Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違いと使用事例を解説

ぎたすけ

いつもライブで見るマイクにも違いなんてあったんだな

たけしゃん

ライブ・レコーディングで使い分けてるね。違いや特徴を解説していくよ
この記事でわかること
  • ダイナミックマイクの基礎知識
  • コンデンサーマイクの基礎知識
  • おすすめのマイク
  • 場面別の適したマイク選択例

ダイナミックマイクについて

  • 収音時の音質は低め
  • 別途、電源は不要
  • 湿気や衝撃に強い

スタジオやライブハウスで必ずみかけるダイナミックマイク。

収音の感度は低く、音の解像度が低い。

 

その代わり、湿気や衝撃、ハウリングに強く、値段も安価。

ライブなどのリアルタイムで演奏音を届ける場面で活用されることが多い。

 

音楽以外の用途でもイベントの司会やスピーチなどにも使用され、人の声を拾うことに特化されている製品が多いです。

指向性

※出典:ヒビノ株式会社HPより

ダイナミックマイクの指向性(音を拾う方向)は単一指向性。

正面の音を拾うタイプ。

 

ハウリングにも強く、音楽・スピーチなど汎用性が高い。

電源

ダイナミックマイクは電源不要。

ミキサーやオーディオインターフェースなどの音響機器に接続すれば使用可能。

おすすめのダイナミックマイク SHURE SM58

ダイナミックマイクの価格帯は3,000円~10,000円くらいが主流。

その中でも、おすすめなのは音楽業界で標準機種とされているSHURE SM58、通称ゴッパー。

製品はON/OFFスイッチがあるものと無いもので2種類用意されています。

ライブハウス・リハーサルスタジオではON/OFFスイッチ無しがもっぱら利用されています。

 

どこの現場でも見かける超定番機種。

マイマイクを持ちこむにしても、SHURE SM58ならライブハウスの音響さんも慣れており、現場トラブルもほぼ起こらないため安心です。

コンデンサーマイク

  • 高音質で録れる
  • 別途、ファンタム電源が必要
  • 湿気や衝撃に弱い

レコーディングスタジオでよく見るのが、コンデンサーマイク。

ダイナミックマイクと真逆の特性で高音質で録れる代わりに湿気や衝撃・ハウリングに弱く、値段も高価。

 

音の解像度が高いため、レコーディングなど音源制作の場面での使用がメイン。

ライブだとハウリングを起こしてしまい、あまり使えません。

 

宅録や自宅からの音楽配信が普及したことで、昨今は一般ユーザーでも所有している方が爆発的に増えています。

指向性

※出典:ヒビノ株式会社HPより

コンデンサーマイクは「無指向性」「単一指向性」「双指向性」など、色んな指向性に対応している製品があります。

 

音楽で使うのは主に「単一指向性」になりますが、必要に応じて他の指向性を持ち合わせた製品を選択しましょう。

関連記事

マイクの指向性の種類や違いを使用事例と合わせて解説する

ファンタム電源

コンデンサーマイクを使用するにはファンタム電源(主に48V)が必要。

接続するミキサーやオーディオインターフェース側にファンタム電源を供給する機能がないと接続しても使えません。

 

コンデンサーマイクを使用する場合は接続機器がファンタム電源を供給できるか確認しましょう。

昨今の製品は供給できるものがほとんどです。

湿気対策など保管に注意

コンデンサーマイクは非常に繊細。

中に入っているダイアフラムと呼ばれる心臓部分が部屋の湿気やほこりの影響を受けやすいです。

 

ダイアフラムが湿気やほこりでダメになるとマイクの出力が徐々に低下していきます。

最終的には音質低下や故障に繋がるので気を付けましょう。

 

レコーディングスタジオだとカメラの保管に使われる、デジケーター(防湿庫)でコンデンサーマイクを保管することが一般的。

デジケーターを買うほどは…という方はタッパーに乾燥剤を入れて保管していることが多いです。

僕もそうしてます。

おすすめのコンデンサーマイク AKG C214

コンデンサーマイクはエントリーモデルで2万~3万円くらいが相場。

おすすめのコンデンサーマイクはAKG C214です。

 

プロユースでも有名なメーカーであるAKGのエントリーモデル。

単一指向性のみ対応しており、ボーカル・アコースティックギターを録音するのに適しています。

 

サイズが小さく、軽いため取り回しや保管が楽。

卓上マイクスタンドでも問題なく使えるため、宅録には最適なモデルです。

関連記事

コンデンサーマイクの選び方 ~定番5本を紹介~

ボーカル向けのおすすめコンデンサーマイク 16本を価格帯別に解説

ダイナミックかコンデンサー、どっちのマイクを使うべき?

