ギター用カポタスト Kyser(カイザー)の種類を解説し、Kyser KG6をレビューする

ぎたすけ

Kyser KG6ってどこでもよく見る、あのカポタストか

たけしゃん

うん、昔からカポタストと言えば…的な存在だからね。定番中の定番だから、しっかりレビューするよ
この記事でわかること
  • Kyser(カイザー)のカポタストについて
  • Kyser(カイザー)KG6のレビュー
  • Kyser(カイザー)KG6を使っているプロアーティスト

Kyser(カイザー)のカポタストについて

たけしゃん

ザ・カポタストというべきメーカー、Kyser。実は色んな種類があるので細かく解説していきます

Kyserは1978年からアメリカのテキサスでギターの弦、ケア用品を始めとしたギターアイテムを製造・販売している老舗のメーカー。

中でもKyserのカポタストは世界中で有名な製品です。

 

日本でも、Kyserのカポタストはプロ・アマ問わずに利用されています。

特にクイックチェンジカポと呼ばれるカポタストは使用者が非常に多く、ギターを弾かない人でも知っている人は多いのではないでしょうか。

 

軽くて、取り扱い方法もシンプル。

多くのミュージシャンに愛されるKyserのカポタストについて、掘り下げて解説をしていきます。

Kyser(カイザー)カポタストの種類

  • クイックチェンジカポ…クリップタイプのカポタスト
  • プロアマカポ…スクリュータイプのカポタスト

Kyserのカポタストは大きく分けて上記の2つ。

クリップタイプとスクリュータイプをザックリ説明すると…。

クリップタイプ

  • 軽量で片手のみの着脱が可能
  • 色んなネックの幅や厚みに対応可能
  • 押弦するテンションは調整不可

スクリュータイプ

  • 取り外しに力が要らない
  • ネジで押弦のテンションを微調整可能
  • 重いが頑丈

…とこんな感じ。

【参考記事】カポタスト5種類のタイプ別の特徴をプロの使用率も踏まえて解説

 

人気なのはクリップタイプであるクイックチェンジカポです。

それぞれのカポタストについて、もう少し細かく解説していきます。

クイックチェンジカポ

クリップタイプでお手軽に使えるカポタストがクイックチェンジカポです。

クイックチェンジカポには色んなタイプの製品が出ています。

QCカポシリーズ

  • KG6…アコースティックギター用
  • KG12…12弦ギター用
  • KGE…エレキギター用
  • KGC…クラシックギター用
  • KGM…ウクレレ、バンジョー、マンドリン用
  • KGD…パーシャルカポ(ドロップDチューニング)
  • KG3…パーシャルカポ
パーシャルカポ
特殊チューニングをするために用いられる変形型カポタスト

上記の型番後ろにカラーリングの記号(ブラックならB)が付きます。

 

代表的なKG6シリーズについては後程、詳しくレビューしていきます。

プロアマカポ

スクリュータイプのカポタスト。

1000円以内で買える安価でシンプルなカポタストです。

プロアマカポの種類

  • KPA…アコースティックギター用
  • KPAC…クラシックギター用

シンプルにアコースティックギター用とクラシックギター用の2種類のみ。

構造も非常にシンプル。

 

ただ、スクリュータイプのカポタストはSHUBB C-1G7TH PERFORMANCE 2 CAPOなど高品質な製品が多数出ており、Kyserは影が薄いです。

【参考記事】カポタストおすすめ16品をプロ使用者と合わせて徹底解説!

Kyser(カイザー)KG6のレビュー

たけしゃん

Kyser KG6は安価で丈夫で使いやすいところが強みのカポタストです

それではKyserカポタストの中でもアコースティックギター用として定番になっているクイックチェンジカポ KG6をレビューしていきます。

MEMO
写真で写しているのはカラーがブラックなのでKG6Bです

 

僕も相当長い期間使っていますが、ほんとに軽くて丈夫で便利なカポタストです。

取付けするのに握力が要りますが、女性でも使っている方は多く、困る方はほとんどいないでしょう。

着脱は片手で可能

写真のように先端部分をつまんで、挟み込ませる部分を開閉させて取付けします。

握力が要りますが、お子さんや女性でも対応できるレベルです。

 

スクリュータイプのカポタストだと、片手では着脱が難しいですがKG6は片手で着脱できます。

片手でひょいっと取付けできる点が気に入って使っている方も多いです。

見た目は好みがわかれる

取付け時にヘッド部分が大きくはみだします。

この状態での見た目で好き嫌いが分かれます。

 

後ろから見ると、こんな感じ。

 

僕はSHUBB C-1のほうが取付け時の見た目が好きです。

【参考記事】ギター用カポタスト SHUBB(シャブ) の種類を解説し、SHUBB C-1をレビューする!

