのであればElixir(エリクサー)の方が良いでしょう。

【参考記事】寿命が長いギター弦 Elixir(エリクサー)の種類とおすすめのポイントを解説する

 

音質は明るすぎず、落ち着いています。

Elixir(エリクサー)のキラキラした音が合わない人はMSP7100はおすすめです。

MSP7100の使用者

  • 高田漣

SIGNATURE ARTIST

  • アーティスト特注をレギュラー製品化した弦
  • 音質にアーティスト特性が出ている
  • 価格はやや高め

特定アーティストの特注弦をレギュラー製品化したシグネイチャーモデル。

対象アーティスト

  • エリック・クラプトン…MEC-12MEC-13
  • ローレンス・ジューバー…MLJ-13
MEMO
MEC-12がLIGHT、MEC-13がMEDIUMです

日本で一般的に販売されているのはエリック・クラプトンモデルのMEC-12MEC-13です。

PHOSPHOR BRONZEをしなやかになるように加工してチョーキングをしやすくしています。

 

クラプトンのようなブルースギターだとアコースティックギターでもチョーキングが多用されるので、カスタマイズしているのでしょう。

 

音質も少し変化しており、煌びやかなサウンドから落ち着いた音になってます。

80/20 BRONZEとPHOSPHOR BRONZEの中間くらいの音です。

 

ブルースをやる方には非常におすすめな弦です。

新しいMartin(マーチン)弦

2018年10月1日からMartin(マーチン)弦が新しくなりました。

ここまで、紹介してきた多数のパッケージを3種類に統合しています。

 

目的としては弦の種類が増えすぎたため、わかりやすくするため。

そして、弦の種類を集中させて製造におけるコスト抑制・品質向上を図るためのようですね。

SUPERIOR PERFORMANCE (スーペリア・パフォーマンス)

SUPERIOR PERFORMANCE (スーペリア・パフォーマンス)は従来のSP ACOUSTICを踏襲した弦です。

 

昨今ではSP ACOUSTICがマーチン弦の主流。

そのため、今後はこのSUPERIOR PERFORMANCE(青パッケージ)がメインになっていくでしょう。

MARQUIS SILKED(マーキス・シルクド)

MARQUIS SILKED(マーキス・シルクド)は従来のMARQUISを踏襲した弦です。

ポールエンド部をシルクでラッピングしており、ギター側のブリッジを守る役割を果たします。

Treatment for long life/LIFE SPAN(トリートメント・ロング・ライフ/ライフ・スパン)

Treatment for long life/LIFE SPAN(トリートメント・ロング・ライフ/ライフ・スパン)はSP LIFESPANを踏襲した弦。

 

特殊なトリートメント処理を施して、弦の寿命を長くした弦です。

音質はコーティング弦にしてはキラキラ感が薄く、良い意味で落ち着いています。

買うなら新パッケージ?

全部使ってみましたが、旧パッケージと差は感じられませんでした。

そして、2018年12月現在では新パッケージはまだ普及できておらず旧パッケージのほうが安くて、在庫も豊富に見えます。

 

よって、旧パッケージがあるうちは旧パッケージを買う方がお得です。

入れ替わるまではあわてて、新パッケージを買う必要はありません。

Martin(マーチン)弦のおすすめポイント、不満ポイント

たけしゃん

消耗品なので可もなく不可もなく、安いのは強いです

それでは、マーチン弦のレビューをしていきます。

総評すると「ザ・普通」

 

値段安めで質は平均的です。

ギター弦は高頻度で交換するタイプの消耗品なので、「可もなく不可もなく、安い」はかなり強いですね。

世界的に定番弦になるだけのことはあります。

Martin(マーチン)弦のおすすめポイント

  • 安い
  • 音質は平均的

安い

購入する種類にもよりますが、全体的に安いです。

3パッケージなど、まとめ買いすると1個あたり500~600円で買えるものも多く財布にやさしいです。

 

弦は消耗品なので、月に1回交換することを考えると1個200円の金額差でも年間で2,400円にもなります。

 

特にライブを行う頻度が高い人はライブ毎に弦交換したいはず。

すると、年間での弦購入費は結構な額になるので交換頻度が高い人ほどマーチン弦はおすすめと言えます。

音質は平均的

マーチン弦は安いですが、音質は平均的で本格的な音楽活動にも十分使用できます。

 

弦は高頻度で交換する消耗品なので「値段が安くて、音質もOK」という特性は非常に強いです。

Martin(マーチン)弦の不満ポイント

  • 煌びやかな音が欲しいときはイマイチ
  • コーティング弦が弱い

煌びやかな音が欲しいときはイマイチ

落ち着いた音が欲しいときは良いのですが、煌びやかな音が欲しいときは弱いです。

MSP4100が一番良いのですが、それでも弱い。

 

D’ADDARIO EJ16DR VTA-12などを活用したほうが良いでしょう。

マーチン弦に対抗できる種類はありません。

コーティング弦が弱い

マーチンのコーティング弦はMSP7100などになりますが、イマイチです。

値段の割にはもちが悪く、Elixir(エリクサー)に比べて使い勝手はよくありません。

 

アマチュアだと寿命が長いコーティング弦のほうが何かと便利なので、コーティング弦のジャンルに弱いのはイマイチです。

【参考記事】アコギのコーティング弦と普通の弦は普段使いでどっちが便利か比較する

Martin(マーチン)弦を使用しているプロアーティスト

これまでも機種別にご紹介していますが、改めてまとめて紹介すると…。

マーチン弦の使用者

  • 福山雅治(型番不明)
  • 斉藤和義(MSP4100
  • 植村花菜(MSP4100
  • Rei(M2100
  • 鬼怒無月(M2100
  • 高田漣(MSP7100
  • エリック・クラプトン(MEC-12
  • ローレンス・ジューバー(MLJ-13
  • トミー・エマニュエル(MFX740

…とこんなところ。

多いようで意外と少ないですね。

 

シンガーソングライターにはバランスが良くて歌モノと相性が良いMSP4100が良いですね。

まとめ

  • マーチン弦は安くて質は平均的なので消耗品として優秀
  • マーチン弦は非常に多種類で色んなニーズに応えている
  • シンガーソングライターにおすすめはMSP4100

ぎたすけ

マーチン弦は種類が多いし、歴史を感じるな

たけしゃん

そうだね。老舗中の老舗だからね。一度は使ってみると良いよ

マーチン弦の特集でした!

改めて、種類と代表的な製品をまとめてみると…。

シンガーソングライターにおすすめなのはSP ACOUSTICのMSP4100

 

マーチン弦はアコースティックギター弦の基準と言える製品です。

僕も弦を試して、レビューを書くときの基準は80/20 BRONZEならM140ですし、PHOSPHOR BRONZEならMSP4100

 

あなたのお気に入りの弦を探すなら、初めにマーチン弦を弾いて基準を作ってから色んな弦を触ると良いでしょう。

M140

MSP4100

おすすめの関連記事

おすすめのアコギ弦ベスト10をランキング形式で解説【各弦のプロアーティスト使用者も紹介】

アコギ弦 おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティスト使用弦も紹介】
Amazonで弦を安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。