ぎたすけ

音が綺麗なほうが良いし、全部コンデンサーマイクじゃだめなの?

たけしゃん

そうもいかないんだよなぁ、コンデンサーマイクは繊細だから全然使えない場面も多いのよ

本章では弾き語りシンガーソングライターでよくある場面を想定し、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクのどちらで使うべきかを紹介していきます。

 

初めにダイナミックマイク・コンデンサーマイクの使い分けの考え方を載せると、こんな感じ。

使い分けの考え方

  • コンデンサーマイクでいける場面はコンデンサーを選ぶべし
  • 使い分けに迷う場面はダイナミックが安定

ダイナミックマイクは全場面で対応可能だけど、音の解像度が低い。

よって、コンデンサーマイクが選択できるときは選択したい。

 

だが、コンデンサーマイクはハウリングしやすく使えない場面も多い。

…とこんな感じ。

 

その上で各事象ごとの選択例を解説していきましょう。

ライブハウスでの弾き語り

ダイナミックマイクを選択しましょう。

バンドの場合は文句なくダイナミックマイク。

 

ですが、弾き語りだと人によってコンデンサーマイクを使用している方もいます。

…がハウリングが発生する危険は高く、調整が難しい。

 

そのため、ダイナミックマイクが安定です。

野外(路上)での弾き語り

ダイナミックマイクを選択しましょう。

コンデンサーマイクだとハウリングが発生する危険が高いうえに、落下など故障させるリスクも高い。

 

また、繊細な音を拾っても路上だと外部の雑音も多く、効果が薄いです。

丈夫なダイナミックマイクを選ぶべし。

スタジオでのリハーサル

ダイナミックマイクを選択しましょう。

リハーサルなら、そこまで高音質にこだわる必要もなし。

 

ハウリング対策のセッティングに時間もかけたくないため、頑丈で汎用性が高いダイナミックマイクが良いです。

自宅でのライブ配信

コンデンサーマイクを選択しましょう。

自宅環境であれば、ハウリングのリスクも少なくファンタム電源も確保しやすい。

 

より良い音で配信できるようにコンデンサーマイクを選びましょう。

自宅・スタジオでのレコーディング

コンデンサーマイクを選択しましょう。

ハウリングのリスクもなく、ファンタム電源も確保しやすい。

 

より良い音で録音できるようにコンデンサーマイクを選びましょう。

事例をまとめると…

事例をまとめると上記の通り。

 

ダイナミックマイクはどの場面でも使用可能。

コンデンサーマイクは使用場面を選びますが、音質は非常に良い。

ライブ向けコンデンサーマイク

実はライブ向けのコンデンサーマイク…というのも発売されています。

通常のコンデンサーマイクにハンドマイクを意識した丈夫さとハウリング抑制のチューニングを加えた製品です。

 

代表的な製品は「NEUMANN KMSシリーズ」。

プロのライブ現場でも、よく見かけるマイクです。

 

コンデンサーマイクの音質を維持しつつ、音のかぶりに強いマイク特性と低ノイズ設計を実現させているマイクです。

まとめ

ぎたすけ

うーん、どっちか片方に統一できないもんか

たけしゃん

まあ、難しいね。使い分けも含めてマイク選びを楽しめるとよいね

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違いについて解説しました!

 

ダイナミックマイク自体はライブハウスやリハーサルスタジオなら無料で借りられます。

なので、個人で購入する必要があるのはコンデンサーマイクですね。

 

弾き語りシンガーソングライターとして活動するなら、マイクは必須になってくる機材。

基礎知識はしっかり身に着けて、お気に入りのマイクを探してみましょう。

関連記事

コンデンサーマイクの選び方 ~定番5本を紹介~

ボーカル向けのおすすめコンデンサーマイク 16本を価格帯別に解説