 

…といっても、ほんとに好みのレベルです。

KG6シリーズはカラーリングが15種類もあるので、自分好みのカラーを選べる強みもあります。

 

プロアーティストでも、KG6のカラフルカポタストを使って印象付けている方も多いです。

KG6 全カラー

  • KG6B…黒
  • KG6S…シルバー
  • KG6W…白
  • KG6RW…ローズウッド
  • KG6M…メイプル
  • KG6G…ゴールド
  • KG6R…レッド
  • KG6TD…タイダイ
  • KG6U…ブルー
  • KG6O…オレンジブレイズ
  • KG6C…カモフラージュ
  • KG6EG…エメラルドグリーン
  • KG6K…ピンク
  • KG6L…ラベンダー
  • KG6Y…イエローブレイズ

チューニングは及第点

カポタストを取り付けた時に気になるのがチューニングのズレ。

主要なカポタストでチューニング精度を確認した時の結果はこの通り。

機種名123456
G7th-1-2
C-1+1-2-1+1+1
KG6+1+1-2-2+1+2
PC-6+1+1+1
Nash+2+1+2+2+1+1
CP10+1+2
TypeR+2+1

テスト環境

…とまあ、御三家の中ではKG6最もチューニング精度が悪い結果となりました。

といっても、誤差のレベルで人が聴いても違いはわかりませんが(笑)

 

チューニング精度にこだわりたい!…という方はトップだったG7TH PERFORMANCE 2 CAPOを選択しましょう。

【参考記事】ギター用カポタスト G7TH PERFORMANCE CAPO2をレビューする

曲中でのカポ移動可能

片手で着脱できるため、曲中でのカポ移動は可能です。

…といっても、瞬時は無理。2拍くらいの感覚は欲しい。

 

実際にMr.Childrenの桜井さんが曲中にKG6を移動させて、ラストのサビ転調を対応しているシーンがあります。

バンドなので、1小節くらいはアコギが抜けても問題なく、その間にスッと移動させていました。

 

スクリュータイプだと1小節あっても、カポ移動は苦しいためクリップタイプの特典と言えるでしょう。

 

ただ、弾き語りや小編成だと抜けると目立つので、大半は1拍以内で瞬時に移動させる必要があります。

 

瞬時に移動させたい場合はクリップタイプも厳しいので、移動を考慮して作られたグライダーカポを使いましょう。

関連記事

一瞬でキーチェンジ!グライダーカポの使い方を解説しつつ、レビューする

一瞬でキーチェンジ!グライダーカポの使い方を解説しつつ、レビューする

ギターヘッドに取付け可能

KG6は未使用時はギターヘッドに取付け可能です。

ポケットにしまう必要がなく、ギターヘッドに付けていれば忘れてくることもないため便利です。

 

スクリュータイプはギターヘッドに付けられないものが多いです。

MEMO
G7TH PERFORMANCE 2 CAPOはスクリュータイプですがギターヘッドに取付け可能です

ポケットにしまったり、マイクスタンドに引っ掛けたり…と対応方法は色々あるものの、ギターヘッドに取付け可能なのは使い勝手が良いです。

Kyser(カイザー)KG6を使っているプロアーティスト

たけしゃん

後発の優れたカポタストが発売される中で根強い人気の
Kyser KG6。プロ使用者も非常に多いです
KG6の使用者

  • スガシカオ
  • 長澤知之
  • 森山直太朗
  • ISEKI
  • 山本彩
  • 大原櫻子
  • miwa
  • 馬場俊英
  • 村山辰浩(カサリンチュ)
  • ダイスケ
  • 井上ヤスオバーガー
  • コレサワ
  • 三浦拓也(DEPAPEPE)
  • 中川まり
  • 田中彬博
  • 有山じゅんじ

おぉ、多い。

そして、僕が知らないだけでもっといっぱいいそう。

 

ただ、複数のカポタストと使い分けしている人も多いですね。

例えば、森山直太朗さんはテレビやレコーディングではSHUBB。ライブはKG6と使い分けています。

 

場面によってカポタストを使い分けるという考えも面白いですね。

まとめ

  • Kyserカポは色んな種類あるが、アコギ用のKG6がダントツで普及している
  • 片手で簡単に着脱できて、頑丈。ライブには強い
  • 見た目は好みによるが、カラーが15種類と豊富

ぎたすけ

カラーが15種類もあるってすごいな。好きな色選べるのは大きいかも

たけしゃん

それだけの種類を発売できるだけ、世間に浸透したカポタストってことだね。今も一番使用者は多い気がするよ

Kyserカポタストの解説記事でした!

もう一度、定番カポタスト KG6の全カラーをまとめると…。

KG6 全カラー

  • KG6B…黒
  • KG6S…シルバー
  • KG6W…白
  • KG6RW…ローズウッド
  • KG6M…メイプル
  • KG6G…ゴールド
  • KG6R…レッド
  • KG6TD…タイダイ
  • KG6U…ブルー
  • KG6O…オレンジブレイズ
  • KG6C…カモフラージュ
  • KG6EG…エメラルドグリーン
  • KG6K…ピンク
  • KG6L…ラベンダー
  • KG6Y…イエローブレイズ

これ以外に限定品などもありますが、レギュラーはこの15種類。

どのギターにも合う万能なものはKG6B(ブラック)KG6S(シルバー)の2種類。

 

ギターヘッドに付けられるクリップタイプのカポタストが欲しい方には本命のカポタストになるでしょう。