プロミュージシャン御用達、肺活量トレーニング器具 POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)をレビューする

ぎたすけ

肺活量トレーニングってどんな意味があるの?

たけしゃん

肺活量は安定した声、声量、ロングトーンとボーカルには欠かせない要素だよ。日頃から鍛えたほうが良いね
この記事でわかること
  • POWER breathe PLUSの種類
  • POWER breathe PLUSのレビュー
  • POWER breathe PLUSのボーカルにおける効果

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)について

たけしゃん

肺活量を効率よく鍛えられるので、ボーカルトレーニングに重宝します

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)は腹筋、背筋、横隔膜を強化する呼吸筋トレーニング器具です。

 

ボーカルトレーニングの定番に空のペットボトルで吸って、吐いて…を繰り返すメニューがあります。

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)はそのペットボトルトレーニングを負荷調節可能にし、手軽にやれるようにしたトレーニング器具といったところです。

 

呼吸筋を鍛えることで肺活量が上がるので、様々な分野に効果があります。

効果的な分野例

  • 声楽(ボーカル)
  • 管楽器
  • 運動全般(アスリート)

運動しない方の健康維持にも効果的なので、極論誰にでも有効なトレーニング器具です。

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)の種類

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)は色違いで3種類に分かれます。

色による違い

Min負荷MAX負荷備考
1798初めての方、女性向け
23186男性、アスリート向け
29274体重90kg以上、青で足りない人向け

緑⇒青⇒赤の順で負荷が高くなる仕様です。

公式の推奨は緑か青から始めて、限度までいったら高い負荷へ乗り換え。

 

青でも普通の人では到底無理な負荷がかかります。

…が表を見てもわかる通り、最低レベルでは緑も赤も大差ありません。

 

ボーカルやっている方なら、赤でもレベル0(MAXはレベル10)はクリアできるはず。

しかし、青のレベル5(MAXはレベル10)を最初からクリア出来る人は相当少ないです。

 

よって、青か赤を買っておけばどちらでも当面物足りなくなることはありません。

迷ったら、男性は赤・女性は青を買っておけば良いでしょう。

注意
肺活量に自信がない人は緑にしましょう

使い方はくわえて呼吸するだけ

使い方はいたってシンプル。

先端部分にマウスピースを取付けて、くわえて呼吸するだけです。

 

本体下部に負荷調整ノブがついており、回すことでレベル(MAX10)をコントロールできます。

 

呼吸を繰り返すので、水洗いをして定期的(週1程度)に洗浄タブレット(別売り)で消毒が必要です。

プロミュージシャン御用達

…と言っても公式で使っていると書いている人はやはり少ないです(笑)。

隠れで使っている人は相当いそう。

 

使っているのが分かっている人をご紹介するとB’zの稲葉浩志さん。

赤のPOWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)を10年以上前から愛用されているそうです。

 

肺活量や声量が凄いことで有名な稲葉さんが使用されているというのは…説得力が半端ないですね。

 

また、最近のバンドだとOfficial髭男dismのボーカル 藤原 聡さんも赤のPOWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)を愛用されています。

 

藤原さんもライブへ行くとわかりますが、抜けの良いハイトーン&ロングトーンのフレーズを連発しており、相当な肺活量&声量です。

日頃のPOWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)でのトレーニングの賜物かもしれませんね。

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)をレビュー

たけしゃん

POWER breathe PLUSは非常にお手軽に使えます。習慣化できればボーカルとしての基礎体力向上が期待できます!

それではPOWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)のレビューをしていきます。

初めに総括すると「お手軽で習慣化しやすい、優れもの」です。

 

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)で鍛える呼吸筋・肺活量は1日の練習量を増やしても、あまり意味がありません。

重要なのは何といっても継続力。

 

お手軽に使える点は継続するためには非常に大きいポイントです。

細かい点を解説していきましょう。

携帯もできて、すぐに練習可能

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)は小さくて持ち運びも楽。

付属に専用の収納袋があるので、外出先へ気軽に持っていけます。

 

また、電源や電池も不要なため、どこでもいつでも使用可能です。

呼吸筋を鍛えるのに重要なのは継続力なので、気軽にどこでも使えるのは非常にポイント高いです。

 

練習を習慣化させて、徐々に肺活量が上げていく状態が理想です。

30回1セットなので数分で済む

練習方法は簡単。

  1. POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)をくわえる
  2. 息を思い切り吸う
  3. 息をゆっくり吐く
  4. ②と③を30回繰り返す

これだけ。

説明書記載では朝と夜に30回1セットをそれぞれ行い、2日に1度のペースで実施すると良いとのこと。

 

30回自体は2分くらいで終わるので、パッとやれます。

僕は会社に行く前と寝る前に一度ずつやってます。

レベル設定が最重要

呼吸筋を鍛えるには30回でちょうど限界になる程度の強度にすることが重要です。

説明書記載の「限界(過負荷)」の表現は「30呼吸し終わるまでに1回の呼吸で十分な量の呼吸ができないこと」となっています。

注意
無理をすると酸欠になるため、気を付けましょう

なので、レベル設定が低すぎても高すぎてもダメです。

 

高すぎる場合は30回到達前に休んで1分ほどで呼吸を整えて再挑戦すればよいですが、30回続けることも重要なのでレベルを下げましょう。

メンテナンスも割と簡単

メンテナンス方法についても説明書記載でいくと…。

  • 週に2~3回、ぬるま湯の中に約10分間浸けた後、お湯を流しながら柔らかい布で洗う
  • 週に1回は弱性の消毒液の中に浸けて洗浄する

…となっています。

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)を分解するのですが、簡単なのでお手入れは楽です。

POWER breathe PLUSのボーカルにおける効果

たけしゃん

POWER breathe PLUSではボーカルとしての基礎体力向上が期待できます。ボーカルの表現力を支える重要な要素です

ぎたすけ

要は歌が上手くなるってことじゃないの?

たけしゃん

歌が上手くなる可能性もある…というのが正しいかな。少し表現がぼやけちゃうから具体的に解説するね

ボーカルトレーニングをする時に意識する項目は大きく2つあります。

意識する項目

  1. 基礎体力
  2. スキル(表現力)

体作りのトレーニングと競技としてのトレーニングがある…という感じで一般的なスポーツと一緒です。

 

「① 基礎体力」と「② スキル」のトレーニングをごっちゃに考えてしまうのは非効率。

トレーニングの意味を理解し、意識することで成長速度を速めることができます。

 

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)でトレーニングできるのは①の基礎体力です。

呼吸はボーカルにとって最重要な基礎体力

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)を用いたトレーニングでは呼吸について2つの要素を鍛えられます。

  • 肺活量
  • 一瞬で息を吸う力

肺活量はロングトーンや安定した声の土台になる、良く知られたボーカルの重要な要素。

 

一瞬で息を吸う力は意識しない人も多いですが、ボーカルにとっては肺活量並みに重要です。

特に昨今のJ-POPは言葉が多くて、呼吸するタイミングがほんとに一瞬な場面が多いです。

 

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)で30回で呼吸が続かなくなる負荷レベルで練習すると、肺活量と一瞬で息を吸う力を効率的に高めることができます。

ボーカルスキルを身に着けるトレーニングと並行すべし

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)で呼吸筋を鍛えても、ボーカルスキル自体は身につきません。

 

肺活量が増えたり、一瞬で息を吸う力は基礎体力であり、歌うための土台。

上手く活用するには声を共鳴させる技術であったり、息を歌声に落とし込んでコントロールする技術が必要です。

 

逆に言えばボーカルスキルが身についても、基礎体力がないと小手先だけの歌になりがち。

 

つまり、POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)で基礎体力向上に努めながら、ボーカルスキルを身に着けるトレーニングも並行して行うのが最も好ましいです。

まとめ

  • POWER breathe PLUSは青か赤を買うのがおすすめ
  • POWER breathe PLUSはお手軽で日頃のトレーニング器具に最適
  • ボーカルスキルを鍛えるトレーニングと並行してPOWER breathe PLUSを使うのがおすすめ

ぎたすけ

何回かやってたら、頭痛くなっちゃったぞ

たけしゃん

こういのは張り切っちゃダメなんだよ。毎日ちょっとずつ継続してやるのが大事なの

POWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)の解説記事でした!

僕も買ってから、日々使ってますが地味に効果は大きいと感じてます。

 

例えば、ロングフレーズからの一瞬息を吸って、またロングフレーズとか以前より安定して息を吸えるようになってます。

その他、ロングトーンでの声の震えなど減ったり…。

 

目立った効果はないですが、細かいところでパワーアップしています。

自分が上達するほど、細かいところを詰める作業が重要になってくるのでプロが御用達なのもよくわかりますね。

 

あなたもPOWER breathe PLUS(パワーブリーズプラス)で日常のトレーニングを充実させてみませんか?